子どもの呼吸マネジメントは親の課題。呼吸を鍛えるコツ

子どもの呼吸マネジメントは親の課題。呼吸を鍛えるコツ

新しい生活様式が呼びかけられ、マスク着用が習慣化している現在。幼い頃からマスク生活を強いられる現代の子どもにとってどのような影響があるのでしょうか。口呼吸がもたらす子どもの成長への弊害と口呼吸の危険サインについて分かった中編。後編では、口呼吸から鼻呼吸へ改善する実践法についてみらいクリニック院長の今井一彰先生に解説してもらいます。

今井一彰(みらいクリニック)
新型コロナウイルスの流行に伴い、マスク着用が当たり前となった現在。このような「新しい生活様式」が子どもに重大な弊害を及ぼすというみらいクリニック院長の今井一彰先生。

前編では呼吸の重要性、中編では子どもの口呼吸が顔や表情などの見た目にも影響するということを教えてもらいました。
後編では、子どもに口呼吸の危険なサインがみられたとき、子どもの健康を保つために、家庭内で実際に実践できる方法について聞きました。

呼吸や咀嚼は学習行為

「呼吸って無料のもの。24時間常にしていることだからこそ、なかなか気を払うことは難しい。

呼吸や咀嚼は、生きていく上で必要なことですよね。ところが、どちらも多くの人にとってはできて当たり前のことのように考えられていてますが、これは“できて当たり前”ではなく、“学習”なんです。

鉛筆を持つ、お箸を持つという行為には、それらを習得するための練習の道具がたくさんありますが、呼吸や咀嚼には教える道具がありません。そのために、鼻での呼吸や咀嚼といった本当に基本的なところがおろそかになっているんです。

たとえば、ロウソクを消せない子どももたくさんいます。なぜかというと、上唇が育っていないために、目の前にロウソクがあるのに空気が上にいってしまう。ケーキをデコレーションすることも楽しいですが、誕生日やクリスマスにはロウソクが消せるかどうかということを確かめることも重要です。
iStock.com/Hakase_
iStock.com/Hakase_
他には、ある程度の年齢になったら口笛が吹けるかどうか、舌でパンパンという音を出せるかどうかといったことも確認しましょう。これらの口の使い方も非常に大切なことなのですが、目を逸らされがち。なかなか気づいていらっしゃらない保護者が多いように思います」

咀嚼を鍛える身近な食べ物

呼吸だけでなく咀嚼もまた、自然とできるようになることではなく“学習”であると今井先生。子どもの咀嚼力を鍛えるためには、噛み応えのある食べ物を与えるのがよいといいます。

「未就学児のお子さんが食べやすいものだと、一番いいのが昆布ですね。イノシン酸がたくさん含まれているので、咀嚼だけでなく味覚も鍛えられると思います。

根昆布は、大きいので喉に入って詰まることもないですし、噛んでも噛み切れないのでずっと噛むことができます。昆布は手軽ですし、すぐに手に入れることができる。さらに、板の昆布をちょうどいい大きさに切っておくと便利です。噛めるだけでなく、舐めることで味覚も育ちます。
iStock.com/y-studio
iStock.com/y-studio
また、食べ物を食べるときは必ず口を閉じ、足を床につけた状態で咀嚼することが非常に大切です。足をぶらぶらさせてしまうと、噛む力も弱くなってしまいます。食事の際は、足がつくベビー用の椅子や、台を置くなどしてきちんと足がつく状態を作ってあげてください。

そうやって、しっかり噛めるようになると顔や舌の筋肉が動き、舌の位置が上がります。舌が上がると自然と口が閉じ、鼻呼吸をすることができます」

口を“閉じる”でなく“鍛える”

「口呼吸になっているときは、舌が下がっている状態になっています。なぜかというと、口の周りの筋肉、舌やあごは重く、口輪筋という口の筋肉や皮筋という皮の筋肉は薄いので、閉じ続ける力がありません。

舌が落ちると舌の分まで唇を上げなければいけなくなりますが、唇の力で締め付け続けることは難しいので、疲れてすぐに落ちてしまう。子どもに何度『口を閉じて』と言っても開いてしまうのは、ここに原因があります。

