【防犯/後編】子どもが「知らない人」ともコミュニケーションを取るべき理由

【防犯/後編】子どもが「知らない人」ともコミュニケーションを取るべき理由

世界的に安全な国として位置づけられている日本の防犯対策とは?小学生をはじめとする子どもの誘拐や連れ去り、性犯罪被害のニュースは後を絶たない。この連載では、親として認識すべき安全対策、子どもへの安全教育について紹介する。第4回は、日本こどもの安全教育総合研究所理事長の宮田美恵子氏に話を聞いた。

<連載企画>子どもの防犯新常識
2018年、それまで教科外であった道徳が「特別の教科」として加わった。

道徳では「困っている人がいたら親切にしましょう」と教えるが、「その親切心があるばかりに犯罪に巻き込まれるのではないか……」と心配する保護者もいるかもしれない。

このジレンマを「防犯モラルジレンマ」と名付けた、日本こどもの安全教育総合研究所理事長の宮田美恵子さん(以下、宮田さん)。

前編では、行為で危険かどうかを判断するという話を聞いてきた。後編では、防犯モラルジレンマが生じたときの具体的な対処法を聞いていく。

他人に「助け」を求められたとき、どうする?

人によりますが、日本人はNOと言えないタイプが多いですよね。道徳性の発達段階に照らしても子どもは、よりその傾向があります。

とりわけ小学生の低学年から中学年は、他者から「良い子」と評価されたい段階にあります。
宮田美恵子(みやた・みえこ)/日本こどもの安全教育総合研究所理事長(特定非営利活動法人)。日本女子大学総合研究所市民安全学研究センター研究員、日本女子大学人間社会学部客員准教授を経て日本こどもの安全教育総合研究所を設立。現在は、放送大学非常勤講師ほか、当研究所理事長として、大学で学生への講義のほか、児童・生徒のための安全体験学習プログラムの推進、成人を対象とした市民安全のための生涯学習活動支援にも注力。
宮田美恵子(みやた・みえこ)/日本こどもの安全教育総合研究所理事長(特定非営利活動法人)。日本女子大学総合研究所市民安全学研究センター研究員、日本女子大学人間社会学部客員准教授を経て日本こどもの安全教育総合研究所を設立。現在は、放送大学非常勤講師ほか、当研究所理事長として、大学で学生への講義のほか、児童・生徒のための安全体験学習プログラムの推進、成人を対象とした市民安全のための生涯学習活動支援にも注力。
断りにくい日本人の特性に、良い子に思われたいという気持ちが重なって、つい断れずに応じてしまう。

自分が困っている時に「車に乗せてあげようか?」という言葉を断ることができても、「道に迷ったからいっしょに来て」「お財布を落としたからいっしょに探してくれない?」「猫がいなくなっちゃったからいっしょに探して」という言葉は捨て置けないのです。

――助けを求められているのに断るのは、大人でも難しい局面かもしれません。子どもにとってはなおさらですよね。

相手といっしょに行かない、その場から移動しないということが重要です。

保護者から事前に言われているわけでもないのに、帰路に就いている最中で、急に車に乗って移動するなど、予期しない変更はほとんど起こらないはずです。
iStock.com/KatarzynaBialasiewicz
iStock.com/KatarzynaBialasiewicz
もしもそのようなことがあった時のポイントは、「一度帰宅して保護者に確認する」という約束ひとつに留めること。相手にどんなに強く言われたとしても、我が家の約束を守り相手の依頼には応じさせない。

幼い子どもほど守ることがひとつであれば、守りやすくなるのです。反対に同じ誘いでも「この場合はこう」「あの場合はこっち」といろいろな約束事があると咄嗟に判断できなくなってしまいます。

どうすればよいのかわからなければ自分で判断せざるを得ないから、悪い大人のうまい言葉に言いくるめられて、連れ去られてしまう怖れがある。
 
 
だからこそ親子でしっかりと約束をしておくことが大事。一度でも約束を交わしておくと、誘いを断る子どもの背中を押してくれるはずです。

子どもにとってお父さん、お母さんなどおうちの方との約束は一番です。折に触れて確認し合うことで、緊急時にパッと浮かぶ天の声になると思いますよ。

――保護者との約束が、断る勇気を与えるのですね。約束の内容として「知らない人」なら無視する、逃げるといった対応がいけないのはなぜですか?
家庭でも「一切他人と関わってはいけない」とは教えられないですよね。これから成長とともに善意や悪意の見極めができるよう、少しずつコミュニケーションスキルを高めていく必要もあります。おうちの人と一緒に子どもが様々な人とふれあう経験することも大切です。

知らない人はすべて排除、という一方通行な教え方をすると、日常生活に支障が出てしまう。防犯意識とコミュニケーションの両方を学んでいかなければいけません。

その人が本当に困っていて自分の助けを必要としているのか見極める時に、助けの手を差し伸べるべきかジレンマが生じる。

「ここから動かない、移動しない」を原則として、「ここ」でできる親切をしてあげたら十分なんですよ。道を聞かれたらいっしょについて行かず、その場で親切に道を教えてあげればいいんです。

この記事はアプリ限定です。続きはアプリでお読みいただけます。

2021年02月17日

取材レポートの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