【図解/後編】脳科学者が教える「親子で外育をすると起こる効果」

【図解/後編】脳科学者が教える「親子で外育をすると起こる効果」

家庭学習の時間が増えている今、アウトドアでの自然体験を通して子どもが遊びながら学べる「外育」が注目されている。なんとなく外へ連れ出し、遊んでいる姿を見守るだけではなく、その効果を知り、よりよい学びにするためにはどうしたらいいのか?さまざまな専門家にその極意を聞いていく。第一回は、東北大学教授の瀧靖之先生に脳科学の視点から話を聞いた。

<連載企画>外育のすすめ
前編では0歳からの子どもの脳の発達がどのように進んでいくか、そして自然体験で知的好奇心を育む方法と、それによって学力が上がるという外育の効果が分かった。

後編では、自然体験によって、学力だけではなく自己肯定感も上がるメカニズムや、親子で外育をするメリットなどを聞いていく。
タイトル1
国立青少年教育振興機構のアンケート調査で、チョウや昆虫を捕まえる、海や川遊び、魚釣り、バードウォッチング、キャンプ、バーベキュー、山登り、ハイキングといった自然体験が多い子どもほど、自己肯定感が高いということが分かりました。
graph1
キャンプで初めて火おこしをしたり、登山で大変な思いをして山頂にたどり着いたときには、なんともいえない達成感に満たされます。「自分はできたんだ、やった!」という充実感に加えて、お父さんやお母さんが褒めてくれることが子どもの自己肯定感を高める。

自然はコントロールされた環境ではないため、こういった褒める場面が多くあるところが良いところです。脳科学的にも、褒める頻度が高いほど、精神疾患にも関わる領域である脳の後部島皮質という部位の灰白質体積が増えるというデータもあります。
taki3
また、自然の中では問題解決能力も育ちます。

小学生くらいから発達が大きく加速していくのが、ものごとの判断や思考を担い、実行機能を果たしている前頭葉(前頭前野)。自然の中では、突然雨が降ったりなど状況が刻一刻と変化するため、問題を回避したりしながら解決する能力が求められ、そういった体験によって脳の前頭葉が活性化され、実行機能が向上していくといわれています。
タイトル2
私が外育、自然体験を「親子で」いっしょにやることをおすすめするのは、先ほど話した褒めることで自己肯定感を上げることができることもひとつですが、もうひとつ理由があります。

子どもが「どうしてだろう、なんだろう、もっと知りたい」という知的好奇心を伸ばすためには、やはり無理やり連れだされたり、やりなさいといわれて嫌々やるのでは効果がないのですよね。

そこで、脳科学的の観点からできる工夫として、親自身が楽しんでいる姿を子どもに見せるのがおすすめです。
graph02
子どもが何かを学んだり、技術を習得するのは「模倣」、つまり真似をすることによって行われます。

それだけでなく、知的好奇心を高めると、子どもの学力や自己肯定感が上がるだけでなく大人にもよい効果があるといわれています。ものごとを考えたり判断する高次認知機能全般を高めることができ、大人の認知症予防にもなることが分かっているのです。
タイトル3
また、前編で子どもの脳の発達には年齢ごとに段階があり、知的好奇心は自他の区別ができるようになる2歳ごろから高まってくると話しましたが、2歳を過ぎたからといって遅いということではありません。

大人でも脳の能力が上がるということは、子どもでも何歳からやっても遅くないのです。
graph03
脳の可塑性のおかげで、3歳からやればすごく伸びるといわれている領域も、8歳からやっても30歳からやっても伸びるんです。

この可塑性は年齢を経るに少しずつ減少していきますが、いつになっても可塑性はあります。そのため、何かを習得するときは、努力の時間は少しずつ必要になっていきますが、何歳から始めても決して遅いと言う事はありません。

そうした理由から、早期から取り組むやり方も選択肢としてはあるかもしれません。しかしあまりにも小さく、脳の準備ができていない状態ではじめるとどうかというと、決して悪いことではないのですが脳の成長速度と、かけた時間やお金を天びんにかけたとき、費用対効果が悪くなるかもしれませんね。

しかし、自然体験では子どもが「熱中」しやすい環境が整っています。

脳には「汎化」という特徴もあるので、苦手なことを克服するよりも、何かに熱中することで好きなことや得意なことを伸ばすことで、脳を育てることもできるのです。
taki4
自然体験は、どこに行けばいい、どのくらい通えばいい、ということでは決してありません。

自然の中には子どもの好奇心を育む不思議や感動が無限にあるので、親は子どもとただ一緒に行けばいいのです。知的好奇心を持ち続けることは、単なる学校の成績や受験のためだけの勉強ではなく、一生涯かけて学ぶ姿勢につながっていくのだと思います。

<取材・撮影・執筆>KIDSNA編集部

2020年12月03日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

取材レポートの関連記事

カテゴリ一覧