子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

子どもの靴をきれいにする洗い方。臭いを消す方法や普段のお手入れ方法

活発に動く子どもの靴は汚れることも多く、どのような洗い方をすればキレイになるのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、子どもの靴の洗い方、臭いを消す方法、普段からできるお手入れ方法をご紹介します。

子どもの靴の汚れ

外遊びが大好きな子どもたちは、靴の汚れなど気にせず夢中になって遊ぶこともありますよね。しかし、靴のまま水たまりに入ったり、泥遊びをしてドロドロに汚れた靴を見て、どのように洗えばよいのか、洗い方に悩むママもいるかもしれません。また、毎日靴を履き続けていると臭いが気になるママもいるようです。

靴の汚れや臭いをすっきり取る方法はあるのでしょうか。

子どもの靴の洗い方

外遊びをして汚れた子どもの靴はどのように洗えばよいのでしょうか。靴を洗うときに揃えておきたい道具と、洗い方の手順をご紹介します。

用意するもの

・バケツ
・シューズブラシ
・靴用洗剤または中性洗剤

バケツは靴がしっかり浸かるサイズのものを用意するとよいそうです。靴用の洗剤は液体のものや固形のものなどさまざまな種類のものが売られているようです。その他にも、洗濯洗剤などの中性洗剤を使っているというママの声もありました。子どもの靴は小さいので、シューズブラシの他に歯ブラシなどを使うと細かいところも洗いやすいかもしれません。

洗い方

子ども靴
bookzv/Shutterstock.com

1、靴が乾燥している状態で、ブラシなどで表面や靴の内側、マジックテープの汚れを落とします。

2、バケツに洗剤を混ぜたぬるま湯を用意し、靴を入れて15分ほど浸します。

3、汚れた部分をブラシで優しくこすり、汚れを落とします。

4、靴に洗剤や汚れが残らないようにをすすぎます。

5、乾いたタオルなどでしっかり水気を取ってから、風通しのよい日陰に靴のかかとを下にして立てかけて干します。

靴を乾かすための靴用のハンガーなどを使っているママもいました。靴の中敷きが取り外せる場合は、取り外して別で洗うときれいになるようです。靴のつま先の部分などにゴミが溜まっていると臭いの原因になることもあるそうなので、歯ブラシなどの細かいブラシできれいに取りのぞいてあげるとよいかもしれません。

子どもの靴の臭いを消す方法

たくさん遊んでたくさん汗をかく子どもの靴は、続けて履いているうちにいやな臭いがすることもあるかもしれません。ママたちが取り入れている、子どもの靴の臭いを消す方法を聞いてみました。

靴専用の消臭剤

「靴の中に入れるタイプの消臭剤を使っています。子どもでも使えるので、靴を脱いだら自分で入れるようにしています」(30代ママ)

臭い予防と湿気取りのために、靴用の消臭剤を使っているというママの声もありました。小さな袋状で靴の中に入れられる形のものは、抜き終わった後の靴に入れるだけなので、お手入れも簡単そうです。何度も繰り返し使えるものもあるようなので、使いやすいものを選ぶようにするとよいかもしれません。

消臭スプレー

スプレーを吹きかける手元
© hanack - Fotolia

「靴の臭いが気になり始めたら消臭スプレーを靴に吹きかけます。スプレーをシュッとするだけなので、出かける前でも手軽に使えます」(20代ママ)

「ミストタイプの消臭スプレーを使っています。スプレーをした後に乾かすと臭いがすっきりしたような気がするので、天気が悪くて洗えないときはよく使います」(30代ママ)

消臭スプレーは靴に吹きかけるだけなので、お出かけ前など気づいたときにすぐお手入れができそうですね。除菌や抗菌などさまざまな種類があるようです。臭いが気になる前に定期的に消臭スプレーをするというママの声もありました。

重曹

「重曹が靴の臭いを取るのによいと聞いたので、取り入れるようになりました。靴を洗う前に重曹水に1時間ほどつけて、その後洗剤などで洗うようにしています」(40代ママ)

「重曹をお茶パックなど通気性のよい袋に入れて靴の中に入れています。重曹は臭いをとってくれるというので、靴箱の中にも重曹を入れた瓶を置いたりしています」(30代ママ)

子どものものにはナチュラルな素材のものを使いたいと考えるママもいるのではないでしょうか。掃除などに使われる重曹で、靴の臭いをとるようにしているママもいるようです。

うわばき洗い方/KIDSNA公式チャンネル

子どもの靴のお手入れ方法

子どもの靴は大人の靴より痛みやすいと感じるママもいるのではないでしょうか。靴を長持ちさせるためにはどのようなお手入れをしているのかママたちに聞いてみました。

濡れたら新聞紙を丸めて入れる

「雨などで靴が濡れたら、新聞紙を丸めて靴の中に入れています。湿った靴が早く乾くし、靴の型崩れもしにくくなると聞きました」(40代ママ)

雨の日や水遊びなどで靴が濡れてしまうこともあるかもしれません。靴を洗う時間がないときや早めに乾かしたいときは、靴の中に新聞紙を入れるなどして早く乾くような対策をしているママもいるようです。

靴の中の砂や泥を取り除く

「毎日靴の中の砂をとったり、泥をブラシで落とすようにしています。こまめにお手入れをすることでダメージも少なくなるのではないかなと思っています」(30代ママ)

毎日きれいな靴を履けるのはきもちがよいですよね。靴の中や外の部分の汚れをこまめに取り除いてあげることで、きれいな状態を長く保てるかもしれませんね。

風通しのよい場所に干す

「休日など靴を履かないときは、風通しのよいところに干すようにしています。干した後は、靴を履いたとき気持ちよいと感じるみたいです」(40代ママ)

靴を風通しのよいところに干して乾かすことで、汗などの湿気を取り除くことができるかもしれませんね。しっかり乾かすことで臭いも気にならなくなりそうです。

子どもの靴は定期的にお手入れしよう

散歩する子ども
© shirohige - Fotolia

子どもの靴は、外でたくさんあそぶほど汚れや臭いが気になるかもしれません。靴が汚れたときは洗い方の手順を参考にし、こまめに洗ってあげるとよいようです。臭いを消す方法や、お手入れの方法なども取り入れながら、子どもの靴を清潔に保てるとよいですね。

2018年10月19日


1

    mmm
    靴のにおい、洗っても洗っても取れない時ありますよねー
レクチャーの関連記事
カテゴリ一覧