【学校では教えてくれない】子どもの性教育は幼児期から

【学校では教えてくれない】子どもの性教育は幼児期から

子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、性の健康に関する啓発活動を行うNPO法人ピルコンの染矢明日香さんに話を聞いた。

<連載企画>学校では教えてくれない
「私はどうやって生まれてきたの?」「どうしてパパとママの体はちがうの?」

子どもに何気なく聞かれたとき、どう答えているだろうか?
すぐに答えられなかったり、あいまいに返事をするパパやママも多いかもしれない。

けれど今や、子どももインターネットを使ってSNSやメディアに触れるのは当たり前の時代。まずは、子どもがふだんどんな風に性情報に接しているかを見てみよう。

間違った性情報を信じてしまう子どもたち

幼児期の子どもは、人間の体や命に興味津々。

親がまだ早いと感じて「コウノトリが赤ちゃんを運んできてくれるんだよ」「もう少し大きくなったら教えてあげるね」とあいまいに答えたとしても、現代は、さまざまな性情報にあふれている。そしてそれは、家庭以外のところで、子どもたちは容易に手にしていくことになる。

こんな時代だからこそ、子どもの興味や成長スピードに合わせて、性について家庭でしっかり伝えていくべきではないだろうか。

NPO法人ピルコンの染矢明日香さんは「間違った性情報に触れたり、性に対して否定的なイメージがつく前に、身近で信頼できる大人から子どもに正しい知識を伝えることが大切です」と語る。
NPO法人ピルコン理事長。自身の経験をきっかけに、日本の望まない妊娠・中絶の多さに問題意識を持ち、中学校、高校、大学等で性教育講演を実施するほか、保護者や教育関係者向けの性教育講座や政策提言、海外の性教育動画「Amaze」の日本語翻訳プロジェクトの統括を行う。著書に『マンガでわかるオトコの子の「性」 思春期男子へ13のレッスン』(合同出版)。中学生・高校生が抱える性のモヤモヤにこたえるwebメディア「セイシル」のアドバイザーも担当。
――学校や家庭で、子どもたちがどう性と向き合うべきか悩む親もたくさんいると思います。性に対する課題のひとつは、子どもの情報の取り扱い方でしょうか?

「日本の性に関する課題は、望まない妊娠、不妊、性感染症、デートDVやセクハラなどの性被害と山積みですが、その背景にあるのは『性の知識不足』『当事者意識不足』です。

さらには相手にどう伝えるか、というコミュニケーションや、そもそもお互いに対等で尊重しあえる関係か、といった関係性の問題もあります。

性に関する情報は今や氾濫しており、インターネットやスマホが普及した今、メディアやSNSは不確かで偏った情報でいっぱいです。SNSを通した10代の性被害は年々増加し、警視庁が2018年に発表した調査によると2017年は過去最多になっています」

たとえ積極的に性への関心を持っていない子どもでも、自分が意図しないところで性情報に触れてしまったり、性的な関心を向けられることもあるかもしれない。

また、スマホをいつ持たせるかといった問題や、たとえインターネットの使用を制限するフィルターをかけて持たせたとしても、子どもをとりまく性の情報が完全に遮断できるわけでもないとなると…子どもが小さいころから最善を尽くしたいと思う親も多いだろう。

性知識不足を背景に、社会的リスクが連鎖

iStock.com/Wako Megumi
――性についての正しい知識を得ることができない子どもたちには、どんなリスクがありますか?

「インターネットやSNSの発達により、偏った性情報を鵜呑みにしたり、人間関係がうまく築けない子どもが増えています。

家族や親との関係が希薄になることにより自尊心が下がり、居場所探しや自分探しが安易な性行動や不確実な避妊につながることも。そうすることで、若年妊娠や性感染症のリスクが増え、家庭内暴力や貧困、虐待などの被害にあう可能性も高まります。

望まない妊娠は、さまざまな社会問題と密接にかかわっているので、このリスクの連鎖に歯止めをかけることが重要です」

身近な若者が伝える講演活動

冒頭に示したアンケートの調査結果では、性の情報源で「友だちとのコミュニケーション」と答えた割合が大きい。どこからか得た間違った性情報が、友だちづたいに広がっていく、それを子どもが信じ込んでしまったら、自分や、ほかの友だちを傷つけることになるかもしれない。

