おもちゃを収納しやすい部屋のレイアウトを考えよう

おもちゃを収納しやすい部屋のレイアウトを考えよう

おもちゃを収納するときに役立った家具やアイデア

おもちゃの収納を考えたときに、どのように部屋のレイアウトを決めればよいのか知りたいママもいるでしょう。今回は、おもちゃを収納したときに役立った家具や収納アイデア、部屋をレイアウトしたときに困ったことや、気をつけたことなどについてママたちの体験談を交えてご紹介します。

おもちゃはどの部屋に収納した?

おもちゃ
Africa Studio/Shutterstock.com
子どものおもちゃをどの部屋に収納すればよいのかと考えるママもいるかもしれません。リビングに収納スペースを作るべきなのか、子ども部屋に収納したほうがよいのかと迷ってしまいますよね。

おもちゃをどの部屋に収納していたのかママたちに聞いてみました。
30代ママ
子どもが小学校入学前までリビングで遊ぶことが多かったので、おもちゃ用の収納家具をリビングに置いていました。小学校に入学してからは、子ども部屋に置いたベッドについていたタンスにおもちゃを入れていました。
30代ママ
リビングの隣を子ども部屋にして、おもちゃを収納していました。遊ぶ場所は子ども部屋と決めて、リビングがおもちゃで散らからないようにしました。
子どもが小さな時期は、子どもの様子を見られるようにリビングやリビングの隣に子ども部屋を作って、おもちゃを収納していたというママが多いようでした。子どもの年齢によっておもちゃを収納する場所も変わってくるのかもしれません。

おもちゃの収納を考えたときに部屋のレイアウトで困ったこと

おもちゃの収納を考えたときに、部屋のレイアウトで困ったことをママたちに聞いてみました。
30代ママ
おもちゃを収納するときにどのようなレイアウトにすれば子どもが片づけしやすいかがわからずに、家具の配置に迷いました。
30代ママ
下の子がまだ小さく高いところに手が届かないので、低い高さの収納を2つ置いています。片方には本やお絵かき系のおもちゃ、もう片方にはぬいぐるみや細かいおもちゃ、と分けて使ってもらいたかったのですがうまくいかず、レイアウトを変えようか考えています。
30代ママ
おもちゃの種類が多く、子どもがおもちゃの場所を把握するためには、どのようにレイアウトすればよいのか悩みました。
おもちゃを収納するときに子どもの片づけやすさを考えて、家具のレイアウトに迷ったというママの声がありました。どのようなデザインの収納家具を用意すれば、リビングの雰囲気に合うかどうか考えたというママもいました。

おもちゃの収納を考えて部屋のレイアウトを決めたときに気をつけたこと

子供部屋
LeManna/Shutterstock.com
おもちゃを収納を考えて部屋のレイアウトを決めたときに意識したことをママたちに聞いてみました。

安全面を考える

40代ママ
おもちゃを収納する場所を決めるときは、ストーブと離れた場所に配置するようにしています。子どもが自分でおもちゃを片づけても、危なくないように収納スペースを考えました。
おもちゃの収納スペースを考えたときに、安全面を配慮してレイアウトを決めたママの声がありました。暖房器具の位置と離れた場所に収納場所を決めたというママが多いようでした。

部屋のレイアウトに合った家具を選ぶ

30代ママ
以前、家具を購入したときに想定した大きさと違ってレイアウトに困ったことがありました。おもちゃ用の収納家具を選ぶときは、設置場所を決めて、サイズを測ってから選ぶようにしています。
おもちゃ用の収納家具を選ぶときは、レイアウトを考えて設置場所を決めておくというママの声がありました。模様替えをしても移動しやすいように、小さめの収納家具を購入したというママもいました。

片づけやすさを考える

30代ママ
子どもが小さい時期は私が片づけやすい場所を考えてレイアウトを決めていました。子どもが自分でおもちゃを片づけられるようになると、手の届く場所におもちゃを収納するようになりました。
子どもが小さい時期は、大人目線で片づけやすい場所を考えたというママの声がありました。子どもが自分で片づけられるようになると低い位置に収納アイテムを設置するなど、子どもの目線に立って片づけやすいレイアウトを決めるとよいかもしれません。

