【産婦人科医監修】卵子の老化にサインはある?卵子の老化で受ける影響

【産婦人科医監修】卵子の老化にサインはある?卵子の老化で受ける影響

卵子の質や数は妊娠に大きく関わる大きな問題。妊活において、自分の卵子はどのような状態なのか気になることもあるでしょう。今回は、卵子の老化やサイン、年齢との関係、妊娠率への影響などについて紹介します。

浅田義正(医療法人浅田レディースクリニック理事長)

卵子は年齢とともに老化する

卵子は年齢とともに老化(質が低下)していることをご存知でしょうか。

卵子は女性の体で常に作り続けられるわけではなく、生まれる前に一度しかつくられません。

つまり、卵子は自分の年齢と同じだけ年を重ねていきます。20歳の時の卵子は20年間、30歳の時のは30年間たった卵子なのだそうです。

卵子が老化すると、受精率は変わりませんが、その後の発育が悪く、胚盤胞まで成長できる胚は少なくなり、妊娠が難しくなるといわれています。

卵子の数も年齢とともに減少

顕微授精
iStock.com/blueshot

年齢を重ねると、卵子の老化だけでなく数も減っていきます。

生まれる前、お母さんのお腹の中にいるときにつくられる卵子の数は約500万~700万個といわれていますが、生まれたときには約200万個、初潮を迎えるころには30万個くらいにまで減り、35歳くらいでは1~2%しか卵子が残らないのだそう。

年齢に伴い卵子が老化し数が減少すると、結果として妊娠しにくい状態になります。

出典:知っていますか? 男性のからだのこと、女性のからだのこと/厚生労働省

卵子の老化のサインは月経に現れる

卵子が老化すると、卵巣機能が低下。女性ホルモンの分泌量が少なくなります。

一概にはいえませんが、「月経周期が短くなってきた」や「経血量が減ってきた」などは、卵子老化のサイン(目安)になります。

卵子の老化は改善できる?

細胞
iStock.com/luismmolina
健康で見た目がどんなに若くても、基本的に卵子の老化は止めることができない、といわれています。先ほどもお伝えしたように、卵子は生まれる前に一度しか作られず、年齢と同じだけ年をとるからです。

ただし、卵子が老化していると妊娠・出産ができないというわけではありません。老化にはばらつきがあり、老化の程度によっては妊娠できる可能性もあります。最近では卵子の凍結という選択肢もでてきています。

※卵子の凍結とは、体外受精を行い子宮に戻す目的で、受精卵を凍結保存する技術のこと

AMH検査で卵子の数を推測できる

卵子の数は自分で知ることはできませんが、AMH検査という卵巣内の卵子の数を推測する検査によって調べることができます。

妊娠率は主に卵子の質が関係するため、AMH値が直接妊娠率に相関するわけではありませんが、卵子の数があれば有利になるため、指標のひとつになります。検査方法は、血液検査なので簡単に測定できるようです。

正しい知識を身につけ、早めの行動を

妊娠
iStock.com/AntoniaLorenzo

卵子は自分の年齢と同じだけ年をとり、卵子の数も年齢とともに減少していきます。卵子の老化のサインは現実的にはありませんが、年齢がひとつの目安となります。

月経が異常になったときは手遅れになってしまうこともあるようです。基本的に卵子の老化は、とめることができないといわれているため、「なかなか妊娠できない…」など少しでも気になることがあれば、早めに婦人科やクリニックに相談してみるのがよいでしょう。

「食事の栄養バランスに気を付ける」「飲酒や喫煙を控える」など、生活習慣を改善し健康な体をつくることは、出産や赤ちゃんのためにとても大切なことです。しかし、これらは妊娠率に直結するものではないといわれています。妊活にあたっては、正しく理解して進められるといいですね。

監修:浅田義正(浅田レディースクリニック院長)

No Image

浅田義正(医療法人浅田レディースクリニック理事長)

浅田義正の監修記事一覧(バックナンバー)

日本でも有数の体外受精成功率を誇り、愛知・東京でクリニック展開する「医療法人浅田レディースクリニック」の理事長を務める。

海外での体外受精研究実績を持ち、顕微授精の第一人者。妊娠という“結果”を重視した「浅田式」不妊治療を行っている。

医療法人浅田レディースクリニック

2020年07月28日

専門家のコメント
20
    すみっこ先生 保育士
    昔、若い頃は気にしていませんでしたが
    今は情報が色々なところで得られますね。聞いたことがあ
    わい先生 保育士
    もう少ししてから妊娠をと考えると卵子の数も減ってしまいます。妊娠したいタイミングとできやす
    すー先生 保育士
    不妊治療をしている友だちに卵子は老化するということを教えてもらい、衝撃を受けたのを覚えてい
    みぃ先生 保育士
    不妊治療をしていた知人が卵子が老化すると話をしていて驚いた事を思い出しました。妊娠したいタ
    ゆきな先生 保育士
    調べれば調べるほど怖いし不安になりますよね。
    ネットはどれを信じたらいいか、、
    先生に聞く
    宍戸 理江 保育士
    仕事だけでなく、結婚妊娠出産を含めたライフプランを若い間から考えておく必要があるなと身をも
    ぺち先生 保育士
    妊娠を考えてから色々調べ始めて、知りました。こういう事ってなかなか教えてくれないから知らな
    みー先生 保育士
    欲しいと思った時にいつでも妊娠できるものではないということですね。卵子の老化以外にも原因が
    あーちん先生 保育士
    2人目以降も考えているので、気になります。早めの妊娠がいいのは分かっているのですが、、若く
    せおみ先生 保育士
    卵子の老化のサインについては考えた事がなかったですが、丁度、私の姉が、最近月経周期が短くな
コメントをもっと見る