「ピルコンでは、中・高校生向けに、自分の将来を守るために必要な性と、ライフプランニングの知識をわかりやすく伝える出張授業『LILY』を行っていますが、授業のはじめに、性知識の正答率をはかる問題をやってもらうことがあります。

すると、この〇✖問題の正答率が極めて低いものが多くみられました

【高校生に実施した正誤問題の一部】

排卵はいつも月経中に起こる(✕)
正解率:18%

低用量ピルは月経痛や月経不調の改善の効果がある(〇)
正解率:19%

避妊に失敗したとき、72時間以内に使える緊急避妊薬がある(〇)
正解率:21%

精液がたまりすぎると、体に悪影響がある(✕)
正解率:24%

このように、排卵や射精の仕組みや、避妊、性感染症についても知らない子どもが多かったのです。ふだん、インターネットで見る情報や友だち間で話していることが、どれだけ不確かなままで子どもたちに吸収されているかが分かります」
出張授業「LILY」では、性の健康をテーマに、思春期におこる心身の変化、妊娠・ライフプランニング、性感染症、男女交際(デートDV)、性情報との関わり方について、正しい知識と体験談や体験型ワークショップを交えて子どもたちに伝えている。
――子どもたちの反応はどうですか?

「子どもたちは、性について大人と同じように多様なイメージを持っています。ただ、性=非日常のもの、タブーであるというイメージ持つ子が多いと感じています。授業のはじめも、特に男の子は、そわそわしたり、ふざけてにやにやする子も。

『LILY』では、大学生や若手社会人が先生となり、身近な立場から伝えるピア・エデュケーションという手法を活用しています。子どもたちは大人に教わるより仲間意識を感じやすいので、『この人がそうしてるなら』と自分ごと化し、行動変容が起きやすい仕組みです。

授業を受けた後は、『正しい情報を得られてよかった』という声がとても多い。高校生の場合は、『もっと早く知りたかった』という声もありました。
NPO法人ピルコンが2018年にアンケートを実施した調査では、34歳以下の若者から接触機会が広がるアダルトコンテンツに対して、「相手を傷つけない性行為」について学ぶ機会を求める声が、保護者からも性教育は必要だという声が多く寄せられた。
こんな風に、子どもたちが感じる性のタブー感は、彼らが接してきた社会や学校、家庭の価値観そのもの性を肯定的に学ぶ場所がないことが、大きな問題のひとつです」

子どもが誰にも相談できず悩まないように、自分自身を、そして他人を傷つけないで済むように。子どもに一番身近な存在である親自身も性を肯定的にとらえ、正しい知識を持つことが必要なのだと目の当たりにさせられる。

世界のスタンダードと日本の差は大きい

性教育に否定的な日本

――日本の性教育に足りないものは何でしょうか?

「海外といってもさまざまですが、たとえば『子どもが世界一幸せな国』として有名なオランダは、国が内容や目的を細かく定めたガイドラインがあり、0歳から性教育がはじまります。

世界のスタンダードと日本を比べてみると、海外では性教育で扱う内容の最低基準が設けられているのに対し、日本はありません。それぞれの学校の裁量に任されている面も多く、海外では年12~20時間、幼少期からくり返し学ぶのに対し、日本の中学校ではおよそ年に3時間だけと、性に関して学ぶ時間が圧倒的に少ないのです。
iStock.com/monkeybusinessimages
また、海外では、性行動が活発化する中学生くらいまでに具体的で実用的な内容を学ぶのに対し、日本では、小学校では『受精に至る過程は取り扱わない』、中学校で『妊娠の経過は取り扱わない』という『はどめ規定』があり、セックスについては教えてはならないと解釈する学校の先生も多くいます」

――たとえ授業で扱わなかったとしても、現代の子どもたちは容易に性情報を目にしたり、調べることができるのに。

「私たちに性教育の講演を依頼してくる学校でさえ、『性行為を助長させないためにも、リスクや恐怖を生徒に教えてください』という先生方もいる。学校教育においては、まだまだ性や性教育に対するネガティブなイメージが強いです。

新しい性教育はもう始まっている

一方で、現在の世界のスタンダードは『包括的性教育』。科学的に正確な情報を幼少期から文化・年齢に応じて与えながら、子どもが自分で考えて決められる力を育むことが目的とされています。

