子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2017年08月05日

そろそろオムツ卒業。外し方の方法や時期はいつ

そろそろオムツ卒業。外し方の方法や時期はいつ

オムツがテープからパンツに変わって、歩けるようになってくると、次に頭に浮かぶのがオムツの外し方ではないでしょうか。いつから始めるべきどんな方法があるのなど頭の中は疑問だらけ。そんなお母さんのために、今回はオムツの外し方や取る時期、その方法についてご紹介します。

そろそろオムツ卒業

オムツ外れの目安は

オムツ外れの目安として、早い人で1歳半から始める方もいますが、だいたいは2~3歳で始め4歳前後で外れることが多いようです。その理由として、幼稚園に通わせるためにオムツ外れを目指す、ということが挙げられます。

もちろん子どもによって進み具合は様々なので、4歳を過ぎることもあるでしょう。なかには小学校入学前までかかってしまった…なんて人もいるのではないでしょうか。自分の子だけオムツ外れが遅いのでは、と不安になるかもしれませんが、焦らず子どものペースで進めていくことが大切だといわれています。

オムツ外れの季節としては、基本的にどの季節でも良いのですが、春や夏に始めるお母さんが多く見られます。なぜなら、暖かい季節だとおしっこで洋服やパンツを濡らして洗濯物が増えたとしても、洗濯物が乾きやすいためです。あくまでも目安なので、焦らず自分の子どもを信じて、オムツを外していきましょう。

オムツ卒業を決めるタイミング

オムツ卒業を決めるタイミングとして、まず歩けることが大切。なぜなら歩いてトイレに行くという自分の意志が大切になってくるからです。

「まだうちの子は一人で歩いてトイレまで行けない…」とい場合は、焦らず子どもが歩けるまで待ちましょう。そうすることで、トイレトレーニングをだらだら続けなくてよくなるといわれています。さらにおしっこの間隔が2~3時間ほど空くようになってくると、サイクルが整ったというサインなので、その間隔を目安として始めはお母さんの方からトイレへ誘導してみましょう。

また、子ども自身が、言葉を理解していることも大切です。自分で「チッチ」と言ったり、お母さんの服を引っ張ってトイレに行こうとしたりするなど、お母さんに知らせることができるようになると、なお良いでしょう。

オムツの外し方効果的な方法は

パンツや布オムツで

パンツ

オムツの外し方で効果的な方法は、パンツや布オムツを使用することです。パンツや布オムツは、通常のオムツよりも、おしっこをした感覚や濡れた状態が伝わりやすいのがメリットだといわれています。おしっこを漏らすことで、「濡れるのが気持ち悪い」という感覚を、子どもに覚えてもらうことができます。

さらにパンツや布オムツは、洗濯しても渇きやすく、トレーニングパンツよりコスパも良いので、トレーニングパンツを飛び越え、思い切ってパンツにするというお母さんもいるようです。

トレーニングパンツで

トレーニングパンツは、パンツや布オムツより吸収率がいいので、トレーニングを始めたばかりのときや、おでかけのときにおすすめです。トレーニングパンツには、紙製と布製の2種類あります。紙製は使い捨てできるので、洗う手間が省けオムツのように使えます。布製は洗って繰り返し使え、綿素材のものが多く履き心地が良いのがメリットでしょう。

さらに布製のものは、吸収する層が6層・4層・3層と分かれているので、子どものペースを見ながら、徐々に層を薄くしていくこともできます。

トイレに慣れさせる

いくらトレーニングパンツやパンツを穿かせても、子どもがトイレに慣れていないとオムツ外れも難しいものです。壁に子どもが好きなキャラクターのポスターを張ったり、おしっこができたらシールを張ったりなど、子どもが「トイレでおしっこするのは楽しいな」と思えるような工夫をすることも大切でしょう。

すると、トイレに自分から行こうとするかもしれません。トイレを楽しい雰囲気に変えてみるのも効果的だといわれています。

体験談うまくすすめるコツ

我が家のトイレトレーニングルール

我が家ではまず、子どものおしっこをする感覚をつかむことから始めました。そして、こまめにトイレへ連れていき、座っておしっこをするという感覚を覚えさせました。すると子どもはパンツにお漏らしをすることで、「濡れたら気持ち悪いな」という感覚が分かるようになってきたのか、自主的にトイレへ行こうとし始めたのです。

