子どもの集中力がない?遊びや生活で集中力を鍛える方法8選

子どもの集中力がない?遊びや生活で集中力を鍛える方法8選

集中力は、勉強だけではなく、スポーツや将来的には仕事をしていくうえで、欠かせない能力です。元々集中力が高い子もいるかもしれませんが、環境を整えたり生活の中で少し工夫をすることで、高めることもできるようです。今回は集中力がない原因や遊びを通して集中力を育てる方法などを紹介します。

集中力とは?

※写真はイメージ(iStock.com/kohei_hara)
※写真はイメージ(iStock.com/kohei_hara)
「子どもが絵本を読んでいたり、ブロックなどで遊んでいても、集中力が続かずにすぐに飽きてしまう」「好きな動画などは集中して見ているけど、勉強になると全く集中力が続かない」などの悩みがあったり、どうにかして子どもに集中力をつけてもらいたいと考える保護者もいるでしょう。

集中力とは、一つの事柄に注意を集中して物事に取り組む能力を指す言葉です。学業やスポーツ、将来的には仕事などのあらゆる場面で重要な能力であり、集中力が高いことで、多くのメリットを享受できるでしょう。

集中力がない原因

子どもの集中力は長くは続かないことが多く、それにはいくつかの原因があります。

睡眠不足

睡眠が不足していると注意が散漫になり、集中力が途切れてしまいます。日本の小・中・高校生は、世界的に見ても睡眠不足と言われているようです。場合によっては生活リズムの見直しが必要かもしれません。
出典:子どもの睡眠/厚生労働省

外的刺激

大人でも「話しかけられると集中が途切れる」「メールが来ると作業を中断してしまう」などということは多いはず。子どもも同様に、部屋の中におもちゃが散乱していたり、テレビがついていたりすると、集中して取り組むことが難しいでしょう。
※写真はイメージ(iStock.com/AaronAmat)
※写真はイメージ(iStock.com/AaronAmat)

メリハリがない

たとえば宿題をやるときに、集中したらすぐに終わることなのにダラダラしていて全然終わらない、ということがあるでしょう。「頭ではやらないといけないと分かっているけどやりたくないから集中できない」など、行動に優先順位をつけたり、メリハリをつけることが難しいのかもしれません。

好きなことをしていない

好きなことをしているときは集中するけど、好きではないことには集中できない、というのは大人も子どもも同じでしょう。まずは、好きなことから集中できるようになるのがよいのかもしれません。

子どもの集中力を育てる方法

子どもの集中力を育てるためには、以下のような方法があります。

環境を整える

机の上が散らかっていたり、今やっていることと関係ないものが視界に入ったりすると、そっちに気が取られてしまいます。勉強やひとつのことだけに集中できるように、環境を整えてあげましょう。
※写真はイメージ(iStock.com/T-kin)
※写真はイメージ(iStock.com/T-kin)

時間を区切る

集中力が持続する時間は、子どもが小さければ小さいほど短いもの。たとえば15分くらいかかりそうな宿題であれば、5分×3セットというように区切って行うと集中しやすいでしょう。適度に休憩を入れることの大切さも、ママ・パパが教えてあげるとよいかもしれません。

邪魔をしない

集中力は一度途切れてしまうと、回復までに時間がかかります。子どもが好きなことに集中して取り組んでいる場合は、声をかけたり中断させることはしないようにしましょう。そして、「とても集中していたね」と褒め、「自分は集中することができる」と成功体験をさせましょう。

ご褒美をつくる

好きなことならまだしも、苦手なことに集中して取り組むときには、「ご褒美があれば頑張れる」という場合もあるでしょう。ゴールを決めたうえで、「それができたらおやつを食べてもよい」「ゲームをしてもよい」などと、子どもがやる気を出すようなご褒美をつくるとよいかもしれません。
※写真はイメージ(iStock.com/somethingway)
※写真はイメージ(iStock.com/somethingway)

