日本の性教育はスタートが遅い?国際基準から考える、幼児期からの性教育の必要性

日本の性教育はスタートが遅い?国際基準から考える、幼児期からの性教育の必要性

スマホやタブレットが普及した昨今、予期せぬタイミングで子どもが性について触れてしまうこともあります。では、子どもの性教育は何歳からはじめるのが適切なのでしょうか。性教育のスタートについて日本と世界の基準を比較。実際に、性教育を実施している保育園を訪れ、幼児期からの性教育の必要性について伺いました。

01
ユネスコが発表した性教育の指針「国際セクシュアリティ教育ガイダンス」では、セクシュアリティ教育の枠組みとして、8つのキーコンセプト4つの年齢グループが設定されています。8つのキーコンセプトは、それぞれの年齢グループごとに学習目標や学習内容が異なり、段階を経て性について学べる内容となっています。
02
出典:ユネスコ『国際セクシュアリティ教育ガイダンス【改訂版】――科学的根拠に基づいたアプローチ』(明石書店)をもとにKIDSNAで作成
年齢グループは5~8歳からスタート。キーコンセプトの「人間のからだと発達」では、内性器・外性器の基本的な機能や、精子と卵子が結合し、子宮に着床して妊娠がはじまるといった生殖のプロセスなどを学んでいきます。
03
出典:ユネスコ『国際セクシュアリティ教育ガイダンス【改訂版】――科学的根拠に基づいたアプローチ』(明石書店)をもとにKIDSNAで作成
05
このように、世界で定められている指針では、性教育のスタートは5歳が基準。幼児期から性にまつわる体の仕組みについて、具体的に学んでいくことが目標となっているのです。

一方、日本の教育課程では、中学1年生で受精について学ぶことになっているため、国際基準とのギャップは非常に大きいといえます。
05
06
07
性教育のスタートが比較的に遅い日本でも「どろんこ会グループ」が運営する保育園では、就学を控えた5歳児を対象に性教育を実施。絵本を通して、プライベートゾーンや自分の命は自分で守るということを学んだり、人体パズルを使って男女の体の違いや仕組みを知ったりと、子どもが自然と興味を持つような工夫がされています。

園長先生は性教育について、こう語ります。
08
「幼児期の性教育は、これから先、子どもたちが戸惑うことなく『生まれてきてよかったな』と感じながら成長していくための入り口です。

性について、はじめのうちは恥ずかしがる子ももちろんいます。でも、『大切な話なんだよ』ときちんと説明すると、真剣に聞いてくれて素直に受け取ってくれます。性の話題はタブー視されている風潮が今も残っていますが、間違った情報を正しいと認識し続けて成長することの方が怖い。

素直に聞き入れることができる幼児期に、正しい知識を学ぶことは大切だと感じています。そして、自分の体は自分で守るという危機感を持つことの必要性を、今の時代を生きていく子どもたちに伝えていきたいですね」
09
スマホやタブレットを使って簡単に情報を得ることができるいま、インターネット上では、幼いうちから簡単にアダルトコンテンツに触れられる機会があふれています。SNSを通じて性犯罪へ巻き込まれる危険性もあることから、自分で自分の体を守ることができるように、正しい性の知識を学び危機感を持つことが大切でしょう。性について歪んだ情報を得る前に、早期に性教育をはじめる必要があるのではないでしょうか。

2022年01月30日

関連記事

  • 空前の「性教育」ブームといわれる昨今。でも実際子どもに「性」のこと、「からだを大切にすること」の意味を教えるのは簡単ではありません。そこで、漫画家のツルリンゴスターさんが元保健室の先生で性教育講師であるにじいろさんに、性教育に関する率直な疑問をぶつけたレポート漫画、前編です!

