【小児精神科医 内田舞】感情のコントロールは自分を守る

【小児精神科医 内田舞】感情のコントロールは自分を守る

怒りや悲しみ・・・育児中でも仕事中でも、生活をしていると感情がネガティブに働くことがあります。そんな時、「再評価」という方法で感情をポジティブに変換する方法があると、ハーバード大助教授で小児精神科医の内田舞さんは言います。自分を守ることにつながる「再評価」とは?

内田舞

「自分は大切にされていない」と息子に言われた内田舞先生がとった『再評価』のアプローチ

アメリカ、マサチューセッツ総合病院小児うつ病センター長でありながら、3人のお子様を育てる内田舞さん。
書籍「天才たちの未来予測図」(マガジンハウス新書)などでも取り上げられている感情をコントロールする方法「再評価」について詳しくお話をうかがいました。
例えば子どもが感情に任せて良からぬ行動をとった時など、その「行動」に至るまでの「感情」「考え」に分解して再評価することが大切など、脳科学的思考法を教えていただきました。詳しくは動画をご覧ください!

ご利用のブラウザはiframeに対応していないため動画を表示できません。

動画をご覧になりたい場合には https://www.youtube.com/embed/OOZorgsGeu4にアクセスしてください。

感情のコントロール「再評価」については、こちらの書籍にも詳しく書かれています。

『天才たちの未来予測図』(マガジンハウス新書)
天才たちの未来予測図
No image

内田舞

小児精神科医、ハーバード大学医学部助教授、マサチューセッツ総合病院小児うつ病センター長、3児の母。2007年北海道大学医学部卒業、11年イェール大学精神科研修修了、13年ハーバード大学・マサチューセッツ総合病院小児精神科研修修了。日本の医学部在学中に、米国医師国家試験に合格。研修医として採用され、日本の医学部卒業者として史上最年少の米国臨床医となった。

2022年12月15日

教育コラムの関連記事

カテゴリ一覧