【産婦人科医監修】妊活の準備は何をする?妊娠前の検査や男性が心がけること

【産婦人科医監修】妊活の準備は何をする?妊娠前の検査や男性が心がけること

パートナー同士で支え合いながらプレ妊活を進めよう

将来出産することを考えて、妊活を考える方もいるでしょう。妊活の準備をすることをプレ妊活と言いますが、具体的に何をすればよいのでしょうか。プレ妊活で行うことや妊娠前に受ける検査、準備で男性が心がけることや2人目について解説します。

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

プレ妊活とは

妊活を始める前に、準備をすることはあるのでしょうか。妊活について調べるなかで、「プレ妊活」というワードを目にしたことがある方もいるかもしれません。

プレ妊活とは、将来出産するために行う準備のことを言います。プレ妊活は、妊活や妊娠についての知識を得ながら生活習慣を見直したり、自分の身体を知るための検査を受けることを言います。

本格的に妊活を始める前に、自分とパートナーの体の状態を知り、準備を進めましょう。

プレ妊活は何をする?

プレ妊活では具体的に何をしたらよいのか、準備するものはあるのか気になることもあるでしょう。妊活の準備について解説します。

基礎体温の計測を習慣づける

体温計
Rido/Shutterstock.com
プレ妊活は、基礎体温の計測を習慣づけることから始めましょう。基礎体温とは本来寝ているときの体温のことを指します。

朝起きたら動かずに、横になった状態で毎日同じ時間帯に体温を計測しましょう。

基礎体温を計測することにより、生理日や排卵日、ホルモンの状態など、妊活をするうえで必要な情報を得ることができます。

基礎体温計を使って基礎体温表に記入しましょう。基礎体温を記録できるスマートフォンのアプリを活用する方法もあります。

個人差はありますが、女性の体には「低温期」と「高温期」があります。疑問や気になることがある場合は、医師に相談しましょう。

生活習慣を見直す

赤ちゃんを産むための身体づくりには、健康であることが重要です。妊活の準備では、食生活や休養、睡眠時間など生活習慣を見直しましょう。
  • タンパク質
  • ビタミンA
  • ビタミンB群
  • ビタミンE
  • 亜鉛
  • カルシウム
上記の栄養素など、妊活の準備をするなかで女性が摂りたい栄養素はさまざまあります。いろいろな栄養素を摂れるように、バランスのよい食事を心がけることが大切です。

体の冷えや睡眠不足は、妊活に影響を及ぼす場合があります。温かい飲み物を飲んで温活をしたり、睡眠時間をしっかり確保できるように早寝早起きを意識しながら妊活の準備をしましょう。

ブライダルチェックを受ける

病院で診察を受ける女性
szefei/Shutterstock.com
妊娠や出産に影響を与える病気を持っていないかなどの検査することを、ブライダルチェックと言います。

女性だけでなく、カップルで受けられるブライダルチェックもあります。ブライダルチェックは結婚をする前でも受診可能なため、妊活をしている人は積極的に受けるとよいでしょう。

妊娠前に行う検査

妊娠前に行う主な検査は以下の通りです。
  • 性病の検査
  • 風疹の抗体検査
  • 子宮がんや乳がんの検査
  • 子宮筋腫や卵巣嚢腫などの婦人科疾患の検査
  • 甲状腺の検査
  • 歯の検診
これらの検査で、自分は赤ちゃんを妊娠できる体かを確認することができます。

検査後に体に異常が発見された場合は、病気の治療や不妊治療を進めることができるため、早めにしっかり検査を受けることが大切です。

歯周病は早産のリスクが高まるという報告があります。口腔環境を整えることも妊活の準備で大切なことです。

妊活の準備は男性も必要?

妊活の準備は、男性にとっても重要なことです。生活習慣の見直しや妊娠前に行う検査を確認しましょう。

偏った食生活や睡眠不足、肥満などの生活習慣病やストレスなどが原因で、精子を作る力が弱まると考えられています。

不妊の主な疾患は、「造精機能障害」や「性機能障害」などがあげられます。精子を作る機能が正常に働かない状態のことを造精機能障害と言います。

造精機能障害は、喫煙やアルコールの大量摂取、サウナや長風呂などの高温環境が造精機能に影響を及ぼすという報告があります。

熱を発するノートパソコンを膝の上に置いて作業することも、よくないとされています。

2人目の妊活の準備について

2人目の妊活の準備について気になる方もいるかもしれません。2人目の妊娠を望む方のなかには、1人目は不妊治療なしで出産できたのに2人目がなかなか妊娠できないという人は多いようです。

年齢を重ねると、卵子の数や質が低下し、妊娠の確率が低くなると考えられています。また、男性も加齢とともに男性ホルモンを作る力が低下します。

1人目を出産したことで生活環境が変化し、育児に追われて性行為の回数が減るということもあるかもしれません。

2人目の妊活の準備では、夫婦間でのコミュニケーションやスキンシップを増やすことも大切です。

ストレスも妊活に影響を及ぼす場合があります。ストレス解消を心がけ、バランスのよい食生活や、適度な運動を取り入れるなど生活習慣を見直しながら妊活の準備をしましょう。

妊活の内容を知って準備をしよう

くつろぎながら話をする夫婦
milatas - stock.adobe.com
本格的に妊活を進める前に、妊娠や妊活のことについて調べながら準備をしたいと考える方もいるかもしれません。プレ妊活として、基礎体温計や基礎体温表を準備するとよいでしょう。

