【産婦人科医監修】妊娠中ノンアルコールなら飲んでも大丈夫?種類と見極め方

【産婦人科医監修】妊娠中ノンアルコールなら飲んでも大丈夫?種類と見極め方

ノンアルコール飲料を選ぶときの注意点

妊娠中にアルコールが飲みたくなったとき、ノンアルコールは大丈夫なのか気になる妊婦さんがいるかもしれません。妊娠中にノンアルコールの飲み物を選ぶときの見極め方のポイントと注意点をご紹介します。

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

妊娠中の飲み物

妊娠中の飲み物はカフェインの摂りすぎがよくないなどお腹のなかの赤ちゃんへの影響を考えて飲み物にも気を遣う妊婦さんが多いでしょう。

妊娠中のアルコールは控えた方がよいですが、妊娠前に毎日アルコールを飲んでいた人やお酒が好きな人はアルコールを完全に我慢することがつらいと感じる人もいるかもしれません。

ノンアルコールビールやノンアルコールワインなど妊娠中でもノンアルコールであれば飲んでも大丈夫なのでしょうか。

妊娠中にノンアルコールの飲み物を飲むことについて詳しく見ていきます。

ノンアルコールを見極めるときの注意点

ノンアルコールにはアルコールが1%未満のものとアルコールが全く入っていないものがあります。

アルコールが0.05%以下であればノンアルコールと表示ができるため、ノンアルコールの表示がある飲み物でもアルコールが含まれている場合があるので注意が必要です。

1%未満のアルコールでも、蓄積されるとお腹のなかの赤ちゃんに影響します。

妊娠中は、アルコールゼロ(アルコール0%)と表示があるものを選ぶようにしましょう。

ノンアルコール商品の種類

さまざまな種類のお酒
iStock.com/LauriPatterson

ノンアルコールの飲み物は、ビール以外にも販売されています。

「ノンアルコールワイン」や「ノンアルコール梅酒」「ノンアルコールカクテル」「ノンアルコール焼酎」などさまざまな種類が出ているので好きな味を見つけられるでしょう。

「ノンアルコールビール」にもアルコールゼロ、カロリーゼロ、糖質ゼロなど素材にこだわっている商品も多く販売されているので、表示をよく見て選ぶことをおすすめします。

妊娠中ノンアルコール飲料を飲むときの注意点

ノンアルコール飲料でも妊娠中に飲むときには以下のようなことに注意しましょう。

飲みすぎない

ノンアルコールビール
Brent Hofacker/Shutterstock.com

ノンアルコールの飲み物でも、アルコールを摂取していると脳が勘違いをして酔ったときのように気分が高揚したり、酔ってるような感覚になる人がいます。これは「プラシーボ効果」と呼ばれます。

医学的な根拠は解明されていませんが、脳の錯覚で酔っているような感覚になっているので心配しすぎなくても大丈夫ですが、ノンアルコールの飲み物でも酔ったときのような状態になる場合があることを知っておくことが大事です。

また、飲みすぎは身体を冷やす原因になります。身体が冷えると血液循環が悪くなり、老廃物が溜まって脂肪がつきやすくなるので注意が必要です。

国内産を選ぶ

日本メーカーでノンアルコールとして販売されている飲み物は、国内の検査基準をクリアしたものが販売されています。

国内製品でアルコール度数0.00%と記載されている飲み物は、アルコールが完全にゼロなので妊娠中に飲んでも大丈夫です。

しかし輸入品の場合は、国内の基準とは違いがあるため、ノンアルコールと記載がされていても微量のアルコールを含んでいる可能性があります。

原材料を確認して、心配なときは安全な国内産を選ぶようにしましょう。

カロリーに注意する

ノンアルコールの飲み物にもさまざまな種類があり、アルコールが入ってないことは共通していますが、それぞれの飲み物のカロリーには違いがあります。

ノンアルコールは、アルコール飲料よりもカロリーが低めですが、炭酸が含まれています。炭酸には食欲増進効果があるため、ノンカロリーの飲み物といっしょに食べ物を食べてしまうとカロリーオーバーになる可能性があります。

