絵本で学ぶ食育。伝え方や絵本の選びのポイント

絵本で学ぶ食育。伝え方や絵本の選びのポイント

食育を通して食べる喜びを学ぼう

幼児期の子どもに食育の絵本を使ってみたい、と思うパパママもいるのではないでしょうか。食育と言っても何から始めればよいのか、なにを教えることが食育につながるのか、と考えるかもしれません。今回は年齢別に伝えたい食育の内容、また絵本を読むときのポイントについて紹介します。

食育とは?

食育は生きる上での基本で、さまざまな経験から「食」に関する知識と「食」を選択する力を学び、健全な食生活を送る人間を育てることとされています。

毎日の食事を味わって楽しむこと、家族の団らんなどで交流を大切にしながら食事に参加すること、朝食をしっかり食べて健康的な生活リズムをつくること、箸やフォーク・スプーンなどの道具をしっかりと使う、マナーを守ることなども食育の一環とされているようです。

絵本で食育を行うときは、このような点を交えて楽しめるものを選ぶとよいかもしれませんね。

出典:農林水産省 食育の推進
出典:農林水産省 食生活の指針

【年齢別】幼児が絵本から学べる食育

年齢別に幼児が絵本から食育を学ぶ場合、どのようなポイントを押さえて読み聞かせをしたらよいかについて紹介します。

2歳児

絵本
Olga Pedan/Shutterstock.com

2歳児はちょうどイヤイヤ期を迎えている子も多く、食事中も集中できなかったり、立ってしまう場合など、しつけに悩むママも多いかもしれません。

2歳児の食育はまず、食べることを楽しめる絵本から始めてみるとよいでしょう。

絵本の中でみんながテーブルについて楽しそうに食事をしている様子や、おいしそうに食べる様子などを楽しんで読みながら、子どもに「みんなでいっしょに食べる喜び」を伝えてみてはいかがでしょうか。

3歳児

3歳児になると、食事に慣れてくる子も増えてくるかもしれません。食事前後の挨拶や、スプーンやフォークを使いこなすシーンが出てくる絵本などで、食事のルールについての食育を伝え始めるのもよいでしょう。

好き嫌いもはっきりしてくる時期なので、食べ物の大切さを伝え、食べ物を残さずに食べること、感謝の意味を込めて「いただきます」、「ごちそうさま」という言葉の意味も伝えられるとさらによいですね。

食事のときに配膳を手伝う、片付けを手伝う、というような食事の手伝いに参加するような内容も、食事の理解につながるでしょう。

5歳児

5歳児では、野菜がどのようにできるのかや調理などにも興味を持つ子どももいるでしょう。や調理などにも興味を持つ子どももいるでしょう。

栄養についても、絵本の読み聞かせを通して親子で学ぶことができそうですね。

食事のマナーにおいてもより理解できる子が増えるので、音を立てながら食べないや三角食べをするなど、食事を楽しむためのマナーを絵本を使って教えたいですね。

食育の絵本を読むときのポイント

食べ物
iStock.com/Lisovskaya

食育の絵本をより楽しく、子どもといっしょに学べるための読み聞かせのポイントについて紹介します。

おいしそうという言葉を使う

絵本の中で食べ物が出てくるシーンでは、「おいしそう」という言葉を使って子どもといっしょに味を想像してみるとよいかもしれません。

「どんな味がするのかな?」と声かけをして、子どもの想像力や表現力を引き出し、パパママがいっしょに食べる楽しみを積極的に伝えることが大切でしょう。

擬音語を使って食べる仕草を入れる

食べるシーンが多い食育の絵本では、ママやパパが食べる真似をして伝えてみましょう。

絵本を読みながらフォークでさしたり、スプーンを使う仕草などを取り入れると、食事のときに使う道具もいっしょに覚えることができるかもしれません。

「これはスプーンで食べればいいかな?フォークかな?」と声かけすると、子どももより積極的に参加することができるでしょう。

食べるものによって「パクパク」や「サクサク」など音が違ったり、「ごっくん」と飲み込んで食べ物の味を想像することもいっしょに楽しみたいですね。

絵本とに出てくるメニューと同じものを作る

絵本に出てくるメニューを実際に作って、食べてみるのもよいでしょう。

実際に食べることによって、スプーンやフォーク、どちらが適しているのかを体験したり、道具の大切さについても学ぶことができるかもしれません。

絵本で読んだホットケーキを子どもといっしょに作り、「バターが溶けると本当にいい匂いだね」、「ホットケーキをひっくり返すのはドキドキするね」など、絵本の中のできごとを実際に体験して楽しみ、ホットケーキを作るたびにその絵本が話題に出るというママの声もありました。