    ツルリンゴスター

  • ひとりひとりの個性を尊重し、身体・心・頭をバランスよく育てることを大切にしているシュタイナー教育。この教育法で用いられるおもちゃは、一般的なおもちゃとは少し違うようです。どのような種類のおもちゃがあり、特徴や遊び方はどう違うのか。また、シュタイナーのおもちゃを取り入れた保護者の体験談などを紹介します

  • 集中力は、勉強だけではなく、スポーツや将来的には仕事をしていくうえで、欠かせない能力です。元々集中力が高い子もいるかもしれませんが、環境を整えたり生活の中で少し工夫をすることで、高めることもできるようです。今回は集中力がない原因や遊びを通して集中力を育てる方法などを紹介します。

  • 「語彙力」が高いとは、多くの言葉を知っている状態を連想しますが、実はそれだけではなく、知っている言葉を適切に使う力も含まれている言葉です。よく本を読む人は語彙力が高いイメージがありますが、その他にも語彙力を高める方法はあるのでしょうか。また、語彙力が高いとどのようなメリットがあるのでしょうか。

  • 近年よく耳にするSDGs。未来を担う子どもたちも、学校などにおいてこのテーマに触れる機会が増えることが考えられます。そこで、KIDSNA fo KIDSAシリーズにて、書籍『数字でわかる!こどもSDGs』を原作にアニメ動画を制作。数字が伝える世界の現実をご紹介します。

  • KIDSNA編集部が選ぶ、子育てや教育に関する話題の最新書籍。今ある職業の大半がAIやロボットに代替されるといわれて10年近くがたちました。実際、なくなりつつある仕事がある一方で、新たな仕事も数多く生まれてきています。今回は、『今ない仕事図鑑100』『今ない仕事図鑑ハイパー』(講談社)から、今ない仕事を生み出した日人たちへのインタビューを一部抜粋・再構成してお届けします。

  • 私たちにとって、お金と関わりを持たずに生活することは避けられません。生活スキルとして欠かせない「金融リテラシー」を子どもに身につけてもらうために、保護者はどのようなことができるでしょう。金融リテラシー・マップを使った子どもへの伝え方や、金融リテラシークイズ、保護者の体験談をご紹介します。

  • 知りたいことに対してまっすぐな好奇心を持つ子ども。一方で、友だち関係や思春期の悩みを持つ子どももいるかもしれません。今回は、好奇心を刺激する図鑑から、さまざまな悩みへのアドバイスを伝える実用書まで、子どもたちに寄り添う書籍をピックアップ。新しい一年の始まり、我が子に贈る1冊を見つけてみてはいかがでしょうか。

  • さまざまな育児書や教育本が発売されているなか、どれを選べばよいか迷うという方もいるかもしれません。そこで今回は、昨年発売の教育・子育てに関する書籍を厳選してご紹介。共感必至の子育てエッセイから、保護者のための性教育の教科書、男性育休に切り込んだ1冊まで、幅広いジャンルの話題の書籍をまとめました。

  • 昨今、重要性が叫ばれている家庭での性教育。子どもが疑問を持ち始めた頃が始めどきとはいえ、保護者自身も学校で十分に教わっていないことから、どう教えたらよいか悩む方も多くいるのではないでしょうか。幼児期に性教育が必要な理由から子どもへの性の伝え方、性犯罪から子どもを守る防犯対策までをまとめました。

  • 1990年代後半に生まれ、スマートフォンやSNSが当たり前にある中で育ったソーシャルネイティブである「Z世代」。今回は、そんな多方面で活躍するZ世代の10人へ、これまでに取材した記事をまとめました。彼らが育ってきた環境やマインドセットから、我が子への接し方や子育てのヒントを見つけてみては。

  • ゆっくりと過ごす時間のある冬休みを使って、子どもにドリルをやらせたいと考えるママ・パパもいることでしょう。今回は、小学校の科目とは違う、子どもが遊び感覚で取り組めるような8つのドリルを紹介します。楽しんで取り組める工夫もたくさんあり、自主的にやりたがる子どもも多いかもしれません。

カテゴリ一覧