逆に、人間の体は舌が上がるとそのまま口がついていくので、下あごが完全に閉じる仕組みになっています。ですから、子どもには『口を閉じよう』ではなく、『舌を上げよう』と声をかけることが大切です。

舌の力は結構強いので、口が開きそうになっているときは『舌を上げるよ』と呼びかけるとよいでしょう」

今井先生が考案した、「あ」「い」「う」という母音を発音するときの口の動きと、「べー」と舌を出すときの動きを組み合わせた”あいうべ体操”は、口呼吸を鼻呼吸へと改善し、健康を保つための習慣として取り入れるとよい、口と舌の体操。

日本語では、「あ」「い」「う」を発音するときの口の動きが、あらゆる口の動き(発音)の基本となっているため、「あー」「いー」「うー」の3つを行うことで、口の動かし方のすべてができるようになっています。
あいうべカード
「この体操によって鍛えられるのが口の周りにある口輪筋という筋肉やあごや頬、目もとなどの筋肉。そして、それらの筋肉といっしょに舌筋を鍛えるのが「べー」という舌を出す動き。

毎日繰り返すことで、鼻呼吸の前提となる“口をしっかり閉じること”と“舌を本来の位置に引き上げること”ができるようになります。

お子さんの場合はどうしても早くしようとしてしまいがち。特に3,4歳より上のお子さんにとっては簡単な体操なので、最初のうちは興味をもってやっていても、飽きてしまってしっかりやってくれないこともあります。

その場合は、『あ、い、う、べー』ではなく、『ああ、いい、うう、べー』というように、2回ずつやるといいですよ。2段階に広げるんです。
iStock.com/fizkes
iStock.com/fizkes
たとえば、『きらきら星』のメロディーにあわせて、『ああ、いい、うう、べー』と2音ずつ行うと、”あいうべ体操”を12回やったことになり、効率的に舌を鍛えることができます。

なにより明るく穏やかな曲なので、あわせて行うと気分も明るくなりますよね。誰でも知っているメロディーにあわせれば、子どもも早くやりすぎません。『森のくまさん』でもいいですね。いろんな歌にあわせて、お父さんお母さんもいっしょにやってみましょう」

子どもに“呼吸を教える”のも子育て

「保護者の方たちは決して子どものことを考えていないわけではありません。いろんな食事をさせてあげたいとか、どのようにしたら健康に育ってくれるかとか、とてもよく考えていると思います。でも考えてほしいのは、その“手間”が果たしてどういうことなのかということ。

たとえば、ものを喉に詰まらせないようにと食材を小さく切る、食卓に水を置いておくという保護者の配慮。実はこれらの子どものために親が行っていることが、よく噛まない原因になっています。

口呼吸をもたらす環境や習慣は、身の周りに溢れています。ものを口に入れる動作を汚いからといってやめさせる、食べる時間を短縮するために手づかみ食べをさせずに親がスプーンであげることもそのひとつ。子どもにとっては絶対に必要な学習機会が、現代の時短主義や、効率が優先される風潮によって少なくなっていると感じます。
iStock.com/damircudic
iStock.com/damircudic
呼吸や咀嚼に関しても、子どもの体への影響を考えて、正しい知識を子育てに活かしていく必要があります。ただ、それは簡単ではありません。呼吸ひとつにしても、普段の生活の一部に過ぎないですから。

子どもが育つには“手間をかける”ことが非常に重要なんです。ぜひ、家庭で子どもたちの呼吸の見直しを意識し、向きあってみてください。その”手間”は10年後、20年後にはその子が元気に生活するための”学習”になり、健康な体作りにつながっているはずです。

今の社会情勢からも共働き世帯が増え、“手間”をかけることがなかなか難しい部分もあると思いますが、そういった10年後、20年後といった先を見据えるという視点を持って子どもと接する。その”ひと手間”が親からの大きなプレゼントになると思います」
No Image

今井一彰(みらいクリニック)

今井一彰 の記事一覧(バックナンバー)

内科医・東洋医学会漢方専門医・NPO法人日本病巣疾患研究会副理事長。1995年山口大学医学部卒業。同大救急医学講座に入局し集中・救急治療への従事を経て2006年みらいクリニック院長に就任。あいうべ体操(息育)、ゆびのば体操(足育)の2つの「ソクイク」で病気にならない体つくりを提供。メディア出演や、講演など幅広く活躍するメディカルエンターテイナー。著書に、『健康でいたければ鼻呼吸にしなさい あいうべ体操と口テープでカラダがよみがえる!』(河出書房新社)がある。

