【産婦人科医監修】妊娠29週目(妊娠8ヶ月)を迎えた妊婦さんと赤ちゃん

【産婦人科医監修】妊娠29週目(妊娠8ヶ月)を迎えた妊婦さんと赤ちゃん

妊娠8ヶ月である妊娠29週目は、安定期といわれる妊娠中期を終えて妊娠後期が始まったところです。妊娠29週の妊婦さんの体調や、赤ちゃんの様子を医学博士で産婦人科医、田園調布オリーブレディースクリニック院長の杉山太朗先生監修のもと解説します。

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

妊娠週数29週目とはどんな時期?

妊娠29週は週数でいうと、妊娠8ヶ月の2週目です。安定期とよばれていた妊娠中期をすぎ、妊娠後期に入ったところです。

妊娠29週目の妊婦さんの特徴

安定期をすぎた妊娠8ヶ月、妊娠29週目の妊婦さんについて詳しく見ていきましょう。

体調

気持ちが不安定な妊婦さん
iStock.com/baona
胎動の激しさで夜中に起きてしまい、眠りが浅くなる妊婦さんもいるようです。

子宮が大きくなり、胃を圧迫するので、胃もたれを感じたり、女性ホルモンの変化やお腹が大きくなって思うように動けなくなることからイライラしたり、気持ちが不安定になりやすい時期です。

お腹の大きさ

子宮底は、おへそとみぞおちの間くらいに達します。お腹がかなり前にせり出し、胃を圧迫するくらい大きくなるので、足元が見えづらくなります。

妊娠29週目の妊婦さんの身体

お腹の上からでも分かるくらいに胎動が激しくなります。

お腹が大きくなって、体重が増加すると、足に負担がかかって足がつることが増えたり、お腹の張りを感じやすくなります。子宮が大きくなって、下大静脈を圧迫するので特に手足がむくみやすくなるのも妊娠中の特徴です。血圧が上がり、少し動いただけで息切れを感じる人もいるでしょう。

妊娠29週の健診で逆子といわれることがあるかもしれませんが、妊娠8ヶ月はまだお腹のなかに赤ちゃんが動き回れるスペースがあるので、自然と治ることもあります。心配しすぎないようにしましょう。

ホルモンの影響で、1度おさまったおりものの量がまた増えてきます。妊娠29週目は、赤ちゃんが大きく成長するので、妊婦さんの体重も一気に増加します。

妊娠29週目の赤ちゃん

赤ちゃんの身体

妊娠29週の赤ちゃんの身長は、40㎝程度です。赤ちゃんの体重は平均で1100g~1600gくらいに成長します。皮膚の表面のしわが伸びて、なめらかになり、肌の色も白くなってきます。

胎内での様子

エコー写真
iStock.com/AlexRaths
超音波(エコー)検査で、左右の肺や心臓の各部屋の大きさや弁の動き、心拍数なども確認できるようになります。妊娠29週になると、知覚や記憶を司る大脳皮質が細かく形成され、脳のしわができ始めます。脳の発達が進み、赤ちゃんは自分で体温調節ができるようになります。また、喜んだり、悲しんだり感受性を備えるのは、この時期です。

妊娠29週目のうちにやっておきたいこと

昼寝を取り入れる

妊娠29週になると、胎動が激しくなり、胎動で夜中に起きてしまうママもいるようです。

夜中に起きてしまい、睡眠不足になったときは、我慢せず昼寝の時間をとるなど工夫しましょう。

入院や赤ちゃんとの生活の準備を始める

妊娠29週ころになったら、いつ入院しても大丈夫なように入院に必要なパジャマや授乳用ブラジャー、T字帯などを揃えて入院、出産準備を始めましょう。赤ちゃんの衣類や寝具などもこの時期にはそろえておけるとよいですね。

出産後の赤ちゃんの部屋をどこにするか、ベビーベッドの位置などを考えると出産がより楽しみになるかもしれませんね。

イライラ解消

ホルモンバランスの関係やお腹が大きくなり、思うように動けなくなることや、出産への不安などから情緒が不安定になりやすい時期です。親やパパなど話せる人に気持ちを話してみたり、自分の好きなことに熱中したり、友達に会うなどイライラを解消できるようにしましょう。

その日の家事はやらずに横になり休息をとる日をつくるなど割り切ることもよいかもしれません。

赤ちゃんに話しかける

この時期、赤ちゃんに感情が生まれ始めます。一説では胎内の記憶などを持つようになるというのもこの時期です。ママのうれしい気持ちや楽しみな気持ちが赤ちゃんに伝わったり、この時期に話しかけた言葉をおぼえているかもしれません。早く会いたい気持ちをお腹のなかの赤ちゃんに話しかけてみましょう。

