【産婦人科医監修】妊娠中のおやつにナッツは食べても大丈夫?量や胎児への影響

【産婦人科医監修】妊娠中のおやつにナッツは食べても大丈夫?量や胎児への影響

ナッツに含まれる栄養分について

妊娠中のおやつにナッツ類を食べてもよいのか、控えた方がよいのか気になる人も多いかもしれません。ナッツ類を食べるとママやおなかの赤ちゃんにどんな影響があるのか、ナッツ類に含まれている栄養素、妊娠中のおやつにナッツを食べるときの注意点、摂取の目安量をまとめました。

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

妊娠中のナッツは控えた方がよい?

妊娠中、おやつに食べやすく満腹感を得やすいナッツ類を好んで食べている人もいるのではないでしょうか。食べ方に気をつけさえすれば、妊娠中にナッツ類を食べても問題はありません。ナッツに含まれる栄養素や購入するときの選び方を解説します。また妊娠中の摂取量と食べるときの注意点にはどのようなことがあるのでしょうか。

ナッツの種類

妊娠中に意識してとりたい栄養素が多く含まれているナッツの種類をご紹介します。

くるみ

くるみには、タンパク質や食物繊維、ビタミン、ミネラルなど妊娠中に摂取するとよい栄養素が豊富に含まれています。

くるみに多く含まれているオメガ3脂肪酸は血液をサラサラにする効果、悪玉コレステロールの排出を促す働きがあり、妊娠中の動脈硬化や妊娠高血圧症の予防改善が期待できます。

ストレス軽減作用やリラックス効果もあり、くるみは総合的に栄養価が高いナッツの一種です。

アーモンド

アーモンド
iStock.com/onairjiw

アーモンドには、ビタミンE、食物繊維、ビタミンB2、カルシウムなどの栄養素が豊富に含まれています。食物繊維はゴボウの約2倍含まれており、腸内環境を整える作用があるので便秘解消に効果的です。

カシューナッツ

カシューナッツには、亜鉛や鉄、ビタミンB1が豊富に含まれており、疲労回復に効果があります。

食感が柔らかく甘味があり、食べやすいのが特徴ですが、糖質が高いので食べすぎには注意が必要です。

ピーナッツ

ピーナッツは、厳密にはナッツ類ではなくマメ科の植物ですがナッツ類と同様に栄養価が高く、タンパク質、ビタミンEが豊富に含まれています。またオリゴ糖も含まれているため、腸内環境を整える効果が期待できます。

ピスタチオ

ピスタチオには、塩分を排出する効果があるカリウムが豊富に含まれており、高血圧症予防やむくみの解消の効果が期待できたり、コレステロールを低下させる効果もあります。

ナッツ類には、胎児の発育に欠かせない栄養素である葉酸が豊富に含まれているのも特徴です。妊娠中は、葉酸が不足しがちになりますが、数種類のナッツをミックスして食べることで、葉酸を含め妊娠中に必要な栄養素を手軽に摂取することができます。

妊娠中にナッツを食べるときの注意点

妊娠中はどのようなことに気をつけてナッツを食べるのがよいのでしょうか。

食べすぎない

ナッツの食べすぎを注意する妊婦
ilikeyellow/Shutterstock.com
ナッツ類は食べ始めると止まらなくなり、つい食べすぎてしまうこともあるでしょう。

ナッツは栄養価が非常に高く妊娠中、積極的に摂取したい食材ですが、脂質が多くカロリーも高いので、食べすぎると太る原因になってしまいます。妊娠中は、おやつとして少量食べる程度にしましょう。


無塩無糖のナッツを選ぶ

ナッツ入りチョコレート、おつまみ用のナッツなどは、油で揚げていたり、塩分や糖分を多く含むものもあります。塩分や糖分の摂りすぎにならないように、妊娠中は味付けされてない無添加のナッツを選ぶようにしてください。

また、くるみなどのナッツに含まれている不飽和脂肪酸はとても酸化しやすい成分です。購入後は密閉容器に入れ冷蔵庫など高温多湿を避け保存するようにしましょう。一回で食べきれるような小分けのものを購入するのがおすすめです。


