子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2017年08月07日

習い事の選び方は何個ぐらい?時間や送迎などママたちの気になる疑問を解決

習い事の選び方は何個ぐらい?時間や送迎などママたちの気になる疑問を解決

「習い事を子どもにさせたいけれど、みんなどうやって選んでいるの」「送迎はどうしたらいいの」「みんな習い事は何個ぐらい通ってるの」など悩んでいるママも多いでしょう。そんな子どもの習い事に関する悩み事を解決するために、先輩ママの体験談をご紹介。子どもの習い事で悩んでいる方は、是非参考にしてみてください。

子どもの習い事の選び方

子どもの興味ややる気を優先させる

子どもが低年齢の場合、子ども自身に習い事を決めさせるのは難しいでしょう。その場合は、体験や見学などを利用して、子どもの反応や表情を見て親が判断する必要があります。

もし、子どもが自分で決断したり選べたりできる年齢になったら、子どもと相談しながら決めていくことをおすすめします。子どもの興味ややる気を優先してあげると、子どもの能力も伸びやすくなるといわれています。

習い事の平均数

平均の習い事の数

年齢にもよりますが、習い事の数として多いのは1つから3つ程度でしょう。月曜日から金曜日までの5日間に、2日に1回習い事に通っているくらいのペースです。

毎日の習い事はさすがに子どもも疲れてしまいますが、2日に1回くらいのペースだと子どもの生活にもメリハリがでるのかもしれません。

2つ以上の場合は違う分野で

習い事を2つ以上させている家庭は、それぞれ違う分野の習い事をさせている例が多くみられます。たとえば、頭を使う習い事と身体を動かす習い事。具体的な例をあげると、英会話と水泳や学習教室とダンスなどの組み合わせです。

習い事への送迎

毎週の送迎は意外と大変

習い事にひとりで通えるようになるのは、小学生くらいからといわれています。それまでは、親の送迎が必要です。親も子どもの送迎をしている時間は自由にならないことが多いので、毎週の送迎となると意外と大変です。

習い事を決める前は、送迎等も頭にいれて考える必要があります。

無理なく通える場所で

せっかく子どもに習い事をさせるなら、有名な先生がいる教室や人気の教室に行かせたいというのが親心。しかし、自宅から通いにくい場所にあったり、たくさんの交通費がかかったりしてしまうと子どもにも親にも大きな負担がかかってしまいます。

習い事を継続したいと考えているのであれば、家から通いやすい場所にあると、無理なく習い事を継続することができるかもしれません。

月謝以外の費用も確認

水泳

男の子女の子問わず人気の習い事といえば、水泳があげられます。月謝はもちろん、水着や帽子、バッグなどにも費用がかかる場合があります。教室にもよりますが、帽子の色で子どもたちのレベルが分かるようにしているところもあるので、レベルが上がるたびに帽子の購入が必要になってくることも。

また、上達すればするほど、合宿や集中レッスンなどの参加も必要になってくることもあるようです。

ピアノ

ピアノ

習い事として常に人気があるのが、ピアノです。月謝以外に、楽譜代や発表会の費用が発生する場合が多くあります。特に、発表会には参加するための費用とその日に着る衣装代などもかかり、意外と大きな出費になるのです。また、すでにピアノを持っている家庭は問題ありませんが、家での練習も必要になってくるので、ピアノの購入費用も必要です。安いものから高いものまで、ピアノにはたくさんの種類があります。家族内でよく相談しながら決めましょう。

ママたちの体験談

子どものやる気の見極め

子どものやる気を見極めるのは親でも難しいことです。体験談には、「まず無料体験に通わせてみた」という意見が多くあります。実際子どもに体験させることで、子どもの取り組む姿勢をみることができるからです。子どもが面白くなさそうだったり、子どもが楽しくなさそうにしていたりしたら、その習い事にはやる気を感じていないと判断するママの意見が多くあります。

反対に、子どものいつもとは違う真剣な表情を見ることができた、とても楽しそうにしていたなど、子どものイキイキした様子を見ることができるとやる気があると見極めているようです。しかし、習い事は先生との相性や、教室の雰囲気、周りのお友だちとの相性など習い事以外の要素も重要なポイントとなります。そのあたりは、親もいっしょに見極める必要があるでしょう。