性を性交や出産だけではなく、人との関わり方や相手の立場を考えることとしてとらえ、適切かつ健康的な選択をするための知識や態度、スキル、価値を学びます。ジェンダー平等や性の多様性を含む人権尊重に基づいているのも特徴で、性を肯定的にとらえること、そして必ずしも一つの正解があるわけではなく、多様なあり方が存在することを前提とするという考え方に基づくものです。

掲載写真に関するお問い合わせ

5歳から18歳まで各年齢に応じた学習目標がまとめられた指針が公表されており、5歳から教えるのは早すぎると考える人も多いと思います。ですが、早い段階で多くの情報を与えてしまうことで、子どもが性に活発になるというのは誤解です。

世界中の性教育の研究を調査し、性教育後、性行動を早めたとする研究は0%でした。そして37%は性行動を遅らせるという結果をもとに、『包括的性教育は若者の性行動を促進することはなく、むしろ責任感を高め、性行動をより慎重化させる』『年齢に応じた適切な性教育により思いがけない妊娠や性感染症等のリスクを減らす』ということが示されています。

性にはさまざまな側面があり、妊娠・出産という生殖の役割もあれば、支配や暴力など、傷ついたり傷つけてしまうことも起こり得る。だけど本来は、人と人のあたたかい関係を深めるものでもありますよね。“性の健康”において、知識だけでなく自分を大切にし、相手を尊重することができることも重要なファクターです」

幼少期から子どもに教えておきたいこと

ここまで、子どもをとりまく性情報、日本と海外の性教育の比較と話を聞いてきた。では、子どもが間違った性情報に触れたり、性に対して否定的なイメージがつく前の幼少期の段階で、子どもにどんなことを教えるとよいのか。実践編として、言葉の選び方や伝え方のポイントなどを含め、レクチャーしてもらった。

プライベートゾーンと性的同意

「子どもから出てくる質問で多いのが、『どうしてパパとママは違う体をしているの?』や『赤ちゃんはどこから生まれてくるの?』といったもの。性的な欲求を感じる前から体や性器、命の誕生について疑問や興味を持つのはとても自然なことです。

性に対していやらしさやエロといったイメージがつく前の小さいときから、科学的にやさしく伝えることは、自分の体や成長を含め、性を肯定的にとらえることにつながります。

まずは子どもの質問に対し、どんなきっかけで疑問に思うようになったのかを逆に質問したり、絵本なども活用してみてください。

特に、幼少期からの性教育で大切なのは、プライベートゾーンという考え方。アメリカで生まれた言葉で、口や胸、おしりや性器など水着で隠れる部分、“自分の体の大切な場所”のことを指します。

自分と相手との境界線をきちんと持つためにも、『他の子には見せないようにね』『他の子の大切なところだから触らないようにね』『自分のプライベートゾーンはひとりの時に手でやさしく触っていいんだよ』と伝えておくといいですね。

“自分の体は自分のもの”という感覚を持たせるためには、性的同意も日々の生活の中で伝えられる大切な考え方だと思います」

――日本は“空気を読む” “言わなくても伝わる”といった文化があり、性的同意に関してはピンとくる人が少ないかもしれません。どんな風に教えるとよいですか?

「たとえば、パパとママがちょっとしたスキンシップを取るときに、『手をつないでいい?』『いいよ』と許可を取り、同意し合っているところを見せてみてはどうでしょう。

『ちょっと今はイヤかな』と言われたときにはやめたり、『腕を組むのはどう?』と違う提案をしてみるのもいいですね。子どもへのスキンシップも同様です。

もし返事がなかったり、はっきりしないときはYESではないことや、たとえ過去に一度同意をしたとしても、その後のすべてを同意するわけではないこと、途中で気が変わってもいいんだよということも伝えたいですね。
iStock.com/kohei_hara
お風呂やトイレトレーニングでは、性器を『汚い』や『恥ずかしい』という言葉は言わずに、『(ほかの体のパーツと同じように)大切なところ』という言い方をしたり、服を脱がせる前に『脱がせていい?』と聞いたりできます。

また、子ども自身が相手に許可をとるとき、NOと言われることは『あなたが嫌い』という全否定の意味ではないことや、悲しい気持ちになるかもしれないけれど、相手のNOはNOと受け止めよう、といったことも伝えたいですね」

