妊娠中1人の時間はどうすごす?ママたちのすごし方や気をつけていたこと

妊娠中1人の時間はどうすごす?ママたちのすごし方や気をつけていたこと

1人で寝たい、寂しいなどの本音や気分転換法

妊娠中のママのなかには1人になりたい、1人で寝たいと感じる方や、1人でいることに不安や寂しい気持ちを持つ方もいるのではないでしょうか。この記事では妊娠中のママたちが1人の時間をどのようにすごしていたのか、1人でいるときに気をつけたことなどについて体験談を交えてご紹介します。

ママたちは妊娠中1人でいるときにどんな気持ちだった?

妊娠中のママたちは1人でいるときにどのような気持ちでいるのでしょうか。ママたちの声をきいてみましょう。

20代ママ
妊娠中はなぜか、家族や友だちと離れて1人になりたいという気持ちが強い時期がありました。体調や気持ちにも波があったので、自分のペースですごせる1人時間はとても気楽でした。
20代ママ
妊娠中は体調があまりよくなかったので、家で安静にしていました。1人になると心配事を悪い方に考えてしまい不安になることもありました。
妊娠中に1人ですごしていたママのなかには、1人になりたいと感じていたのでリラックスできたというママや、1人でいることに寂しさや不安を感じた方がいるようです。妊娠中の1人時間に感じる気持ちはママによってさまざまかもしれません。

妊娠中のママたちに聞いた1人時間のすごし方

妊娠中のママたちは、一人でいる時間をどのようにすごしていたのでしょうか。ママたちの体験談を聞いてみました。

体を休める

リラックスした妊婦
japolia - stock.adobe.com
30代ママ
長女を妊娠中、とにかく毎日眠くて仕方がありませんでした。1人で寝たいと思っていたので家で寝ていることが多かったです。
妊娠中の睡眠時間を確保するために、できるだけ1人で寝たいと感じていたというママがいました。他にも、おなかが張りやすかったので1人でいる時間はできるだけ横になって体を休めていたママもいるようです。

家でのんびりすごす

30代ママ
先輩ママから、出産後は忙しくなって自分の時間を持ちにくくなると聞いたので、妊娠中の1人時間は、見たかったDVDを観賞したり、図書館で借りた本を読んだりしていました。
妊娠中の1人時間は、自分の好きなことをして家でのんびりとすごしたというママがいました。生まれてくる赤ちゃんグッズの制作や、絵画や手芸など趣味を楽しむ時間にしていたというママもいるようです。

1人でお出かけする

40代ママ
妊娠中の1人時間に好きな映画を見に行きました。妊娠中のせいなのか、いつも以上に涙もろくなっていて、1人で泣きながら映画を見た時間は、今でも大切な思い出です。
妊娠中の1人でいる時間をお出かけして楽しんだという声がありました。自由に出かけられる妊娠期間中に、カフェやおしゃれなレストランへ行ったというママもいるようです。

勉強や在宅ワーク

20代ママ
妊娠中の1人の時間を使って資格取得の勉強をしました。家にいると社会から取り残された気分になり不安になることもありましたが、今後のキャリアに続く時間と考えると、前向きになれました。
30代ママ
家に1人でいる時間を使って、データ入力の在宅ワークをしていました。わずかでも収入を得ることができたので、やりがいがありました。
1人ですごす時間を使って、資格取得の勉強や在宅ワークをしていたというママがいました。余裕を持ったスケジュールを立てておくと、妊娠中でも無理なく学習や仕事を続けることができるようです。

ママたちが妊娠中に1人では寂しいと感じたときにやっていたこと

妊娠中のママのなかには、ときに寂しいと感じる方もいるかもしれません。妊娠中に1人でいることに不安や寂しい気持ちを感じたときに、ママたちがやっていたことを紹介します。

