【歯科医監修】赤ちゃんや幼児の子どもの歯にフッ素は必要?

【歯科医監修】赤ちゃんや幼児の子どもの歯にフッ素は必要?

歯医者で塗布する必要性や家庭でできるフッ素対策

赤ちゃんや子どもの歯にフッ素がよいといわれていますが、フッ素には具体的にどのような作用があるのでしょうか。幼児期からのフッ素を塗布する必要性や、フッ素入り歯磨きと歯医者で塗布するフッ素の違い、フッ素の副作用について解説します。また家庭でできるフッ素対策についても併せてご紹介します。

岡本卓真(あおばファミリー歯科・こども歯科)

赤ちゃんや子どもにフッ素は必要?

生えたばかりの乳歯は柔らかく、永久歯と比べるとエナメル質が薄く、弱いため、虫歯になりやすいのが特徴です。

乳歯は虫歯の進行が早く、広い範囲に広がってしまう傾向にあります。歯の間など見えづらいところで虫歯が大きくなることも多いので、赤ちゃんや幼児の歯にフッ素を塗って、虫歯の予防をすることは大切です。

フッ素とは

フッ素は子どもの歯によいといわれていますが、そもそもフッ素にはどのような役割があるのでしょうか。

歯質の強化

フッ素が歯と触れると、歯の表面部分のエナメル質の結晶構造が改善され、硬くなることで歯質が強化されます。

むし歯原因菌の活動抑制

むし歯原因菌はプラーク(汚れ)の中にある糖分を取り込んで酸を産生することで歯を溶かします。フッ素を使用することでむし歯原因菌の糖分の取り込みを阻止することで酸の産生を抑制してくれます。

食品に含まれるフッ化物

下の表は、食品中のフッ化物量を表したものです。表中には、いろいろな食品中の、自然の状態でのフッ化物量が示されています。これをみると、私たちが知らずに日常口にしている食品中には、かなりのフッ化物を含んでおり、なかでも食塩やお茶、魚介類のフッ化物濃度は比較的高いことが分かります。

食品に含まれるフッ化物濃度

フッ素に副作用はある?