思春期の心身の変化に寄りそう

「これに加えて、女の子の場合、小学校で初経や月経について教わりますが、仕組みやナプキンの使い方について習うだけで、月経痛や月経不順になった時の対処法については触れられないことも。

幼少期には、お風呂にいっしょに入ったときに、生理について『赤ちゃんはお母さんのおなかの中で大きくなるのは知ってる?』『女の人のおまたには命の通り道があるんだよ』『ここから血が出ることがあるけど、ケガで出る血とは違うよ。おなかにある赤ちゃんのお部屋の掃除をしてるんだよ』と伝えられます。

小学生になったら、『生理中に学校にいけないくらいお腹が痛くなることや、生理は月に1回くらいあるけど、3ヵ月以上こなくなることもあるかもしれないよ。そうなったら体が健康かどうか調べるためにお医者さんに行こうね』と伝えてみてはどうでしょうか。

さらに男の子は、学校で精通について十分教えられていないのが現状です。そのため、急な射精や夢精に恐怖や戸惑い、嫌悪感を覚える子もいます。

『思春期になると寝ている間に精液という白い液体が性器の先から出てパンツが濡れることがあるかもしれない。それは恥ずかしいことじゃなくて、大人の体に近づいてるって証だよ』『そうなったら、パンツを洗って洗濯機に入れておいてね』と一言かけることもできます」
――映画やテレビ番組の性的なシーンも、チャンネルを替えるべきか、悩みます……。

「子どもにアダルト動画を見せるのは性的虐待になるので避けるべきですが、ドラマのベッドシーンなど線引きが微妙なものもありますよね。

子どもから遠ざけたり、隠したりするよりは、いっしょに話し、考えるきっかけにしてみてはどうでしょう。『このシーンをいっしょに見て、どんな風に感じる?』と聞いて、感じ方を共有する。親自身も意見を言うし、子どもの意見も聞いてあげることで、自分自身の理解にもつながります。

また、家庭によって伝え方はさまざまなので、『うちではこういう話をするけれど、お友達のおうちでは違うかもね』『人によっては性に関する話が苦手な人や聞きたくないって人もいるよ』ということも教えておくといいですね」

何でも言い合える親子の関係に

――スマホやインターネットの使用に関しても、制限をかけるだけでなく、私たちが子どもと向き合って伝えていくのをセットで行わないといけないですね。

「子どもの行動を一方的に制限するのではなく、子どもが自ら考えて選択できるように支え、そしてその選択をジャッジするのではなく、応援することが豊かな人生につながっていくものだと思います。

私が日本語翻訳プロジェクトとして現在携わっている海外の性教育動画『AMAZE』では、保護者へ向けたポイントとして子どもから性についての質問があるまで待つ必要はないといい、その一方で、子どもとの性の会話は始めるのに遅すぎることはない、子どもと性の会話をはじめることで、子どもの生涯を通じた性の健康を実現する手助けにつながるともいっています。
iStock.com/Yagi-Studio
保育園児や幼稚園児の場合は、子どもが興味を示し、疑問を投げかけてきた瞬間がチャンスです。後回しにしたりあいまいに答えたりせず、『よく気づいたね!』と知りたい気持ちを受け止め、きちんと答えてあげてください。そうすることで『パパとママはちゃんと質問に答えてくれるんだ』という安心感が育まれ、次からも質問しやすくなります。

また、小学校の高学年くらいになると、体に生じた変化を子どもから親に言うのはとてもハードルが高いです。親の方から事前に『こういう変化があるんだよ』と伝えておくことで、性に関する疑問や悩みを話し合える、あたたかい信頼関係ができていきます」

性情報から子どもを遠ざけるのではなく、まずは私たち保護者が意識を変え、正しい知識を伝えること。そのためには、幼少期から何でも聞ける、何でも言い合える関係づくりが必要だ。

子どもが将来、自分や大切な人を本当の意味で大切にできるように、今からできることはたくさんある。
家庭ではこう教えたい「性教育」
子どもが興味を示したその瞬間がチャンス!
家庭の中に、あたたかい性の会話を

