子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2017年06月29日

「家事代行」が一般的に?子育て世帯に便利な依頼内容やメリット

「家事代行」が一般的に?子育て世帯に便利な依頼内容やメリット

家事代行サービスの認知度がここ数年高まっているようです。しかし家事代行はある特定の人が利用するというイメージを持っていて、利用したいと思っていても、行動に移せていない人もまだ多いかもしれません。そのような方のために今回は、家事代行を利用する方の傾向や利用される場面をいくつかご紹介します。

利用者は富裕層だけではない

家事代行を依頼するのは富裕層の方だと思っていませんか?しかしそんなことばかりではなく、最近の傾向としては

1週間に数時間だけ利用する一般家庭も増えてきているようです。

ここ数年の間に、1時間2000円程度で利用できるような家事代行会社も増えてきていますので、お試しで使ってみてもいいかもしれません。

実際の利用金額は家の広さや依頼内容、利用するサービス会社でも大きく変わりますが、月に数回の利用だけでも快く引き受けてくれることがほとんどです。

月に数回の利用だと毎日の家事がすべてなくなるわけではありませんが、普段は行き届かない場所の掃除や料理の作り置きなどをしてもらえるだけでも大助かりですよね。

「定期的に利用すれば何万円もかかってしまうからできない」とは気おくれせずに「1回外食を我慢して家事代行サービスを利用しようかな」くらいの気持ちで利用してみるのもいいかもしれません。

利用する年齢層

働き盛り

利用者は20代からシニア世代までと幅広く、もちろん利用年齢に制限はありません。働き盛りで小さな子どもがいる共働き夫婦30代が利用することが多いようですが、最近では会社の福利厚生として家事代行サービスがあるので、独身のサラリーマンでも利用する方が見られます。

単身者は会社の中でも比較的休日出勤を命じられやすいということや、友人との付き合いで集まりが多いこともあり、家事が疎かになってしまうこともしばしばあるでしょう。そのようなときに家事代行を利用したいと思う人も多いのではないでしょうか。

高齢者

年配の方は手の届かない場所の掃除や、体に負担のかかる浴室やトイレ掃除を依頼することが多いようです。

自分から率先して家事代行を利用する人はまだ少ないかもしれませんが、

子ども世帯が親に家事代行サービスをプレゼントすることもあるようです。

遠方に住む両親の家事を手伝いに行くことはなかなか難しいと思うので、家事代行サービスに頼るのも1つの方法ですよね。

主な家事代行の依頼内容

基本的な家事であれば対応してもらえることがほとんどのようですが、どこのサービスを利用するかによって依頼できる範囲は変わりますので事前に相談が必要かもしれません。

実際に体験したことがある方に「利用して特に良かった」点と利用事例をご紹介します。

【事例1】掃除

掃除箇所は日常的なリビングの片付けや、普段自分では掃除しにくい換気扇や排水溝の掃除など、依頼はさまざまなようです。

「リビングの整理整頓なんて頼んで良いのかしら?」と思うかもしれませんが、もちろん問題ありません。洗っていない食器の片付けをお願いしても良いのです。

他にも、自分では掃除するのが後回しになりがちな排水溝掃除や、取り外し方法のわからない換気扇掃除を依頼しても良いかもしれませんね。

頼んでみて満足度の高かった掃除箇所として、

・トイレの水洗タンク掃除
・ガスコンロの五徳やIHクッキングヒーター
・トースターの焦げ取り掃除

など、意外な箇所があげられています。
トイレ掃除では、自分ではどうしても取れなかった輪じみを取ってくれたり便座を取り外してまで掃除してくれたりする場合もありますので、そういった箇所の掃除をお願いしてみてはいかがでしょうか。

家事であれば大体のことに対応してくれる会社が多いですが、どこまで何をしてくれるかはサービス会社によって変わりますので、事前に確認しておくと良いですね。

【事例2】料理

料理の家事代行と言うと、作り置きや当日の食事作りを思い浮かべることが多いかもしれません。

細かく要望を伝えればホームパーティー用のおもてなし料理や冷凍保存食の作り置きのようにさまざまなニーズに応えてもらえるようです。

料理の家事代行のなかでも筆者が個人的におすすめしたいのは【朝食の作り置き】です。

「朝から手の込んだ料理は作れないけれど、家族のために栄養バランスの良い食事を作りたい」と思うのは、筆者だけではないと思います。

温めるだけで美味しく食べられるメイン料理を1週間分作り置きしてもらうだけで助かりますよね。

あとはサラダやスープを添えるだけで栄養満点の朝食が完成です♪ ほかにもお弁当を作ってくれるサービスなどもありますので、ご自身のライフスタイルに合わせて利用してみましょう。