カロリーがどれくらいあるのかを確認して、なるべくカロリーが低いものを選ぶようにしましょう。

妊娠中のノンアルコールは選び方が大事

妊婦さんがお酒を飲むときの注意
iStock.com/michal_staniewski

妊娠中にどうしてもお酒が飲みたくなったときには、ノンアルコールの飲み物を選ぶことが大切です。

ノンアルコール飲料にもノンアルコールビールやノンアルコールワイン、ノンアルコールカクテル、ノンアルコール焼酎などさまざまな種類があるので、好きな味や気分に合わせて選べるでしょう。

ノンアルコールの飲み物には、ノンアルコールの表示がされていてもアルコールが微量に含まれているものもあるため、アルコールゼロ(アルコール0%)と表示されている完全にアルコールが含まれないものを選ぶことが重要です。

監修:杉山 太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

No Image

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)監修の記事一覧(バックナンバー)

信州大学卒医学部卒業。東海大学医学部客員講師、日本産科婦人科学会専門医、母体保護法指定医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医。長年、大学病院で婦人科がん治療、腹腔鏡下手術を中心に産婦人科全般を診療。2017年田園調布オリーブレディースクリニック院長に就任。

患者さんのニーズに答えられる婦人科医療を目指し、最新の知識や技術を取り入れています。気軽に相談できる優しい診療を心がけています。

田園調布オリーブレディースクリニック

2019年06月27日

専門家のコメント
34
    かよう先生 保育士
    ノンアルコールにもいろんな種類があって妊娠中でも楽しめると思いました。
    選び方が重要ですね
    ゆう先生 保育士
    ノンアルコールに、こんなにも種類があるなんて知りませんでした。カロリーゼロや糖質ゼロなど、
    ゆう先生 保育士
    ノンアルコールに、こんなにも種類があるなんて知りませんでした。カロリーゼロや糖質ゼロなど、
    ひより先生 保育士
    ノンアルコールとアルコール0では意味合いがちがうようですね。お腹の赤ちゃんへの影響も考慮し
    なこ先生 保育士
    ノンアルコールは飲みませんでしたが、今の時代はノンアルコールでたのしめるんですね。安心して
    いちご先生 保育士
    ノンアルコールにも様々な種類があるのですね。表示をよく見て選べば忘年会や新年会の多いこの時
    せおみ先生 保育士
    ノンアルコールでも微量なアルコールが入っていることがあるのですね。知りませんでした。気をつ
    ゆきんこ先生 保育士
    ノンアルコールでも微量のアルコールが入っていたりするので妊娠中には飲まないようにしていまし
    ぺち先生 保育士
    ノンアルコールも何か心配だったので一切飲んでいないです!炭酸ジュースで我慢しました!
    あー先生 保育士
    週末頑張ったご褒美に一本だけ0キロカロリーのノンアルコールチューハイ飲んでました!産まれた
    めい先生 保育士
    妊娠中、ノンアルコールは飲めるものがあるんですね。表記までしっかり確認して、赤ちゃんへの影
    のの先生 保育士
    ノンアルコールは飲んでも大丈夫です。梅酒などはよく再現されていて気分だけですが楽しめます。
    こと先生 保育士
    お酒が苦手なので、ノンアルコール飲料も飲むことなかったですが、お酒好きの方ならアルコールゼ
    いちご先生 保育士
    ノンアルコールでもアルコール0というものでも私は一切摂取しませんでした。大丈夫だとは言い切
    くじら先生 保育士
    元々あまりお酒が得意ではないためノンアルコールドリンクを飲みたいと思うことが無かったです。
    ひよひよ先生 保育士
    飲みたくなる時だってありますよね!
    オールフリーのビールには微量のアルコールが入ってると聞
    みー先生 保育士
    ノンアルコールにも種類があるとは知りませんでした!
    きちんと知って選べば妊娠中でも気分だけ
コメントをもっと見る