食育の絵本を通して食べる喜びを知ろう

絵本を読む幼児
iStock.com/kohei_hara

絵本は子どもたちが想像をふくらませながら読むことができるため、絵本を通して親子でさまざまなコミュニケーションを取りながら、食育について学ぶことができるでしょう。

それぞれの年齢によって、絵本の楽しみ方や学べる食育の内容も変わってくるので、年齢にあった絵本を選ぶことが大切でしょう。食べる喜びやマナー、食べ物の大切さを知るきっかけになるかもしれません。

食育の絵本を読むときには、仕草を真似たり、問いかけをしたりなど絵本の読み方を工夫して、楽しく伝えてみてはいかがでしょうか。

2019年10月23日

専門家のコメント
29
    ゆきな先生 保育士
    野菜のおなかをみて実際に野菜の切り口を比べてみたり、はらぺこあおむしを歌にのせて読んだり食べ物が出てくる絵本を読んで美味しそうだから食べちゃおー!と言って食べる真似なども子ども達は興味を持ちますよ!
    まあ先生 保育士
    はらぺこあおむしは、乳児のうちから楽しみながら見られるのでおすすめです。野菜(ピーマン)が苦手な子でしたらピーマンマンシリーズもおすすめですよ◡̈
    める先生 保育士
    初めての食育の絵本は、絵がリアルなものがおススメです!可愛く描かれたイラストよりも、写真のようなリアルさがあるものの方が、子どもたちにとって実際に見たり食べたりしている食べ物と結びつきやすいからです^^ 野菜の断面がリアルに載っている絵本があり、1.2歳児クラスの子どもたちは何度も繰り返し見るほど大好きな絵本でした!クイズにしても面白いです^^
    ゆう先生 保育士
    子どもは好き嫌いが多かったり、じっと座ってご飯を食べることが苦手だったりすることもありますよね。食育におすすめの絵本は、とても参考になりました。正しい知識が身に着けば、いつもの食事がもっと楽しくなるはずですね!
    ちゃあ先生 保育士
    絵本は子どもにとって、いろいろなことを発見したり学んだりする良いきっかけになりますよね。
    乳児だと絵本を通して食材の名前や食べ方を知ったり、幼児になるとそこから料理への興味に広がったりと年齢でもそれぞれの学びがあると思います。

    保護者の方々は「好き嫌いが改善されたらいいな」「食事のマナーが身につけばいいな」とそれぞれお子さまに対しての想いがあると思います。
    絵本をひとつのきっかけとして、保護者の方々それぞれの伝えたいことが少しずつでもお子さまに伝わっていくと良いのではないでしょうか。
    かよう先生 保育士
    年齢が小さい時はくだものや野菜だけの絵本を読んでいました。
    「知ってるー!」「食べたことある!!」と身近な食べ物に子供達の反応も良かったです。
    家でも絵本のくだものや野菜が話題に出たようでその日のご飯に絵本に出てくる野菜を使った料理を出したら初めて食べてくれましたというママの声もあり、絵本が食育に繋がると改めて感じました。
    ひよこ先生 保育士
    絵本で食育するというよりは、絵本で興味関心や知識を持って、実際に触ったり作ったりして実体験することで食育になると思います。
    私のおすすめは「やさいのおなか」「サンドイッチ サンドイッチ」「しろくまちゃんのほっとけーき」です。「ばばばあちゃんのやきいもたいかい」も秋の時期にはいいと思いますよ。