家事代行サービスを賢く利用する

家事代行サービスがまだ定着していない日本では、利用したことのある人はまだまだ少数かもしれません。しかし共働き世帯も毎年増え続けているので「利用してみたい」と思っている人は今後増えていくでしょう。

「家事代行をお願いすると、手抜きしているような気がする」と考えてしまうこともあるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

夫婦共働きで子育てもしている世帯では「子どもとふれ合う時間が増えて良かった」や、子どもが「ママが家事に追われてイライラしていなくて嬉しい」という声もあります。

家族との時間を大切にするためにも家事代行サービスを賢く利用できたらよいですね。

レクチャーの関連記事
  • 子どもの教育費はどれくらい必要?FPに聞く、就学前に知るべき必要な貯金額

    子どもの教育費はどれくらい必要?FPに聞く、就学前に知るべき必要な貯金額

    子どもの教育にかかる費用が気になるママも多いと思われます。実際、何にどれくらいかかるか、貯金はどれくらい必要か、知りたいところですよね。今回はファイナンシャルプランナー(FP)の伊達有希子さんに、小学校を受験する場合も含め、子どもに必要な教育費の目安を聞いてみました。

    伊達有希子(ファイナンシャルプランナー)

  • 共働き夫婦の家計管理方法。FPに聞く、1日300円からはじめるお金の節約

    共働き夫婦の家計管理方法。FPに聞く、1日300円からはじめるお金の節約

    共働き家庭では家計の管理はどうしてるのか?どういう管理の仕方が一番節約できてお金が貯蓄できるか、気になるところです。今回はファイナンシャルプランナー(FP)の滝本博文さんに、節約できる家計の管理方法を聞いてみました。

    滝本博文(ファイナンシャルプランナー)

  • 子どもの学資保険はいつから入る?FPに聞く、必要な学費や保険の種類

    子どもの学資保険はいつから入る?FPに聞く、必要な学費や保険の種類

    子どもの学資保険は子供が何歳のころに入るのが適切なのか、最終的にどれぐらいあればいいかなど知りたいと思いませんか?今回は、必要な学費や確実な積み立て方をファイナンシャルプランナー(FP)の滝本博文さんに聞いてみました。

    滝本博文(ファイナンシャルプランナー)

  • 5~6歳のうちに体験しておきたい「お金の教育」。お金を貯める方法

    5~6歳のうちに体験しておきたい「お金の教育」。お金を貯める方法

    みなさんは、学校でお金の使い方を習ったことはありますか?おそらく、「習ったことがない」もしくは「生活科や社会科でお買い物体験はしたけれど、何かを教わった記憶はない」という人がほとんどではないでしょうか。では、子どもを将来お金に困らないように育てるには、どうすれば良いのでしょう。今回は、家庭でできるお金の教育として、「5~6歳のうちに体験しておきたいお金を貯める方法」をお伝えします。

    島田 綾 (一般社団法人 金融学習協会)

  • 3人家族の生活費。FPに聞く、赤字にならないベストな内訳と2つの改善方法

    3人家族の生活費。FPに聞く、赤字にならないベストな内訳と2つの改善方法

    家計管理において一カ月の生活費を把握しておくことはとても大切ですね。今回は、ファイナンシャルプランナー(FP)の伊達有希子さんに、家計収支に関しての改善方法や気をつけたいこと、そしてベストな生活費の内訳について伺ってみました。

    伊達有希子(ファイナンシャルプランナー)

  • 【お中元のマナー】地方による時期のちがい、のし紙の書き方やお返しの方法とは

    【お中元のマナー】地方による時期のちがい、のし紙の書き方やお返しの方法とは

    夏が近づくにつれて気になるのがお中元。スマートな対応が大人のマナーだとはわかっていても、いざ準備をしようとするとよくわからないことがたくさんありませんか?「お中元の時期って?」「何を贈ったらいいの?」そんなさまざまな疑問を解消すべく、今回はお中元のマナーや基礎知識についてご紹介していきます。

カテゴリ一覧