3歳の子どものピアノレッスン。レッスン内容や家での練習など

3歳の子どものピアノレッスン。レッスン内容や家での練習など

ピアノ教室を選ぶ際のポイント

3歳の子どもにピアノを習わせようと考えているママやパパは、ピアノ教室でのピアノレッスンや家での練習の仕方など気になることがあるかもしれません。今回の記事では、ピアノ教室でのレッスンの内容や家庭で練習をするときの工夫について、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

3歳の子どもにピアノを習わせるとき

3歳の子どもの習い事にピアノを考えているママやパパもいるかもしれません。ピアノを習わせるときの悩みを聞いてみました。

「3歳になった娘がピアノを弾きたいと言うので習わせようか迷っています。3歳の子どもでもレッスンを受けることができるのか心配です」(30代ママ)

「うちの子は音楽が好きなようなので、3歳になったタイミングでピアノを習わせようと考えています。3歳の子どもはどのようなレッスンを受けることができるのか、ピアノ教室での練習の内容を知りたいです」(40代ママ)

3歳の子どもにピアノを習わせたいと考えているママたちは、ピアノ教室でどのようなレッスンをするのかなどが気になっているようです。ピアノレッスンの方法は教室の規模や方針によって違いがあるかもしれないので、いろいろな教室を見学して選ぶとよさそうです。

どういうピアノ教室を選んだ?

実際にピアノを習わせているママたちは、3歳の子どもにどのようなピアノ教室を選んだのでしょう。

グループレッスンの教室

「うちの子は歌や手遊びなどが好きなので、リトミックなどがメインであるピアノ教室を選びました。同年齢のグループでレッスンを行うので、毎回喜んで通っていました」(40代ママ)

グループレッスンの教室では、子どもが楽しくレッスンできるように、複数の子どもがいっしょにできるリズム遊びなども取り入れることがあるようです。レッスン内容は教室によってさまざまのようですが、他の子どもたちといっしょに音楽活動をすることで音楽が楽しいと感じてくれるかもしれません。

個人レッスンの教室

ピアノを弾く子どもと大人
iStock.com/amportraits

「小さい頃からピアノにたくさん触れさせたいという考えで、個人レッスンをしているピアノ教室を選びました。先生が指の動かし方や音符の読み方などをていねいに教えてくれたので、ピアノ教室に行くのを楽しみにしているようでした」(30代ママ)

「近所にピアノ教室があったので、3歳の頃から通わせていました。近くで通いやすく、子どもの様子を見ながら時間や練習内容を考えてもらえたので、ピアノレッスンを嫌がらずに続けることができました」(30代ママ)

個人レッスンのピアノ教室では、先生が子どもの様子にあわせてレッスンを進めてくれることもあるようです。子どもの体調にあわせて柔軟にレッスンの日にちを変えてもらえたことがよかったというママの声もありました。

3歳の子どもが実際に受けたレッスン

3歳の子どもたちはピアノ教室でどのようなレッスンを受けているのでしょう。ママたちに実際のレッスンの様子を聞いてみました。

リズム練習

「うちの子はレッスンのなかでもリズム練習が大好きなようです。タンバリンやカスタネットなど子どもの好きな楽器を使い、友だちと簡単な合奏もできて楽しそうでした」(30代ママ)

打楽器を使うリズム遊びや体を動かすリトミックなどの練習を取り入れて、3歳の子どもたちに音楽を楽しく教える教室もあるようです。遊びながら楽しくリズムに慣れることができそうですね。

ピアノを使ったレッスン

「ピアノを習い始めた頃は右手だけの練習をし、指がよく動くようになると左手の練習も始まりました。3歳の頃は片手ずつの練習を繰り返すことで、あまり難しいと感じることなくレッスンに楽しく参加できていたようです」(40代ママ)

3歳の子どもがピアノレッスンを受けるときは、指の動きや力などに配慮して無理のないように練習を進めてくれこともあるようです。ピアノを始めたばかりの頃は、鍵盤が重たくない電子ピアノで練習をさせてもらったというママの声もありました。

読譜練習

楽譜
iStock.com/MarsBars

「うちの子が通っていたピアノ教室では、ピアノレッスンの他に楽譜を読む練習もしていました。3歳の子どもにも使える磁石のついた読譜アイテムで繰り返し練習することで、少しずつ音符が読めるようになりました」(30代ママ)

ピアノレッスンとあわせて音符の読み方を教えるピアノ教室もあるようです。子ども自身が音符を読めるようになると、ピアノの練習も進みやすいかもしれません。読譜練習の他に音を当てる聴音の練習もしていたというママの声もありました。

ピアノのレッスン内容は、通う教室ごとに異なるため、事前に知りたい場合は各教室に直接問い合わせるか、通っている子どものママに聞いてみるのもよいかもしれません。

家でのピアノ練習の工夫

ピアノレッスンを始めると、教室だけでなく家での練習も必要になってくるかもしれません。家で練習するときの工夫をママたちに聞いてみました。

ママやパパがいっしょに練習する

「3歳の子どもが1人で練習することは難しいと思い、家では私や夫がいっしょに練習していました。子どもが自分で音符を見て弾くことができたときは『とっても上手になったね』とほめることができ、子どもも嬉しそうに練習していました」(40代ママ)

3歳の子どもが家でピアノレッスンをするときは、ママやパパがいっしょに練習をするとよいかもしれません。子どものがんばる姿を見て褒めたり励ましたりすることで、ピアノを通してコミュニケーションをとることもできそうです。

子どもの様子を見て練習時間を調整

「子どもの体調や気分でピアノの練習をしたくないこともあるかもしれないので、家でピアノレッスンをするときは子どもの様子を見て練習の時間を調整するようにしました。3歳の頃は5分だけ練習をするという日もありました」(30代ママ)

3歳の子どもが家でピアノレッスンをするときは、様子を見て練習時間を調整したというママがいました。ピアノを習い始めた頃は、日によって練習をしたくないこともあるかもしれません。無理のないように練習を進めることでピアノが楽しいと感じてくれるとよいですね。

ごほうびシールを使う

「ピアノを習い始めた3歳の頃は、家で練習をするときにごほうびシールを使いました。短時間でもピアノレッスンをした日はシールを貼るようにしたところ、毎日欠かさず練習するようになりました」(30代ママ)

家でピアノレッスンをするときには、子どもががんばったことが形になって目に見えるようにしてあげるのもよいかもしれません。ピアノを楽しいと思うようになったら、シールがなくても毎日練習するようになったというママの声もありました。

子どもの様子を見てピアノレッスンを選ぼう

ピアノを弾く女の子
Sellwell/Shutterstock.com

3歳の子どもにピアノを習わせるために、ピアノレッスンの内容などを確かめてピアノ教室を選んだママがいました。ピアノが上手になるように家でも毎日練習をするのもよいかもしれません。子どものために練習方法を工夫して、ママもパパもいっしょにピアノを楽しめるとよいですね。

2018年11月24日


2

    ten
    実家がピアノ教室で、小さい子が習いに来てました。 年に1回はホールで発表会があって、親戚や地元の人たちが見に来て交流したり、子どもにとってはなかなか無い舞台の機会でとてもいい経験だなと思ってました。

    よっしー【シッター】
    3歳のお子さんは、まだ指の力が強いとは言えません。 そこで、ピアノだけでなく正しい音階の木琴を用意していただくと良いと思います。 なぜ木琴かと言うと、ピアノと同じような配置なので、楽器が違うことによる混乱も少ないからです。指の力に関わらず音が出るので、音感が高まるはずです。

習い事の関連記事

カテゴリ一覧