<取材・撮影・執筆>KIDSNA編集部

2020年01月08日

専門家のコメント
23
    かんな先生 保育士
    自分の性別を意識し始めるのは低年齢からであるのに性教育は話題にすることはいけないことといった空気感があるような気がします。こちらのNPO さんのような活動が広がっていくと良いなと思います。
    すみっこ先生 保育士
    たしかに。タブーとされていますよね🤔しかしどうやって伝えるべきなのか。私自身タブー感のある中で育ってきているのでまず親である私が変わらなければと思います…💡 性教育は自分を大事にすること、愛情を持つこと、思いやりをもつことに通ずるものがありますね。正しい知識を持って成長して欲しいと願うばかりです…💡
    あーちん先生 保育士
    性教育とても大切だと思います。小学生以上を対象かな、と思っていましたが、男の子、女の子の違いは未就学児でも分かるのでどこまで伝えるのかは難しいところですね。。

    曖昧な知識ではなく、しっかりした教育をして性に対して重きをおくことが重要だと思います!
    きいちゃん先生 保育士
    確かに私自身も、子どもたちにどう伝えたらいいのか難しい内容だからというのも相まって、性の事について=タブーのような感覚がありました。ネット、sns社会の今だからこそ更に大切で、正しい性の知識を伝えなくてはいけないことですよね。反省です…(..)
    こはく先生 保育士
    性に関することを伝えるのはとても難しいです。
    外国と日本とここまで違うとは。。ピルコンさんのような活動が広まり、性に対して正しい認識を持った子たちが増えることを願います!
    かいまな先生 保育士
    確かに正しい性教育を伝えることが大切ですよね。
    今はSNSなど情報社会なので、私自身も考えさせられました。
    2人の子どもにも今からできる性教育をきちんとしていこうと思いました。
    ともみ先生 保育士
    日本と外国でこんなにも違うとは思っていませんでした。
    SNSやネットでは間違った情報も多いと思うので、身近な大人が考え方を変えて正しい知識を伝えていくことが大切ですね。
    KST 専門家
    ほんと性に関してはしっかりと教えたい。
    せおみ先生 保育士
    性教育は今後の人生においてとても
    大切な事だと思います。日本の文化的にネガティブにとらえられていて、あまり踏み切った話しができない事が現状ですね。学校教育のなかで今後もっと真実や考え方などを教えてもらえる場が増えてくれるといいなと思います。
    0歳から性教育。には驚きましたが、子どもが自然に疑問に思ったこと。に事実を伝えていく事はとても大切だと思います。それが性教育にもなるんですね。実際、我が子も、赤ちゃんが生まれた時、どこから生まれるの?っと聞いてきたので、女の人の体の構造を説明しました。うちは女の子3人なので、ついでに月経の話も少し。
    成長していくにつれ、もっと質問が出てくると思います。親子、家族でなんでも言い合えるようにしたいです。
    性問題は沢山あります。レイプ事件でも、断り切れない状況だったり、断ってよいかわからない。と思う事を聞きました。このような状況は幼少期からの性に対する知識が少なかったからなのだとおもいます。
    自分の身は自分でしっかり守っていけるように、何が良くない事なのか。を、しっかりと伝えて、正しい知識を持って判断し、言葉に出せるように話していきたいと思います。
    今後の学校における性教育の発展を願いたいです。
    でぶいも先生 保育士
    男の人の体と女の人の体の違いを知ることや、相手のプライベートゾーンを知ることは幼児期からでも伝えられると思います。絵本で体の違いを紹介しているものもあるので、活用してみたいなと思っています。
    ちぃ先生 保育士
    日本と海外での性に関する教育との違いにびっくりしました。確かに幼い息子も身体の違いに疑問を持ち質問してくるときがあり、答えに戸惑ってる自分がいます。子どもにもきちんとした性教育をすることはもちろんですが、その話をする大人もしっかりと知識を持たなければならないなと感じました。
    ぽんた先生 保育士
    私も、子どもがまだ小さいときに、地域で活動している、助産師さんから、性教育のことを教えてもらいました。そして、紹介してもらった、性教育の絵本を買って、子どもが自然に手に取れるところに置いていました。ネットや友達から歪んだ知識が入るよりも、早めに正しい知識を、偏見なく得ておくことは、自分の体を大切にする、守るためにもとてもいいと思います。実際、性教育をきちんと受けている子の方が、性犯罪にあいにくいと聞いたことがあります。し
    いちご先生 保育士
    生きていく上で、避けては通れない大切な事ですよね。当記事の女性のコメントでもあったように、性犯罪の被害に遭わないようにする為にも、息子にも娘にも正しい知識を教えてあげたい。けれど、親の私がタブーとされる中で育ってきたので、まず親である私から考え方を変えていかなければなと思います。
    ひで先生 保育士
    女の子は被害者となりやすいので特に早期に教えることが必要です。男の子も手を触れなくても発言等から加害者となってしまうことがあります。性の問題というより人間の尊厳であったり人に優しくする価値観を伝えて、知らないことでも自己判断できるよう周りの大人でサポートしたいです。難しいですが
    いちぽ先生 保育士
    たしかに、小さい頃に性を教えるのはたぶーという空気がありますよね。
    まだ早いという風になりますよね。
    また親もどう教えたらいいのか困るというのも正直な気持ちですね。
    ことり先生 保育士
    小学生より前からの性教育とは…考えたことがありませんでした。

