[後編]天才の育て方 #02 牛田智大〜史上最年少ピアニストができるまで〜【連載】

[後編]天才の育て方 #02 牛田智大〜史上最年少ピアニストができるまで〜【連載】

KIDSNA編集部の連載企画『天才の育て方』。#02は12歳でプロデビューを果たした史上最年少のピアニスト、牛田智大にインタビュー。後編では、ピアノへかける熱い思いから、ピアノを弾き続けさらに上を目指してゆく理由を紐解いていく。

<連載企画>天才の育て方

ピアノに一生をかける理由

18年間、ピアノと共に生き、ピアノに没頭し続けられている理由とはどのようなものなのか、その思いに迫る。

変化する感覚が楽しい

ーーピアノを軸とした生活を続けていて、楽しいと感じられる瞬間は?

天才の育て方_牛田智大02

「常に、感性や好みが変わっていく自分を楽しんでいます。

小学生の頃はどちらかというとアグレッシブでエンターテインメント的な演奏が好きだったのですが、最近は派手でなくてもしっかり音楽と向き合い誠実に弾きたいと思うようになりました」

ーー毎日同じことを繰り返し続けてゆくためのモチベーションはどのように維持しているのでしょうか?

「理想とする演奏のイメージを持って『もっとこう弾きたい、もっとこう表現したい』という思いを持ち続けています。

音楽や絵画などの芸術はそれぞれの人が違う解釈や目標を持って、理想とする演奏や描き方を追いかけているのだと思います。時間の経過とともにその理想は変化するから、どこまでやったら正解とか完成するといったゴールもありません」

ゴールはなく、理想を追うことでさらなる理想を抱くようになる。だからこそ彼は、ピアノに魅了され続けているのかもしれない。

5年が勝負

「今がすごく大事な時期だと考えています。特に技術的、体力的な面、レパートリー作りにおいてこの5年で培ったものが一生に活きていくと思っているので、毎日ひとつづつ、同じことを丁寧に積み重ねています。それ以外は、学校に行くかピアノを弾くか、猫と遊ぶか眠るか、という生活ですね(笑)」

ーー「5年」がひとつの区切りなんですね。

天才の育て方_牛田智大02

「曲を仕上げるスパンというのは数カ月でできるものではなく、5年弾き続けてやっと自信を持って弾ける状態になると感じています。

なぜかというと、多くの作曲家は、30~40分の曲を5年や6年の年月をかけて作り上げています。それならば演奏家も同じくらいの時間とエネルギーをかけて曲に向き合わなければならない。時間をかけられればそれだけ、その曲の本当の意味や素晴らしさが理解できるようになると考えています」

ーー堂々と弾かれている印象でしたが、ご自身では「まだまだ」と思われているんですね。

「ピアノは同時にいろいろな音色を出すことができるので、他の楽器の作品に比べ音の数が必然的に多くなります。さらには、すべての音色に意味がある。それを理解し表現するためには、音の数が多ければ多いほど練習が必要になるので、自信を持って演奏できるようになるまでには時間がかかります」

天才ピアニストにきく、「天才」とは

コンサートやコンクールにおいては100%準備をしたつもりでいても、その力を出し切れない場合も多いという。それでも世界的コンクールで1位を受賞してきた彼は、やはり「天才ピアニスト」と思わずにはいられない。

本人は自分自身をどのように捉えているのだろうか。

牛田智大はなぜ天才なのか

ーーなぜ天才ピアニストになれたのか、ご自身ではどのように考えられていますか?

天才の育て方_牛田智大02

「僕は天才ではないです。だからこそ、天才と呼ばれる音楽家が残してきたものを学びたいと思いますし、天才ではないからこそ、天才にしか理解できないものを、聴き手の方々と同じ立場に立って理解していけると思っています」

天才が思う天才の人とは

ーー牛田さんが思う「天才」のイメージを教えてください。

「天才と聞くと、生まれつき何でもできて早熟といったイメージを僕自身は持っているのですが、天才と呼ばれる人の努力や意欲と、両親や先生など周りの人たちの協力などの条件が揃い、かつ運が良かった人が最終的に天才と呼ばれるのだと思います。

周りが協力してくれる、周りが引っ張ってくれるというのも、才能であり天才のひとつの定義だと思います」

編集後記

天才ピアニストとしての洗練された印象を持っていたが、実際に会って話をしてみると、 ピアノに対する熱い情熱の中にもシャイな部分を持ち合わせた、気取りのない青年だった。

牛田智大_#02

<牛田智大コンサート情報>

『牛田智大ピアノ・リサイタル』
2019年3月21日(木・祝) 13:30開演/横浜みなとみらいホール
お問い合わせ先:ジャパン・アーツぴあ 03-5774-3040