家族にそばにいてもらう

20代ママ
妊娠初期はつわりもひどく、日中1人でいることに不安を感じたので、しばらく実家ですごしていました。家族がそばにいてくれると思うと気持ちも楽になり、安心して生活をすることができました。
1人で寂しいと感じたときに、家族にそばにいてもらったという声が聞かれました。妊娠中の不安なときにパパが寄り添ってくれたので、安心して妊娠期間をすごせたママもいるようです。

マタニティ教室に参加する

ヨガ
fizkes - stock.adobe.com
30代ママ
妊娠中は、1人でいる時間が寂しく感じられたので、マタニティヨガやマタニティアクアビクスに通っていました。同じ妊婦さんと会話もはずみ、楽しい時間をすごせていました。
30代ママ
妊娠中1人でいると、ネットの情報ばかり眺めてしまい不安になることが多かったので、病院で開かれる子育て勉強会に積極的に参加していました。いっしょに参加していたママとは出産予定日も近かったこともあり、とても親しくなりました。
妊娠中の1人時間には、妊婦さんを対象にしたアクティビティや勉強会などに参加していた、というママがいました。参加する他のママも妊婦さんなので、妊娠中に感じる不安や悩みも共有しやすいかもしれませんね。

友人に連絡をする

20代ママ
妊娠中に1人でいる時間に、友人や同僚に改めて感謝の手紙を書きました。心を込めて手紙を書く時間はとても穏やかな気持ちになれました。
寂しさや不安を感じたときに、友人に連絡をしたというママもいるようです。気心知れた友だちとのやりとりで、気持ちが楽になったという声も聞かれました。

妊娠中1人ですごすときに気をつけたこと

妊娠中のママが1人ですごすときにはどのようなことに気をつけていたのでしょうか。

いざというときの連絡先を確保しておく

30代ママ
妊娠中は急に体調が変化する可能性もあるので、パパや両親の予定を聞いておく、病院の連絡先や近所のタクシー会社の連絡先を控えておくなど、1人でパニックに陥らないように事前に準備をしていました。
妊娠中に1人でいるときの急な体調変化に備えたママがいました。赤ちゃんとママの健康を守るためにも、いざというときに連絡できる準備をしておくと安心かもしれません。

情報に流されすぎない

20代ママ
妊娠中の1人時間に、よくネットで調べものをていました。ネットの情報で不安が解消されるときもありましたが、気にしすぎるのもよくないと思い、信頼できるサイトから最小限の情報を得ることを心がけていました。
妊娠中の経過や出産、育児などの情報を集めるときに、情報に流されすぎないことが大切だと感じたママもいるようです。不安なことや疑問に思ったことは助産師さんや産科の医師に直接聞くことで安心できたという声もありました。

妊娠中の1人時間はさまざま

笑顔の妊婦
naka - stock.adobe.com
妊娠中は体の変化もあり、1人で寝たい、1人になりたいと感じるママや、1人では不安、寂しいと感じるママなどさまざまなようです。

妊娠中に1人でお出かけを楽しんだり、資格取得の勉強や在宅ワーク、家族や同じ妊婦さん同士など人とのつながりをもったりするのもよいかもしれません。

いざというときの連絡先を確保し、周囲の人に協力を求めながら、妊娠中の1人時間が楽しいひとときになるとよいですね。

2019年12月14日

専門家のコメント
25
    あーちん先生 保育士
    私は妊娠前より妊娠中の方が1人で出歩く時にも「お腹の子がいるから1人じゃない♪」という気持ちでお散歩やショッピングなど楽しめました!
    友だちが予定が合う時は一緒にランチをしたり、お茶をしたりと体調には気をつけながらもリフレッシュする時間を作っていました!
    ゆか先生 保育士
    張り止めを飲んでいてほとんど外出できなかったので家で赤ちゃんの玩具を手作りしたり、スタイを縫ったりしていました😃
    もともと作るのが好きだったし、集中していると悪阻を忘れられるときもありました🎵

