【産婦人科医監修】これってつわりのぶり返し?原因と症状について

【産婦人科医監修】これってつわりのぶり返し?原因と症状について

つわりがぶり返したときの対処法

妊娠中、つわりに悩む妊婦さんはたくさんいるでしょう。治まったと思っていたつわりがぶり返してくるとお腹のなかの赤ちゃんに悪い影響があるのではと心配に思うかもしれません。つわりにぶり返しはあるのか、原因やぶり返したときの症状、対策などを解説します。

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

つわりとは

妊娠すると、ホルモンバランスが変化して身体にさまざまな変化が起きます。

つわりの症状は、吐き気や嘔吐、食欲不振、全身の倦怠感や唾液量の増加、頭痛、眠気、味覚の変化など人によってさまざまです。

妊娠初期である妊娠4週から妊娠6週頃に症状が現れて、妊娠6~10週頃にピークになります。

つわりの症状は一時的で、胎盤が完成する妊娠12週から16週頃には落ち着く場合が多いです。

つわりは妊娠すると起こる特徴的な体の変化ですが、明確な原因は明らかになっていません。

つわりがぶり返した?

妊娠16週頃になると胎盤が完成するので、つわりの症状が治まる人も増えますが、なかには治まったと思ったつわりが妊娠後期にぶり返したという妊婦さんもいます。

つわりの症状がぶり返したり、ひどくなるのにはどのような原因があるのでしょうか。

つわりがぶり返す原因

エコー写真
iStock.com/jeffhochstrasser
妊娠後期になるとお腹のなかの赤ちゃんが成長し、子宮もさらに大きくなります。

大きくなった子宮に胃や腸が圧迫されることが原因でつわりがぶり返すことがあります。

つわりがぶり返すと、妊婦さんはショックかもしれませんが、つわりは赤ちゃんが元気に育っている証拠なので心配しすぎないようにしましょう。

ぶり返すパターン

妊娠中につわりをぶり返すにはパターンがあります。

つわりのぶり返しのパターンを詳しく見ていきましょう。

妊娠初期に一度落ち着き、再びぶり返す

つわりが落ち着いたかと思ったら何日か後につわりがぶり返します。

妊娠初期の短い期間に何度も繰り返すパターンです。

妊娠初期に一度終わり、妊娠後期にぶり返す

妊娠初期に終わったと思ったつわりが妊娠後期になってぶり返す場合もあります。

妊娠中期は落ち着いていたけれど、妊娠後期に再びつわりの症状に悩まされる妊婦さんもいるようです。

つわりがぶり返したときの症状

妊娠初期のつわりの症状と同じように「吐き気」「嘔吐」「胃痛」「胸やけ」などの症状が見られます。

なかには、妊娠初期には感じなかった症状が、つわりがぶり返したときに現れたという人もいますが、つわりのぶり返しで「眠気」や「頭痛」を感じる人は少ない傾向があります。

つわりがぶり返したときの対処法

つわりがぶり返したときにはとのような対応をしたらよいのでしょうか。

食事量と回数を調整する

野菜スープ
iStock.com/YelenaYemchuk
妊娠中はお腹が大きくなり、胃が圧迫されるので、胃腸の活動が低下して、消化不良を起こしやすくなります。

食べすぎると胃がもっと圧迫されて吐き気を感じるため、1回に食べる量を減らして食べる回数を増やすと胃腸の負担が軽減されます。

消化のよいものを選ぶ

揚げ物や脂身の多い肉や魚、食物繊維の多い野菜は消化しにくく、つわりのぶり返しの症状を悪化させるかもしれません。

辛い物や甘いものは食べすぎにも注意が必要です。

妊娠中は胃腸の働きが低下するため、雑炊やうどん、野菜スープなど消化のよいもの選ぶようにしましょう。

消化のよい食べ物は胃への負担が少なく、吐き気や胃痛などの症状を緩和させることができるかもしれません。

お腹を締めつけすぎない

妊娠が進んでいくと、お腹もだんだん大きくなっていきます。
腹巻や骨盤ベルトを使っている妊婦さんもいるでしょう。

お腹を強く締めすぎるとつわりの症状が悪化するかもしれません。
おへそより上を圧迫しないようにベルトの位置や強さを調整しましょう。

お腹を圧迫しない姿勢を心がける

食後すぐに横になると胃酸が食道に逆流して逆流性食道炎になる可能性があります。

逆流性食道炎になると、吐き気や嘔吐、胃痛などの症状を引き起こすため注意が必要です。

クッションなどで上半身を起こしたり、お腹を圧迫しない姿勢が大事です。

つわりのぶり返しは胎児の成長

診察を受ける妊婦
iStock.com/SeventyFour

妊娠中につわりの症状に悩まされる人は多いと思います。

本来は落ち着いてくるといわれている妊娠16週頃や妊娠後期につわりがぶり返してくることもあります。

つわりのぶり返しにも短期間に何度も症状を繰り返す場合と、妊娠初期で一度落ち着いたつわりが妊娠中期や妊娠後期にまたぶり返してくるパターンがあります。

症状が落ち着いたと思ったら、再びつわりの症状が現れると焦るママもいるでしょう。

食事の量を減らして食事回数を増やしたり、消化のよい食べ物を選ぶ、お腹を圧迫しない体勢を心がけるとつわりの症状が和らぐかもしれません。

つわりの症状がぶり返したり、ひどくなると心配になるかもしれませんが、つわりのぶり返しは赤ちゃんが成長している証拠です。

自分にあったつわりの対策法で乗り切りましょう。

監修:杉山 太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

No Image

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)監修の記事一覧(バックナンバー)

