【小児科医監修】乳児の頭の形が気になる?いつまで治るかと矯正可能な時期

【小児科医監修】乳児の頭の形が気になる?いつまで治るかと矯正可能な時期

原因と矯正するときの注意点

生まれたときは頭の形は通常だったけれど、いつの間にか乳児の頭の形が変形して、いびつになるとこのままにしていて大丈夫か自然と治るのかと心配に思うママもいるでしょう。乳児の頭の形はいつまで矯正が可能かや枕などを使った矯正方法をご紹介します。また、頭の形で病院を受診する目安も併せて解説します。

眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

乳児の頭の形が気になる

赤ちゃんの頭の形が気になる
Nikolay Litov/Shutterstock.com
乳児の頭の形が、後頭部全体が平らな絶壁や鼻から後頭部までが長いコーンヘッドであったり、左右が非対称だと気になり、このままにしていて治るのかと心配になるママもいるかもしれません。

乳児の頭は柔らかく形が変わりやすいのが特徴です。生まれたときには気にならなかった頭の形も少しの刺激や圧力がかかると頭の形が変形する可能性があります

頭の形が変形する原因

赤ちゃんの頭の形が変形するのは以下のような原因が考えられます。

先天性要因

ママの子宮が狭いと赤ちゃんがお腹のなかで動ける範囲が制限されて、頭の形がゆがむ場合があります。

双子などの多胎妊娠の場合は、スペースがより狭くなるので頭の形に変化がみられやすくなります

また、巨大児や出産予定日をすぎてから生まれた赤ちゃんは頭が大きく、産道を通るときに強い圧力がかかって頭の形に変化がでるケースがあります

後天性要因

乳児は1日のほとんどを寝てすごします。

全身の筋肉がまだ未発達なため、自分で寝返りがうてません。

長時間同じ向きで寝かせたままにすると布団と頭が触れている部分に圧力がかかり、頭の形が変わる可能性があります。

長時間仰向けに寝かせると、後頭部が圧迫されて後頭部が絶壁になりやすくなります。

同じ向きばかりで抱っこや授乳をしている場合も、左右の頭の形に変化がでる場合があります。

乳児の頭の形はいつまで治る?

乳児の頭の形はいつまでにケアすると矯正できるのでしょうか。

首がまだ座っていない0から3カ月は頭がまだ柔らかいため、意識をしてケアをすると頭の形を矯正できます

4から6カ月頃になると、乳児が頭や腰をねじったり動くようになってくるため、ケアするときに工夫が必要になります。

7カ月以降になると乳児の動きがより活発になるため思うようにケアができなくなります
また、頭がかたくなってくるため、矯正するのが難しくなります。

乳児の頭の形が気になる場合は、早めに対策を取りましょう。

頭の形を矯正する方法

乳児の頭の形が気になったときに家庭でできる対処法をご紹介します。

枕を使う

ドーナツ枕で眠る赤ちゃん
DigitalMammoth/Shutterstock.com

月齢が低いときは、ドーナツ型の枕やベビー用のビーズ枕を使う方法もあります。市販で向き癖を防止するクッションも売られています。

ドーナツ型の枕は、絶壁が気になる乳児に使うとよいですが、顔の向きが変わると口や鼻をふさぎ、窒息につながる恐れがあるため、乳児の様子をよく見ておくことが大事です。

タオルで身体を斜めにする

頭の形が出っ張っている方を下にして寝かせます。

向き癖がある頭から腰に棒状にしたタオルを挟んで斜めの体勢を作り、いつも向く方向を向かないようにする方法もあります。

乳児の寝る向きを変える

ベビーベッドなどに長時間同じ姿勢で寝かせると頭の位置が固定されます。同じ場所に圧力がかかると頭の形が変形することがあります。

寝ている向きをこまめに変えて、長時間同じ箇所に圧力がかからないように意識することが大切です。

おもちゃを置く位置を変える

乳児期は音に敏感に反応します。

音のなるおもちゃや動きのあるおもちゃを置いている場合は、おもちゃを置く位置を変えていつも同じ向きにならないようにすると乳児が向く方向が偏らなくなります。

矯正するときの注意点

乳児の頭の形が気になり、矯正するときにはいくつかの注意が必要です。

どのようなことに注意したらよいのでしょうか。

乳児から目を離さない

自分で寝返りを打てない場合は、同じ個所に長時間刺激がかからないようにママやパパが身体の向きを変えたり、枕を使ったりすることがあるでしょう。

慣れていない向きになったときやドーナツ枕が原因で呼吸をふさいでしまう可能性があるため、乳児から目を離さず、こまめに確認することが大事です。

矯正可能な時期に行う

乳児の頭は比較的柔らかいため、頭の形が変形しやすいですが、頭の骨が固くなり始めると矯正するのがより難しくなります。

乳児の頭の骨は、生後7カ月から8カ月頃に硬くなり始め、2歳くらいになると固くなります。

頭の形が気になる場合は、なるべく早い時期に対策することが重要です。

病院を受診する目安

年齢が低いときは頭が柔らかいので、外からの刺激によって頭の形が変形することがあるため、過剰に心配しなくても大丈夫ですが、母子手帳の乳児身体発育曲線の標準値より赤ちゃんの頭がだいぶ大きい場合や小さい場合は注意が必要です。