2020年12月10日

トラブルの関連記事

  • 男の子を持つママにとって子どもの「おちんちん」の悩みはなかなか相談しづらいもの。しかしネットでは「ムキムキ体操」というキーワードが話題となるなど、多くの方が真剣に考え、悩んでいる問題といえるでしょう。今回は「子どもの包茎」の症状と、治療法について解説します。

    山高篤行(順天堂大学医学部付属順天堂医院 )

  • 妊娠中や産後の痔はなかなか相談しづらく受診が遅れがちですが、実は多くの女性が妊娠・出産による痔に悩んでいます。今回は妊娠・出産でなぜ痔になりやすいのか、原因と対策、治療法について解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 子どもの急な発熱やのどの痛み、もしかしたら「溶連菌感染症」かもしれません。実際に自分の子どもがかかった経験がなければ、詳しい症状などを知らない人も多いのではないでしょうか。「猩紅熱(しょうこうねつ)」ともよばれる、溶連菌感染症の原因と症状、特に流行しやすい時期、検査方法、注意したい合併症、治療方法や家庭でできる対応、登園目安や予防法などを医師に伺いました。

    眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

  • 保育園や幼稚園で冬場に集団流行しやすい病気のひとつ「おたふく風邪」は就学前の子どもがかかりやすい病気のひとつ。今回はおたふく風邪の流行時期や症状、そしてワクチンの重要性とホームケアや登園許可、予防法などについてご紹介します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 非常に強い感染力を持ち、空気、飛沫、接触など、人から人へとうつっていく麻疹(はしか)ウイルス。免疫を持っていなければ発症率はほぼ100%といわれています。今回は麻疹(はしか)と、混同されがちな風疹の症状や原因、感染経路や予防方法などについて解説します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 家庭内で過ごす時間が増えた今、子どもの猫背が気になることはありませんか。猫背は子どもの体にどのような影響を及ぼすのでしょう。今回の記事では、子どもの猫背で起こる影響や受診の目安、家庭でできる対処法について解説します。

    千葉直樹(上高田ちば整形外科・小児科)

  • 誤飲、口呼吸、歯並び、口内炎、口臭……こどもの口周りの悩みは意外と多いもの。そこで今回は医師監修のもと、口周りのトラブルの原因と対処法を解説した記事をピックアップしました。いざという時のため、長期的な子どもの健康のために、子どもに起こりやすい口周りのトラブルについて備えては。

  • トイレトレーニング(以下、トイトレ)は終わったのに、夜はおねしょが頻繁でまだオムツが手放せない…そんなお悩みはありませんか?そもそも何歳までおねしょをするものなのか、どこに相談していいのかも分かりませんよね。そこで今回は、おねしょと夜尿症の違いや、夜尿症の治療について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 中耳炎は幼児期の子どもがかかりやすい病気のひとつ。子どもが耳を痛がる場合は、もしかしたら中耳炎にかかっているかもしれません。今回は、中耳炎の症状や早期発見のポイント、治療法と予防について解説します。

    金髙清佳(おひさまクリニック)

  • 「男性不妊」「男性の妊活」という言葉が一般的になりましたが、具体的に何から始めればよいのか、病院でどんな検査や治療をおこなうのか不安…という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、厚生労働省の妊活に関わる調査結果、男性不妊の主な原因、病院での検査内容や治療の流れについて解説します。

    杉山力一(杉山産婦人科)

  • WHOが2030年までに15歳以下の女子の接種率を9割まで高めることを新たな目標にし、注目されているHPVワクチン。しかし日本では、副反応に対する不安などから、ワクチン接種を控える保護者も多くいます。そこで今回は子宮頸がんの予防に有効なHPVワクチンの効果と、副反応について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 初めて子どものけいれんを目にした場合、多くの保護者が焦りでパニックに陥るもの。とくに乳幼児に多い熱性けいれんは何故起きるのか、原因と対処法についてご紹介します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

カテゴリ一覧