【体験談】1歳の子どもの断乳。やり方や断乳できないときの工夫

【体験談】1歳の子どもの断乳。やり方や断乳できないときの工夫

断乳後の寝かしつけのポイントとは

子どもが1歳を迎える頃に断乳しようと考えたとき、1歳では早いのかや、断乳の仕方が気になるママもいるかもしれません。今回の記事では、断乳できないときのやり方のポイントや断乳後の寝かしつけで意識したこと、夜泣きしたときの対応などを体験談を交えてご紹介します。

1歳の子どもの断乳に関する悩み

子どもが1歳を迎える頃や、1歳をすぎた頃になると断乳について考えるママもいるのではないでしょうか。ママたちは1歳頃の子どもの断乳でどのようなことに悩んでいるか聞いてみました。

「うちの子は夜泣きがひどく一晩で何回も起きるので、睡眠不足が続いています。夜泣き対策に断乳しようか考え始めましたが、1歳で断乳するのは早いのかなという心配もあります」(30代ママ)

「子どもが1歳になっても、寝るときは授乳で寝かしつけをしていました。断乳しようとしたのですが、寝かしつけのときに大泣きしてしまい、断乳できないと感じています」(30代ママ)

「断乳を考えているのですが、完全母乳でやってきたためか断乳の仕方がわかりません。断乳のやり方について知りたいと思っています」(20代ママ)

1歳頃の子どもをもつママの断乳に関する悩みはさまざまなようです。他にも、断乳後の夜泣きの対応や寝かしつけ方についても気になるというママの声もありました。

1歳で断乳を考えたきっかけ

1歳頃に断乳をするのは早いのかと気になるママもいるようです。1歳頃に断乳をしたママたちはどのようなきっかけで断乳を考えたのか聞いてみました。

ママの仕事復帰

「子どもが1歳になったら仕事に復帰する予定だったので、断乳しようと考えました。10カ月の頃に1度チャレンジしましたが、夜泣きがひどくて断乳できないと感じましたが、1歳を迎える直前にもう1度断乳しました」(30代ママ)

ママの仕事復帰がきっかけで断乳をしようと考えたママもいるようです。仕事復帰に向けて昼間は断乳し、仕事復帰後もしばらくは夜中だけは授乳していたというママの声もありました。

離乳食を進めるため

離乳食を食べる赤ちゃん
iStock.com/Bennewitz

「うちの子は1歳を迎える頃になっても離乳食をあまり食べてくれませんでした。授乳量が多いかもしれないと考え、離乳食を進めるために断乳することにしました」(20代ママ)

子どもの離乳食の進み具合をみて、断乳をしようと考えたママもいるようです。水分はお茶や牛乳などをあげるようにしたら、母乳をあまり欲しがらなくなったというママの声もありました。

子どもが欲しがらなくなった

「離乳食をたくさん食べるからか、子どもがおっぱいを欲しがらなくなりました。これが卒乳ということなんだなと感じ、嬉しいようなさみしいような感覚でした」(30代ママ)

子どもが欲しがらなくなったことがきっかけで、1歳で授乳をやめたというママもいるようです。子どもの意思で飲まなくなり、授乳回数が減って自然と卒乳できると、ママの気持ちも少し楽になるかもしれませんね。

【体験談】断乳のやり方のポイント

1歳頃に断乳をする場合、断乳の仕方はどのようにすればよいのでしょうか。断乳のやり方のポイントについてママたちに聞いてみました。

断乳する日を決める

「断乳する日を決めてカレンダーに印をつけておきました。子どもにも『この日でおっぱいバイバイね』と何日も前からしっかり伝えるようにしました」(20代ママ)

「断乳はパパに協力してもらいたかったので、パパが連休の日に断乳することにしました。子どもが泣いたときはパパに抱っこしてもらうようにしたので助かりました」(30代ママ)

断乳する日を決めるようにしたというママもいるようです。パパが休みの日を選んで協力してもらうのもよいかもしれません。1度断乳できないことがあったので、2回目はこの日にすると決意して断乳したというママの声もありました。

他のことで気を紛らわす

「断乳後に子どもとお風呂に入るとき、子どもがおっぱいに意識がいかないようにTシャツを着ていました。それでも気にしそうなときは、お風呂で遊ぶおもちゃを増やして遊びに気持ちが向くようにしました」(30代ママ)

「寝かしつけのときに授乳していたので、断乳後しばらくは寝かしつけをパパにしてもらうようにしました。私が寝室にいると、子どもはおっぱいのことを思い出すかもしれないと思ったので、子どもが寝るまでは寝室に入らないようにしていました」(30代ママ)

子どもの気持ちがおっぱいにいかないように、さまざまな工夫で気を紛らわせているママもいるようです。昼間も外で遊ぶ時間を増やして、子どもの気持ちがおっぱいにいかないようにしていたというママの声もありました。

スキンシップをとる

「断乳してからおっぱいを欲しがって夜泣きがひどくなったように感じました。夜泣きしたときは抱っこをしていましたが、昼間もたくさん抱っこなどをしてスキンシップをとるように意識していました」(30代ママ)

断乳後も積極的に子どもとスキンシップをとるようにしたというママもいるようです。授乳が子どもとのふれあいの時間だったので、断乳後はベビーマッサージなどをして子どもとふれあう時間を作るようにしたというママの声もありました。

断乳後の寝かしつけで意識したこと

寝ている赤ちゃん
iStock.com/kuppa_rock

夜、授乳して子どもを寝かしつけていたというママもいるのではないでしょうか。断乳後の寝かしつけはどのようにしていたのか、寝かしつけで意識していたことをママたちに聞いてみました。

生活リズムを整える

「夜は自然と眠たくなるように、1日の生活リズムを整えるようにしました。朝起きる時間やお昼寝の時間、寝る時間などを決めて、規則正しい生活を心がけるようにしていました」(30代ママ)

断乳後の寝かしつけを考える際、生活リズムを整えるように意識したというママもいるようです。授乳の時間が無くなるため、その分遊ぶ時間を増やすと、疲れるのか夜はスムーズに寝られるようになったというママの声もありました。

入眠儀式を作る

「寝る前に絵本を読むことを習慣にするようにしました。毎日続けていたら、夜は絵本を読んでいる途中で寝てしまうこともありました」(30代ママ)

寝かしつけに、絵本を読むようにしたというママもいるようです。寝る前に寝室を薄暗くしてすごしたり、布団に入ったらお腹をトントンしたりするなど、子どもにあう入眠儀式を作って寝かしつけするようにしたというママの声もありました。

子どもとママにあう断乳の仕方を見つけよう

赤ちゃんとママ
iStock.com/violet-blue

1歳の子どもの断乳は早いのか気になるママもいるようですが、断乳のタイミングやきっかけは家庭によってさまざまなようです。断乳の仕方もいろいろあるようですが、断乳できないかもしれないと感じるときは、断乳する日を決めるとよいかもしれません。

断乳後の寝かしつけや夜泣きの対応も考えながら、ママと子どもにあった断乳のやり方が見つけられるとよいですね。

2019年01月22日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