部屋でおもちゃを収納するときに役立ったアイテム

部屋でおもちゃを収納するときに役立ったアイテムを聞いてみました。

カラーボックス

30代ママ
カラーボックスを横倒しにして置き、中に箱を設置して、おもちゃを収納していました。キャスターをつけて椅子としても使えて重宝しました。
おもちゃを収納しつつ、カラーボックスを椅子として使ったママや、デスクにして使ったというママの声がありました。値段もお手頃で購入しやすいというママの声もありました。

積み重ねができるボックス

30代ママ
おもちゃの収納には、積み重ねできるボックスを使っていました。簡単に積み重ねでき、スペースをとらずに収納できるので、使ってよかったです。
積み重ねができるボックスは、プラスチックのものや木材のものなどさまざまな種類があるようです。おもちゃが増えた場合に、買い足しも簡単にできて使いやすそうですね。

カラフルな引出しのチェスト

30代ママ
幼稚園で使っていた、色が分けられたおもちゃ用のカラーボックスを家でも使用したいと思い、注文しました。おもちゃの種類ごとに色分けできて、子どもがおもちゃの場所を把握しやすくなりました。
初めから色が分けられたカラーボックスを用意すると、子どもがおもちゃを片づけるときにわかりやすいというママの声がありました。

部屋でおもちゃを収納するときのアイデア

部屋でおもちゃを収納するときのアイデアをママたちに聞いてみました。
30代ママ
子どもが片づけしやすいように、収納ケースにおもちゃの種類別にイラストを書いて貼るようにしています。おもちゃのイラストが難しいときは、ハートなどの簡単なマークを書いて、子どもがおもちゃの場所がわかるように工夫しています。
30代ママ
リビングにおもちゃの収納マットを置いて活用しています。子どもたちがマットのうえで遊んだあとに、紐を引くだけで簡単に収納ができてとても使いやすいです。
30代ママ
おもちゃを収納するスペースがあまりないので、天井から吊るすことができる収納ボックスを使っています。ぬいぐるみなどの軽いおもちゃを入れています。
おもちゃを収納するときに、片づけやすさや空きスペースの有効活用を考えて工夫したママの声がありました。おもちゃ箱にキャスターをつけて片づけるときに移動しやすいようにしたというママもいました。

おもちゃを収納しやすいように部屋のレイアウトを決めよう

おもちゃの収納
Photographee.eu/Shutterstock.com
リビングや子ども部屋におもちゃを収納するときに安全面に配慮したり、子どもの片づけやすさを考えてレイアウトを決めたというママの声がありました。

子どもが小さい時期は、リビングにおもちゃの収納スペースを設けている家庭が多く、家族ですごすリビングをすっきり見せるために、さまざまな家具や収納アイテムを使ったママがいました。空きスペースなどがある場合は、役立つグッズを使って有効に活用できるとよいかもしれません。