妊娠前は、性病検査や風疹の抗体検査など、男性が受ける検査もさまざまあります。生活習慣を見直して、パートナー同士で支え合いながら妊活の準備を進められるとよいですね。

監修:杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

No Image

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

杉山太朗の監修記事一覧(バックナンバー)

信州大学卒医学部卒業。東海大学医学部客員講師、日本産科婦人科学会専門医、母体保護法指定医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医。長年、大学病院で婦人科がん治療、腹腔鏡下手術を中心に産婦人科全般を診療。2017年田園調布オリーブレディースクリニック院長に就任。

患者さんのニーズに答えられる婦人科医療を目指し、最新の知識や技術を取り入れています。気軽に相談できる優しい診療を心がけています。

田園調布オリーブレディースクリニック

2020年03月18日

基礎知識の関連記事

  • 妊娠中はつわりや味覚の変化が多く、気を付けないといけないことも増えます。そのためどのような飲み物を飲んだらよいのか分からなくなることも。妊娠中におすすめしたいのは、身体を温めるホットの飲み物です。先輩ママたちはホットのどのような飲み物を飲んで、妊娠時期を過ごしていたのでしょうか。体験談をご紹介します

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 不妊検査に行ってみようと思っても、いつ、どのようなタイミングで病院に行くのがよいか迷ってしまうかもしれません。また、初めての不妊検査に行くことは不安な思いもあるでしょう。今回は不妊検査の初診に行くタイミングや、受診に必要なもの、準備しておくとよいことなどを紹介します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 不妊治療で、費用の自己負担がどのくらいになるのか心配する方は多いのではないでしょうか。2022年4月から不妊治療に対する保険適用範囲が拡大されるほか、自治体の助成金もあるため、工夫次第で負担を軽減できることをご存じですか。今回は、不妊治療にかかる費用について目安や具体的な事例、保険適用の範囲、どのくらい予算を用意しておけばよいか、費用を抑えるためにできることをご紹介します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 不妊治療には不安や悩みが付きものですが、その一つが費用負担の問題です。2022年4月からは不妊治療に対する保険適用範囲が拡大され、自治体に申請すればもらえる助成金もあり、工夫次第では以前よりも経済的負担を軽減できるようになりました。それに加え、この記事でお伝えしたいのは、不妊治療の費用を確定申告することで、税金が戻ってくること。「確定申告ってむずかしそう」「調べるのが面倒」という方に向け、メリットや手続きの方法などを解説いたします。

    福本眞也

  • 不妊にはさまざまな原因がありますが、年齢もその中の一つ。女性の人生では、年齢と妊娠の関係を考える機会が多いものですが、もちろん男性も無関係ではありません。妊娠する・させる力(妊孕力)は男女を問わず加齢によって減少します。この記事では、年齢が不妊に与える影響、対処法、妊娠のための生活習慣などを解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 不妊治療の結末は誰にも予想ができず、努力をしたからといって必ずしも望んでいた結果が得られるわけではない。「だからこそ、ゴールをどこに置くのかが重要」と産婦人科医の高尾美穂先生は話す。パートナーと同じゴールに向かって協力することが必要不可欠だが、不妊治療のゴールとはどのように設定するのがよいのだろうか

    高尾美穂

  • 世界で初めて体外受精による赤ちゃんが誕生したのが1978年。日本においても不妊治療を受ける方が増え、体外受精による出生児数も増えている。一方で「不妊治療を始める前に知っていただきたいことがある」と話すのは産婦人科医の高尾美穂先生。多忙な現代を生きるわたしたちは妊娠そのものをどう考えたらよいのだろうか

    高尾美穂

  • 妊娠37週から41週のママに起こる前駆陣痛。本陣痛の前に来る不規則な陣痛を指しますが、出産を控えて落ち着かない中で「この異変はもしかして本陣痛?」と勘違いしてしまうことも珍しくありません。この記事では、前駆陣痛の特徴や症状、その他の痛みとの違い、対処法や注意点、体験談をご紹介します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 「子どもがほしい」そう考える夫婦が妊娠・出産を目指して取り組む「妊活」。晩婚化が進む日本では、比例して妊娠・出産を希望する年齢も高くなり、「不妊治療」を受ける方も年々増加傾向にあります。そんな妊活や不妊治療を検討する際に役立つ、基礎知識から不妊治療の課題、海外の事例などを紹介した記事をまとめました。

  • 読者からお悩みを募集し、子育て、教育、健康など各分野の専門家にご回答いただく人生相談コーナー。今回は丸の内の森レディースクリニック院長の宋美玄先生が、「3年後に自然妊娠したい」というお悩みに答えます。

    宋美玄(ソンミヒョン)

  • 妊娠兆候のひとつである「インプランテーションディップ」。妊娠を希望する方や、妊活を経験された方は、一度は聞いたことがあるかもしれません。いつ頃に見られる現象なのか、見られなくても妊娠している可能性はあるのか。また基礎体温との関係や、妊娠検査薬はいつから使えるのか、など気になるポイントを解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • ふたごやみつごが生まれる割合は、約50年前と比較すると倍増していることを知っていますか?これには、不妊治療が関係しているようです。多胎妊娠のしくみや、母体と胎児それぞれのリスクや、備えておくことなどを田園調布オリーブレディースクリニック院長の杉山太朗先生に聞きました。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

カテゴリ一覧