応援することが大事

習い事を選ぶ段階でも迷ってしまいますが、いざ習い事をはじめてからも、「この習い事で本当によかったんだろうか」「この子にあっているのかな」などの悩みを抱えるママも多くいるようです。

親に迷いがあると、子どももそれを感じ取ってしまいます。一度やると決めたらしっかり応援してあげましょう。「習い事を始める前は、親も子どもも不安を感じていたけれど、いざはじめると子どもがとても楽しそうに通っていて安心した」などの声もたくさんあります。親が応援してあげれば、子どもも頑張れるようです。家族一丸となって応援してあげましょう。

習い事は子どもの性格やペースを重視

習い事

習い事を決めるときは、どうしても周りの情報に惑わされがちです。「友だちが習っているから、自分もやってみたい」といっしょに子どもが親にお願いすることもあるでしょう。それがよいきっかけとなる場合もありますし、単なる子どもの気まぐれの可能性もあります。

自分の子どもに何が適正なのかをじっくり見極めてあげることが重要です。習い事の回数も、家族の負担にならない回数を話し合って決めましょう。

習い事の関連記事
  • 習い事は4歳からスタート!始めるメリットとおすすめの習い事

    習い事は4歳からスタート!始めるメリットとおすすめの習い事

    4歳になると、会話も上達して、人とのコミュニケーションが上手に取れるようになる年齢といわれています。もうそろそろ習い事をさせようかな、と考えているママも多いでしょう。そこで今回は、4歳から始める習い事について詳しく紹介していきます。同じ悩みを持つママの体験談もあわせてご紹介するので、是非参考にしてみてください。

  • 3歳から習い事を始めるメリットとは?選び方のコツとママの体験談を紹介

    3歳から習い事を始めるメリットとは?選び方のコツとママの体験談を紹介

    動きが活発で、上手なおしゃべりもできてくるのが3歳児だといわれています。イヤイヤ期の2歳を過ぎて、だんだんと感情のコントロールができてくる時期でしょう。今回は、3歳の子どもに習い事をさせるメリットや、おすすめの習い事を体験談を交えてご紹介します。

  • メリットがたくさん!人気の習い事「水泳」は早いうちから始めるのがおすすめ

    メリットがたくさん!人気の習い事「水泳」は早いうちから始めるのがおすすめ

    子どもの習い事で人気があるもののひとつに、水泳があります。子どもに水泳を習わせたいけれど、いつからはじめたらよいのか悩んでいるママは多いと言われています。水を怖がる子どもも多いので、どうやって子どもに興味をもたせるのか迷ってしまうケースもあるでしょう。そこで今回は、同じ悩みを持つママの体験談とともに、水泳を習わせるベストなタイミングとメリットをご紹介します。

  • 子どもに人気の音楽系習い事。歌やバイオリン、ピアノの月謝や購入費用を調査

    子どもに人気の音楽系習い事。歌やバイオリン、ピアノの月謝や購入費用を調査

    歌が上手になる、楽器が弾けるようになる子どもの音楽系習い事、実際にどのくらいの費用がかかるのか知っていますか?歌やピアノ、バイオリンなど習わせてあげたいけれど、費用がわからずなかなか手が出せないとお困りのママのために、個人、グループレッスンで変わる月謝や楽器購入時にかかる費用など調査しました。

  • 体を鍛える習い事「空手」は何歳から始める?教室の選び方や習わせるメリット

    体を鍛える習い事「空手」は何歳から始める?教室の選び方や習わせるメリット

    子ども習い事にもたくさんの種類がありますが、最近は体を鍛えながら、さらに礼儀作法を身につけることができる「空手」を習わせたいというママが増えているといわれています。男の子はもちろん、護身術として女の子の習い事としても浸透してきているようです。何歳から習わせるのがベストなのか、先輩ママの体験談とあわせてご紹介します。

  • 自我が芽生え始める2歳児の習い事。種類やメリット・デメリットを紹介

    自我が芽生え始める2歳児の習い事。種類やメリット・デメリットを紹介

    「自分でやりたい」という気持ちが、だんだんと強く出始めるのが2歳児といわれています。1歳のころに比べ体力もついてくるので、活発に動き回る時間が増えてきます。できることもどんどん増える2歳児は、習い事を始めるのにぴったりといえるでしょう。どんな習い事を始めればいいのかわからないというママたちにもわかりやすく、2歳児が通える習い事についてご紹介します。

カテゴリ一覧