ショートヘアの女の子向けの入学式の髪型。短くてもかわいいアレンジ

ショートヘアの女の子向けの入学式の髪型。短くてもかわいいアレンジ

ショートヘアやショートボブヘアのアレンジ

女の子のいるママのなかには、入学式に出席する子どもの髪型をかわいくしてあげたいけれど、ショートヘアのためどのようなアレンジをするとよいのか悩む方もいるかもしれません。今回の記事では、ショートヘアやショートボブヘアの女の子向けの髪型アレンジと髪型で意識したことなどを体験談を交えてご紹介します。

女の子の入学式での髪型の悩み

女の子のいるママのなかには、入学式のときの子どもの髪型について気になることもあるのではないでしょうか。今回は、ショートヘアの女の子がいるママに、入学式での髪型の悩みについて聞いてみました。

30代ママ
うちの子は、小さい頃から髪型をショートカットにしています。入学式には髪型をアレンジしたいと娘がいうのですが、髪が短いのでどのようにアレンジするとよいのか知りたいです。
30代ママ
入学式に着ていく服装にあわせて、子どもの髪型もかわいくしてあげたいと考えています。ショートヘアでもできる簡単なアレンジがあればよいなと思います。
入学式にあわせて、ショートヘアでもかわいくできるアレンジを知りたいママもいるようです。他にも、ショートヘアや短めのボブヘアの女の子にできるアレンジは限られているので、いろいろなアレンジ方法を知りたいというママの声もありました。

ショートヘアの女の子の入学式での髪型

ショートヘアの女の子にやりやすい、入学式での髪型にはどのようなものがあるのでしょうか。ママたちに聞いてみました。

前髪ポンパドール

30代ママ
ショートカットのうちの娘は最近髪を伸ばしはじめたため、少し長めのショートヘアになってきました。そのままだとボサボサした印象になるかなと思い前髪をまとめてポンパドールにすると、顔まわりがすっきりして明るいイメージの髪型になったと感じました。
前髪をポンパドールにアレンジしたママもいるようです。ママのなかからは、サイドの髪を後ろに流すようにするとよりすっきり見えるという声もありました。

ねじって留めるアレンジ

ヘアピンでねじって留める
mates/Shutterstock.com
30代ママ
入学式には、サイドやトップの髪をいくつかの毛束にわけて毛先だけをねじり、ヘアピンで留めたアレンジをしていきました。毛先だけピンで留めるとボリュームが出て、華やかな雰囲気にすることができました。
ボーイッシュなイメージもあるショートカットスタイルも、ねじって留めるだけでボリュームのある華やかなスタイルにすることができるようです。ママのなかからは、入園式は帽子をかぶらなくていいので、自由にアレンジできるのが嬉しいという声も聞かれました。

外ハネアレンジ

30代ママ
うちの子はベリーショートなので、ヘアアレンジがしづらいかなと思っていました。毛先をヘアアイロンで外ハネにすると、元気な我が子のイメージにぴったりのアレンジができました。
ヘアアイロンで外ハネスタイルにしたママもいるようです。ヘアアイロンを使用するときは温度に気をつけ、子どもが触ることのないように意識して使えるとよいかもしれませんね。

ショートボブヘアの女の子の入学式での髪型

ショートカットよりやや長めでも、アップスタイルは難しいというショートボブの髪型の女の子もいるのではないでしょうか。ショートボブヘアの女の子にやりやすい入学式の髪型アレンジについて、ママたちに聞いてみました。

前髪を流すスタイル

30代ママ
入学式にはヘアアクセサリーをつけようと思っていましたが、もう少し普段と変化をつけたいと思いました。そこで、前髪を編み込みながら横に流してピンで留め、耳の上辺りにバレッタをつけると、簡単でも華やかさもあるスタイルに仕上がりました。
ヘアアレンジが難しい場合などは、前髪を変えるだけでもいつもと違う雰囲気になるようです。他にも、前髪だけねじってヘアピンで留めるなど、前髪で変化を出すというママの声もありました。

内巻きスタイル

髪型アレンジ道具
Africa Studio/Shutterstock.com
30代ママ
サラサラの髪質を活かした、子どもらしいアレンジをしようと思いました。ヘアアイロンで毛先を内巻きにすると、いつもの髪型のままで毛先にまとまりができるので、品のある雰囲気になったと思います。ポイントにヘアアクセサリーを使うと華やかな雰囲気もプラスされました。
いつものショートボブスタイルも内巻きにカールすることで、上品な雰囲気になるようです。子どもの希望に沿うようにできると、子どもも嬉しくママも楽しいかもしれませんね。

編み込みスタイル

30代ママ
入学式はとびきりかわいい髪型にしたいという娘に、編み込みをしました。トップの髪の毛をサイドから反対側へ、少しずつ毛束を取りながらカチューシャのように編み込みをしてあげると、かわいくも大人っぽくもある素敵な髪型にできました。
定番の編み込みのアレンジも、工夫次第で人と被ることのない髪型を楽しめそうですね。ママのなかからは、サイドだけ編み込みをしたりトップも編み込んだりと、編み込みをする場所によって雰囲気を変えることもできるのが魅力だという声も聞かれました。

入学式の女の子の髪型で意識したこと

女の子に入学式用の髪型をアレンジするときに、気をつけた方がよいことはあるのでしょうか。ママたちに、入学式の女の子の髪型で意識したことについて聞いてみました。

髪型が崩れないようにセットする

40代ママ
普段はあまりやらない髪型にしたので、慣れない娘が髪の毛を触るかもしれないと思いました。ワックスやスプレーで少しまとまるようにセットすると、子どもが触っても崩れにくいように感じました。
髪型が崩れないように、ワックスやスプレーなどを使ってセットしたママもいるようです。入学式という慣れない雰囲気のなかで、子どもが髪の毛を気にすることがないようにしてあげられるとよいかもしれませんね。

卒園式の髪型と変化をつける

40代ママ
入学式は卒園式と同じ服装で行くことにしていました。記念撮影などもあるため、髪型を変えることで、卒園式とは違う雰囲気を出そうと思いました。
30代ママ
卒園式は、かわいらしさを出すような服装や髪型にしていました。小学生になるので、入学式は少しお姉さんな髪型にすると、子どもも気持ちが引き締まったようでした。
卒園式のときの髪型と変化をつけて、入学式の髪型をアレンジしたママもいるようです。他にも、卒園式とは違うヘアアクセサリーを選ぶことで変化をつけたというママの声もありました。

子どものスタイルにあわせた髪型をしよう

入学
sukiyaki/Shutterstock.com

ショートヘアの女の子が入学式用にアレンジする髪型には、ねじって留めたりヘアアイロンで動きをつけたりすることもあるようです。他にも、髪を編み込みすることでカチューシャのようにアレンジしたママもいました。

髪型が崩れないようセットに気を配ったり、卒園式とは違う雰囲気にアレンジしたりして、子どもの入学式スタイルにあった髪型ができるとよいですね。

2020年01月03日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

イベントの関連記事

カテゴリ一覧