ママたちに聞いた離乳食ノートの書き方。離乳食ノートを使うときの工夫や書くメリット

ママたちに聞いた離乳食ノートの書き方。離乳食ノートを使うときの工夫や書くメリット

離乳食を始めようとしたときに、毎日のメニューや赤ちゃんの反応などを記録しておくために離乳食ノートを書こうと考えるママもいるかもしれません。今回の記事では、ママたちが使っていた離乳食ノートや書き方、離乳食ノートをつけるメリット、書き続けるコツについて、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

離乳食ノートは何を使っていた?

ママたちはどのようなノートを使って離乳食の記録をつけていたのでしょう。

横罫ノート

離乳食ノート
i Stock.com/kokoroyuki

「一般的なA4版の横罫ノートを使いました。縦の線を引くことで項目を区切れて使いやすく、写真を貼るスペースも作りやすかったです」(生後11カ月の赤ちゃんのママ)

離乳食を記録するノートとして横罫のノートを選んだママがいました。必要に応じて縦の線を入れることで、離乳食のメニューやレシピ、分量などが書きやすいかもしれません。

スケジュール帳

「1週間単位のスケジュール帳を離乳食ノートとして使いました」(1歳5カ月の子どものママ)

「大判のスケジュール帳を使って離乳食の記録をつけました。1カ月の間に食べたものがひと目でわかるので使いやすいと思いました」(生後9カ月の赤ちゃんのママ)

スケジュール帳を離乳食ノートとして使うこともできるようです。スケジュール帳には1週間単位のものや1カ月単位のものがあるので、書き込むスペースやスケジュール帳のサイズなど、ママが使いやすいものを選ぶとよさそうです。

オリジナルノート

「使った食材や量、子どもの食べ方なども離乳食ノートに書きたいと思い、パソコンで自分が使いやすいノートを手作りしました。マスの大きさなども自由に作れたので、とても使いやすかったです」(2歳4カ月の子どものママ)

離乳食ノートをパソコンで手作りすることもできるようです。ママの好きなように内容をレイアウトできると使いやすそうですね。ママのなかには、楽しく使うために好きなイラストを入れて作ったという声もありました。

離乳食ノートの書き方

ママたちは離乳食ノートにどのような内容を書いているのでしょう。記入した項目などを聞いてみました。

月齢別のレシピと目安量

「月齢別のレシピの本を見て、作れそうな離乳食と目安の量を書いておきました。実際に作るときにノートを見て短時間で作ることができました」(生後9カ月の赤ちゃんのママ)

離乳食ノートに月齢毎のメニューを書いておくと、離乳食が作りやすいかもしれません。パソコンで調べたメニューや目安の量をノートにメモしておいたので使いやすかったというママもいました。

メニューと使った食材

「離乳食ノートには、メニューの写真を貼り、その日に使った食材を記入しました。ノートを見返すことで、どの食材をいつ使ったのかがひと目でわかりました」(生後11カ月の赤ちゃんのママ)

「作ったメニューや食材といっしょに、子どもが喜んで食べたかどうかもメモしておきました。子どもがよく食べたメニューには青いアンダーラインを引いておきました」(2歳4カ月の子どものママ)

離乳食ノートにメニューの写真を貼ったり、食べたときの赤ちゃんの様子なども書き入れたりしておくと、次に同じ食材を使うときに役立ちそうです。アレルギーが気になる食材については赤い色で囲んでおいたというママの声もありました。

赤ちゃんのエピソード

離乳食ノート
© shirohige - Fotolia

「離乳食を食べた赤ちゃんの反応やエピソードをノートに書いておきました。赤ちゃんの様子を書くことで、思い出としても残せると思います」(1歳5カ月の子どものママ)

手づかみで口の周りを汚しながらおいしそうに食べた、などのエピソードを記入しておくと、赤ちゃんが大きくなったときにいっしょに楽しく見返すこともできるかもしれません。

離乳食ノートをつけるメリット

離乳食ノートをつけるメリットにはどのようなことがあるのでしょう。

子どもの変化に気づける

「離乳食ノートに食べたときの子どもの様子を書いておくことで、以前は食べていたのに今はあまり食べなくなったメニューや、少ししか食べられなかったものが食べられるようになったなど、赤ちゃんの変化がわかりやすいと思いました」(生後11カ月の赤ちゃんのママ)

「作った量や赤ちゃんが食べた量をノートにメモしておいたので、1カ月でどのくらい食べる量が増えたのがわかりました」(生後9カ月の赤ちゃんのママ)

離乳食ノートに食べたときの赤ちゃんの反応を記入しておくことで、次に同じメニューを作るときに、味を変えたり食感を変えたりと工夫することもできそうです。赤ちゃんが食べた量を記録していたので、少しずつ増やすことができたというママもいました。

食材のバランスがとりやすい

「離乳食ノートを書くときに、炭水化物やタンパク質などの栄養素毎に色を変えたので、ひと目で食材のバランスがわかり、朝の離乳食で足りなかったものを夜の離乳食で補うことができました」(1歳5カ月の子どものママ)

離乳食ノートに食材や味つけ、赤ちゃんが食べた量などを色分けして記録しておくと、次に離乳食を作るときにも栄養のバランスがとりやすいかもしれません。使った食材の記録を見て、新しい食材を増やすことに役立てたというママの声もありました。

離乳食ノートを書き続けるコツ

離乳食ノート
i Stock.com/PATCHARIN SIMALHEK

離乳食ノートを書き続けたママたちに、続けるコツを聞きました。

家族や友だちに話す

「離乳食ノートをつけることを夫に話しました。ときどき夫といっしょに離乳食ノートを見ながら子どもの様子を話すことで、楽しく続けられました」(1歳5カ月の子どものママ)

「同じ月齢の赤ちゃんがいる友だちを誘い、離乳食ノートをいっしょにつけ始めました。ときどき見せ合ってお互いの作ったメニューや工夫を参考にしながら書き続けました」(生後11カ月の赤ちゃんのママ)

離乳食ノートを続けるために家族や友だちに話していたというママがいました。他の人とノートについて話すことで、ひとりで書くよりも続けやすいかもしれません。

シールやテープでデコレーションする

「離乳食ノートを書き続けるために、私の好きなシールを貼ったりマスキングテープで装飾したりしました。毎日少しずつきれいなノートになっていくことが楽しみでした」(生後9カ月の赤ちゃんのママ)

離乳食ノートを自分の好みにデコレーションすることで、書き続けることができるかもしれません。家事や育児の手が空いたときに、毎日少しづつ変化するノートを見るのが楽しいと感じたママがいました。

離乳食ノートを使って離乳食をスムーズに進めよう

離乳食ノート
i Stock.com/M-image

ママたちは、続ける方法や書き方などを工夫しながら離乳食ノートをつけているようです。使うノートや書く内容はママによってさまざまですが、離乳食を食べる赤ちゃんの様子がわかりやすく、ママが続けやすいような離乳食ノートが作れるとよいですね。

2018年06月11日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