子乗せ電動アシスト自転車の選び方。選ぶときのポイントや乗り方の注意点など

子乗せ電動アシスト自転車の選び方。選ぶときのポイントや乗り方の注意点など

子乗せ自転車に、電動アシスト自転車を用意したいと考えているママやパパもいるのではないでしょうか。アシストなしの非電動自転車と比べてどのような点がよいのか、選ぶときに気になりますよね。今回は、子乗せ電動アシスト自転車の選び方や使用の注意点などをご紹介します。

電動アシスト自転車と非電動自転車、どちらを選ぶ?

毎日の保育や幼稚園の送迎、子どもといっしょの買い物などに子乗せ自転車を使っているママやパパもいるのではないでしょうか。毎日のように使うからこそ、ライフスタイルや親子に合った子連れ自転車を選びたいですよね。

まずは、子乗せで自転車に乗るママたちは、電動アシスト自転車と非電動自転車のどちらを選んでいたのか聞いてみました。

非電動自転車

「アシストなしの非電動自転車に子どもを二人乗せていました。漕ぐのは大変でしたが車を使うことの方が多いのであまり自転車を使う機会がなく、非電動自転車でも不便をあまり感じませんでした」(50代ママ)

「電動アシスト自転車にあこがれはありましたが、値段が高いのでアシストなしの自転車に乗っていました」(50代ママ)

普段の使用頻度などから、非電動自転車を選んでいたママもいました。電動アシスト自転車は値段も高いものが多いため、車や公共交通機関を利用することが多い場合は購入を悩んだというママもいるようです。

電動アシスト自転車

子乗せ自転車
© moonrise - Fotolia

「子どもの乗せ降ろしのときや、漕ぎだしにふらつきが少ないので電動アシスト自転車に乗っていました」(50代ママ)

「電動アシスト自転車はハンドルロックがかかるので、子どもを乗せるときなどにも安定して乗せられます」(40代ママ)

電動アシスト自転車だと、子乗せで自転車に乗るときにも比較的ふらつきが少ないことから子乗せ用に購入したママもいるようです。毎日自転車を使う場合や子乗せで乗る距離が長い場合などにも、電動アシスト自転車は便利かもしれませんね。

電動アシスト自転車は、種類が多かったりさまざまな機能があったりと、なにをポイントに選べばよいのか悩むこともありますよね。今回は、子乗せでも快適に乗ることのできる電動アシスト自転車の選び方や、乗るときの注意点などをまとめてみました。

子乗せ電動アシスト自転車を選ぶポイント

子乗せ電動アシスト自転車は、形や機能などの違いから多くの種類が販売されているようです。まずは、どのような点をポイントに選ぶとよいのか、選ぶ際に確認したい点をまとめてみました。

自転車のタイプ

子乗せ電動アシスト自転車には、チャイルドシートの位置が前または後ろにあるタイプ、二人乗せタイプがあるようです。

前乗せタイプは、体重15kg以下で目安身長が100cm以下の1歳から4歳未満児が使用できるようです。後ろ乗せタイプは体重22kg以下で目安身長115cm以下の1歳から6歳未満児が使用できるとされています。

また、二人乗せをするときには、幼児二人同乗ができるという表示のあるものを選ぶとよいようです。いつまで使うのかや子どもの身長なども考慮して、用途に合ったタイプを選んでみてはいかがでしょうか。

タイヤのサイズ

子乗せ電動アシスト自転車を選ぶときには、タイヤのサイズも確認するとよいようです。電動アシスト自転車のタイヤは、ちいさいものであれば地面からの距離が近いので乗せ降ろしがしやすそうです。

逆におおきなタイヤは、地面からの高さがあるので背の高い方や、パパでも乗りやすいかもしれません。タイヤの太さもさまざまで、太めのタイヤを選べばさらに安定感が増しそうですね。

スタンド・ハンドルロック

自転車のハンドル
iStock.com/houdre

子乗せ電動アシスト自転車には、スタンドロックやハンドルが傾かないようにするためのハンドルロックのかかるものもあるようです。子乗せ自転車の場合は、安定感のある両立スタンドのものである必要があるそうです。

また、ハンドルロックのついているものを使用することで、子どもの乗せ降ろしでぐらぐらと動いてしまうことを防げるかもしれません。

スタンドロック、ハンドルロックはメーカーによって使い方や注意点など異なるようなので、購入の際に店頭で相談して選べるとよさそうです。

この他にも、安全基準を満たした自転車には安全マークがつけられているようなので、安全マークがついたものを選ぶこともポイントになりそうですね。

出典:自転車のSG基準/一般社団法人製品安全協会

子乗せで電動アシスト自転車に乗るときの注意点

子乗せで電動アシスト自転車に乗るとき、どのようなことに気をつけるとよいのでしょうか。電動アシスト自転車に乗るときの注意点をまとめてみました。

電動アシスト自転車の感覚に慣れる

電動アシスト自転車は非電動自転車と比べると、力を入れなくても軽く進むので漕ぐ感覚が違うように感じることもあるようです。子乗せで乗る前にママやパパがひとりで乗って感覚を確かめ、慣れておくとよいかもしれません。

両足をついて立つ

電動アシスト自転車は、ペダルに足を乗せるとアシスト機能が働き、動き出すことがあるようです。また、電動アシスト自転車は非電動自転車よりも車体が重いため、片足だけではふらついてしまうこともあるかもしれません。

走り出す前や信号待ちをしているときなどは、必ず両足をついて立つようにすることが大切なポイントになりそうです。

漕ぎ始めに気をつける

電動アシスト自転車は漕ぎ始めもスムーズで、楽に進むことができる点も特徴のようです。思い切りペダルを踏みこんでしまうと、一気に前に飛び出してしまうこともあるかもしれません。漕ぎ初めは力を入れすぎず、急発進などのアクシデントに気をつけるとよさそうです。

充電を確認する

電動アシスト自転車は、充電がなくなってもまったく動かなくなるわけではないようです。しかし、車体が重いうえに子乗せなため、転倒などの事故につながることがあるかもしれません。出かける前には必ず充電を確認してから乗るようにするとよいでしょう。

非電動自転車と電動アシスト自転車では、乗る感覚や乗り方も変わってきそうです。まずは平らな場所などで乗る練習をするとよいのではないでしょうか。

家族に合った子乗せ自転車を選ぼう

子乗せ電動アシスト自転車
© apple713 - Fotolia

電動アシスト自転車にするか、アシストなしの非電動自転車にするかは、生活スタイルや予算などを考慮して選べるとよいかもしれません。

子乗せでの電動アシスト自転車は、坂道なども簡単にのぼることができ、子どもを乗せていても楽に運転することができるようです。電動アシスト自転車を選ぶポイントや乗るときの注意点も確認しながら、子乗せ自転車を快適に乗ることができるとよいですね。

※記事内で使用している参照内容は、2018年11月4日時点で作成した記事になります。

2018年11月05日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