    子どもに聞かれると
    なかなか答えに悩みます。

    でも、この記事でポジティブに考えられるようになりました。
    しっかり子どもたちに向き合って、答えていきたいと思います。
    さと先生 保育士
    うちは女の子がいますが、小学校に上がる前に性について話しておこうと思っています。
    (まだ具体的な性交については早いかなと思いますが)

    通学などで外で一人になることが出てくるので、女性であることの自覚を持ち、自分の身体を危険から守れるようになってくれればと考えています。
    みき先生 保育士
    性についてあいまいにしているよりも、しっかり教育していく方が望まない妊娠等の率が低いと言うデータがあるようです。
    女の子にはママ、男の子にはパパが教えてあげるのが理想的ですね。
    性教育に関しての絵本もあるので、年齢にあった絵本を図書館などで借り読んであげてもいいかと思います。
    のんの先生 保育士
    幼稚園での性教育は、命の始まりや、胎児の事、体の部分の名前等から始まります。
    男女の体の違い、プライベートゾーンを触らせない!見せない!を教える事が幼児期での性教育の主です。
    私の子供が通っている幼稚園でも性教育はされています。
    ぷん先生 保育士
    私自身、性差を保育現場でどのように伝えたら良いのか悩む場面がありました。
    記事を読んで身近にいる信頼できる大人がはぐらかす事なく伝えてあげることは大事だなと感じました。
    りお先生 保育士
    性に対しての否定的なイメージが強いんですね。
    自分の子どもの頃もそうだったのかなー。無知だったので知ったのも遅かったような気がします。

    早く知りすぎることもよくないけれど、早く知るにしても親から正しいことを事実として伝える必要があるのですね。

    まだ長男8歳で、性には目覚めていないのでいいですが、聞かれたら事実を伝えようと思います。

    でも、異性なのでどう伝えればいいのか、悩みますね💦
    ぺち先生 保育士
    なんとなく、小学生の高学年ごろになってからの事かなと思っていましたが、男の子女の子の違いなどはもうわかってますもんね。ピンクや青など、先生が押し付ける事が無い様にしなければなりませんね。
    べこな先生 保育士
    タブーとまではいかなくても、踏み込んで話すのも抵抗があるような…
    の、年代なので、娘達が学校で教わってきた内容をきくと、自分が中学で聞いたような話しもあり、ずいぶん早くから教えるんだなー
    と、思いました。経験が早い子は小学生でもいるので、必要だと思いました。
    小さな子どもには、大切な場所は家族以外の人には見せたり触らせてはいけない、ってことをしっかり伝えることから始めましたね。
おすすめユーザーのコメント
5
    SB
    我が家はなかなかそのタイミングがなかったので、この記事をきっかけにこちらからアクションを起こしました。

    先日ちょうど保健の時間に少し習っていたようで、少しは知っていましたが、核心的な部分は教わっていないようだったので、話してよかったと思っています。
    MARU
    この記事を読んで、しっかり子どもと向き合い性教育をしていきたいと思いました。
    子どもが成長していくなかで、正しく性教育を子どもへ伝えられるように考えていきたいです!
    YSK
    娘の学校では話を聞き、その後筆記テストをやっていて、まずそれにびっくりしました。

    相手との関係の深め方や同意をきちんと得る、などなんとなくで流れてしまうのではなくきちんとお互いを尊重し合えるようになるといいです。

    みんなが正しい知識を持つことが本当に大切ですね。
    na
    オランダでは0歳児から性教育が始まっているのですね。
    対して日本の高校生への正誤問題の正答率の低さ…😢
    自分の子どもにもプライベートゾーンの考え方など、できることから伝えていきたいと思いました!
    MK
    親にまったく性教育をしてもらわず育ったので、いまだに構えすぎてしまっているなと実感しています。この記事で、子どもに聞かれたときに、分かりやすく伝えられるフレーズをたくさん知られてよかったです!

