年末年始のごちそうに!彩りちらし押し寿司【魚屋さんレシピ】

年末年始のごちそうに!彩りちらし押し寿司【魚屋さんレシピ】

子どもに食べさせたいと思いつつ、「レパートリーがない」「なんとなく苦手意識がある」などの理由で食卓にのぼることが少ない魚料理。この連載では魚屋三代目の柳田昇さんが、親子で魚好きになる簡単で飽きのこない魚レシピを紹介します。

魚屋三代目・柳田昇
こんにちは、魚屋三代目です!

「魚介で作る冬のごちそうメニュー」をテーマにお送りしている12月。

今週は、年末年始のごちそうメニューにもぴったりの、彩りゆたかな押し寿司をご紹介します。

ここでご紹介する食材以外にも、お好みのものを使ってアレンジできます。今回はお子さま用と大人用と2つの押し寿司を作ってみました。食材の参考にしてみてくださいね。

彩りちらし押し寿司

子ども用

材料

<子ども用>
・酢飯…3人前(市販のすし酢を使用。記載通りの分量をご飯に混ぜて作る)
・蒸し海老(すし海老)…4〜5枚
・さけフレーク…お好みの量
・きゅうり…1/2本(縦半分に切って斜めにスライス)
・錦糸卵…お好みの量(市販品で代用可)
・加熱済みひじき…適量(市販品で代用可)
・きぬさや…適量(軽く塩茹でにして冷水にさらし、3等分に斜め切り)
・レンコン…適量(下茹で済みのものを、すし酢に漬け込む)
・桜でんぶ…お好きな量
・とびっこ…お好きな量

<大人用>
・酢飯…3人前
・蒸し海老(すし海老)…4〜5枚
・コハダの酢締め…2枚(市販のコハダを小さめのひと口サイズに切る)
・きぬさや…適量
・錦糸卵…お好みの量
・レンコン…適量
・スモークサーモン…4〜5枚
・しいたけのうま煮…お好きな量(1個を3等分にスライス)
・とびっこ…お好きな量

<そのほか用意するもの>
・タッパー…今回は15×15、高さ5cmの正方形サイズのタッパーをお子さま用に、直径15cm、高さ8cmの丸型タッパーを大人用に使用。押す時に同じサイズが必要になるため、それぞれ2つ準備する。

作り方

1. ご飯にすし酢を混ぜ、ふきんなどを被せて人肌くらいにまで冷ます。

2. まずは子ども用のタッパーに、長めにカットしたラップを十字に敷き、きゅうりを並べる。
3.次に海老を置き、錦糸卵を敷き詰める。
 
4. その上にさけフレークを乗せ、酢飯を半分敷き詰めてから、ひじきを乗せていく。
 
5.最後に、残った酢飯を敷き詰め、タッパーからはみ出たラップを上に被せる。
6. 同じ大きさのタッパーを上に重ね、四隅、中心と同じ強さで押し込む。
7.酢飯と寿司ネタをなじませるため、少し時間を置いてから器に移す。そのあとにレンコンときぬさやを盛り付け、お好みでとびっこと桜でんぶをちりばめて完成。大人用も同様に、材料に明記した食材を使って丸型タッパーで作る。
大人用

料理のコツ・ポイント

押し寿司の押し型は、100円均一のタッパーを使っています。いろいろなサイズ、形があるのでお好きなタイプで作ってみてください。

食材も市販の加熱調理済みや加工済み、下処理済みのものを使えば時短にもなります。

今回の押し寿司は、なるべく火が通ったものや味付け加工されたもので作りました。生ものを多く使う場合は、早めに食べきる必要があります。

お子さま用は栄養バランスを考え、具材を多く使用しています。大人用には、酢締めの魚やスモークサーモンなどを使って、奥行きのある味を目指しました。

魚屋さんが教えるスモークサーモンの目利き・選び方

※写真はイメージ(iStock.com/margouillatphotos)
スモークサーモンには、キングサーモン、アトランティックサーモン、サーモントラウト、紅鮭など、いろんな種類のものがあるのをご存じでしょうか?

脂ととろける美味しさを求めるならば、キングサーモン。
同じくらい脂がのり、味もよいのが、アトランティックサーモン。
身のしまりや旨味が強いのは、紅鮭。
クセがなくやさしい味わいなのが、サーモントラウト。

その他にも、国産の白鮭やチリ産の銀鮭などもあるので、好みの味を探してみてください。

魚屋さんが教えるサーモンの豆知識

今回は、日本に存在する”超高級”鮭のお話をしたいと思います。

鮭の児と書いて、鮭児(ケイジ)という魚ですが、これは鮭の種類ではなく、11月頃に北海道の知床半島〜網走で獲れる未成熟の鮭(白鮭)を指します。

1万本に1本くらいしか獲れずとても貴重で、サイズは約3キロ。価格は現地の水揚げ時で10万円以上、流通に回れば30万円は超えると言われています。
No Image

魚屋三代目・柳田昇

柳田昇の記事一覧

昭和49年 8月3日生まれ。
神奈川県厚木市で60年以上続く鮮魚店『魚武商店(うおたけしょうてん)』の三代目。
父と魚屋を営むかたわら、旬の魚介の簡単な料理や捌き方をブログ『魚屋三代目日記』にて紹介しています。
その他、料理家としてレシピ本などの書籍やレシピ提案、レシピ提供、テレビ、料理教室など幅広く活動中。

魚屋三代目日記(ブログ)
魚武商店ホームページ
<執筆、写真提供>柳田昇
<構成>KIDSNA編集部

2021年12月17日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

コラムの関連記事

カテゴリ一覧