ルーティーンを決める

多くのスポーツ選手などが、普段の練習からルーティーンを取り入れ、集中のスイッチを作っています。子どもが勉強を始めるときには、たとえば机をきれいに拭く、親子で決まった合言葉を言う、など日々のルーティーンを決めてみるとよいでしょう。

ただしそのルーティーン自体が面倒だと感じてしまうと逆にハードルが上がってしまうので、簡単なことにしましょう。

集中力を鍛える遊び

遊びに夢中になることで、集中力を身につけられることがあります。集中力を鍛えるためにおすすめの遊びを紹介します。

しかけ絵本

特に未就学児におすすめなのが、しかけ絵本です。絵本を読み聞かせることは、最後まで聞く集中力が身に付きます。つまむ、めくる、引っ張るなどのしかけ絵本は、子どもの好奇心を引き出すので、絵本を聞くのが苦手な子どもにもよいでしょう。

ジグソーパズル

細かなピースを組み立てていくジグソーパズルは集中力や記憶力・注意力を鍛えます。子どもが楽しんで取り組めるように、好きなキャラクターや柄のジグソーパズルから始めるとよいでしょう。

ドミノ

ドミノを倒さないように慎重に並べることは集中力や思考力が必要で、遊んでいるうちにそれらの能力を高めることができます。難しすぎるとやる気がなくなってしまうこともあるので、ピース数や形など、年齢に合ったものを用意するとよいでしょう。

※写真はイメージ(iStock.com/FERKHOVA)
※写真はイメージ(iStock.com/FERKHOVA)

集中力を育むとどのようなメリットがある?

集中力を育むメリットは大きく分けて以下の3点があるでしょう。

効率が上がる

集中力がつくと、同じことをするのにもかかる時間が少なくなります。そのため効率がよくなり、たとえば嫌いな勉強でも短い時間で終わらせることができるようになるでしょう。

質が上がる

集中力がつくと余計なことを考えずにそのことだけを考えるので、アウトプットの質にも差が出てきます。学習以外でも習い事やスポーツなどでも活かされることでしょう。

成果が出やすい

何事においても効率が上がり、質も上がると、その分成果にもつながりやすいでしょう。そのことでさらに自信をつけ、好循環が生まれます。さらには大人になってからも仕事などの場で、集中力があることが発揮されることでしょう。

体験談

未就学児から小学生の子を持つ保護者に、集中力にまつわる体験談を聞きました。
1児のママ
6歳の息子は毎日ひらがなの練習をします。集中力が続かないこともありますが、私がたまたま横で英語の勉強をしていたら、息子も普段より集中していました。
2児のママ
子どもがなにかに集中しているときは、邪魔しないように心がけています。娘が1歳の頃、もくもくとティッシュを箱から出していて、「片付けが大変だな」と思ったのですが、好きにやらせようと決めました。何でもいいから集中して取り組む時間を作ることで、より集中力がつくのかなと感じています
2児のママ
4歳の息子はブロックなどで遊ぶとき、すごく集中した顔をして遊んでいます。ただそれが長くは続かず、15分くらいすると飽きてしまいます。好きなことで遊びながら、集中して取り組める時間が少しずつ伸びていったらいいなと思っています
※写真はイメージ(iStock.com/miodrag ignjatovic)
※写真はイメージ(iStock.com/miodrag ignjatovic)

日々の生活の中で少しずつ集中力を育てよう

集中力を育てることは難しいようにも思いますが、日々の生活の中で工夫を積み重ねることによって、少しずつ身につけていくことができそうです。遊びや好きなことを通して楽しみながら、集中力を育てていけるとよいですね。

<執筆>KIDSNA STYLE編集部

2022年08月01日

関連記事

  • 空前の「性教育」ブームといわれる昨今。でも実際子どもに「性」のこと、「からだを大切にすること」の意味を教えるのは簡単ではありません。そこで、漫画家のツルリンゴスターさんが元保健室の先生で性教育講師であるにじいろさんに、性教育に関する率直な疑問をぶつけたレポート漫画、前編です!