取材レポートの関連記事

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、産婦人科医、性科学者であり2児の母でもある宋美玄先生に話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • 個人差があるママの体において、自分にとってのベストな選択はさまざま。助言や迷信を鵜呑みにしたり、「やらなければ」という強迫観念で自己判断のケアをしていないでしょうか?この連載では、専門家を通してママが自分自身の体と向き合うためのガイドとなる正しい知識を発信していきます。第5回は、母乳育児について、日本赤十字社医療センター 産科の笠井靖代先生に聞きました。

    <連載企画>ママの体と向き合う

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、オランダに住む国際カップル、金由梨さんとベネッサさんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、セクシュアルマイノリティの当事者としてさまざまな活動を行う杉山文野さんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、2019年4月に行われた東京大学の入学式祝辞で大きな注目を集めた社会学者、上野千鶴子さんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • 個人差があるママの体において、自分にとってのベストな選択はさまざま。助言や迷信を鵜呑みにしたり、「やらなければ」という強迫観念で自己判断のケアをしていないでしょうか?この連載では、専門家を通してママが自分自身の体と向き合うためのガイドとなる正しい知識を発信していきます。第4回は、産後なかなか戻らないぽっこりお腹にどうアプローチすべきか、川崎協同病院 婦人科産後骨盤トラブル外来の内山美紀さんに聞きました。

    <連載企画>ママの体と向き合う

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、小学校教諭として、独自の性教育を実践する星野俊樹さんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • 個人差があるママの体において、自分にとってのベストな選択はさまざま。助言や迷信を鵜呑みにしたり、「やらなければ」という強迫観念で自己判断のケアをしていないでしょうか?この連載では、専門家を通してママが自分自身の体と向き合うためのガイドとなる正しい知識を発信していきます。第3回は、妊娠中や産後のママを悩ませる尿漏れについて、川崎協同病院 婦人科 産後骨盤トラブル外来の藤島淑子先生に話を聞きました。

    <連載企画>ママの体と向き合う

  • KIDSNA編集部の連載企画『#私の子育て』。#07はタレント、エッセイストとして活躍する、小島慶子さんにインタビュー。一家の大黒柱として、自身が生まれ育ったオーストラリアのパースで、夫と2人の息子を育てながら、日本では多忙なスケジュールで仕事をこなす彼女。子育てや家族、仕事の両立についてどのように考えているのだろうか。

    <連載企画>#私の子育て

  • 個人差があるママの体において、自分にとってのベストな選択はさまざま。助言や迷信を鵜呑みにしたり、「やらなければ」という強迫観念で自己判断のケアをしていないでしょうか?この連載では、専門家を通してママが自分自身の体と向き合うためのガイドとなる正しい知識を発信していきます。第2回は、姿勢の観点から見た授乳の盲点について、虎ノ門カイロプラクティック院の碓田紗由里先生に聞きました。

    <連載企画>ママの体と向き合う

  • 個人差があるママの体において、自分にとってのベストな選択はさまざま。助言や迷信を鵜呑みにしたり、「やらなければ」という強迫観念で自己判断のケアをしていないでしょうか?この連載では、専門家を通してママが自分自身の体と向き合うためのガイドとなる正しい知識を発信していきます。第1回は、産後の悩みとして必ず上位にあがる骨盤調整について、虎ノ門カイロプラクティック院の碓田紗由里先生に聞きました。

    <連載企画>ママの体と向き合う

  • 2020年の教育改革を控える新時代には、親である私たちが受けてきた教育があたりまえでなくなるのかもしれない。これからの子どもたちに必要なのは、どのような教育なのか。この連載では、テストや成績、運動神経では計ることのできない独自の分野で子どもの能力を伸ばす、新しい「学びのカタチ」について紹介する。第3回目は、子どもから大人まで年齢を問わない哲学対話を実践する「こども哲学おとな哲学アーダコーダ」代表、角田将太郎氏に話を聞いた。

    <連載企画>学びのカタチ

カテゴリ一覧