    雨が降ったり、寒くなったりして外へ出にくくなった時に、絵本を読んでおうちでクッキングしたら楽しい食育になるのではないでしょうか☺︎
    ユキ先生 保育士
    食べ物への感謝は子どもに大人の言葉で教えてもなかなか伝わりません。絵本などもそうですが、できれば保育園や幼稚園で畑があって、頑張って育てて美味しく食べるという過程を通じて学ぶことも多いと思います。大人もわかっていても毎回体験してみて食物を育てる苦労と感謝は子どもと一緒に感じられそうです。
    じゅん先生 保育士
    腹ペコ青虫は、子どもも親も大好きですね😍CDもありますよ。『おや、葉っぱの上にちぃちゃな卵、お月様が空から見て、いいました🎶』可愛いです😍だるまさんシリーズは、未満児さん大好きですね😍
    しまこ先生 保育士
    「しろくまちゃんのホットケーキ」は自分も子どものころに見て大好きだったのを覚えています。もちろん娘も大好き。親子2代で楽しんでます。
    ぽん先生 保育士
    絵本ってほんと大切ですよね…!
    寝る前に少し時間を作って読み聞かせしてあげるだけで、愛されてる!って気持ちになると思います!かけがえのない時間だと思います。
    まあこ先生 保育士
    ★絵本がきっかけで1口★
    アンパンマンに出てくる野菜キャラクターがきっかけで食べてみるという子どもたちは多いです。
    「あ、これピーマンさん?」「にんじんさんだ!」と給食時に口にします。
    ★保育者を見ながら食べる★
    1口食べてみて「おいしくない」となると保育者を見ます。そこで「おーいしー!」「ピーマンさんおいしいね」とオーバーリアクションを取ることによってその後も続けて食
    べる子どもが出てきます。
    ★苦手でも少しずつ★
    1口でも食べ辛い野菜は爪の先くらい小さくして慣らしていく。
    (事例)ピーマンが全く食べられなかった子どもが爪の先程の大きさから食べ始め1年後には1口だいのピーマンが食べられるようになりました。
    ★まとめ★
    食べ始めのきっかけは絵本でもいいと思います。本人が気に入った絵本で構いません。言葉よりも色や絵で決めて大丈夫です。食べている時はオノマトペ(もぐもぐ・かみかみetc.)を使い「おいしいね!」という言葉と共に全力で伝えることが大切だと思います。
    なー先生 保育士
    食育と聞くと難しそう、、と思うかもしれませんが、家族と一緒に食べるご飯が一番の食育だと思います。
    乳児期から幼児期、その後も「おいしいね〜!」など、会話をすることが大切だそうです。ついつい嫌がるものを全部食べるまで終わらせない!としがちですが、そうすることで子どもは食べること自体が嫌な思い出になってしまうそうです。嫌がる時は少し食べたことを褒め、「一緒に食べてみよう!」など前向きな関わりが出来ると子どもも食べることは楽しいことと思ってくれるそうです。私も日々子ども達と給食を食べる時に心掛けています!
    わい先生 保育士
    農家でないと野菜はスーパーや食卓でしか余り見かけません。
    先日『やさいさん』という絵本を子どもたちに読み聞かせしました。大人ならすぐ分かるものも、見たことないとわかりません。野菜の成長や調理の絵本など色々種類があるので、読み聞かせを通して子どもに野菜のことに興味をもってもらい、たくさんの食べ物を食べてもらえるといいですね!
    メグミ先生 保育士
    ニンジンが苦手なこに
    「うさぎさんのたんじょうび」を読んであげると
    お話に出てくるたくさんのニンジン料理に「これはニンジンのなに?」と今日をも持ってくれました。
    そのなかでもニンジンコロッケに興味津々でそれをお家の方にお話ししたところ
    実際に作ってくれお家でおいしい!と
    ニンジンが克服できたとのこと!

    絵本がきっかけで苦手が克服できるなんて素晴らしいですね。
    なつまる先生 保育士
    おにぎり

    という絵本は
    とってもシンプルなんですけど
    おにぎりって簡単に子供と一緒に作ることが出来るので食育への導入にいいのかなと思ってます!
    かんな先生 保育士
    たべものがでてくる絵本は、0歳向けからありますね。またとても美味しそうに描かれています。見ているだけで嬉しくなってしまいます。
    年齢に合わせて選ぶと面白いと思います。始めは、くだものだけから良く食べている料理がでている図鑑のような本。次は、有名な「ぐりとぐら」の大きなホットケーキ。なにを入れて作っているのかもわかります。絵本に書いてあること以外にもお話が膨らみそうですね。
    すあま先生 保育士
    お子様の興味や発達の段階によって選び方はさまざまだと思いますが、ストーリーよりも絵を見て楽しむ段階であれば食材や料理がリアルに描かれているものを(個人的に)オススメします。絵本の食べ物とリアルの食べ物がリンクしやすくなり、そこで得られた子どもなりの発見と感動は知的好奇心をビリビリっと刺激してくれます(^^)
    その感動は食への興味関心を強める大きなモチベーションになってくれるはずです。
    「ほんとだ!絵本といっしょだねー!おいしそうだねー!」と感動を共有できたら、きっとお子さんも喜びますよ…!
    まこ先生 保育士
    物語の中で食材を食べたり育てたりする絵本、科学絵本で食材に対する知識を養う絵本など、いろんな観点から絵本を用いた食育ができると思います。
    導入的に前もって読んでみるのもいいですし、食べた後に読むのも自分の経験と重ねて楽しむことができますよ♪

    おいしいおと や おべんとう、カレーライスなどは本当に美味しそうですよね♡
    はつみ先生 保育士
    はらぺこあおむしは歌に合わせて読めるので小さい子にも人気でした。
    野菜だけや果物だけの絵本もたくさんあって、それを見せると知ってる〜!と盛り上がりました!
    これ好きー!やキラーイ!など、楽しく絵本をみていて、その日の給食に入っていると形が違うねと会話も広がっていました。
    まいこ先生 保育士
    今、基本的生活習慣や食育の本は本当に沢山出版されていますね。改めて、身辺自立で悩まれている方が多いのだと感じます。

    お話の絵本で言うと、低年齢時はももんちゃんシリーズの食育の本が個人的に好きです。「しんぱいごむよう!」という決め台詞で思いがけないハプニングを意外な展開で解決してくれる本です。お話の楽しさなので食育食育していませんが、気軽に楽しめる本としてはいいと思います◡̈

    大きくなると仕組みや変化にも興味がわくので、大好きなことに関連して表現されている本や図鑑があってもいいかもしれませんね。

    余談ですが♪カレーライスの手遊びなど、楽しい歌に合わせた食育や、実際に栽培してみる、食材をちぎってみるなどの体験も食育としては効果がある場合もあるのでオススメです!

