エンタメに関する記事を読むなら「KIDSNA(キズナ)」

エンタメ

「エンタメ」についての記事をまとめたページです。(7ページ)今話題の作家のオリジナルの漫画、人気のママタレント・パパタレントのインタビュー記事など、子育ての合間に楽しめる記事満載。そのほかにもKIDSNA編集部の取材レポートや著名人のコラムなどお役立ち情報満載、ぜひご覧ください。

  • 【キミ嫁】第37話 楽しんでくださらない。

    【キミ嫁】第37話 楽しんでくださらない。

    ◆作家紹介◆ペンネーム:のばら 小悪魔女優の姉妹・サクとカエ。そして生まれたばかりの長男・モモとの日々。毒舌野郎の夫も出たり出なかったり。私ですか。良妻賢母って事でどうですか。ブログ:「キミがお嫁に行くまでは。」書籍:「キミがお嫁に行くまでは。~母娘で女を磨いてます~」第37話の更新です。

    のばら

  • 【うちの子おおきいんです】第52話 おやつタイムを楽しむ方法

    【うちの子おおきいんです】第52話 おやつタイムを楽しむ方法

    【作家の紹介】ペンネーム:そめた イラストレーターです。2013年4月生まれ、大きめサイズの息子そま、のんびり天然の旦那との3人暮らし。ブログなどで息子の日常マンガを更新しています。第52話の更新です。

    そめた

  • 【ダメ母でごめん】第56話 虫とりブーム

    【ダメ母でごめん】第56話 虫とりブーム

    【作家の紹介】ペンネーム:ちょぼらうにょぽみ ややこしい名前ですが覚えてもらえると嬉しいです。第56話の更新です。

    ちょぼらうにょぽみ

  • 【ふたご育児】第55話 1×1=2倍以上の法則

    【ふたご育児】第55話 1×1=2倍以上の法則

    作家プロフィール:2014年5月生まれの一卵性男児双子を育てながら趣味の漫画を「ふたご絵日記」にアップしています。こぼれ話のイラスト・4コマなどはtwitterに。

    pika

  • 幼児期の教育(知育)は家庭でできる。1日1ページからはじめる楽しいドリル

    幼児期の教育(知育)は家庭でできる。1日1ページからはじめる楽しいドリル

    幼児期の教育に関心はあるけれど、教材選びや進め方に迷って実際には取り組めていないママが多いのではないでしょうか?今回は、子どもの学習を研究してきた文理の「幼児ドリル」を用いて、子どもが興味をもち、さらに続けられる教材とはどのようなものなのかをご紹介します。

    株式会社文理

    PR

  • 【キミ嫁】第36話 個人懇談で発覚。

    【キミ嫁】第36話 個人懇談で発覚。

    ◆作家紹介◆ペンネーム:のばら 小悪魔女優の姉妹・サクとカエ。そして生まれたばかりの長男・モモとの日々。毒舌野郎の夫も出たり出なかったり。私ですか。良妻賢母って事でどうですか。ブログ:「キミがお嫁に行くまでは。」書籍:「キミがお嫁に行くまでは。~母娘で女を磨いてます~」第36話の更新です。

    のばら

  • 【うちの子おおきいんです】第51話 そまの好きなもの

    【うちの子おおきいんです】第51話 そまの好きなもの

    【作家の紹介】ペンネーム:そめた イラストレーターです。2013年4月生まれ、大きめサイズの息子そま、のんびり天然の旦那との3人暮らし。ブログなどで息子の日常マンガを更新しています。第51話の更新です。

    そめた

  • 【小児科医監修】エアコンの汚れが子どもの健康への影響に。エアコン掃除が大切な理由

    【小児科医監修】エアコンの汚れが子どもの健康への影響に。エアコン掃除が大切な理由

    エアコン掃除はどのようにしていますか?フィルターの掃除だけではエアコン内部の汚れやカビを完全にきれいにすることはできません。汚れたままのエアコンで汚い空気を子どもが吸い込むとさまざまな病気になる可能性もあります。内部にたまったカビ汚れまできれいに掃除できるエアコンのクリーニングについて紹介します。

    株式会社カジタク

    PR

  • 【ダメ母でごめん】第55話 特技披露

    【ダメ母でごめん】第55話 特技披露

    【作家の紹介】ペンネーム:ちょぼらうにょぽみ ややこしい名前ですが覚えてもらえると嬉しいです。第55話の更新です。

    ちょぼらうにょぽみ

  • 【ふたご育児】第54話 ふたごの口喧嘩②

    【ふたご育児】第54話 ふたごの口喧嘩②

    作家プロフィール:2014年5月生まれの一卵性男児双子を育てながら趣味の漫画を「ふたご絵日記」にアップしています。こぼれ話のイラスト・4コマなどはtwitterに。

    pika

  • 【キミ嫁】第35話 盆踊りで勃発。

    【キミ嫁】第35話 盆踊りで勃発。

    ◆作家紹介◆ペンネーム:のばら 小悪魔女優の姉妹・サクとカエ。そして生まれたばかりの長男・モモとの日々。毒舌野郎の夫も出たり出なかったり。私ですか。良妻賢母って事でどうですか。ブログ:「キミがお嫁に行くまでは。」書籍:「キミがお嫁に行くまでは。~母娘で女を磨いてます~」第35話の更新です。