<取材・執筆・撮影>KIDSNA編集部

<連載企画>天才の育て方 バックナンバー

2018年08月06日

専門家のコメント
1
    いちぽ先生 保育士
    ピアノに対しての熱量がすごいですね。また作曲家が5、6年かけて作り上げる曲を、演奏家も同じ年月向き合うという姿勢にプロだなと感じました。
    上に上に、もっと上手にという意欲がすごいですね。

取材レポートの関連記事

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、オランダに住む国際カップル、金由梨さんとベネッサさんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、セクシュアルマイノリティの当事者としてさまざまな活動を行う杉山文野さんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、2019年4月に行われた東京大学の入学式祝辞で大きな注目を集めた社会学者、上野千鶴子さんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • 個人差があるママの体において、自分にとってのベストな選択はさまざま。助言や迷信を鵜呑みにしたり、「やらなければ」という強迫観念で自己判断のケアをしていないでしょうか?この連載では、専門家を通してママが自分自身の体と向き合うためのガイドとなる正しい知識を発信していきます。第4回は、産後なかなか戻らないぽっこりお腹にどうアプローチすべきか、川崎協同病院 婦人科産後骨盤トラブル外来の内山美紀さんに聞きました。

    <連載企画>ママの体と向き合う

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、小学校教諭として、独自の性教育を実践する星野俊樹さんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • 個人差があるママの体において、自分にとってのベストな選択はさまざま。助言や迷信を鵜呑みにしたり、「やらなければ」という強迫観念で自己判断のケアをしていないでしょうか?この連載では、専門家を通してママが自分自身の体と向き合うためのガイドとなる正しい知識を発信していきます。第3回は、妊娠中や産後のママを悩ませる尿漏れについて、川崎協同病院 婦人科 産後骨盤トラブル外来の藤島淑子先生に話を聞きました。

    <連載企画>ママの体と向き合う

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、性の健康に関する啓発活動を行うNPO法人ピルコンの染矢明日香さんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • KIDSNA編集部の連載企画『#私の子育て』。#07はタレント、エッセイストとして活躍する、小島慶子さんにインタビュー。一家の大黒柱として、自身が生まれ育ったオーストラリアのパースで、夫と2人の息子を育てながら、日本では多忙なスケジュールで仕事をこなす彼女。子育てや家族、仕事の両立についてどのように考えているのだろうか。

    <連載企画>#私の子育て

  • 個人差があるママの体において、自分にとってのベストな選択はさまざま。助言や迷信を鵜呑みにしたり、「やらなければ」という強迫観念で自己判断のケアをしていないでしょうか?この連載では、専門家を通してママが自分自身の体と向き合うためのガイドとなる正しい知識を発信していきます。第2回は、姿勢の観点から見た授乳の盲点について、虎ノ門カイロプラクティック院の碓田紗由里先生に聞きました。

    <連載企画>ママの体と向き合う

  • 個人差があるママの体において、自分にとってのベストな選択はさまざま。助言や迷信を鵜呑みにしたり、「やらなければ」という強迫観念で自己判断のケアをしていないでしょうか?この連載では、専門家を通してママが自分自身の体と向き合うためのガイドとなる正しい知識を発信していきます。第1回は、産後の悩みとして必ず上位にあがる骨盤調整について、虎ノ門カイロプラクティック院の碓田紗由里先生に聞きました。

    <連載企画>ママの体と向き合う

  • 2020年の教育改革を控える新時代には、親である私たちが受けてきた教育があたりまえでなくなるのかもしれない。これからの子どもたちに必要なのは、どのような教育なのか。この連載では、テストや成績、運動神経では計ることのできない独自の分野で子どもの能力を伸ばす、新しい「学びのカタチ」について紹介する。第3回目は、子どもから大人まで年齢を問わない哲学対話を実践する「こども哲学おとな哲学アーダコーダ」代表、角田将太郎氏に話を聞いた。

    <連載企画>学びのカタチ

  • 2020年の教育改革を目前に、進化の真っ只中を生きる現代の子どもたち。親である私たちが受けてきた教育が当たり前でなくなるこれからの時代に、子どもに必要な教育とは何なのか?この連載では、テストや成績、運動神経など従来の評価軸では計ることのできない独自の視点で子どもの能力を伸ばす、新しい「学びのカタチ」について紹介していく。第2回では、大自然に囲まれたフィールドで、親子のための“遊びの学校”を実践する原っぱ大学 ガクチョ―、塚越 暁氏に話を聞いた。

    <連載企画>学びのカタチ

カテゴリ一覧