結婚記念日には手紙で感謝を伝えよう。妻へ、夫へ送る感動する手紙の内容と例文

結婚記念日には手紙で感謝を伝えよう。妻へ、夫へ送る感動する手紙の内容と例文

結婚記念日に、日頃の感謝を手紙で伝えようと考えているパパやママもいるかもしれません。今回の記事では、夫から妻へ、妻から夫へ送る手紙の例文や内容、感動した演出、英語を交えたメッセージなど、結婚記念日の感動エピソードを、ママとパパの体験談をもとにご紹介します。

結婚記念日に気持ちをどう伝える?

1年に1度やってくる結婚記念日を、特別な日にしたいと考えているママやパパもいるのではないでしょうか。結婚記念日に食事に行ったり、旅行に行ったりする夫婦もいるようですが、いざ、相手への気持ちを言葉に乗せて伝えると考えたときに、照れくさいと感じてしまうこともあるかもしれません。

顔を見ながら直接伝えることが恥ずかしいと感じる場合は、手紙やメールなど、文章にして伝えるのもよい方法かもしれません。一番身近な存在だからこそ、特別な日には丁寧な言葉で気持ちを伝えられるとよいですね。

感謝の気持ちを表すメッセージの例文

感謝の気持ちを伝えたいと考えてはいても、どのようなメッセージを送ればよいのか悩んでしまう方もいるかもしれません。結婚記念日に手紙で気持ちを伝えたことがあるパパとママに、どのようなメッセージを送ったのか聞き、例文としてまとめてみました。

妻から夫へ送る手紙の例文

iStock.com/itakayuki

例文1
「いつもお仕事がんばってくれて、ありがとう。仕事に真摯に向き合っているあなたを心から尊敬しています。これからもよろしくね」

例文2
「いつも家族を楽しませようとしてくれてありがとう。パパのおかげで家族みんながハッピーです。いつも家族のことばかり考えてくれるパパだけど、自分の体も大切にしてね」

夫への感謝の気持ちの文には、日頃から仕事をがんばってくれていることに対しての感謝の気持ちを込めたというママの声がありました。パパに向けてこれからも仲良くすごしていこうねという気持ちや、パパとして尊敬しているという目線などが文章にこめられていると、パパも喜ぶかもしれませんね。

夫から妻へ送る手紙の例文

例文1
「いつもおいしい料理をたくさん作ってくれてありがとう。結婚した頃と変わらずきれいだよ。これからもふたり仲良く、歳を重ねていこうね」

例文2
「結婚してからの日々、いろいろがあったけど、どんなときもいっしょにいてくれてありがとう。子どもがすくすく成長しているのもいつもがんばっていてくれるママのおかげだね。ありがとう」

夫から妻へ贈る手紙の中には、育児や家事、仕事などを両立してくれていることに関しての感謝の気持ちがこめたという、パパの声がありました。ママのおかげで家族みんなが元気で幸せでいられるということを伝えられると、ママも嬉しい気持ちになってくれるのではないでしょうか。

手紙を渡すときにプラスした演出

手紙やメールなどでメッセージを贈るだけではなく、演出をプラスしたパパやママもいるようです。パパやママが考えたサプライズ演出について聞いてみました。

手紙を読む場面を動画で撮影

iStock.com/boonyoo

「単身赴任中なので普段はあまり会えません。なので動画にメッセージを撮影して妻へ贈りました。妻は『結婚記念日を覚えていてくれて、ありがとう』ととても喜んでくれました」(30代パパ)

単身赴任や家族の都合などで、普段離れて暮らしている場合は、動画で表情や姿が見られると嬉しいですよね。手紙を書いて渡すだけでなく、手紙を読んでいる姿を動画で撮影することで、相手も直接言葉で伝えられているような気持になり嬉しく感じてくれるのではないでしょうか。

部屋中を飾りつけ

「結婚記念日当日、夫に少し出かけてもらいました。その時間に私は、『結婚記念日5週年、おめでとう』というメッセージや風船で部屋中を飾りつけ、手紙もわかるところに置いておきました。帰宅した夫は驚きながらも喜んでくれて、やってよかったと思いました」(20代ママ)

「普段育児でなかなか一人の時間を持つことができない妻へ、日頃の感謝を込めて結婚記念日には少しだけ一人でお出かけしてもらいました。妻がいない時間に僕と子どもで部屋の飾りつけをして、帰ってきた後子どもといっしょに準備した手紙を読み上げました」(30代パパ)

手紙を書いて渡すだけではものたりないということから、部屋中を飾りつけしその中で手紙を渡したり読んだりしたというパパやママもいるようです。内緒で準備してくれた相手の気持ちが、結婚記念日をより特別なものにしてくれるかもしれません。

花束の中にメッセージ

「花束を渡すだけではなく、日頃の感謝をこめた内容のメッセージを入れておきました。妻はこのサプライズがとても嬉しかったようで1年経った今でもそのときのことを話してくれます」(30代パパ)

花束の中にメッセージを書いた手紙を入れたというパパもいるようです。手紙を渡すだけだと照れくさいという場合は、花束やプレゼントといっしょに渡すというのも、よい方法かもしれませんね。

結婚記念日の感動エピソード

結婚記念日の手紙にまつわる感動エピソードについて聞いてみました。

英語で書かれたメッセージに感動

「英語で「愛してる」と書かれたメッセージカードが、プレゼントの中に入っていました。夫はきっと恥ずかしかったので英語にしたのかもしれませんが、気持ちは十分に伝わってきて『この人と結婚してよかった』と思いました」(30代ママ)

「夫から英語で書かれた手紙をプレゼントされました。長文の全部が英語だったので、すぐに内容を理解できませんでしたが、パソコンで翻訳してみたところ、とてもまじめに感謝の気持ちが綴られていて感動しました。英語で書いたセンスにも惚れ直しました」(30代ママ)

日本語だと照れくさく感じるため、英語にして気持ちを伝えたという声もありました。英語でのメッセージはセンスよく感じられ、結婚記念日のよい思い出として残りそうですね。

子どもからサプライズプレゼント

「夫が子どもにも声をかけて事前にたくさん準備をしてくれていました。夫と子どもがふたりで私に花束とメッセージカードを渡してくれ、とても幸せな気持ちになりました」(20代ママ)

「夕食を終えた頃、夫がケーキを準備してくれていたみたいで、家族みんなで結婚記念日を祝いました。子どもが『ママとパパが結婚したから私が生まれたんだね。ありがとう』と言ってくれ、子どものその言葉に夫婦二人で感動してしまいました」(30代ママ)

結婚記念日を子どもがいっしょに祝ってくれたという声もありました。子どもからプレゼントをされたり、お祝いの言葉を伝えられたりすると、家族みんなで結婚記念日を迎えられた喜びがより深まりそうですね。

結婚記念日に日頃の感謝を伝えよう

iStock.com/Yagi-Studio

結婚記念日には手紙などで日頃の感謝を伝えることで、その一日が特別な日となりそうですね。夫や妻へどのような内容の手紙を書くかは、例文を参考にしながら、自分の気持ちを上手に伝えられるとよいですね。英語でのメッセージなど相手が感動するような演出も考えられると、より感動できる時間となりそうです。相手が喜ぶ顔を思い浮かべながら準備をし、素敵な結婚記念日を迎えられるとよいですね。

2018年10月29日

イベントの関連記事

カテゴリ一覧