エンタメ

「エンタメ」についての記事をまとめたページです。(7ページ)今話題の作家のオリジナルの漫画、人気のママタレント・パパタレントのインタビュー記事など、子育ての合間に楽しめる記事満載。そのほかにもKIDSNA編集部の取材レポートや著名人のコラムなどお役立ち情報満載、ぜひご覧ください。

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』の著者、ブレイディみかこさんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • ◆作家紹介◆ペンネーム:のばら 小悪魔女優の姉妹・サクとカエ。そして生まれたばかりの長男・モモとの日々。毒舌野郎の夫も出たり出なかったり。私ですか。良妻賢母って事でどうですか。ブログ:「キミがお嫁に行くまでは。」書籍:「キミがお嫁に行くまでは。~母娘で女を磨いてます~」第98話の更新です。

    のばら

  • 【作家の紹介】ペンネーム:そめた イラストレーターです。2013年4月生まれ、大きめサイズの息子そま、のんびり天然の旦那との3人暮らし。ブログなどで息子の日常マンガを更新しています。第113話の更新です。

    そめた

  • 子育てしていると、子どもならではの発想や思わぬ行動に思わず笑ってしまうことが多々ありますよね。今回は、ママたちの共感続出!親子の日常の「あるあるシーン」が満載の動画をご紹介します。

    花王株式会社

    PR

  • 作家プロフィール:2014年5月生まれの一卵性男児双子を育てながら趣味の漫画を「ふたご絵日記」にアップしています。こぼれ話のイラスト・4コマなどはtwitterに。第120話の更新です。

    pika

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、宗教学者の中村圭志さんに話を聞いた。

  • ◆作家紹介◆ペンネーム:のばら 小悪魔女優の姉妹・サクとカエ。そして生まれたばかりの長男・モモとの日々。毒舌野郎の夫も出たり出なかったり。私ですか。良妻賢母って事でどうですか。ブログ:「キミがお嫁に行くまでは。」書籍:「キミがお嫁に行くまでは。~母娘で女を磨いてます~」第97話の更新です。

    のばら

  • 【作家の紹介】ペンネーム:そめた イラストレーターです。2013年4月生まれ、大きめサイズの息子そま、のんびり天然の旦那との3人暮らし。ブログなどで息子の日常マンガを更新しています。第112話の更新です。

    そめた

  • 作家プロフィール:2014年5月生まれの一卵性男児双子を育てながら趣味の漫画を「ふたご絵日記」にアップしています。こぼれ話のイラスト・4コマなどはtwitterに。第119話の更新です。

    pika

  • ◆作家紹介◆ペンネーム:のばら 小悪魔女優の姉妹・サクとカエ。そして生まれたばかりの長男・モモとの日々。毒舌野郎の夫も出たり出なかったり。私ですか。良妻賢母って事でどうですか。ブログ:「キミがお嫁に行くまでは。」書籍:「キミがお嫁に行くまでは。~母娘で女を磨いてます~」第96話の更新です。

    のばら

  • 【作家の紹介】ペンネーム:そめた イラストレーターです。2013年4月生まれ、大きめサイズの息子そま、のんびり天然の旦那との3人暮らし。ブログなどで息子の日常マンガを更新しています。第110話の更新です。

    そめた

  • 赤ちゃんが経験する代表的な肌トラブルの1つがおむつかぶれです。そこで、赤ちゃんがいるママ3人に集まってもらい、おむつかぶれで困った経験、ならないように実践している予防法をヒアリング。さらに、その予防法が正しいかを含め、おむつかぶれ対策やケアのポイントを小児科医に聞いてみました。

    スリーエムジャパン株式会社

    PR

  • 「NISA」と「iDeCo」は、言葉はよく聞くけれど、制度の内容がわからない人は多いのではないでしょうか。節税になると言われていますが、どれくらいお得になるのか気になる場合もあるでしょう。今回は、話題の「NISA」や「iDeCo」についてKIDSNA編集部がお金のプロに聞きました。

    松井証券株式会社

    PR

  • 作家プロフィール:2014年5月生まれの一卵性男児双子を育てながら趣味の漫画を「ふたご絵日記」にアップしています。こぼれ話のイラスト・4コマなどはtwitterに。第118話の更新です。

    pika

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、産婦人科医、性科学者であり2児の母でもある宋美玄先生に話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • 個人差があるママの体において、自分にとってのベストな選択はさまざま。助言や迷信を鵜呑みにしたり、「やらなければ」という強迫観念で自己判断のケアをしていないでしょうか?この連載では、専門家を通してママが自分自身の体と向き合うためのガイドとなる正しい知識を発信していきます。第5回は、母乳育児について、日本赤十字社医療センター 産科の笠井靖代先生に聞きました。

    <連載企画>ママの体と向き合う

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、オランダに住む国際カップル、金由梨さんとベネッサさんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • ◆作家紹介◆ペンネーム:のばら 小悪魔女優の姉妹・サクとカエ。そして生まれたばかりの長男・モモとの日々。毒舌野郎の夫も出たり出なかったり。私ですか。良妻賢母って事でどうですか。ブログ:「キミがお嫁に行くまでは。」書籍:「キミがお嫁に行くまでは。~母娘で女を磨いてます~」第95話の更新です。