    安静が解除されると近くの広い公園によく散歩に行っていました🎵
    ゆり先生 保育士
    私は映画をみたり友達にあったり
    妊娠初期が安静にせねばならず出られなかったので
    外の社会と断絶されたような寂しい気分になったので
    反動で?外出OKになってからは体調と相談しながらお出掛けなど存分にたのしみました

    友人のなかには保育士資格をとるための勉強する時間にあてて
    資格を取ってしまった強者も
    初めての育児で本を読むなら資格とったらいいかも!と閃いたそう
    (^ー^)
    なこ先生 保育士
    妊娠中が1番自由に動けるので、ランチ、映画、買い物、悔いなく遊んで過ごしました!子どもが産まれたら静かなレストランは当分行けないですからね。
    はなこ先生 保育士
    生まれる前はこれからできないことをしようと張り切っていましたが、思うように過ごせなかった記憶!

    でもお出かけしたり、準備や片付け、あとはマタニティ会に参加したりしていました!
    めるちゃん先生 保育士
    マタニティセミナーに参加したり、映画鑑賞をしたりしてました。妊娠に関する本を読んで勉強もしました。外出する時は、母子手帳&保険証&ナプキンを持ち歩いてました。
    すー先生 保育士
    妊娠初期から自宅安静だったので、これを機に縫物を始めました。布絵本やままごとセット等、10ヶ月かけてたくさん作りました。ずっと自宅安静で引きこもっていると、何かして気を紛らわさないと情緒不安定になってしまって…臨月には安静から解放され、買い物ばかりしていました。
    のの先生 保育士
    私は妊娠35週まで仕事をしていてあまり1人で過ごす時間がなかったです。
    また、産前休暇に入ると、今まで出来なかったら入院バックや、水通しなどを一気にやりすぐに出産でした。