なかなかオムツが外れず焦ってしまうときもありましたが、子どもが自然とトイレでおしっこができるようになるまで、諦めず続けていくことが大切だと分かりました。

トイレトレーニング絵本がおすすめ

トイレでおしっこやうんちをすることがなぜ大切なのか、子どもに言葉で表現することが難しく、悩んでいた時に出会ったのが、トイレトレーニングの絵本です。絵本だと子どもの興味を引くことができますし、トイレがどういうところなのかも伝わりやすいためとても助かりました。絵本は、トイレって楽しいなという気持ちを芽生えさせるお手伝いをしてくれます。

トイレトレーニングの絵本といってもたくさんの種類があるので、子どもに好きな絵本を選ばせたら、自分から読んでくれるようになり、今では楽しくトイレトレーニングができています。

トイレトレーニングは気長にと焦らないことが大切

トイレ

トイレトレーニングを始めるにあたって不安なこともあるかもしれませんが、焦らず気長に行うことが大切だといわれています。また子ども自身が自覚し、自らトイレをすることが大事なので、見守ってあげましょう。

オムツの外し方にはさまざまなやり方があります。絵本なども活用して、お母さんも子どもも楽しんでトイレトレーニングができると良いですね。

しつけの関連記事
  • new

    トイトレはいつから?2歳から始めるおまるやパンツの使い方と保育園との連携

    トイトレはいつから?2歳から始めるおまるやパンツの使い方と保育園との連携

    2歳からトイトレを始める家庭も多いのではないでしょうか。トイトレはいつから始めるのが良いのか?おまるやパンツはみんなどのように使っているの?保育園との連携は必要?などの疑問を先輩ママたちにも経験談を聞きながらまとめてみました。

  • トイレトレーニング大作戦。手作り台紙、車や新幹線シールでやる気アップ

    トイレトレーニング大作戦。手作り台紙、車や新幹線シールでやる気アップ

    トイレトレーニングを始めたけれど、声かけだけではなかなかその気になってくれない。多くのママを困らせる、そんな悩みを打開する方法として、シールを活用してみるのはどうでしょうか? 子どものモチベーションを上げる、シールを使ったトイレトレーニング方法について実際の体験談を交えて紹介していきます。

  • 言葉を絵本で学ぼう。3歳向けのおすすめ絵本の特徴と読み聞かせのコツ

    言葉を絵本で学ぼう。3歳向けのおすすめ絵本の特徴と読み聞かせのコツ

    3歳は、言葉がスムーズになり、簡単な質問を理解するなど目覚ましく成長する時期です。「どんな絵本を読んであげたらいいのかな」「集中して読んでもらうコツは」など、3歳に向けて絵本選びなどに悩むママもいるでしょう。たくさんのことを吸収する大切な時期におすすめの絵本や読み聞かせの体験談、やり方のコツなどをご紹介します。

  • 幼児の激しい夜泣きの対処法は?昼寝との関係と上手に付き合うコツ、体験談

    幼児の激しい夜泣きの対処法は?昼寝との関係と上手に付き合うコツ、体験談

    子育て中のママ・パパたちを悩ませる幼児の激しい夜泣き。どうして泣いているのかわからず、何をしても泣き止んでくれないこともしばしばです。涙を流すわが子の横で泣きたくなってしまうこともありますよね。そんな夜泣きの体験談と、先輩ママ・パパはどのように対処してきたのかをご紹介します。

  • 絵本で生活習慣を教える。2歳におすすめの絵本の特徴と読み聞かせのポイント

    絵本で生活習慣を教える。2歳におすすめの絵本の特徴と読み聞かせのポイント

    言葉が一気に増え、おしゃべりが上手になる2歳児。少しずつ文章のある内容の絵本も理解できるようになってくるので、絵本の選択幅も広がります。そこで今回は、2歳児の子どもといっしょに絵本を楽しむポイントについてお話しましょう。読み聞かせのやり方やコツ、ママたちの体験談もご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

  • 2歳になると急に夜泣きが再開!その原因とママの体験談から学ぶ対策法

    2歳になると急に夜泣きが再開!その原因とママの体験談から学ぶ対策法

    乳児の間は激しかった夜泣きも1歳を過ぎると落ち着いてぐっすりと寝てくれたのに、2歳〜2歳半になるとまた夜泣きが始まってしまい困惑…そんな経験はありませんか?なぜ2歳になると夜泣きが再開してしまうのかその理由と、家族が子どもの夜泣きに向き合うための方法を先輩ママの体験談と共にご紹介します。

カテゴリ一覧