【男性の育休制度】取得条件や期間、パパが受けられる制度

【男性の育休制度】取得条件や期間、パパが受けられる制度

出産を控え、育休制度を利用したいと考えている夫婦もいるでしょう。産後に体をゆっくりと休めるため、パパにも育休を取得してほしいと考えるママも多いかもしれません。男性が育休を取得するとき、女性と異なる点はあるのでしょうか。育休の取得条件や期間、パパが受けられる育休制度についてまとめました。

育休とは

新生児の赤ちゃん
szefei/Shutterstock.com
育休とは、育児・介護休業法に定められた両立支援制度のひとつで、1歳(一定の場合は最長で2歳)に満たない子どもをもつママやパパが、育児のために仕事を一定期間休業することができる制度です。男女ともに利用できる制度で、ママが専業主婦であってもパパは育休を取得することができます。
出典: Ⅱ 育児休業制度/厚生労働省

育休は男女ともに利用できる制度

育休を取得したいと考えるとき、気になる育休取得の条件や期間についてご紹介します。

育休取得の条件

以下の条件を満たせば、性別を問わず男性も育休を取得することができます。

・同一の事業所に引き続き1年以上雇用されている
・子どもの2歳の誕生日の前々日までに、労働契約の期間が満了しており、かつ、契約が更新されないことが明らかでない

以前は延長の期間が子どもの1歳6カ月の誕生日の前日までとされていましたが、平成29年10月より2歳の誕生日の前日まで延長が認められました。

育休の期間

育休の期間は、男女ともに原則として「出産日当日から1歳の誕生日の前日」まで取得することが可能です。しかし、子どもが保育園に入所できないなどの理由がある場合は、最長で2歳の誕生日の前日まで延長が可能になります。
出典:あなたも取れる!産休&育休/厚生労働省
出典:育児・介護休業法における制度の概要/厚生労働省
出典:育児・介護休業法のあらまし/厚生労働省

パパが受けられるさまざまな育休制度

赤ちゃんをあやすパパ
iStock.com/Yagi-Studio
パパが受けられる育休制度にはどのようなものがあるのでしょうか。

育児休業給付金の交付

育休中の賃金が会社によって支払われなかったり、育休開始前の賃金と比べて80%未満に減額したりした場合など、一定の条件を満たしたときにハローワークへ支給申請することで育児休業給付金を受け取ることができます。

支給対象の条件を満たしているかどうかや支給される金額、期間などについては、事前にしっかりと確認しておくとよいでしょう。
出典:育児休業給付について/厚生労働省
出典:育児休業や介護休業する方を経済的に支援します/厚生労働省

社会保険料の免除

育休期間は、事業主が日本年金機構へ申出をすることで、健康保険や厚生年金保険の保険料が免除されます。免除されている期間も保険者資格に変更はないので、育休前の医療費の負担と同じ割合で病院などを受診できます。

保険給付には育休取得直前の標準報酬月額が用いられ、年金額の計算をする際は、免除期間も保険料を納めた期間として扱われます。将来受け取れる年金もしっかりと保証されているので、安心して利用できる制度かもしれません。
出典:育児休業保険料免除制度/日本年金機構
出典:厚生年金保険料等の免除/日本年金機構

パパ休暇

パパ休暇とは、原則1回までの育休の取得が、特別な事情がなくても再び取得できる制度です。

・子どもの出生後8週間以内に育休を取得していること
・子どもの出生後8週間以内に育休が終了していること

上記の条件を満たしていれば、育休を2回に分けて取得できます。出産後8週間はママにとって心身ともに負担の大きい時期。この期間に家庭で育児や家事、ママのサポートのためにパパが育休を取得することは、ママにとって大きな支えになるでしょう。

ママが職場復帰するタイミングで、パパが2回目の育休を取得する夫婦もいるようです。出産後8週間以内にパパが育休を取得しておけば、家族のスタイルにあわせて制度が活用できそうです。
出典:両親で育児休業を取得しましょう/厚生労働省

パパママ育休プラス

パパママ育休プラス制度とは、夫婦ともに育休を取得する場合に、子どもが1歳2カ月になるまで延長できる制度です。

・配偶者が子どもが1歳に達するまでに育休を取得していること
・本人の育休開始予定日が子どもの1歳の誕生日以前であること
・本人の育休開始予定日が、配偶者が取得する育休の初日以降であること

上記の条件を満たしているとき、本来延長する場合の条件である、保育園に入所できないなどの理由がなくても、子どもが1歳2カ月になるまで延長することが可能です。

ママの育休が終わるタイミングでパパが開始して、夫婦で休暇が途切れないよう取得したり、パパとママでいっしょに子育てできる期間が長くなるよう、同時に取得したりする夫婦もいるようです。
出典:両親で育児休業を取得しましょう/厚生労働省

男性の育休制度を利用して家族の時間を増やそう

笑って遊ぶパパと赤ちゃん
iStock.com/Yagi-Studio
育休制度は、条件を満たせば女性はもちろん、男性も同じように利用することができます。ママが専業主婦であってもパパは育休を取得することが可能です。

育休を取得する夫婦のために、経済面や期間の延長などさまざまなサポート制度が整っており、パパのための制度もあります。職場によって条件や受給できる金額などが異なる制度もあるので、事前にしっかりと確認しておくとよいでしょう。

パパが育休を取得できるか、できるとしたらいつから育休を取るかなどを出産前に夫婦でよく話し合い、家族みんなにとってよりよい形で育休制度を利用できるとよいですね。
※記事内で使用している参照内容は、2020年3月16日時点で作成した記事になります。

2020年04月04日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

制度・手続きの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