    出産が近くなってきた時期に1人になる場合は、「今日何かあったらどこに連絡をするか」を決めてから、旦那に出かけてもらっていました。安心できますよ。
    いちぽ先生 保育士
    1人で過ごすときは、家事を済ませたあとは楽な姿勢でまったりしていました。ぼーっとして過ごすのが好きなので。
    そんな時間取れなくなったのでただぼーっとする時間も今となってはすごく贅沢な時間だったなとおもいます。
    ゆか先生 保育士
    1人目のときは私も不安と世間に取り残されたような気持ちになり、すごく寂しくなったこともありました。そんなときはできるだけ外に出たり、友達にあったりして気分転換していました。2人目のときは上の子の育児をしていたため、気も紛れて、あまり寂しいという気持ちにはなりませんでした。
    なな先生 保育士
    子どもが生まれたら出来なくなることもあると思ったので、今のうちにしたいことは何か・・・と考えて少しずつ実行していました。自分の体の調子に合わせて散歩に出て気分転換をしたり、家では編み物を初めてみました🧶出産後も編み物は続けていて、新しい趣味になりました😊
    すみっこ先生 保育士
    思い返すと、妊娠中はすごく自由だったなと思います。(絶対安静ということもなかったので…😣)
    今は体調が悪くても、ゆっくり自分のペースで休んだりはできないですし、どこかへでかけるのも一人でというわけにはいかないので…。
    産まれてくる我が子を思いながら過ごす妊娠中のあの時間は本当に貴重で、幸せな時間だったなぁと懐かしく思います。
    あゆみ先生 保育士
    妊娠初期は本当につわりがひどく、前もって約束していた予定もことごとくキャンセルしてひたすら家にいました。お昼寝したり映画を観たり、のんびり過ごしました。
    元々出掛けることが好きなので、体調が戻ってからは、外に出て友だちと逢う機会を増やしています。近場まで来てもらうことも多いですが、食欲が戻ってランチも楽しめるようになり、主人の後押しもあって、気分転換させてもらっています♡
    りり先生 保育士
    私は主人の転勤先で産みました。なので妊娠中も友達はいなくて、出掛けるのも土地勘がなく不安だったので家で寝たりテレビみたりして過ごしていました。今仕事辞めて10年ぶりにゆっくり寝られる時間が何よりも幸せでした。こんなに何もしなかったのは後にも先にもこの時だけでした。ぐーたら生活、本当に最高でしたよ!(笑)
    ゆきんこ先生 保育士
    なかなか出産すると家から出られなく忙しくなると思います。なので、少しでも体が楽な日は無理のないように外に出て気持ちをリラックスさせたり、赤ちゃんのために手作りのものを作ってその時を待つのも良いかと思います。
    わか先生 保育士
    1人目の子の産休は、今思えばあんなにひとりで自由で何でもできる時間はない!と激しく思います。しかし、実際は後期つわりと眠気で毎日ぐーたら寝てました…2人目の妊娠中は、長男のお世話で忙しく…。体調がよければ、最後の1人時間もっと好きなことを思う存分楽しみたかったなぁと思いました。
    ぷん先生 保育士
    一人でゆっくり出来るのは今しかないよ!と周りの先輩ママから言われていたので思う存分趣味をしたり、グータラしています(笑)それだけでは飽きてしまうので、マタニティヨガをしたり読書をしたり動画を見たりストレスを感じないように過ごしています。
    ひよこ先生 保育士
    周りのママ友から、ひとりの時間を今のうちに満喫して!!と強く言われていたので、今しかできない!と思いながらやりたいことをなんでもやってきました。
    念のため、病院には車で1時間以内には着ける場所で、友達とランチやお茶をしたりショッピングしたり、旦那と映画を観に行ったり服を買いに行ったりイベントに行ったりお洒落カフェ巡りしたり、飲みに行くのが大好きだったので、雰囲気だけ楽しむために焼き肉や居酒屋で美味しいご飯を食べながらノンアルコールビールやソフトドリンクを飲んで楽しんだり…
    とにかく、子どもを連れて行くのが難しそうなところで行きたいところはコンプリートしました。笑
    かなり浪費してしまいましたが、お陰でもうなんの後悔もありません!!
    もうすぐ臨月なので、あとは出産頑張ります!
    せおみ先生 保育士
    一人でゆっくりしている時は胎動をよく感じていました。リラックスして、お腹に話しかけたり、2人の時間を楽しんでいました。
    しまこ先生 保育士
    体重が増えすぎてしまったのでマタニティヨガのDVDを買って運動していました。それから、歩くのも身体に良いので散歩もしましたが、すぐにトイレに行けて、座る場所にも困らず、何より天候に左右されないので大型ショッピングモール内を歩くのはお勧めです。
    なごみ先生 保育士
    一人で出掛けいても赤ちゃんと一緒という気持ちが強く何となくちょっと高いランチも気兼ねなく食べられたことを思い出します。赤ちゃんも美味しいの食べたいよねーとよく心の中で話しかけていました^ ^
    ぺち先生 保育士
    妊娠してから退職しましたので、家に一人でおりました。何をしていいのかわからず、最初は録画を見たりゴロゴロして過ごしていましたが、インスタで手作りメリーやガラガラをみて、編みぐるみに挑戦してみました。あとは、中期からはなるべく歩こうと、ちょっとした用事を見つけては散歩をしていました。
    くじら先生 保育士
    妊娠してからも仕事でバタバタしていたので、辞めてからはのんびり過ごしていました。産後はしばらく行けなくなると思って、友達と落ち着いた雰囲気のレストランでご飯を食べたりしていました。
    でぶいも先生 保育士
    1人でいると悪い事も考えがちで、出産への不安が強かったです。気を紛らわせるために、編み物をして産まれてくる赤ちゃんの服や帽子を編みました。でも目が疲れやすかったので、やりすぎは注意ですね。
    みぃ先生 保育士
    産まれたら時間がないからと子どものスタイや保育園バック、布絵本を縫ったり、子どもの玩具や絵本などを探しに行ったり、友達と遊んだり…楽しく過ごしました。

生活の関連記事

カテゴリ一覧