加熱しない

くるみに多く含まれるオメガ3脂肪酸は、血液の流れを保ち、善玉コレステロールを増やし、骨密度の低下を防ぐと言われています。

しかし、熱に弱いため加熱すると成分が変わってしまったり、酸化しやすいため加熱せずにそのまま摂取するようにしましょう。

妊娠中のナッツの目安の摂取量

妊娠中は、体重管理のため過剰摂取は避けましょう。ナッツ類10gあたりのカロリーの目安は以下の通りです。

  • くるみ:約67キロカロリー
  • アーモンド:約60キロカロリー
  • ピーナッツ:約56キロカロリー
  • カシューナッツ:約58キロカロリー
  • ピスタチオ:約62キロカロリー
出典:日本食品標準成分表2015年版(七訂)/文部科学省
ナッツ類は比較的カロリーが高い食べ物です。妊娠中のおやつに食べるときは、1日の摂取量を片手でつかめる15~30g(10~20粒)前後にしましょう。噛みごたえがあるので少量でも満腹感を得やすいです。

妊娠中のおやつは適量のナッツをバランスよく食べましょう

ナッツを食べる妊婦さん
3dvin/Shutterstock.com

元気な赤ちゃんを産むためにも、妊娠中の食生活、体重管理はとても大切です。栄養バランスのよい食事が妊婦さんやおなかの赤ちゃんの健康を守ることにも繋がります。

ナッツにも種類があり、ビタミン、食物繊維、ミネラル、カルシウムなどの栄養素が豊富に含まれています。妊娠中に不足しがちな栄養素を補うことができます。ただし、たくさん食べると腸内で脂肪分と水分が分かれて上手く消化されずに便秘を悪化させる可能性もあります。食べ過ぎに注意しながら、おやつなどで適切な量を食べるようにしましょう。

監修:杉山 太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

No Image

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)監修の記事一覧(バックナンバー)

信州大学卒医学部卒業。東海大学医学部客員講師、日本産科婦人科学会専門医、母体保護法指定医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医。長年、大学病院で婦人科がん治療、腹腔鏡下手術を中心に産婦人科全般を診療。2017年田園調布オリーブレディースクリニック院長に就任。

患者さんのニーズに答えられる婦人科医療を目指し、最新の知識や技術を取り入れています。気軽に相談できる優しい診療を心がけています。

田園調布オリーブレディースクリニック

2019年08月09日

専門家のコメント
32
    ゆう先生 保育士
    アーモンドやナッツは、美容効果もありますし、妊娠中でも食べたいですよね!妊娠中に不足がちな
    かよう先生 保育士
    食べすぎはよくないとと思っていたので目安の摂取量や食べ方を工夫したら食べられると知って安心
    ゆり先生 保育士
    食べすぎはどんなものでも良くありませんよね
    適度な量を楽しんでくださいね
    わたしは昔味のつ
    のの先生 保育士
    ナッツいいですよね。どんな食べ物でも過剰に摂取してはいけません。適度な量を食べる分には問題
    せおみ先生 保育士
    何でも過度な摂取はよくないですよね。ナッツ系は栄養価も高く食べやすいので良いですね。妊娠中
    ゆきんこ先生 保育士
    ナッツには栄養もたくさんあるので、妊娠中は無縁のものを選び購入して食べていました。
    普通の
    ぺち先生 保育士
    食べ過ぎは良くないと思いますが、栄養価も高いですし食べるのいいと思います!妊娠期、肌が荒れ
    あー先生 保育士
    あーもんどやナッツ類は食べた方がいいと産院でも言われたので、コンビニなどに売っている、小魚
    めい先生 保育士
    あまり気にせず食べていました。
    どんな食べ物も摂りすぎは良くないので、ナッツは食べても少し
    のんの先生 保育士
    妊娠中は、ナッツやグラノーラ等をおやつとして食べていました。
    夏にも、塩分や糖分が多く含ま
    いちご先生 保育士
    何事もほどほどに!が鉄則ですよね。適量なら問題ないと思います。栄養もあるので、食べる量を守
    たんぽぽ先生 保育士
    アーモンドチョコやピーナッツチョコなど食べてしまっていました笑
    でもあまり食べすぎるとピー
    くじら先生 保育士
    小腹が空いた時に、スナック菓子よりは身体にいいかなと思ってアーモンドをよく食べていました。
    いちぽ先生 保育士
    ナッツは体にいいと言われていますよね。
    ダイエットもあるくらいですし。でも無塩じゃないもの
    すみっこ先生 保育士
    どんなものでも度が過ぎない程度ならば問題ないと思います!
    産後の今もナッツ類はたまに食べて
    まあ先生 保育士
    ナッツ類は栄養豊富なので取っても問題ないのでは?と思います。もちろん食べすぎは良くないです
コメントをもっと見る

基礎知識の関連記事

  • 読者からお悩みを募集し、子育て、教育、健康など各分野の専門家にご回答いただく人生相談コーナー。今回は丸の内の森レディースクリニック院長の宋美玄先生が、「3年後に自然妊娠したい」というお悩みに答えます。お悩みはオンラインで随時受付中!