    のばら

  • 育児の困ったシーンで大活躍!辻直美先生の「子どもの心をまぁるくする」声かけ法

    育児の困ったシーンで大活躍!辻直美先生の「子どもの心をまぁるくする」声かけ法

    ママが子どもを「まぁるい抱っこ」することで、幸せな気持ちになれる辻直美先生。第3回目はママたちがよく「こんなときに困る」というシーン別に、多くのママたちの育児相談に乗ってきた経験をふまえ、子どもたちにどんな声かけをしたらよいか、先生ならではのアドバイスをご紹介します。

  • 【うちの子おおきいんです】第50話 これも成長...??

    【うちの子おおきいんです】第50話 これも成長...??

    【作家の紹介】ペンネーム:そめた イラストレーターです。2013年4月生まれ、大きめサイズの息子そま、のんびり天然の旦那との3人暮らし。ブログなどで息子の日常マンガを更新しています。第50話の更新です。

    そめた

  • 【ダメ母でごめん】第54話 はた振り

    【ダメ母でごめん】第54話 はた振り

    【作家の紹介】ペンネーム:ちょぼらうにょぽみ ややこしい名前ですが覚えてもらえると嬉しいです。第54話の更新です。

    ちょぼらうにょぽみ

  • 【ふたご育児】第53話 ふたごの口喧嘩①

    【ふたご育児】第53話 ふたごの口喧嘩①

    作家プロフィール:2014年5月生まれの一卵性男児双子を育てながら趣味の漫画を「ふたご絵日記」にアップしています。こぼれ話のイラスト・4コマなどはtwitterに。pika作(日曜日更新)

    pika

  • 災害レスキューナースの辻直美先生直伝!「子どもを守りぬく防災対策」

    災害レスキューナースの辻直美先生直伝!「子どもを守りぬく防災対策」

    ママが子どもを抱っこすることで、幸せな気分になれる「まぁるい抱っこ」を提唱する辻直美先生。先生はその「まぁるい抱っこ」の普及活動をしながら、国際災害レスキューナース として、東日本大震災時の救命活動も行ってきました。今回は、その経験から「災害時に子どもを守るポイント」を教えていただきました。

  • 赤ちゃん連れで楽しめる!学べる!今、話題の「ライフプラン相談&写真撮影」イベントに注目!

    赤ちゃん連れで楽しめる!学べる!今、話題の「ライフプラン相談&写真撮影」イベントに注目!

    赤ちゃんの将来のことを考えて、家計や「備え」となる保険を見直したことはありますか。あるいは、赤ちゃんができてから保険に加入しましたか?なかには「見直したり他にも加入したりする方がいいのはわかってはいるけれど、子育てに忙しくて難しい保険選びまでなかなかできない…」というママもいるはず。そこで、赤ちゃんと一緒に楽しく参加できて、家の「お金まわり」のことまで相談できる、いま人気のイベントをご紹介します。

    パワープランニング株式会社

    PR

  • 【うちの子おおきいんです】第49話 残った分は?

    【うちの子おおきいんです】第49話 残った分は?

    【作家の紹介】ペンネーム:そめた イラストレーターです。2013年4月生まれ、大きめサイズの息子そま、のんびり天然の旦那との3人暮らし。ブログなどで息子の日常マンガを更新しています。第49話の更新です。

    そめた

  • 【ダメ母でごめん】第53話 教えてよ

    【ダメ母でごめん】第53話 教えてよ

    【作家の紹介】ペンネーム:ちょぼらうにょぽみ ややこしい名前ですが覚えてもらえると嬉しいです。第53話の更新です。

    ちょぼらうにょぽみ

  • 【ふたご育児】第52話 ふたごって便利だなと感じたこと

    【ふたご育児】第52話 ふたごって便利だなと感じたこと

    作家プロフィール:2014年5月生まれの一卵性男児双子を育てながら趣味の漫画を「ふたご絵日記」にアップしています。こぼれ話のイラスト・4コマなどはtwitterに。

    pika

  • 3分で子どもが泣き止む、辻直美先生が伝授する正しい「まぁるい抱っこ」の方法

    3分で子どもが泣き止む、辻直美先生が伝授する正しい「まぁるい抱っこ」の方法

    「抱っこするだけで子どもが泣き止む」と、多くのママたちから支持されている「まぁるい抱っこ」。第2回目は「まぁるい抱っこ」を考案した正看護師の辻直美先生に、抱っこをする際の姿勢や、正しいやり方のポイントを教えてもらいました。