【産婦人科医監修】妊娠線はいつからできる?原因と対処法について

【産婦人科医監修】妊娠線はいつからできる?原因と対処法について

妊娠線はなぜできるのか

妊娠するとほとんどの妊婦さんにできるといわれている妊娠線、なるべく痕を残したくないですよね。妊娠線とはどのようなもので、いつからできるのかなど、妊娠線ができる原因について解説します。また、妊娠線のできやすい部位と予防法についても併せてご紹介します。

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

妊娠線とは

妊娠線とは、皮膚組織がひび割れてできた、みみず腫れのような線のことをいいます。

妊娠中は毛細血管が透けて、赤茶色や赤紫色、赤青色っぽい線で、産後半年くらい経つと、透けて見えていた毛細血管の色が薄くなってピンク色っぽくなります。1年くらい経つと、肌が回復してきて白っぽくなることが多いようです。

脂肪線とも呼ばれる肉割れのことで、妊娠すると妊婦さんのほとんどができるといわれています。

原因

妊娠線はなぜ、できるのでしょうか。

急激な体重増加

体重計
Africa Studio/Shutterstock.com
妊娠中は、胎児や羊水胎盤など体重が増えることに加えて、食べつわりになるとつわりの影響で体重が一気に増加してしまう妊婦さんもいるでしょう。

皮膚が伸びながらお腹が大きくなりますが、皮膚の内側の真皮や皮下組織が急激な皮膚の伸びについていけないため、表面の皮膚に亀裂が起きて妊娠線として表れます。

また皮下脂肪が増えると、血液の循環が悪くなって妊娠線ができる可能性が高くなります。

ホルモンの変化

妊娠するとホルモン分泌が増えるので、ホルモンのバランスが崩れやすくなります。ホルモンバランスの乱れから肌が乾燥したり、かゆみを起こす場合があります。

妊娠すると増加するコルチコステロイドというホルモンは、コラーゲンの生成を抑えたり、肌のターンオーバーを乱す作用があります。

肌の弾力を低下させるため、ホルモンバランスの変化が原因で肌荒れになることがあります。

乾燥

皮膚が急激に伸びるときに、肌の内側の真皮と皮下組織が皮膚の伸びる早さについていけずに表面の皮膚が裂けます。

肌が乾燥していると、肌の柔軟性がなくなって亀裂が入りやすくなります。

妊娠線ができやすい部位

太ももにクリームを塗る妊婦
iStock.com/RyanKing999
  • お腹
  • 太もも
  • お尻
  • 二の腕
  • バスト

妊娠すると最も皮膚が伸びるのがお腹なので、お腹に妊娠線ができるという妊婦さんが多いです。特に恥骨の上から下腹部にかけてお腹が急激に大きくなるので妊娠線ができやすいです。

お腹のほかにも、出産の備えて腰からお尻にかけて脂肪がつくので、お尻にも妊娠線ができます。

妊娠して乳腺が発達してバストも大きくなるため、バストも妊娠線ができやすい部位の1つです。バストの横や下、太ももの内側の妊娠線はできても見逃しやすいので注意が必要です。

妊娠線はいつからできる?

妊娠線がいつできるかについては、一般的に妊娠後期の、お腹が一気に大きくなったときにできたという人が多いです。臨月までは妊娠線がなかったのに臨月に入ったらいきなり妊娠線ができたという人もいます。

なかには妊娠初期からできたという人もいたり、妊娠線がいつできるかについては個人差があります。

妊娠線ができてしまったら、いつ消えるのかと心配になる妊婦さんもいるでしょう。

妊娠線は1度できると、完全に消すことは難しいですが、しっかりケアをすればある程度目立たないようにすることはできるでしょう。

妊娠線がいつ消えるかや薄くなるかについては、ケアの頻度や妊娠線の範囲、深さ、部位によって個人差はありますが、妊娠線を薄くするためには1~2年程度かかるといわれています。