    のばら

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、セクシュアルマイノリティの当事者としてさまざまな活動を行う杉山文野さんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、2019年4月に行われた東京大学の入学式祝辞で大きな注目を集めた社会学者、上野千鶴子さんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • 【作家の紹介】ペンネーム:そめた イラストレーターです。2013年4月生まれ、大きめサイズの息子そま、のんびり天然の旦那との3人暮らし。ブログなどで息子の日常マンガを更新しています。第110話の更新です。

    そめた

  • 作家プロフィール:2014年5月生まれの一卵性男児双子を育てながら趣味の漫画を「ふたご絵日記」にアップしています。こぼれ話のイラスト・4コマなどはtwitterに。第117話の更新です。

    pika

  • 個人差があるママの体において、自分にとってのベストな選択はさまざま。助言や迷信を鵜呑みにしたり、「やらなければ」という強迫観念で自己判断のケアをしていないでしょうか?この連載では、専門家を通してママが自分自身の体と向き合うためのガイドとなる正しい知識を発信していきます。第4回は、産後なかなか戻らないぽっこりお腹にどうアプローチすべきか、川崎協同病院 婦人科産後骨盤トラブル外来の内山美紀さんに聞きました。

    <連載企画>ママの体と向き合う

  • 新生児はベビーカーがいつから使用できるのか、A型B型のどちらがおすすめなのか知りたいママもいるかもしれません。今回は、それぞれの使用可能期間や特徴などの基礎知識に加え、準備しておくと良いおすすめグッズなどについてもご紹介します。

    株式会社グランドールインターナショナル

    PR

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、小学校教諭として、独自の性教育を実践する星野俊樹さんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • ◆作家紹介◆ペンネーム:のばら 小悪魔女優の姉妹・サクとカエ。そして生まれたばかりの長男・モモとの日々。毒舌野郎の夫も出たり出なかったり。私ですか。良妻賢母って事でどうですか。ブログ:「キミがお嫁に行くまでは。」書籍:「キミがお嫁に行くまでは。~母娘で女を磨いてます~」第94話の更新です。

    のばら

  • 子どもの足の健康を考えて靴を選びたいママやパパは多いのではないでしょうか。子どもの足の成長をサポートする機能性やおしゃれを楽しむデザイン性のどちらも満足できる靴を選べたらうれしいですね。今回は、そんなママたちの理想にこたえるニューバランスのキッズシューズをご紹介します。

    株式会社ニューバランス ジャパン

    PR

  • 個人差があるママの体において、自分にとってのベストな選択はさまざま。助言や迷信を鵜呑みにしたり、「やらなければ」という強迫観念で自己判断のケアをしていないでしょうか?この連載では、専門家を通してママが自分自身の体と向き合うためのガイドとなる正しい知識を発信していきます。第3回は、妊娠中や産後のママを悩ませる尿漏れについて、川崎協同病院 婦人科 産後骨盤トラブル外来の藤島淑子先生に話を聞きました。

    <連載企画>ママの体と向き合う

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、性の健康に関する啓発活動を行うNPO法人ピルコンの染矢明日香さんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • 【作家の紹介】ペンネーム:そめた イラストレーターです。2013年4月生まれ、大きめサイズの息子そま、のんびり天然の旦那との3人暮らし。ブログなどで息子の日常マンガを更新しています。第109話の更新です。

    そめた

  • 幼児期の教育に関心はあるけれど、教材選びや進め方に迷って実際には取り組めていないママが多いのではないでしょうか?今回は、子どもの学習を研究してきた文理の「幼児ドリル」を用いて、子どもが興味をもち、さらに続けられる教材とはどのようなものなのかをご紹介します。

    株式会社文理

    PR

  • 作家プロフィール:2014年5月生まれの一卵性男児双子を育てながら趣味の漫画を「ふたご絵日記」にアップしています。こぼれ話のイラスト・4コマなどはtwitterに。第116話の更新です。

    pika

  • 作家プロフィール:2014年5月生まれの一卵性男児双子を育てながら趣味の漫画を「ふたご絵日記」にアップしています。こぼれ話のイラスト・4コマなどはtwitterに。第115話の更新です。

    pika

  • KIDSNA編集部の連載企画『#私の子育て』。#07はタレント、エッセイストとして活躍する、小島慶子さんにインタビュー。一家の大黒柱として、自身が生まれ育ったオーストラリアのパースで、夫と2人の息子を育てながら、日本では多忙なスケジュールで仕事をこなす彼女。子育てや家族、仕事の両立についてどのように考えているのだろうか。

    <連載企画>#私の子育て

  • 個人差があるママの体において、自分にとってのベストな選択はさまざま。助言や迷信を鵜呑みにしたり、「やらなければ」という強迫観念で自己判断のケアをしていないでしょうか?この連載では、専門家を通してママが自分自身の体と向き合うためのガイドとなる正しい知識を発信していきます。第2回は、姿勢の観点から見た授乳の盲点について、虎ノ門カイロプラクティック院の碓田紗由里先生に聞きました。

    <連載企画>ママの体と向き合う

  • 個人差があるママの体において、自分にとってのベストな選択はさまざま。助言や迷信を鵜呑みにしたり、「やらなければ」という強迫観念で自己判断のケアをしていないでしょうか?この連載では、専門家を通してママが自分自身の体と向き合うためのガイドとなる正しい知識を発信していきます。第1回は、産後の悩みとして必ず上位にあがる骨盤調整について、虎ノ門カイロプラクティック院の碓田紗由里先生に聞きました。

    <連載企画>ママの体と向き合う