ハーフサイズのベビーベッドについて。いつまで使っているかや選び方

ハーフサイズのベビーベッドについて。いつまで使っているかや選び方

ママたちがハーフサイズベッドを選んだ理由

ハーフサイズのベビーベッドを用意しようと考えたとき、いつまで使えるのかやどのように選ぶとよいのか気になるママもいるかもしれません。今回の記事は、ハーフサイズのベビーベッドを選んだ理由や、専用の布団を用意するなどハーフサイズのベビーベッドを使うときに意識したことについて、体験談を交えてお伝えします。

ハーフサイズのベビーベッドはいつまで?

妊娠中の方や出産を控えたママのなかには、ハーフサイズのベビーベッドについて気になる方もいるのではないでしょうか。

ハーフサイズのベビーベッドとは、横幅が60センチで縦幅が70センチ程のサイズで作られた、標準サイズのベビーベッドよりおよそ半分程のサイズのタイプを指すようです。

ママのなかには、ハーフサイズのベビーベッドはいつまで使えるのか気になる方もいるかもしれません。実際に、ハーフサイズのベビーベッドをいつまで使っていたのか聞いてみました。

20代ママ
娘が生後2カ月頃までハーフサイズのベビーベッドを使っていました。私は里帰り出産をしたので、短期間でも利用できるレンタルサービスから借りていたことを覚えています。
30代パパ
ハーフサイズのベビーベッドは、生後3カ月から4カ月頃まで使っていたと思います。息子が成長するにつれてハーフサイズではベビーベッドが窮屈になってきたので、使わなくなりました。

ハーフサイズのベビーベッドをいつまで使っていたのかは、家庭によってさまざまなようです。ハーフサイズを選んだ理由やどのような種類があるのかを知ることで、実際に使ってみようか決めやすいかもしれません。

今回は、ハーフサイズのベビーベッドについてママたちの体験談をもとにご紹介します。

ハーフサイズのベビーベッドを選んだ理由

ママたちは、なぜハーフサイズのベビーベッドを選んだのでしょう。ママやパパたちに、ハーフサイズのベビーベッドを選んだ理由を聞きました。

さまざまな場所に置きやすいから

20代パパ
我が家には標準サイズのベビーベッドを置くスペースがなかったので、ハーフサイズを選びました。ハーフサイズを使うことでベビーベッドの設置場所を大きく取らずに済んだので、選んでよかったと思います。
ハーフサイズのベビーベッドは標準サイズより小さいことから、さまざまな場所に置きやすいようです。大人用のベッドと並べて赤ちゃんと添い寝しやすいタイプを探していたため、ハーフサイズのベビーベッドを選んだというママの声もありました。

移動させやすいから

20代ママ
ハーフサイズのベビーベッドは、部屋から部屋への移動がしやすいところが気に入っています。ハーフサイズはドアの幅よりも奥行きが狭く軽量なので、私1人の力でも移動しやすいと感じました。
ハーフサイズのベビーベッドはコンパクトなことから、家の中で移動しやすいかもしれません。赤ちゃんがすごすシーンにあわせて、リビングから寝室へ移動させたい場合も便利に使えそうですね。

赤ちゃんのお世話がしやすいから

おむつ替え
szefei/Shutterstock.com
20代ママ
私は赤ちゃんのお世話のしやすさを考えてハーフサイズのベビーベッドを選びました。高さのあるハーフサイズベッドは、赤ちゃんの着替えやおむつ替えがしやすいように感じます。
標準サイズのベビーベッドは床板の高さが5センチ前後なのに対し、ハーフサイズは7センチ前後と高さがあるようです。ママは赤ちゃんの着替えやおむつ替えをする度に前かがみの姿勢になるため、高さがあることでお世話もしやすくなるかもしれません。

ハーフサイズのベビーベッドの選び方

ハーフサイズのベビーベッドを用意するときは、どのようなことを考えて選ぶとよいのでしょう。ママたちに、ハーフサイズのベビーベッドの選び方を聞きました。

素材

20代ママ
ハーフサイズのベビーベッドは素材を意識して選びました。ベビーベッドの側面がメッシュ素材になっているタイプは通気性もよく、添い寝をするときも赤ちゃんの様子が見えやすいと思います。
通気性のよいタイプなど、ハーフサイズのベビーベッドを素材で選んだママがいるようです。部屋のインテリアにあうよう木製タイプのベビーベッドを用意したというママの声もありました。

機能

30代ママ
私は機能を重視してハーフサイズのベビーベッドを選びました。私が選んだタイプはベビーベッドとしてだけでなく、スタンドから本体を取り外して床に置いてゆりかごとしても使えるので重宝しています。
機能を重視することも、ハーフサイズのベビーベッドを選ぶポイントのひとつかもしれません。ハーフサイズのベビーベッドには、組み立てが必要なくワンタッチで開閉ができるものや床板の高さが調整できるなものなど、さまざまなタイプがあるようです。

デザイン

ベビーベッドのデザイン
science photo/Shutterstock.com
20代ママ
ハーフサイズのベビーベッドは、気に入ったデザインのものを用意しました。黄色と白色のツートンカラーでデザインされたタイプは、気分が明るくなるので気に入って使っています。
ハーフサイズのベビーベッドをデザインに注目して選んだママもいるようです。他には、部屋の白い壁にあわせたいと考え、全体が白色のシンプルなベビーベッドを選んだママもいました。

ハーフサイズのベビーベッドを使うときに意識したこと

ハーフサイズのベビーベッドを使うときは、どのようなことを意識するとよいのでしょう。ママたちに、ハーフサイズを使うときに意識したことを聞いてみました。

ハーフサイズ専用の布団を用意する

20代ママ
うちではハーフサイズ専用のベビー布団を使っています。ベッドのサイズにあわせた大きさの布団を用意することが大切だと思いました。
ハーフサイズのベビーベッドを用意したときは、赤ちゃんが気持ちよく眠れるよう専用サイズの布団を用意するとよさそうです。ママのなかには、敷布団のみハーフサイズのものを購入して、掛け布団はもともと家にあったブランケットを使ったという声もありました。

他の寝具と使い分ける

30代ママ
私は赤ちゃんがすごすシーンにあわせて、ハーフサイズのベビーベッドと他の寝具を使い分けようと思いました。日中はリビングでベビーベッドを使っていますが、夜間に添い寝をしたいときは布団の上で寝かせることもあります。
赤ちゃんのすごすシーンにあわせて、1日のなかでハーフサイズのベビーベッドと他の寝具を使い分けているママもいるようです。他にも、日中は赤ちゃんの様子にあわせてバウンサーとベビーベッドを使い分けているという声も聞かれました。

ハーフサイズのベビーベッドを上手に使おう

ベビーベッド
Africa Studio/Shutterstock.com

ハーフサイズのベビーベッドをいつまで使っているのかは、赤ちゃんの様子などによってもさまざまなようです。コンパクトなハーフサイズは、部屋から部屋へも移動させやすかったというママの声もありました。

ハーフサイズのベビーベッドを使う場合は専用サイズの布団を用意することなども考えながら、赤ちゃんが気持ちよく眠れるような寝具を用意できるとよいですね。

2019年12月22日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

インテリアの関連記事

カテゴリ一覧