妊娠29週目の妊婦さんが注意すること

無理なダイエットはしない

赤ちゃんはより大きく成長し、エネルギーが必要になるので、つい食べ過ぎてしまう人もいるかもしれません。しかし、体重が増加しすぎると、妊娠高血圧症や妊娠糖尿病などの病気の心配が出てきます。

しかし妊娠高血圧症や妊娠糖尿病などの病気を心配して、妊婦さんが無理なダイエットするとお腹の赤ちゃんに十分な栄養がいきわたらなくなります。タンパク質やビタミンなどをしっかり摂り、バランスのよい食事を心がけることが大切です。

おりもの対策

妊娠29週になると、1度落ち着いていたおりものがホルモンの関係で再び増えてきます。おりものは、腟内に雑菌が入ったり繁殖するのを防いでくれる役割があります。特に妊娠中は、免疫力が低下していて感染症にかかりやすいので、おりものを洗い流すよりもおりものシートを活用したり、通気性のよい下着を身に着け不快感を減らせるように工夫しましょう。

おりものの色や匂いがいつもと違うときには感染症にかかっている可能性があるので、早めに受診することが重要です。

妊娠線対策

お腹が大きくなってくるので、妊娠線ができ始める時期です。妊娠線は特にお腹にできやすいですが、脂肪がつきやすい胸や足などにもできやすいです。

妊娠線は、1度できると消えないので、お風呂上りや乾燥を感じるときなどに妊娠線専用のクリームやオイルをたっぷり塗ることが大事です。

落ち着いているときも無理は禁物

妊婦さんと旦那さん
iStock.com/Punnarong

妊娠8ヶ月の妊娠29週は、安定期ではなく妊娠後期です。ときには痛いくらいに元気な胎動を感じる時期です。お腹はさらに大きくなり、赤ちゃんの成長をこれまで以上に感じられるかもしれませんね。

妊婦さんはまだ動ける時期ですが、お腹が大きくなることでお腹の張りを頻繁に感じるようになったり、むくみや1度落ち着いていたおりものが再び多くなったり、身体のマイナートラブルを感じることが多くなるかもしれません。症状が出ていないときに動けるからと、家事や仕事を頑張りすぎて無理をしないように、身体の変化を感じたらすぐに休憩をとるようにしましょう。

妊娠29週は、身体の変化についていくのが大変かもしれませんが、妊婦生活も後半戦です。赤ちゃんとの生活を考えながら、お腹のなかの赤ちゃんにたくさん話しかけて、限られた妊婦さんの時間を大切にすごしましょう。

監修:杉山 太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

No Image

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)監修の記事一覧(バックナンバー)

信州大学卒医学部卒業。東海大学医学部客員講師、日本産科婦人科学会専門医、母体保護法指定医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医。長年、大学病院で婦人科がん治療、腹腔鏡下手術を中心に産婦人科全般を診療。2017年田園調布オリーブレディースクリニック院長に就任。

患者さんのニーズに答えられる婦人科医療を目指し、最新の知識や技術を取り入れています。気軽に相談できる優しい診療を心がけています。

田園調布オリーブレディースクリニック

2019年07月23日

専門家のコメント
20
    かよう先生 保育士
    さらにお腹が大きくなって出てくる体調面の変化や気持ちの面の変化を把握しておきたいですね。
    せおみ先生 保育士
    お腹もだいぶおおきくなってきたころですよね。ずっしり重たくもなり、安定期とは変わって身体の
    あー先生 保育士
    夜寝ている時足がつることが何度かありました!そのせいで夜中に起きてしまうことがあったので、
    めい先生 保育士
    赤ちゃんには思い出した時に話しかけたり、絵本を読んだりしていました。胎動で目が覚めることは
    のの先生 保育士
    あともう少しで臨月ですね。お腹もすっかり大きくなり胎動は少し痛みを伴うほど元気ですよね。妊
    いちご先生 保育士
    とにかく赤ちゃんにたくさんお話して、絵本読んだり歌を歌ったりキックあそびというのも胎児とし
    ぺち先生 保育士
    安定期も終わり、そろそろ赤ちゃんに会えるなぁ!と楽しみになってくる時期ですね。私は8ヶ月ご
    くじら先生 保育士
    夜寝る時になるとなぜだか胎動が激しく感じました。頻尿もあったので夜中に何度か起きてトイレに
    いちぽ先生 保育士
    妊娠8ヶ月になるとお腹もだいぶでできて、どんなにスマートな妊婦さんも周りから気づかれるんじ
    すみっこ先生 保育士
    まだまだお腹は大きくなる途中ですね!胎動は大きな動きで『ぐるん』と回るような感じだったこと
コメントをもっと見る

基礎知識の関連記事

  • 読者からお悩みを募集し、子育て、教育、健康など各分野の専門家にご回答いただく人生相談コーナー。今回は丸の内の森レディースクリニック院長の宋美玄先生が、「3年後に自然妊娠したい」というお悩みに答えます。お悩みはオンラインで随時受付中!