赤ちゃんや幼児にフッ素を使うと身体に害を及ぼすのではないかと心配に思うママがいるかもしれません。

フッ素は、大量に使用すると身体に害になる可能性があるといわれていますが、虫歯予防のために一定の部分に塗る分には害はありません。

家庭でのフッ素対策

歯医者での数カ月のフッ素対策とあわせて家でもフッ素対策をするのが望ましいようです。では具体的にどんなことをすればいいのかを解説します。

フッ素入りの歯磨き粉を使う

家庭では、フッ素配合の歯磨き粉を使用するとよいでしょう。

しかし、フッ素入りの歯磨き粉を使っていれば虫歯にならないわけでなく、フッ素配合の歯磨き粉にプラスして正しいブラッシングをすることが大切です。

フッ素配合のスプレーを使用する

うがいがまだ上手にできなかったり、歯磨き粉を飲み込んでしまう赤ちゃんや幼児には、フッ素配合スプレーを使うとよいでしょう。

歯磨きをしたあとにフッ素配合スプレーを歯ブラシに吹きかけ、歯の全体にフッ素が行き渡るように歯ブラシをします。

フッ素配合スプレーは、濃度が低いため、赤ちゃんが間違えて飲み込んでしまっても心配はありません。

フッ素入りの洗口液でうがいをする

うがいする子ども
Odua Images/Shutterstock.com

フッ素入りのうがい液でうがいをするのも一つの方法です。

寝る前や食後の歯磨きのあとにフッ素入りの洗口液でうがいをすると虫歯の予防になります。

毎日のフッ化物配合歯磨きと歯医者で塗布するフッ化物応用の違い

プロフェッショナルケアとして歯科医院や保健センターなどで使用するフッ化物とホームケアとして使用するフッ化物配合歯みがき剤との違いは濃度です。

下の表に示すようにホームケア用のフッ化物配合歯みがき剤やフッ化物配合スプレー、フッ化物洗口などは安全を考慮し、非常に低い濃度となっています。

フッ化物応用の種類

フッ素の理解を深めて、子どもを虫歯から守ろう

3ヶ月に1回の高濃度フッ化物の局所応用と低濃度フッ化物の継続応用によって歯とフッ化物が触れ合う機会を多くすることが効率的なむし歯予防につながります。

フッ化物を上手に使って子どもを虫歯から守ろう

歯ブラシで虫歯を防ぐ
iStock.com/Wako Megumi

虫歯の予防によいといわれているフッ化物は、子どもの乳歯が生え始めた乳幼児期のときから塗るようにしましょう。

フッ化物は1度の塗布で虫歯を予防することは難しいため、年に2~4回定期的に塗ることが必要です。

家庭でフッ化物配合の歯磨き粉で歯を磨いたり、フッ化物入りの洗口液でうがいをすることで虫歯予防ができます。赤ちゃんや幼児で歯磨きやうがいがまだ上手にできないときには、フッ化物配合スプレーを使うなどフッ素を塗る方法は、年齢に応じて工夫するとよいでしょう。

監修:岡本卓真(あおばファミリー歯科・こども歯科)

No Image

岡本卓真(あおばファミリー歯科・こども歯科)

岡本卓真の監修記事一覧(バックナンバー)

あおばファミリー歯科・こども小児歯科院長。小児歯科学会専門医。
小児歯科学会専門医として、臨床・研究を重ね、数々の論文を発表。最善の治療法や疾病予防に努め、お口全体の将来を見据えた治療計画を行なっている。

あおばファミリー歯科・こども歯科

2019年04月09日

専門家のコメント
30
    かよう先生 保育士
    フッ素がいい理由と塗るタイミングが分かってよかったです。
    定期検診も大切だと思いました。
    すみっこ先生 保育士
    二歳から2.3か月毎に歯医者でフッ素を塗ってもらっています。定期検診も兼ねているので小さな
    いちぽ先生 保育士
    一歳の我が子は歯が生えたときから家庭で一日一回フッ素入りジェルで磨いています。
    歯医者にも
    せおみ先生 保育士
    フッ素が歯に良いことはよくわかります
    が、うちの子達はフッ素の味が嫌いで、家で歯磨きをする
    べこな先生 保育士
    定期検診の時に塗ってもらい、永久歯がはえてくると、虫歯になりにくいように溝を埋めるコーティ
    すー先生 保育士
    以前の歯医者さんはフッ素は必要ない。といわれ3ヶ月に1度検診だけしてもらっていました。今通
    こと先生 保育士
    1才半検診のときに、歯医者でフッ素を塗布してもらった方がいいか尋ねると、もう少しはえそろっ
    めーめー先生 保育士
    我が家では歯がある程度揃った頃からフッ素入のジェルで歯磨きをしています。また、年に2回歯医
    まりこ先生 保育士
    かかりつけの歯医者さんで定期的にフッ素を塗ってもらっています。スタンプを毎回押す事を楽しみ
    nt_2
    @まりこ先生さん
    スタンプを楽しくためるっていうのは上手な対応ですね!感心しました。 怖がらずにお医者さんに行ける体験を積ませてあげるのは大切なことですね😊
    おはぎ先生 保育士
    我が子もも歯が生え始めたので歯医者さんデビューをして、フッ素を塗ってもらいました。まだ早い
    まい先生 保育士
    フッ素は塗った方がいいです
    まだ歯が丈夫ではなく、離乳食を始めたら虫歯になりやすいし小さい
    めめ先生 保育士
    我が家は歯が生え始めたら歯医者さんに行きます。歯医者に慣れるためにも歯が生え始めたら定期的
    とーち先生 保育士
    定期的にフッ素に通っています。

    しっかり歯磨きをしているつもりでも、歯の裏や間に食べかす
    めるちゃん先生 保育士
    3ヶ月に1回、歯医者に定期検診に行った際に、フッ素を塗ってもらってます。自宅でもフッ素入り
    みー先生 保育士
    我が家もフッ素を塗布してもらっています。
    歯科医によって間隔に差がありますが1ヶ月に1度通
コメントをもっと見る

