【耳鼻科医監修】赤ちゃんが中耳炎かもしれないときのサインの見分け方

【耳鼻科医監修】赤ちゃんが中耳炎かもしれないときのサインの見分け方

中耳炎の原因や悪化したときの対処法

赤ちゃんは中耳炎にかかりやすく、治ったと思っても繰り返すことが特徴です。赤ちゃんの中耳炎の原因と症状についてご紹介します。また、赤ちゃんが中耳炎かもしれないときのサインの見分け方と症状が悪化したときに切開手術が必要かについても解説します。

三塚沙希(エムズクリニック白金)

赤ちゃんの中耳炎の原因

赤ちゃんのかかりやすい病気のなかの1つに中耳炎があります。

赤ちゃんが風邪を引くとウイルスの含まれた鼻水やのどの菌が中耳に入り込んで炎症を起こします。中耳炎は、細菌やウイルスが鼻の奥から鼓膜の奥にある中耳に侵入してかかります。

赤ちゃんは耳管が未発達で、大人と比べて真っすぐで太く、短いためウイルスや細菌が入り込みやすいです。

そのため、風邪が原因で中耳炎を引き起こしやすく、繰り返す子どもも少なくはありません。

赤ちゃんの中耳炎の症状

MIA Studio/Shutterstock.com
大泣きする赤ちゃん

赤ちゃんは言葉で痛みや不快感を訴えられないため、症状が悪化してから気づく場合があります。

以下のような姿が見られたら中耳炎のサインかもしれません。

  • 耳の痛み
  • 耳を触る
  • 熱が出る
  • 機嫌が悪い
  • 寝つきが悪い
  • よく泣く
  • 黄色い鼻水が出る
  • 耳垂れ
  • 目やに

中耳炎で38度以上の高熱が出る場合もありますが、微熱が続いたり、中耳炎の症状が悪化すると耳垂れが出る場合があります。

専門家も以下のように言っています。

中耳炎があれば痛いですので、耳をいじりますし、もし悪化して聴力に影響が出るくらいになれば、耳垂れや痛みはあるはずです。
出典: AskDoctors

症状が悪化すると

2歳以下の子どもが中耳炎にかかると症状が長引いたり、繰り返すのが特徴です。

中耳炎の症状が悪化すると、中耳に膿が溜まって鼓膜が腫れ、高熱と強い耳の痛みを伴う場合があります。

症状の強さによっては、膿をだすために鼓膜を数ミリ切開したり、中耳内の空気の出入りをよくして、膿や液体をたまるのを防ぐために鼓膜にチューブをいれる手術を行うケースがあります。鼓膜を切開して膿を出すと、痛みが軽減します。

しかし、赤ちゃんや子どもの中耳炎で鼓膜を切開するケースはほとんどありません。


中耳炎の予防法

赤ちゃんが中耳炎にならないためにはどのようなことに注意したらよいでしょうか。

風邪予防をしっかりする

赤ちゃんの中耳炎は風邪から引き起こすことがほとんどのため、風邪をひかないように対策することが重要です。

ママやパパが風邪を引いて赤ちゃんにうつることもあるので、ママやパパが手洗いうがいをして風邪を引かないように心がけることも必要です。

赤ちゃんは室内ですごす時間も長いので、部屋の温度に配慮し、湿度は50~60%以上に保ちましょう。

鼻水をこまめに処理する

風邪を引いて、菌を含んだ鼻水が耳まで流れ込んで炎症を起こすのが中耳炎です。中耳炎にかかると、細菌が混ざって黄色い鼻水が出ます。

鼻水はすすらないでこまめにかむことが大事です。

自分で鼻がかめない赤ちゃんの場合は、鼻水吸引器を使うのもよいでしょう。

水分をこまめに与える

のどの粘膜にウイルスがつくと風邪を引きやすくなるため、うがいがまだできない赤ちゃんはこまめな水分補給をするようにしましょう。

耳垂れはふく

赤ちゃんの鼻水を吸入する
kai keisuke/Shutterstock.com

中耳炎の症状が悪化すると耳垂れが出る場合があります。

耳垂れが出てきたら綿棒で耳の中までふき取ったりせず、耳の外側をティッシュで優しくふき取りましょう。

耳垂れがでると中耳炎の症状が治まる場合がありますが、一時的なものなのでそのまま放置せず、耳鼻科で耳の中の膿を吸ってもらうなきちんと処置してもらうことが大切です。

ミルクを飲む体勢に注意する

赤ちゃんを寝かせたままミルクをあげると鼻にミルクが流れ込み、耳管を通って中耳にミルクが溜まり、中耳炎になる可能性があります。

ミルクをあげるときは、赤ちゃんが水平の状態にならないように抱っこをして母乳をあげる体勢で飲ませるようにしましょう。

赤ちゃんの中耳炎のサインを見逃さないことが大切

おっぱい飲む赤ちゃん
GOLFX/Shutterstock.com

風邪から中耳炎を引き起こすことは多く、赤ちゃんや年齢の低い子どもは中耳炎にかかりやすいです。赤ちゃんは、言葉が話せないため症状が悪化してから中耳炎と気づくことは少なくありません。