信州大学卒医学部卒業。東海大学医学部客員講師、日本産科婦人科学会専門医、母体保護法指定医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医。長年、大学病院で婦人科がん治療、腹腔鏡下手術を中心に産婦人科全般を診療。2017年田園調布オリーブレディースクリニック院長に就任。

患者さんのニーズに答えられる婦人科医療を目指し、最新の知識や技術を取り入れています。気軽に相談できる優しい診療を心がけています。

田園調布オリーブレディースクリニック

2019年08月30日

基礎知識の関連記事

  • 読者からお悩みを募集し、子育て、教育、健康など各分野の専門家にご回答いただく人生相談コーナー。今回は丸の内の森レディースクリニック院長の宋美玄先生が、「3年後に自然妊娠したい」というお悩みに答えます。お悩みはオンラインで随時受付中!

    宋美玄(ソンミヒョン)

  • 妊娠兆候のひとつである「インプランテーションディップ」。妊娠を希望する方や、妊活を経験された方は、一度は聞いたことがあるかもしれません。いつ頃に見られる現象なのか、見られなくても妊娠している可能性はあるのか。また基礎体温との関係や、妊娠検査薬はいつから使えるのか、など気になるポイントを解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • ふたごやみつごが生まれる割合は、約50年前と比較すると倍増していることを知っていますか?これには、不妊治療が関係しているようです。多胎妊娠のしくみや、母体と胎児それぞれのリスクや、備えておくことなどを田園調布オリーブレディースクリニック院長の杉山太朗先生に聞きました。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 人によって治療期間や心理面、体調面の負担が大きく異なる不妊治療。周囲の人に相談できない、パートナーと足並みをそろえて取り組めないなどといった悩みをひとりで抱える人も多くいます。日本ではあまり普及していない「カウンセリング」を、不妊治療の場でも上手く活用するためには?生殖心理カウンセラーの平山史朗さんに話をうかがいました。

    平山史朗

  • 治療ステップによっては高額な医療費がかかる不妊治療。現在日本では人工授精以降の治療ステップは自己負担だが、2022年春をめどに保険適用の範囲を拡大する動きがある。実現すれば、経済的な理由で不妊治療をあきらめていた方たちにとって一つの転機になるが、海外では不妊治療の多くをすでに保険適用としている国も少なくない。いくつかの国を挙げ、不妊治療の経済的支援の事例をみていく。

  • ライフスタイルやキャリアの多様化に伴い、未婚、晩婚、晩産化が進んでいる。不妊治療を視野に入れたときに、費用や仕事との両立はどうなるのか。「不妊治療を始めようと決めたものの、お金のことや、どんな治療やサイクルで進めるのかイメージが沸かない」という方へ向けて、データと体験談で解説していく。

  • ライフスタイルやキャリアの多様化に伴い、未婚、晩婚、晩産化が進んでいる。不妊治療を視野に入れたときに、費用や仕事との両立はどうなるのか。「不妊治療を始めようと決めたものの、お金のことや、どんな治療やサイクルで進めるのかイメージが沸かない」という方へ向けて、データと体験談で解説していく。

  • ウイルスによって引き起こされる風疹は、免疫が十分にない人に対して強い感染力を持っています。妊娠時期に風疹にかかった場合、どのような影響があるか気になる人もいるのではないでしょうか。今回は、妊娠中に風疹にかかった場合の影響、風疹の予防接種後に妊娠がわかったときの対応、妊娠中の風疹の感染対策などについて解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 女性の体にさまざまな変化が起こる妊娠初期。この時期、どのような食べ物に注意したらよいのか気になる人もいるかもしれません。今回の記事では、妊娠初期の食べ物や、食べ物から摂りたい栄養素、妊娠初期のつわり対策などについて紹介します。

  • 妊娠中はホルモンバランスの乱れやつわりなど体にさまざまな変化が現れますが、なかでも気になるのが体重の増加。急激に体重が増えた場合、ダイエットをするべきか迷うこともあるのではないでしょうか。今回は、妊娠中に体重が増える原因や影響、体重管理のコントロールについて解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 子どもを出産したいと思ったときに後悔しないように、今から知っておきたい妊娠・妊活の正しい知識。前編では、妊娠・妊活にまつわる誤解についてお伝えしました。後編では、結婚適齢期がなくなっても、妊娠適齢期は変わらずにある現状をテーマに、新しい不妊治療の技術などについてお伝えします。

    浅田義正(医療法人浅田レディースクリニック理事長)

  • 「いつかは出産したい」「いつかは2人目がほしい」と考えている女性は多いのではないでしょうか。今回は、そんな「いつか」のために知っておきたい、妊娠・妊活の正しい知識をお伝えします。前編のテーマは、妊娠・妊活にまつわる誤解について。どのような誤解があるのか、なぜ誤解が生まれるのかを、産婦人科専門医の浅田先生にお話いただきました。

    浅田義正(医療法人浅田レディースクリニック理事長)

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