【防犯/前編】子どもが他人の善意と悪意を見分けるために知るべきこと

【防犯/前編】子どもが他人の善意と悪意を見分けるために知るべきこと

世界的に安全な国として位置づけられている日本の防犯対策とは?小学生をはじめとする子どもの誘拐、性犯罪被害のニュースは後を絶たない。この連載では、親として認識すべき安全対策、子どもへの安全教育について紹介する。第4回は、日本こどもの安全教育総合研究所理事長の宮田美恵子氏に話を聞いた。

<連載企画>子どもの防犯新常識
「知らない人に話しかけられてもついていかないで」

犯罪に巻き込まれないように、子どもにこう教えている保護者は多いのではないだろうか。

しかし、警察庁の「令和元年の刑法犯に関する統計資料」の関係別暴行検挙件数を見ると、半数以上が「面識あり」の人による犯行だ。

「知らない人」だけが犯人であるとは限らないからといって、「外に出たら誰とも関わってはいけない」と教えてもよいのか。

「それならば、子どもにその判断をするための”ものさし”を持ってもらうしかありません。そのひとつが相手との間にできる空間です。自分が、あるいは相手が心地よく感じられる空間を知ること。安全教育は空間教育ともいえます」こう語るのは、日本こどもの安全教育総合研究所理事長の宮田美恵子さん(以下、宮田さん)。

まずは、宮田さんが提唱する空間教育とはどのようなものなのか聞いた。

子どもに教えるべき「危険のサイン」は関係性と距離

――空間を考えた防犯とは、どういった考え方なのでしょうか。

昨年から「ソーシャルディスタンス」という言葉がよく使われていますが、社会的距離という意味においては、1966年にアメリカの文化人類学者エドワード・T・ホールが「パーソナルスペース」として提唱しているものと同じ意味合いです。

パーソナルスペースは、誰にでもあるひとりの人間を取り巻く空間。人にはその関係性において、ふさわしい距離があります。
宮田美恵子(みやた・みえこ)/日本こどもの安全教育総合研究所理事長(特定非営利活動法人)。日本女子大学総合研究所市民安全学研究センター研究員、日本女子大学人間社会学部客員准教授を経て日本こどもの安全教育総合研究所を設立。現在は、放送大学非常勤講師ほか、当研究所理事長として、大学で学生への講義のほか、児童・生徒のための安全体験学習プログラムの推進、成人を対象とした市民安全のための生涯学習活動支援にも注力。
宮田美恵子(みやた・みえこ)/日本こどもの安全教育総合研究所理事長(特定非営利活動法人)。日本女子大学総合研究所市民安全学研究センター研究員、日本女子大学人間社会学部客員准教授を経て日本こどもの安全教育総合研究所を設立。現在は、放送大学非常勤講師ほか、当研究所理事長として、大学で学生への講義のほか、児童・生徒のための安全体験学習プログラムの推進、成人を対象とした市民安全のための生涯学習活動支援にも注力。
たとえば今、私はインタビューを受けていますが、机を隔てた今くらいの距離が心地いい。初めてお会いしているので、これ以上近いとお互いにちょっとやりづらいと感じるかもしれません。

関係性や状況に応じて、私たち大人は上手に人との距離を取っているんですよね。正確に測らなくても、自分が心地よく相手も不快に思わない距離が身についています。

本来自分しかいないはずのパーソナルスペースに、「どうぞ」と招いてもいない相手がすごく近づいてきたら……どうですか?想像するとゾッとしますよね。

親子でも兄妹でも友だちでもないのに、必要以上に近づいてきたら「あれ?おかしい」のサインです。いつもは距離を保ってくれる相手なのに、今日はいつもより近づいてくるのはおかしい。

お互いが心地よいと思える距離を守ってくれない相手には気をつけなければいけません。つまり、相手との距離感はひとつの目安になるのです。
iStock.com/Dmytro Varavin
iStock.com/Dmytro Varavin
――「パーソナルスペース」の感覚を、どのように子どもに教えるとよいのでしょうか。
空間教育はコミュニケーションの基本。その場の状況や関係性にふさわしい距離によって生み出される空間を守ることは、人間同士の基本的なマナーです。

これを最も育めるのは家庭であり、保護者の方。ぜひお子さんと「ぴったり距離」「ゆったり距離」「きっちり距離」を確認してみてください。

この記事はアプリ限定です。続きはアプリでお読みいただけます。

2021年02月16日

取材レポートの関連記事

カテゴリ一覧