また、標準の数値内の大きさでも2カ月から3カ月の間に頭の大きさが急に大きくなったときには、頭の内部で異常が起こっていたり、病気の可能性もあるため病院で受診することが大切です。

正しい時期と対処法で乳児の頭を矯正しょう

おもちゃと赤ちゃん
iStock.com/Favor_of_God

寝ている向きや抱っこ、授乳をするときの体勢がいつも同じだと決まったところに圧力がかかります。

乳児の頭はやわらかいため、長時間同じ場所に刺激が加わると頭の形が変形しやすいです。

変形した頭の形は矯正できるのかや、いつまでに対応したら治るのか不安になる人もいるかもしれませんが、6カ月頃までであれば矯正がしやすいです。

一定方向に力がかからないように、寝ている向きやおもちゃを置く場所を変えたり対策しましょう。ドーナツ型や乳児用の枕を使用するのもよいですが、窒息などを起こさないように乳児から目を離さないことが重要です。

乳児の頭が急激に大きくなったときや標準値を大幅に上回っている・または下回っている、形がいびつなど気になることがあるときは病院を受診しましょう。

監修:眞々田 容子(クローバーこどもクリニック)

No Image

眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

眞々田 容子の監修記事一覧(バックナンバー)

台東区蔵前の小児科クローバーこどもクリニック院長。信州大学医学部卒業。日本小児科学会専門医、日本アレルギー学会専門医。ホリスティック医学協会会員。

症状だけを診ていくのではなく、患者さんの心身全体の状態をみていく”心と身体をつなげる”医療をしています。

お母さんの子育ての不安が少なくなるよう、診療内でお話しをしっかり聴いていきます。

クローバーこどもクリニックのブログ
クローバーこどもクリニック

2019年08月28日

専門家のコメント
42
    かよう先生 保育士
    頭の形が気になる時は早めの対応が大事ですね。時期によって矯正できなくなると知って、気になっ
    かよう先生 保育士
    頭の形が気になる時は早めの対応が大事ですね。時期によって矯正できなくなると知って、気になっ
    まな先生 保育士
    気になった時は早めに相談しようと思いました。
    自分の子どもには、向きグセがなるべくつかない
    ひよこ先生 保育士
    もうすぐ姪が生まれるのでとても参考になりました!
    普段から目を離さないことは大切ですが、矯
    はっぱ先生 保育士
    我が子は吸引分娩だったので、産まれてしばらくは頭が歪んでいて自己嫌悪でした。
    用意していた
    いちぽ先生 保育士
    うちも頭の形が悪くなったら嫌だと思い、ドーナツ枕と真ん中が凹んでいるタイプの枕の2つ購入し
    ゆか先生 保育士
    吸引されると頭の形が変わるといいますね。
    退院したら早めに枕を準備するといいと思います!
    すみっこ先生 保育士
    友人の子が矯正をしていました。ヘルメットを被って、一週間に一度遠方の病院で診てもらっている
    はなこ先生 保育士
    頭の形気になりますよね!
    矯正をする場合もあるので気になるようなら相談するといいと思います
    ゆきな先生 保育士
    わたしは添い乳もしていたので寝る向きが同じで頭のかたちが気になり始め自分が寝る場所を毎日交
    せんせい 保育士
    頭が長いのが最初気になっていましたが、成長と共に治っていきました☺︎生まれてすぐに首を左右
    せおみ先生 保育士
    頭の形の矯正方法、色々あるのですね。寝かせ方より遺伝の方が強いと思っていたのであまり気にし
    すー先生 保育士
    出産の際時間がかかってしまい、他の赤ちゃんより頭が細長くなっていたのでとても驚きました。頭
    さと先生 保育士
    私自身は兄弟みんな後頭部が絶壁なので遺伝だから仕方ないと思っていましたが、赤ちゃんのうちに
    なこ先生 保育士
    頭の形は気になりますよね。友達の子が細長かったですが、退院後に自然に治りました。別の子でな
    のんの先生 保育士
    子供の頭の形が気になった場合その時点で医師に相談すると良いと思います。
    もし何もなかったと
    あー先生 保育士
    あたまのかたち気になりますよね💦うちも枕を利用していましたが、寂しがりやさんだったのでず
    あーちん先生 保育士
    いつも同じ方向を向いていたので、タオルなどで偏らないようにしていたり、枕を使ってみたりしま
    めめ先生 保育士
    うちの長男は鉗子分娩だったのでものすごか頭が長く心配でしたが気づいたら治っていました。絶壁
    ことり先生 保育士
    頭の後ろがぺったんこの子や、おそらく同じ向きばっかりだったんだなという子など
    様々です。
    あみーご先生 保育士
    頭の形、直せる手があるのであればなおしてあげたほうが良いとおもいます。私が頭の形をとても気
コメントをもっと見る

