【あそんでまなぶEdutainment】英語の名前と音を覚えよう

【あそんでまなぶEdutainment】英語の名前と音を覚えよう

動画を見て英語の名前と音を学ぼう。
01
英語圏では当たり前のように行われているにも関わらず、日本ではしっかり学んだ人が少ないフォニックス。

これは英語の「スペル」と「発音」の間にある規則をセットで学ぶ学習法です。

動画のように"c"と"h"の場合、「c、シー、クッ」「h、エイチ、ハッ」と英語オンリーで名前と音をセットで教えます。

このように、日本語を介さず英語思考でインプットすることが、英語教育を成功させるためのコツです。
02
英語のアルファベットには2つの読み方があります。
03
アルファベットの名前だけ覚えても、簡単な単語すら読むことができませんが、アルファベットの音を同時に学ぶことで正しい発音で単語が読めるようになります。
アルファベットの音の学び方
04
フォニックスには「44種の音」と「120通りの綴りパターン」があると言われていますが、まずは基本となる26文字と、3~4文字の単語を学習していきます。

子どもに教える際は大文字と小文字の両方がプリントされていてイラストが含まれている「アルファベットチャート」を使用します。

教え方は簡単。

親がチャートを指さしながら、
フォニックスの学習方法
「名前」と「音」をセットで教えます。

ポイントは子どもが興味を示さなくても、親が楽しそうに読むこと。

親が楽しんでいることに子どもは必ず興味を持ちます。

26文字を一度に教えると飽きてしまうため、まずは「「ABCDE」の5文字からスタートし、子どもの熟練度に応じて、5文字単語、6文字単語と難易度をあげていきましょう。

アルファベットチャートを用いたアルファベットカードを作り、神経衰弱か単語作りなど、ゲーム感覚で楽しく覚えるのもおすすめです。

英語を初めて学ぶ子どもの場合、いきなり文字から入るのではなく、Youtubeなどで見ることができるフォニックス動画を見せたり、フォニックスの歌を聞かせたりして、英語の音に耳を慣らすことからはじめていきましょう。


アルファベットチャートを無料ダウンロード
https://torufun808.jimdofree.com/free-phonics-lesson/
船津徹プロフィール

2021年06月13日

教育コラムの関連記事

カテゴリ一覧