基礎知識の関連記事

  • ふたごやみつごが生まれる割合は、約50年前と比較すると倍増していることを知っていますか?これには、不妊治療が関係しているようです。多胎妊娠のしくみや、母体と胎児それぞれのリスクや、備えておくことなどを田園調布オリーブレディースクリニック院長の杉山太朗先生に聞きました。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 人によって治療期間や心理面、体調面の負担が大きく異なる不妊治療。周囲の人に相談できない、パートナーと足並みをそろえて取り組めないなどといった悩みをひとりで抱える人も多くいます。日本ではあまり普及していない「カウンセリング」を、不妊治療の場でも上手く活用するためには?生殖心理カウンセラーの平山史朗さんに話をうかがいました。

    平山史朗

  • 治療ステップによっては高額な医療費がかかる不妊治療。現在日本では人工授精以降の治療ステップは自己負担だが、2022年春をめどに保険適用の範囲を拡大する動きがある。実現すれば、経済的な理由で不妊治療をあきらめていた方たちにとって一つの転機になるが、海外では不妊治療の多くをすでに保険適用としている国も少なくない。いくつかの国を挙げ、不妊治療の経済的支援の事例をみていく。

  • ライフスタイルやキャリアの多様化に伴い、未婚、晩婚、晩産化が進んでいる。不妊治療を視野に入れたときに、費用や仕事との両立はどうなるのか。「不妊治療を始めようと決めたものの、お金のことや、どんな治療やサイクルで進めるのかイメージが沸かない」という方へ向けて、データと体験談で解説していく。

  • ライフスタイルやキャリアの多様化に伴い、未婚、晩婚、晩産化が進んでいる。不妊治療を視野に入れたときに、費用や仕事との両立はどうなるのか。「不妊治療を始めようと決めたものの、お金のことや、どんな治療やサイクルで進めるのかイメージが沸かない」という方へ向けて、データと体験談で解説していく。

  • ウイルスによって引き起こされる風疹は、免疫が十分にない人に対して強い感染力を持っています。妊娠時期に風疹にかかった場合、どのような影響があるか気になる人もいるのではないでしょうか。今回は、妊娠中に風疹にかかった場合の影響、風疹の予防接種後に妊娠がわかったときの対応、妊娠中の風疹の感染対策などについて解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 女性の体にさまざまな変化が起こる妊娠初期。この時期、どのような食べ物に注意したらよいのか気になる人もいるかもしれません。今回の記事では、妊娠初期の食べ物や、食べ物から摂りたい栄養素、妊娠初期のつわり対策などについて紹介します。

  • 妊娠中はホルモンバランスの乱れやつわりなど体にさまざまな変化が現れますが、なかでも気になるのが体重の増加。急激に体重が増えた場合、ダイエットをするべきか迷うこともあるのではないでしょうか。今回は、妊娠中に体重が増える原因や影響、体重管理のコントロールについて解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 子どもを出産したいと思ったときに後悔しないように、今から知っておきたい妊娠・妊活の正しい知識。前編では、妊娠・妊活にまつわる誤解についてお伝えしました。後編では、結婚適齢期がなくなっても、妊娠適齢期は変わらずにある現状をテーマに、新しい不妊治療の技術などについてお伝えします。

    浅田義正(浅田レディースクリニック院長)

  • 「いつかは出産したい」「いつかは2人目がほしい」と考えている女性は多いのではないでしょうか。今回は、そんな「いつか」のために知っておきたい、妊娠・妊活の正しい知識をお伝えします。前編のテーマは、妊娠・妊活にまつわる誤解について。どのような誤解があるのか、なぜ誤解が生まれるのかを、産婦人科専門医の浅田先生にお話いただきました。

    浅田義正(浅田レディースクリニック院長)

  • 卵子の質や数は妊娠に大きく関わる大きな問題。妊活において、自分の卵子はどのような状態なのか気になることもあるでしょう。今回は、卵子の老化やサイン、年齢との関係、妊娠率への影響などについて紹介します。

    浅田義正(浅田レディースクリニック院長)

  • 妊活をスタートさせたとき、まずは妊娠の確率を上げるために排卵日を予測しパートナーとの営みに取り組むタイミング法を試す人は多いかもしれません。基礎体温を測る以外に排卵日を知る方法はあるのでしょうか。排卵日の予測の仕方や過ごし方について詳しく解説します。

    浅田義正(浅田レディースクリニック院長)

カテゴリ一覧