妊娠腺をなるべく作らないようにするためには、妊娠が分かった時点から早めにケアを始めることが大切です。

妊娠線予防

なるべく妊娠線を作らないために以下のような方法で予防しましょう。

保湿する

皮膚が乾燥すると、亀裂が入りやすくなります。

乾燥を防いで皮膚の伸びをよくするために、マタニティクリームやオイルでこまめに保湿して肌を柔らかい状態にしておくことが大切です。

朝の着替え時と入浴後など1日に2回程度を目安に保湿するとよいでしょう。乾燥しやすい冬場やお腹が急激に大きくなる妊娠後期には、3~4回に回数を増やすことがおすすめです。

体重管理

急激な体重増加は、真皮と皮下組織が皮膚が伸びるスピードについていけずに妊娠線ができます。体重が急に増えると妊娠線ができやすくなるため、食事は和食中心にしたり、1度の食事量を減らして食事回数を増やす、毎日体重を測る、ウォーキングやストレッチなどの適度な運動で体重を管理することが必要です。

マッサージ

妊娠線専用のオイルやクリームを使ってマッサージをすることもおすすめです。

できれば毎日マッサージすることが理想的ですが、時間がないときや体調がすぐれないときには無理して行わず、1日おきのマッサージでもよいです。

オイルやクリームはたっぷりめに使うことがポイントです。

マッサージをしていてお腹の張りを感じたり、体調が悪くなったときにはマッサージをやめましょう。

妊娠線予防は早めに始めよう

妊娠線の予防
GOLFX/Shutterstock.com

できれば妊娠線は作りたくないという妊婦さんがほとんどでしょう。

妊娠線がいつからできるかについては、お腹が急激に大きくなる妊娠後期の人が多いようですが、妊娠初期からできる人もいたり個人差があります。

妊娠線は1度できたら完全に消すことは難しく、特に皮膚が伸びるお腹や太もも、お尻、二の腕、バストは妊娠線ができやすいので注意が必要です。

妊娠線を予防するためには、毎日の保湿やマッサージ、適度な運動や食事に気をつけて体重管理をすることが大切です。

妊娠線ができていない時期から早めにケアをすることが妊娠線の予防につながります。

監修:杉山 太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

No Image

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)監修の記事一覧(バックナンバー)

信州大学卒医学部卒業。東海大学医学部客員講師、日本産科婦人科学会専門医、母体保護法指定医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医。長年、大学病院で婦人科がん治療、腹腔鏡下手術を中心に産婦人科全般を診療。2017年田園調布オリーブレディースクリニック院長に就任。

患者さんのニーズに答えられる婦人科医療を目指し、最新の知識や技術を取り入れています。気軽に相談できる優しい診療を心がけています。

田園調布オリーブレディースクリニック

2019年05月28日

専門家のコメント
28
    かよう先生 保育士
    妊娠線は1度できると完全に消すことは難しいので初期からや日頃のケアがとても大切だと思いまし
    もえ先生 保育士
    体重管理と保湿、覚えておきます!
    あーちん先生 保育士
    妊娠中期あたりからお腹に保湿クリームをぬっていました。後期になって、お尻や太ももなどにも塗
    なこ先生 保育士
    妊娠線が出来ないように毎日クリームを塗っていたけど出来た人もいましたし、私は出来ませんでし
    のの先生 保育士
    私は妊娠8ヶ月後半ごろから妊娠線ができ始めてしまいました。元々毎日続けることが苦手なのと、
    せおみ先生 保育士
    妊娠線できてしまいました。もともと乾燥肌でできやすい体質なのでお腹が大きくなる前から、オイ
    ゆきんこ先生 保育士
    妊娠前までお腹まで保湿することがなかったので妊娠初期から高保湿のクリームを塗っていました。
    ぺち先生 保育士
    妊娠線はできると消えないみたいなので、3ヶ月ごろから塗り始めました。お腹が大きくなってくる
    あー先生 保育士
    ひとりめのとき太ももに少し妊娠線ができたので、ふたりめの今は早くからボディークリームで保湿
    すー先生 保育士
    妊娠線はできたことはありませんが、妊娠5ヶ月の頃からクリームをお風呂上がりに塗っていました
    のんの先生 保育士
    私は若くで妊娠したので妊娠線をとても気にしていて毎日のようにクリームを塗っておりましたが効
    ゆか先生 保育士
    つわりの時期はなにもできないのでつわりが落ち着いた頃からクリームを塗り始めました。

