夏休みのお助けランチ!時短でマグロの手こね寿司【魚屋さん】

夏休みのお助けランチ!時短でマグロの手こね寿司【魚屋さん】

子どもに食べさせたいと思いつつ、「レパートリーがない」「なんとなく苦手意識がある」などの理由で食卓にのぼることが少ない魚料理。この連載では魚屋三代目の柳田昇さんが、親子で魚好きになる簡単で飽きのこない魚レシピを紹介します。

魚屋三代目・柳田昇
こんにちは、魚屋三代目です!

今回紹介するのは、手こね寿司です。カツオで作るのが一般的ですが、お子さまも食べやすいマグロの赤身で作ってみました。漬けなのでしっかりとした味付けで、食欲がないときでもさっと食べられるはず。その上、必須脂肪酸の一種であるDHAやEPAが豊富なマグロは、お子さまの成長にも最適です。

とにかく簡単で、手早く出来上がるのでおすすめしたい一品です。

まぐろの手こね寿司(3人前)

 

材料

・刺身用マグロの赤身…300g(メバチマグロの鉄火丼用などがおすすめ)
・酢飯(すし飯)…2合(700g)〜2合半(800gくらい)
・芽ネギ…お好みで
・いりごま(白)…お好みで
・しょうゆ…100ml
・みりん…50ml
・酒(日本酒)…30ml(大さじ2)

作り方

1. 小鍋にしょうゆとみりん、日本酒を入れて煮立たせる。アルコールを飛ばして粗熱を取れば、漬けタレの完成。
3. あたたかいごはんに、すし酢(市販・分量外)を記載通りに加えてよく混ぜ、酢飯(すし飯)を作る。

4. 酢飯に、漬けにしたマグロを乗せる。芽ネギを添え、いりごまを散らしたら完成。
2. 削ぎ切りにしたマグロの赤身をボウルやタッパーに移し、漬けタレを注いで10〜15分漬け込む。

料理のコツ・ポイント

最初に漬けタレを作る際、小さなお子さまが食べる場合は、みりんと酒のアルコールはしっかりと飛ばしましょう。

酢飯(すし飯)を作るときは、しゃもじを切るように混ぜると米粒がつぶれず仕上がります。

刺身用のマグロを使う場合は、厚めに切ってあるので漬け時間を少し長めに。逆にそぎ切りになっている鉄火丼用などを使う場合は、漬け時間を短めにしてください。いずれにせよ、味見しながら調整するのがいいでしょう。
お好みで、酢飯にひじき(混ぜるだけのタイプ)、きざんだ大葉などを加えても美味しいです。

大人はわさびやガリ(しょうがの甘酢漬け)などを添えてお召し上がりください。

魚屋さんが教えるマグロの目利き・選び方

刺身用のマグロの赤身は、赤々と鮮やかに発色をしていて、筋が少ない(あるいは無い)ものを選びましょう。

魚屋さんが教えるマグロの豆知識

一口に「マグロ」と言っても、実はたくさんの種類があります。

主なものは、クロマグロ(本マグロ)、ミナミマグロ(インドマグロ)、メバチマグロ、キハダマグロ、ビンナガマグロ(ビンチョウマグロ)です。いまご紹介したのは、価値と価格の順番になっています。つまりクロマグロが一番高価で、マグロの王様と呼ばれています。

監修

No Image

魚屋三代目・柳田昇

柳田昇の記事一覧

昭和49年 8月3日生まれ。
神奈川県厚木市で60年以上続く鮮魚店『魚武商店(うおたけしょうてん)』の三代目。
父と魚屋を営むかたわら、旬の魚介の簡単な料理や捌き方をブログ『魚屋三代目日記』にて紹介しています。
その他、料理家としてレシピ本などの書籍やレシピ提案、レシピ提供、テレビ、料理教室など幅広く活動中。

魚屋三代目日記(ブログ)
魚武商店ホームページ
<執筆、写真提供>柳田昇
<構成>KIDSNA編集部

2021年08月20日

コラムの関連記事

カテゴリ一覧