    食べてほしいけど、大人にだって食べムラはあるので、まずは“楽しい食卓”を大切にして欲しいです♡
    いちぽ先生 保育士
    好き嫌いが多いと、どうしたら食べてくれるかなと親としてすごく悩んでしまいますよね。
    わたしは好き嫌いがなく基本的にはなんでも食べられるのですが、旦那は好き嫌いが激しく食べられないものが多いです、なので息子にはなんでも食べられる子にとすごく望んでしまいます。
    食べ物が題材の本、たくさんあるので、楽しみながら食に触れ楽しく食べられるようになるといいですよね。
    ゆきんこ先生 保育士
    食育、絵本というと、やはり食べ物がたくさん出てくるはらぺこあおむしが人気だと思います。
    絵本以外では私はエプロンシアターや、こどもが自分で動かせる絵本を作り楽しい気持ちを促せるように工夫しました。
    あーちん先生 保育士
    保育園で給食前に絵本を読む時は、メニューがカレーならカレーに関する絵本を読んだりしていました。「コックさんが作ったカレーだ」と喜んで、具材に何が入ってるかなど子ども達も絵本にちなんだ会話をして食事する姿も見られました(^^)

    乳児さんには、おべんとうバスにちなんで「トマトさーん!はーい!」と食べたりして苦手な物も楽しく食べれるようにしていました!
    ゆか先生 保育士
    食育で絵本を使うことも結構あります。未満児なんかはリアルな絵が書いてあって、断面図も描かれているのがお薦めです。  料理されてきたものしか知らない子も多いので絵本は便利でした。  くまおさんのカレーライスもいいですよ😃
    ことり先生 保育士
    野菜の切り口が書いてあるものは
    食事の時にも直結してきてとても面白かったです!

    シンプルなものやリアルなものが
    案外よかったりします。

    あとは
    お弁当箱の歌の絵本は、歌いながら一緒に見れるので子どもたちにも大人気です♩
    ちぃ先生 保育士
    食べ物のが出てくる絵本は大好きですよね!
    •おにぎりくんがね
    とよたかずひこさんシリーズ
    •くだものさん やさいさん
    tupera tuperaさん
    シリーズは乳児からでも楽しめます。うちの息子も大好きでよく読んでいました。
    料理に興味を持ってきた頃には『しろくまちゃんのホットケーキ』もおすすめです。本を見た後に一緒にホットケーキ作りをするのも楽しいですよね♩
    ぺち先生 保育士
    ピーマンマンや、お野菜を育てる系の絵本はよく見ていました。絵本も大事ですが、実際に自分たちで野菜を育ててみて食べたり、実践が1番いいとは思います^ ^
    こと先生 保育士
    食べ物の絵本って子どもたち大好きですよね😊💕
    食べる真似をしたり、食べさてくれたりして見るだけでなくやりとりも楽しむこともできます∩^ω^∩
    しろくまちゃんのホットケーキ、おべんとう、カレーライスが人気でした!
おすすめユーザーのコメント
5
    MK
    さまざまな食材の色や食べたときの音など、絵本で楽しむことで五感を刺激されてよいですね!
    muuu
    「食べる」「えほん」でパッと思い浮かぶのは、やっぱりはらぺこあおむしかなぁ…!
    ぺいぺい先生
    有名所だとサンドイッチサンドイッチとかおやおやおやさいとかしろくまちゃんのホットケーキとか食事や食べ物にスポットを当てた絵本が沢山ありますよ。くだもの匂いがする絵本もあります。
    絵本を見て絵本の食べ物を一緒に作ってみるのもいいかもしれません。
    YSK
    我が家もはらぺこあおむしをすごく愛用していました。

    食べ物の色や名前を覚えるきっかけになりました。カラフルな色合いなので子どももお気に入りの絵本でした。
    「食べること」は人間の生理的欲求の1つなので、子どもにも興味を持ち易く、理解がし易いことです。
    絵本を通して、食への興味を引き出し、食べることの喜びや楽しさを知り、ありがたいという感謝の気持ちを持てる子どもに育つ事が、何よりではないでしょうか。
    食べ物に関する絵本は沢山あります。
    お子さんや親の好みでも構いません。
    絵本から始まり、実体験を積み重ね、少しずつ食への理解を深めていけると良いと思います。

食育の関連記事

カテゴリ一覧