基礎知識の関連記事

  • 読者からお悩みを募集し、子育て、教育、健康など各分野の専門家にご回答いただく人生相談コーナー。今回は丸の内の森レディースクリニック院長の宋美玄先生が、「3年後に自然妊娠したい」というお悩みに答えます。お悩みはオンラインで随時受付中!

    宋美玄(ソンミヒョン)

  • 妊娠兆候のひとつである「インプランテーションディップ」。妊娠を希望する方や、妊活を経験された方は、一度は聞いたことがあるかもしれません。いつ頃に見られる現象なのか、見られなくても妊娠している可能性はあるのか。また基礎体温との関係や、妊娠検査薬はいつから使えるのか、など気になるポイントを解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • ふたごやみつごが生まれる割合は、約50年前と比較すると倍増していることを知っていますか?これには、不妊治療が関係しているようです。多胎妊娠のしくみや、母体と胎児それぞれのリスクや、備えておくことなどを田園調布オリーブレディースクリニック院長の杉山太朗先生に聞きました。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 人によって治療期間や心理面、体調面の負担が大きく異なる不妊治療。周囲の人に相談できない、パートナーと足並みをそろえて取り組めないなどといった悩みをひとりで抱える人も多くいます。日本ではあまり普及していない「カウンセリング」を、不妊治療の場でも上手く活用するためには?生殖心理カウンセラーの平山史朗さんに話をうかがいました。

    平山史朗

  • 治療ステップによっては高額な医療費がかかる不妊治療。現在日本では人工授精以降の治療ステップは自己負担だが、2022年春をめどに保険適用の範囲を拡大する動きがある。実現すれば、経済的な理由で不妊治療をあきらめていた方たちにとって一つの転機になるが、海外では不妊治療の多くをすでに保険適用としている国も少なくない。いくつかの国を挙げ、不妊治療の経済的支援の事例をみていく。

  • ライフスタイルやキャリアの多様化に伴い、未婚、晩婚、晩産化が進んでいる。不妊治療を視野に入れたときに、費用や仕事との両立はどうなるのか。「不妊治療を始めようと決めたものの、お金のことや、どんな治療やサイクルで進めるのかイメージが沸かない」という方へ向けて、データと体験談で解説していく。

  • ライフスタイルやキャリアの多様化に伴い、未婚、晩婚、晩産化が進んでいる。不妊治療を視野に入れたときに、費用や仕事との両立はどうなるのか。「不妊治療を始めようと決めたものの、お金のことや、どんな治療やサイクルで進めるのかイメージが沸かない」という方へ向けて、データと体験談で解説していく。

  • ウイルスによって引き起こされる風疹は、免疫が十分にない人に対して強い感染力を持っています。妊娠時期に風疹にかかった場合、どのような影響があるか気になる人もいるのではないでしょうか。今回は、妊娠中に風疹にかかった場合の影響、風疹の予防接種後に妊娠がわかったときの対応、妊娠中の風疹の感染対策などについて解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 女性の体にさまざまな変化が起こる妊娠初期。この時期、どのような食べ物に注意したらよいのか気になる人もいるかもしれません。今回の記事では、妊娠初期の食べ物や、食べ物から摂りたい栄養素、妊娠初期のつわり対策などについて紹介します。

  • 妊娠中はホルモンバランスの乱れやつわりなど体にさまざまな変化が現れますが、なかでも気になるのが体重の増加。急激に体重が増えた場合、ダイエットをするべきか迷うこともあるのではないでしょうか。今回は、妊娠中に体重が増える原因や影響、体重管理のコントロールについて解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 子どもを出産したいと思ったときに後悔しないように、今から知っておきたい妊娠・妊活の正しい知識。前編では、妊娠・妊活にまつわる誤解についてお伝えしました。後編では、結婚適齢期がなくなっても、妊娠適齢期は変わらずにある現状をテーマに、新しい不妊治療の技術などについてお伝えします。

    浅田義正(医療法人浅田レディースクリニック理事長)

  • 「いつかは出産したい」「いつかは2人目がほしい」と考えている女性は多いのではないでしょうか。今回は、そんな「いつか」のために知っておきたい、妊娠・妊活の正しい知識をお伝えします。前編のテーマは、妊娠・妊活にまつわる誤解について。どのような誤解があるのか、なぜ誤解が生まれるのかを、産婦人科専門医の浅田先生にお話いただきました。

    浅田義正(医療法人浅田レディースクリニック理事長)

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