トラブルの関連記事

  • 男の子を持つママにとって子どもの「おちんちん」の悩みはなかなか相談しづらいもの。しかしネットでは「ムキムキ体操」というキーワードが話題となるなど、多くの方が真剣に考え、悩んでいる問題といえるでしょう。今回は「子どもの包茎」の症状と、治療法について解説します。

    山高篤行(順天堂大学医学部付属順天堂医院 )

  • 妊娠中や産後の痔はなかなか相談しづらく受診が遅れがちですが、実は多くの女性が妊娠・出産による痔に悩んでいます。今回は妊娠・出産でなぜ痔になりやすいのか、原因と対策、治療法について解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 子どもの急な発熱やのどの痛み、もしかしたら「溶連菌感染症」かもしれません。実際に自分の子どもがかかった経験がなければ、詳しい症状などを知らない人も多いのではないでしょうか。「猩紅熱(しょうこうねつ)」ともよばれる、溶連菌感染症の原因と症状、特に流行しやすい時期、検査方法、注意したい合併症、治療方法や家庭でできる対応、登園目安や予防法などを医師に伺いました。

    眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

  • 保育園や幼稚園で冬場に集団流行しやすい病気のひとつ「おたふく風邪」は就学前の子どもがかかりやすい病気のひとつ。今回はおたふく風邪の流行時期や症状、そしてワクチンの重要性とホームケアや登園許可、予防法などについてご紹介します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 非常に強い感染力を持ち、空気、飛沫、接触など、人から人へとうつっていく麻疹(はしか)ウイルス。免疫を持っていなければ発症率はほぼ100%といわれています。今回は麻疹(はしか)と、混同されがちな風疹の症状や原因、感染経路や予防方法などについて解説します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 家庭内で過ごす時間が増えた今、子どもの猫背が気になることはありませんか。猫背は子どもの体にどのような影響を及ぼすのでしょう。今回の記事では、子どもの猫背で起こる影響や受診の目安、家庭でできる対処法について解説します。

    千葉直樹(上高田ちば整形外科・小児科)

  • 誤飲、口呼吸、歯並び、口内炎、口臭……こどもの口周りの悩みは意外と多いもの。そこで今回は医師監修のもと、口周りのトラブルの原因と対処法を解説した記事をピックアップしました。いざという時のため、長期的な子どもの健康のために、子どもに起こりやすい口周りのトラブルについて備えては。

  • トイレトレーニング(以下、トイトレ)は終わったのに、夜はおねしょが頻繁でまだオムツが手放せない…そんなお悩みはありませんか?そもそも何歳までおねしょをするものなのか、どこに相談していいのかも分かりませんよね。そこで今回は、おねしょと夜尿症の違いや、夜尿症の治療について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 中耳炎は幼児期の子どもがかかりやすい病気のひとつ。子どもが耳を痛がる場合は、もしかしたら中耳炎にかかっているかもしれません。今回は、中耳炎の症状や早期発見のポイント、治療法と予防について解説します。

    金髙清佳(おひさまクリニック)

  • 「男性不妊」「男性の妊活」という言葉が一般的になりましたが、具体的に何から始めればよいのか、病院でどんな検査や治療をおこなうのか不安…という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、厚生労働省の妊活に関わる調査結果、男性不妊の主な原因、病院での検査内容や治療の流れについて解説します。

    杉山力一(杉山産婦人科)

  • WHOが2030年までに15歳以下の女子の接種率を9割まで高めることを新たな目標にし、注目されているHPVワクチン。しかし日本では、副反応に対する不安などから、ワクチン接種を控える保護者も多くいます。そこで今回は子宮頸がんの予防に有効なHPVワクチンの効果と、副反応について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 初めて子どものけいれんを目にした場合、多くの保護者が焦りでパニックに陥るもの。とくに乳幼児に多い熱性けいれんは何故起きるのか、原因と対処法についてご紹介します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

カテゴリ一覧