    宋美玄(ソンミヒョン)

  • 妊娠兆候のひとつである「インプランテーションディップ」。妊娠を希望する方や、妊活を経験された方は、一度は聞いたことがあるかもしれません。いつ頃に見られる現象なのか、見られなくても妊娠している可能性はあるのか。また基礎体温との関係や、妊娠検査薬はいつから使えるのか、など気になるポイントを解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • ふたごやみつごが生まれる割合は、約50年前と比較すると倍増していることを知っていますか?これには、不妊治療が関係しているようです。多胎妊娠のしくみや、母体と胎児それぞれのリスクや、備えておくことなどを田園調布オリーブレディースクリニック院長の杉山太朗先生に聞きました。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 人によって治療期間や心理面、体調面の負担が大きく異なる不妊治療。周囲の人に相談できない、パートナーと足並みをそろえて取り組めないなどといった悩みをひとりで抱える人も多くいます。日本ではあまり普及していない「カウンセリング」を、不妊治療の場でも上手く活用するためには?生殖心理カウンセラーの平山史朗さんに話をうかがいました。

    平山史朗

  • 治療ステップによっては高額な医療費がかかる不妊治療。現在日本では人工授精以降の治療ステップは自己負担だが、2022年春をめどに保険適用の範囲を拡大する動きがある。実現すれば、経済的な理由で不妊治療をあきらめていた方たちにとって一つの転機になるが、海外では不妊治療の多くをすでに保険適用としている国も少なくない。いくつかの国を挙げ、不妊治療の経済的支援の事例をみていく。

  • ライフスタイルやキャリアの多様化に伴い、未婚、晩婚、晩産化が進んでいる。不妊治療を視野に入れたときに、費用や仕事との両立はどうなるのか。「不妊治療を始めようと決めたものの、お金のことや、どんな治療やサイクルで進めるのかイメージが沸かない」という方へ向けて、データと体験談で解説していく。

  • ライフスタイルやキャリアの多様化に伴い、未婚、晩婚、晩産化が進んでいる。不妊治療を視野に入れたときに、費用や仕事との両立はどうなるのか。「不妊治療を始めようと決めたものの、お金のことや、どんな治療やサイクルで進めるのかイメージが沸かない」という方へ向けて、データと体験談で解説していく。

  • ウイルスによって引き起こされる風疹は、免疫が十分にない人に対して強い感染力を持っています。妊娠時期に風疹にかかった場合、どのような影響があるか気になる人もいるのではないでしょうか。今回は、妊娠中に風疹にかかった場合の影響、風疹の予防接種後に妊娠がわかったときの対応、妊娠中の風疹の感染対策などについて解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 女性の体にさまざまな変化が起こる妊娠初期。この時期、どのような食べ物に注意したらよいのか気になる人もいるかもしれません。今回の記事では、妊娠初期の食べ物や、食べ物から摂りたい栄養素、妊娠初期のつわり対策などについて紹介します。

  • 妊娠中はホルモンバランスの乱れやつわりなど体にさまざまな変化が現れますが、なかでも気になるのが体重の増加。急激に体重が増えた場合、ダイエットをするべきか迷うこともあるのではないでしょうか。今回は、妊娠中に体重が増える原因や影響、体重管理のコントロールについて解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 子どもを出産したいと思ったときに後悔しないように、今から知っておきたい妊娠・妊活の正しい知識。前編では、妊娠・妊活にまつわる誤解についてお伝えしました。後編では、結婚適齢期がなくなっても、妊娠適齢期は変わらずにある現状をテーマに、新しい不妊治療の技術などについてお伝えします。

    浅田義正(医療法人浅田レディースクリニック理事長)

  • 「いつかは出産したい」「いつかは2人目がほしい」と考えている女性は多いのではないでしょうか。今回は、そんな「いつか」のために知っておきたい、妊娠・妊活の正しい知識をお伝えします。前編のテーマは、妊娠・妊活にまつわる誤解について。どのような誤解があるのか、なぜ誤解が生まれるのかを、産婦人科専門医の浅田先生にお話いただきました。

    浅田義正(医療法人浅田レディースクリニック理事長)

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