    宋美玄(ソンミヒョン)

  • 妊娠兆候のひとつである「インプランテーションディップ」。妊娠を希望する方や、妊活を経験された方は、一度は聞いたことがあるかもしれません。いつ頃に見られる現象なのか、見られなくても妊娠している可能性はあるのか。また基礎体温との関係や、妊娠検査薬はいつから使えるのか、など気になるポイントを解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • ふたごやみつごが生まれる割合は、約50年前と比較すると倍増していることを知っていますか?これには、不妊治療が関係しているようです。多胎妊娠のしくみや、母体と胎児それぞれのリスクや、備えておくことなどを田園調布オリーブレディースクリニック院長の杉山太朗先生に聞きました。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 人によって治療期間や心理面、体調面の負担が大きく異なる不妊治療。周囲の人に相談できない、パートナーと足並みをそろえて取り組めないなどといった悩みをひとりで抱える人も多くいます。日本ではあまり普及していない「カウンセリング」を、不妊治療の場でも上手く活用するためには?生殖心理カウンセラーの平山史朗さんに話をうかがいました。

    平山史朗

  • 治療ステップによっては高額な医療費がかかる不妊治療。現在日本では人工授精以降の治療ステップは自己負担だが、2022年春をめどに保険適用の範囲を拡大する動きがある。実現すれば、経済的な理由で不妊治療をあきらめていた方たちにとって一つの転機になるが、海外では不妊治療の多くをすでに保険適用としている国も少なくない。いくつかの国を挙げ、不妊治療の経済的支援の事例をみていく。

  • ライフスタイルやキャリアの多様化に伴い、未婚、晩婚、晩産化が進んでいる。不妊治療を視野に入れたときに、費用や仕事との両立はどうなるのか。「不妊治療を始めようと決めたものの、お金のことや、どんな治療やサイクルで進めるのかイメージが沸かない」という方へ向けて、データと体験談で解説していく。

  • ライフスタイルやキャリアの多様化に伴い、未婚、晩婚、晩産化が進んでいる。不妊治療を視野に入れたときに、費用や仕事との両立はどうなるのか。「不妊治療を始めようと決めたものの、お金のことや、どんな治療やサイクルで進めるのかイメージが沸かない」という方へ向けて、データと体験談で解説していく。

  • ウイルスによって引き起こされる風疹は、免疫が十分にない人に対して強い感染力を持っています。妊娠時期に風疹にかかった場合、どのような影響があるか気になる人もいるのではないでしょうか。今回は、妊娠中に風疹にかかった場合の影響、風疹の予防接種後に妊娠がわかったときの対応、妊娠中の風疹の感染対策などについて解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 女性の体にさまざまな変化が起こる妊娠初期。この時期、どのような食べ物に注意したらよいのか気になる人もいるかもしれません。今回の記事では、妊娠初期の食べ物や、食べ物から摂りたい栄養素、妊娠初期のつわり対策などについて紹介します。

  • 妊娠中はホルモンバランスの乱れやつわりなど体にさまざまな変化が現れますが、なかでも気になるのが体重の増加。急激に体重が増えた場合、ダイエットをするべきか迷うこともあるのではないでしょうか。今回は、妊娠中に体重が増える原因や影響、体重管理のコントロールについて解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 子どもを出産したいと思ったときに後悔しないように、今から知っておきたい妊娠・妊活の正しい知識。前編では、妊娠・妊活にまつわる誤解についてお伝えしました。後編では、結婚適齢期がなくなっても、妊娠適齢期は変わらずにある現状をテーマに、新しい不妊治療の技術などについてお伝えします。

    浅田義正(浅田レディースクリニック院長)

  • 「いつかは出産したい」「いつかは2人目がほしい」と考えている女性は多いのではないでしょうか。今回は、そんな「いつか」のために知っておきたい、妊娠・妊活の正しい知識をお伝えします。前編のテーマは、妊娠・妊活にまつわる誤解について。どのような誤解があるのか、なぜ誤解が生まれるのかを、産婦人科専門医の浅田先生にお話いただきました。

    浅田義正(浅田レディースクリニック院長)

カテゴリ一覧