トラブルの関連記事

  • 男の子を持つママにとって子どもの「おちんちん」の悩みはなかなか相談しづらいもの。しかしネットでは「ムキムキ体操」というキーワードが話題となるなど、多くの方が真剣に考え、悩んでいる問題といえるでしょう。今回は「子どもの包茎」の症状と、治療法について解説します。

    山高篤行(順天堂大学医学部付属順天堂医院 )

  • 妊娠中や産後の痔はなかなか相談しづらく受診が遅れがちですが、実は多くの女性が妊娠・出産による痔に悩んでいます。今回は妊娠・出産でなぜ痔になりやすいのか、原因と対策、治療法について解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 子どもの急な発熱やのどの痛み、もしかしたら「溶連菌感染症」かもしれません。実際に自分の子どもがかかった経験がなければ、詳しい症状などを知らない人も多いのではないでしょうか。「猩紅熱(しょうこうねつ)」ともよばれる、溶連菌感染症の原因と症状、特に流行しやすい時期、検査方法、注意したい合併症、治療方法や家庭でできる対応、登園目安や予防法などを医師に伺いました。

    眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

  • 保育園や幼稚園で冬場に集団流行しやすい病気のひとつ「おたふく風邪」は就学前の子どもがかかりやすい病気のひとつ。今回はおたふく風邪の流行時期や症状、そしてワクチンの重要性とホームケアや登園許可、予防法などについてご紹介します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 非常に強い感染力を持ち、空気、飛沫、接触など、人から人へとうつっていく麻疹(はしか)ウイルス。免疫を持っていなければ発症率はほぼ100%といわれています。今回は麻疹(はしか)と、混同されがちな風疹の症状や原因、感染経路や予防方法などについて解説します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 家庭内で過ごす時間が増えた今、子どもの猫背が気になることはありませんか。猫背は子どもの体にどのような影響を及ぼすのでしょう。今回の記事では、子どもの猫背で起こる影響や受診の目安、家庭でできる対処法について解説します。

    千葉直樹(上高田ちば整形外科・小児科)

  • 誤飲、口呼吸、歯並び、口内炎、口臭……こどもの口周りの悩みは意外と多いもの。そこで今回は医師監修のもと、口周りのトラブルの原因と対処法を解説した記事をピックアップしました。いざという時のため、長期的な子どもの健康のために、子どもに起こりやすい口周りのトラブルについて備えては。

  • トイレトレーニング(以下、トイトレ)は終わったのに、夜はおねしょが頻繁でまだオムツが手放せない…そんなお悩みはありませんか?そもそも何歳までおねしょをするものなのか、どこに相談していいのかも分かりませんよね。そこで今回は、おねしょと夜尿症の違いや、夜尿症の治療について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 中耳炎は幼児期の子どもがかかりやすい病気のひとつ。子どもが耳を痛がる場合は、もしかしたら中耳炎にかかっているかもしれません。今回は、中耳炎の症状や早期発見のポイント、治療法と予防について解説します。

    金髙清佳(おひさまクリニック)

  • 「男性不妊」「男性の妊活」という言葉が一般的になりましたが、具体的に何から始めればよいのか、病院でどんな検査や治療をおこなうのか不安…という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、厚生労働省の妊活に関わる調査結果、男性不妊の主な原因、病院での検査内容や治療の流れについて解説します。

    杉山力一(杉山産婦人科)

  • WHOが2030年までに15歳以下の女子の接種率を9割まで高めることを新たな目標にし、注目されているHPVワクチン。しかし日本では、副反応に対する不安などから、ワクチン接種を控える保護者も多くいます。そこで今回は子宮頸がんの予防に有効なHPVワクチンの効果と、副反応について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 初めて子どものけいれんを目にした場合、多くの保護者が焦りでパニックに陥るもの。とくに乳幼児に多い熱性けいれんは何故起きるのか、原因と対処法についてご紹介します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

カテゴリ一覧