耳を触ったり、機嫌や寝つきが悪い、よく泣く、耳垂れなどの症状がみられたときは中耳炎にかかっているサインかもしれません。

中耳炎にかからないように鼻水をこまめに拭いたり、ミルクを飲むときの姿勢を配慮することが大事です。耳垂れが出てきたときは耳のなかまでふき取ろうとせず、外側だけを軽く拭いて病院でしっかり処置してもらうことが重要です。

赤ちゃんの中耳炎のサインを見逃さず、早めの受診が中耳炎を早く完治させることにつながります。

監修:三塚沙希(エムズクリニック白金 院長)

No Image

三塚沙希(エムズクリニック白金)

三塚沙希の監修記事一覧(バックナンバー)

エムズクリニック白金 院長。

わかりやすく、丁寧な診察を心がけ、お子様からお年寄りまで安心してかかれるクリニックを目指している。

エムズクリニック白金

子どもの病気に関する不安や悩みは、医師の回答で今すぐ解決!

日本最大級の医師Q&Aサイト アスクドクターズ(AskDoctors)
「子どもが頭を打った」「外食して2時間後にじんましんが出た」など、子どもの病気や気になる症状について医師に相談できるのが、日本最大級の医師Q&Aサイト「アスクドクターズ」です。

最短5分で複数の医師から回答がもらえるだけでなく、200万件以上の相談事例を症状や病名から検索することもできます。

かかりつけ医とともに、子育て中のママやパパの頼もしい味方になってくれそうですね。

2019年07月12日

専門家のコメント
40
    かよう先生 保育士
    言葉で伝えられない分、いつもとちがう行動はな気づいて早めに対応したいです。
    KST 専門家
    ウチの3人目は中耳炎すごい。。。
    すぐ病院。
    りり先生 保育士
    まだ言葉で伝えられない赤ちゃんの場合はいつもとは違う泣き方をする場合が多いです。2歳くらい
    ゆり先生 保育士
    お熱が出たとき、
    お耳をよくさわったりすると
    だいたい中耳炎なことが我が子も多かったです
    まな先生 保育士
    赤ちゃんが耳をよく触っていたり、耳を触りながら泣いていたりしないか気をつけて観察しようと思
    わい先生 保育士
    中耳炎は辛いです。
    熱が出て、耳を触るようだったらすぐ耳鼻科にいくことをオススメします!!
    みーな先生 保育士
    鼻水が出ていて耳を触る仕草が多かったら先生に見てもらった方がいいですね!
    鼻風邪から中耳炎
    いちぽ先生 保育士
    風邪気味のときはまだ言葉で伝えられないので、何をしても泣き止まないや、耳が赤みがないか、耳
    ゆか先生 保育士
    中耳炎は結構分かりやすいですよ。
    症状としては
    ☆耳が痛いので機嫌が悪い
    ☆手を耳のところ
    すみっこ先生 保育士
    私自身が中耳炎になったことがないので、痛みもわかってあげられず、何より原因が『耳』というこ
    せんせい 保育士
    いつもと違う泣き方はどんな症状でも要注意ですよね。その違いに気付けるのは間違いなくママやパ
    ことり先生 保育士
    よく、後々になって実は中耳炎でしたなんてことをよく聞きます。

    予防などとても勉強になりま
    せおみ先生 保育士
    うちの子も中耳炎、癖になっていました。
    熱がある時や、ない時、鼻水も出ている時も少しでてい
    すー先生 保育士
    まだ言葉で伝えられない時期は気をつけて観察しないといけないですよね。お熱がでたり鼻水がひど
    めめ先生 保育士
    我が家では鼻水が出始めたりところですぐに耳鼻科に行くようにしています。痛みが出る前に病院で
    のんの先生 保育士
    ・夜中がずっとつづく
    ・日中機嫌がわるいことがつづく
    ・耳を触る
    ・熱が出る
    などたくさん
    かな先生 保育士
    熱が出て咳も続いていたので耳鼻科に行くと中耳炎にもなっていると言われたことがありました。鼻
    あー先生 保育士
    赤ちゃんが泣くときはなんらかのサインがあるときがありますよね!特にいたいかゆいさむいねむい
    ぽんた先生 保育士
    よく耳をさわって機嫌が悪いというのが目安ですが、保育園で、耳垂れ(耳から膿がでてくる)で気
    まい先生 保育士
    耳を気にしていたり遊んでいて突然泣き出したりしたら少し気にしてあげた方がいいかもしれないで
コメントをもっと見る