おもちゃが収納しやすい部屋のレイアウトを考えて、子どもが快適にすごせる空間を作れるとよいですね。

2019年12月18日

専門家のコメント
13
    こいまま先生 保育士
    2歳くらいまでは一階で遊ぶことが多かったので、大きめの箱にお気に入りのおもちゃを入れて下に下ろしていました。
    飽きたら子ども部屋のおもちゃと交換という形にして、基本は二階におもちゃスペースがありました。
    そのため、大きくなった今でも、おもちゃは二階と暗黙のルールができています。
    ろろ先生 保育士
    子どもが自主的に片付けられるように『入れやすい』『わかりやすい』ようにしていました。
    お値段以上ニトリさんの棚にぴったりサイズのカゴを探し、表からみて何が入っているかわかるよう写真とおもちゃの名前を書いて貼っていました。
    小さい子だとおもちゃの名前よりその子が好きなキャラクターを貼って『このおもちゃは○○のかごにいれようね』などと声をかけながら一緒に片付けしてみるのはいかがでしょうか?(*˙﹀˙*)
    なこ先生 保育士
    お片付けは未だに悩みながらです。どんどんオモチャが増えますし飽きやすいので種類も大きさも様々で大変です。大きいカゴが使いやすそうですね。
    すみっこ先生 保育士
    おもちゃ収納専用の棚を購入しました。カゴが斜めに設置されているので子どもからも見やすくて便利でした♪
    それと、3段ボックスを横に倒して使っています。上にも物が置けるので、力作のレゴやお人形の家を飾って楽しんでいます!
    3段ボックスは今後他の用途にも使えるので長く愛用できそうです。
    ぽんた先生 保育士
    子どもが過ごす時間の多いリビングにおもちゃを置いていました。下の子が生まれてからは、細かいブロックとかは、リビングの一角を仕切って、その中に置いて、上の子がそこで遊べるようにーと作ったのですが、上の子は、結局、私と下の子と一緒のスペースがいいようで、上の子専用のスペース(といっても、下の子がまたげない高さのダンボール箱を並べただけで、開放的な空間だったはずですが)にいることを好まなかったです(^^;)なので、多少遊びを壊されても仕方ない感じで、下の子と遊んでいました。あと、工夫したのはパズルの収納です。3つくらいに仕切られた本立てを横に2つ置いて、そこにパズルをしまうようにしました。袋に入れたりするのは難しいし、グチャグチャだし、中身がみえにくいのでやめて、子どもが自分でみて出してしまえるようにして、良かったです
    ぽん先生 保育士
    おもちゃの住所を決めてあげるとわかりやすいと思います!
    文字が読める子はひらがなで、まだ読めない子は絵や写真をつけてあげると分かりやすいと思います。
    またしまい方の写真もつけてあげるときれいに片付けられると思います!
    ゆきな先生 保育士
    子どもが立って胸の高さまでのボックスにおもちゃを入れると出し入れしやすいですよね!!
    種類で分けるのもいいですが一つのボックスに入れるとお片づけも覚えられるとおもいます!色々おもちゃの種類がわかるようになってから分別してお片づけを覚えたらいいとおもいます!
    やし先生 保育士
    100均でカゴなどを統一して、棚などはDIYで自作することで、ぴったり寸法の子ども用ワークデスクなどを作ってます。
    狭い空間だと、空中がもったいないので、立体的に利用することを考えてデザインするとよいと思います。
    いちご先生 保育士
    子どもさんの年齢がまだ小さい時は、分ける収納よりもポンポンなんでも入れられる収納の方がわかりやすくていいと思います。少し大きくなってくると、分ける収納にして、さらにそのBOXにわかりやすく写真やひらがなでラベルを貼るのもいいですね
    りり先生 保育士
    2歳まではひとつの箱に投げ込む感じの収納で十分です。3歳くらいになって、少しずつおおまかに分別できるように箱を変えるといいかなと思います。ちなみに箱が斜めになっているおもちゃ箱はすぐにホコリがたまるので蓋がついたような入れ物の方がお掃除や衛生面的にもおすすめですよ!
    ぬーぴー先生 保育士
    おもちゃの片付けは、わかりやすさが大切です。ポイントは見てすぐわかることと、分けすぎないこと!片付けの棚にきれいに入れたイラストや写真を貼ると、片付いている状態と片付いていない状態の違いが分かりやすいので、片付けやすくなりますよ。分けすぎないというのは、例えばままごとの野菜とお皿、電車のおもちゃの電車とレールなど、、1つの遊びで使うおもちゃを別々の場所に分けていると、片付けが億劫になりやすいです。
    せおみ先生 保育士
    リビングにはおもちゃを持ち込んで欲しくないと思い、別の部屋をおもちゃ部屋にしていますが、結局おもちゃを大量に運んできてしまいます。
    棚はおもちゃを収納しています。
    遊びやすいようにブロックなど、棚から引き出しごと取れる物を選びました。
    いちぽ先生 保育士
    リビングの横の部屋におもちゃ箱を用意して小さいうちは子ども部屋として使おうかなと思っています。
    自分でしまえるようにわかりやすくおもちゃ収納をするといいですよね。
おすすめユーザーのコメント
2
    SB
    子どもが自分自身で片付けやすい収納がよいですね。我が家もボックスを使っていますが、底のおもちゃが取りにくいようです。

    おもちゃを減らすのもひとつの方法ですよね。とはいえ、手放したがらないのも悩みです。
    sh
    おもちゃがごちゃごちゃしないように、整理整頓が大変でした。見た目がすっきりするように同じボックスを用意して収納しました。

インテリアの関連記事

カテゴリ一覧