    ツルリンゴスター

  • ひとりひとりの個性を尊重し、身体・心・頭をバランスよく育てることを大切にしているシュタイナー教育。この教育法で用いられるおもちゃは、一般的なおもちゃとは少し違うようです。どのような種類のおもちゃがあり、特徴や遊び方はどう違うのか。また、シュタイナーのおもちゃを取り入れた保護者の体験談などを紹介します

  • 「語彙力」が高いとは、多くの言葉を知っている状態を連想しますが、実はそれだけではなく、知っている言葉を適切に使う力も含まれている言葉です。よく本を読む人は語彙力が高いイメージがありますが、その他にも語彙力を高める方法はあるのでしょうか。また、語彙力が高いとどのようなメリットがあるのでしょうか。

  • 近年よく耳にするSDGs。未来を担う子どもたちも、学校などにおいてこのテーマに触れる機会が増えることが考えられます。そこで、KIDSNA fo KIDSAシリーズにて、書籍『数字でわかる!こどもSDGs』を原作にアニメ動画を制作。数字が伝える世界の現実をご紹介します。

  • KIDSNA編集部が選ぶ、子育てや教育に関する話題の最新書籍。今ある職業の大半がAIやロボットに代替されるといわれて10年近くがたちました。実際、なくなりつつある仕事がある一方で、新たな仕事も数多く生まれてきています。今回は、『今ない仕事図鑑100』『今ない仕事図鑑ハイパー』(講談社)から、今ない仕事を生み出した日人たちへのインタビューを一部抜粋・再構成してお届けします。

  • 私たちにとって、お金と関わりを持たずに生活することは避けられません。生活スキルとして欠かせない「金融リテラシー」を子どもに身につけてもらうために、保護者はどのようなことができるでしょう。金融リテラシー・マップを使った子どもへの伝え方や、金融リテラシークイズ、保護者の体験談をご紹介します。

  • スマホやタブレットが普及した昨今、予期せぬタイミングで子どもが性について触れてしまうこともあります。では、子どもの性教育は何歳からはじめるのが適切なのでしょうか。性教育のスタートについて日本と世界の基準を比較。実際に、性教育を実施している保育園を訪れ、幼児期からの性教育の必要性について伺いました。

  • 知りたいことに対してまっすぐな好奇心を持つ子ども。一方で、友だち関係や思春期の悩みを持つ子どももいるかもしれません。今回は、好奇心を刺激する図鑑から、さまざまな悩みへのアドバイスを伝える実用書まで、子どもたちに寄り添う書籍をピックアップ。新しい一年の始まり、我が子に贈る1冊を見つけてみてはいかがでしょうか。

  • さまざまな育児書や教育本が発売されているなか、どれを選べばよいか迷うという方もいるかもしれません。そこで今回は、昨年発売の教育・子育てに関する書籍を厳選してご紹介。共感必至の子育てエッセイから、保護者のための性教育の教科書、男性育休に切り込んだ1冊まで、幅広いジャンルの話題の書籍をまとめました。

  • 昨今、重要性が叫ばれている家庭での性教育。子どもが疑問を持ち始めた頃が始めどきとはいえ、保護者自身も学校で十分に教わっていないことから、どう教えたらよいか悩む方も多くいるのではないでしょうか。幼児期に性教育が必要な理由から子どもへの性の伝え方、性犯罪から子どもを守る防犯対策までをまとめました。

  • 1990年代後半に生まれ、スマートフォンやSNSが当たり前にある中で育ったソーシャルネイティブである「Z世代」。今回は、そんな多方面で活躍するZ世代の10人へ、これまでに取材した記事をまとめました。彼らが育ってきた環境やマインドセットから、我が子への接し方や子育てのヒントを見つけてみては。

  • ゆっくりと過ごす時間のある冬休みを使って、子どもにドリルをやらせたいと考えるママ・パパもいることでしょう。今回は、小学校の科目とは違う、子どもが遊び感覚で取り組めるような8つのドリルを紹介します。楽しんで取り組める工夫もたくさんあり、自主的にやりたがる子どもも多いかもしれません。

カテゴリ一覧