トラブルの関連記事

  • 男の子を持つママにとって子どもの「おちんちん」の悩みはなかなか相談しづらいもの。しかしネットでは「ムキムキ体操」というキーワードが話題となるなど、多くの方が真剣に考え、悩んでいる問題といえるでしょう。今回は「子どもの包茎」の症状と、治療法について解説します。

    山高篤行(順天堂大学医学部付属順天堂医院 )

  • 妊娠中や産後の痔はなかなか相談しづらく受診が遅れがちですが、実は多くの女性が妊娠・出産による痔に悩んでいます。今回は妊娠・出産でなぜ痔になりやすいのか、原因と対策、治療法について解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 子どもの急な発熱やのどの痛み、もしかしたら「溶連菌感染症」かもしれません。実際に自分の子どもがかかった経験がなければ、詳しい症状などを知らない人も多いのではないでしょうか。「猩紅熱(しょうこうねつ)」ともよばれる、溶連菌感染症の原因と症状、特に流行しやすい時期、検査方法、注意したい合併症、治療方法や家庭でできる対応、登園目安や予防法などを医師に伺いました。

    眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

  • 保育園や幼稚園で冬場に集団流行しやすい病気のひとつ「おたふく風邪」は就学前の子どもがかかりやすい病気のひとつ。今回はおたふく風邪の流行時期や症状、そしてワクチンの重要性とホームケアや登園許可、予防法などについてご紹介します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 非常に強い感染力を持ち、空気、飛沫、接触など、人から人へとうつっていく麻疹(はしか)ウイルス。免疫を持っていなければ発症率はほぼ100%といわれています。今回は麻疹(はしか)と、混同されがちな風疹の症状や原因、感染経路や予防方法などについて解説します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 家庭内で過ごす時間が増えた今、子どもの猫背が気になることはありませんか。猫背は子どもの体にどのような影響を及ぼすのでしょう。今回の記事では、子どもの猫背で起こる影響や受診の目安、家庭でできる対処法について解説します。

    千葉直樹(上高田ちば整形外科・小児科)

  • 誤飲、口呼吸、歯並び、口内炎、口臭……こどもの口周りの悩みは意外と多いもの。そこで今回は医師監修のもと、口周りのトラブルの原因と対処法を解説した記事をピックアップしました。いざという時のため、長期的な子どもの健康のために、子どもに起こりやすい口周りのトラブルについて備えては。

  • トイレトレーニング(以下、トイトレ)は終わったのに、夜はおねしょが頻繁でまだオムツが手放せない…そんなお悩みはありませんか?そもそも何歳までおねしょをするものなのか、どこに相談していいのかも分かりませんよね。そこで今回は、おねしょと夜尿症の違いや、夜尿症の治療について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 中耳炎は幼児期の子どもがかかりやすい病気のひとつ。子どもが耳を痛がる場合は、もしかしたら中耳炎にかかっているかもしれません。今回は、中耳炎の症状や早期発見のポイント、治療法と予防について解説します。

    金髙清佳(おひさまクリニック)

  • 「男性不妊」「男性の妊活」という言葉が一般的になりましたが、具体的に何から始めればよいのか、病院でどんな検査や治療をおこなうのか不安…という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、厚生労働省の妊活に関わる調査結果、男性不妊の主な原因、病院での検査内容や治療の流れについて解説します。

    杉山力一(杉山産婦人科)

  • WHOが2030年までに15歳以下の女子の接種率を9割まで高めることを新たな目標にし、注目されているHPVワクチン。しかし日本では、副反応に対する不安などから、ワクチン接種を控える保護者も多くいます。そこで今回は子宮頸がんの予防に有効なHPVワクチンの効果と、副反応について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 初めて子どものけいれんを目にした場合、多くの保護者が焦りでパニックに陥るもの。とくに乳幼児に多い熱性けいれんは何故起きるのか、原因と対処法についてご紹介します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

カテゴリ一覧