    パパ
    いちご先生 保育士
    最初は妊娠線まったくできなくて余裕だと思っていたのも束の間...30週前後になったら急にバ
    くじら先生 保育士
    妊娠初期からお風呂上がりにたっぷりとクリームを塗るようにしていました。しかし臨月、最後の最
コメントをもっと見る

基礎知識の関連記事

  • 読者からお悩みを募集し、子育て、教育、健康など各分野の専門家にご回答いただく人生相談コーナー。今回は丸の内の森レディースクリニック院長の宋美玄先生が、「3年後に自然妊娠したい」というお悩みに答えます。お悩みはオンラインで随時受付中!

    宋美玄(ソンミヒョン)

  • 妊娠兆候のひとつである「インプランテーションディップ」。妊娠を希望する方や、妊活を経験された方は、一度は聞いたことがあるかもしれません。いつ頃に見られる現象なのか、見られなくても妊娠している可能性はあるのか。また基礎体温との関係や、妊娠検査薬はいつから使えるのか、など気になるポイントを解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • ふたごやみつごが生まれる割合は、約50年前と比較すると倍増していることを知っていますか?これには、不妊治療が関係しているようです。多胎妊娠のしくみや、母体と胎児それぞれのリスクや、備えておくことなどを田園調布オリーブレディースクリニック院長の杉山太朗先生に聞きました。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 人によって治療期間や心理面、体調面の負担が大きく異なる不妊治療。周囲の人に相談できない、パートナーと足並みをそろえて取り組めないなどといった悩みをひとりで抱える人も多くいます。日本ではあまり普及していない「カウンセリング」を、不妊治療の場でも上手く活用するためには?生殖心理カウンセラーの平山史朗さんに話をうかがいました。

    平山史朗

  • 治療ステップによっては高額な医療費がかかる不妊治療。現在日本では人工授精以降の治療ステップは自己負担だが、2022年春をめどに保険適用の範囲を拡大する動きがある。実現すれば、経済的な理由で不妊治療をあきらめていた方たちにとって一つの転機になるが、海外では不妊治療の多くをすでに保険適用としている国も少なくない。いくつかの国を挙げ、不妊治療の経済的支援の事例をみていく。

  • ライフスタイルやキャリアの多様化に伴い、未婚、晩婚、晩産化が進んでいる。不妊治療を視野に入れたときに、費用や仕事との両立はどうなるのか。「不妊治療を始めようと決めたものの、お金のことや、どんな治療やサイクルで進めるのかイメージが沸かない」という方へ向けて、データと体験談で解説していく。

  • ライフスタイルやキャリアの多様化に伴い、未婚、晩婚、晩産化が進んでいる。不妊治療を視野に入れたときに、費用や仕事との両立はどうなるのか。「不妊治療を始めようと決めたものの、お金のことや、どんな治療やサイクルで進めるのかイメージが沸かない」という方へ向けて、データと体験談で解説していく。

  • ウイルスによって引き起こされる風疹は、免疫が十分にない人に対して強い感染力を持っています。妊娠時期に風疹にかかった場合、どのような影響があるか気になる人もいるのではないでしょうか。今回は、妊娠中に風疹にかかった場合の影響、風疹の予防接種後に妊娠がわかったときの対応、妊娠中の風疹の感染対策などについて解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 女性の体にさまざまな変化が起こる妊娠初期。この時期、どのような食べ物に注意したらよいのか気になる人もいるかもしれません。今回の記事では、妊娠初期の食べ物や、食べ物から摂りたい栄養素、妊娠初期のつわり対策などについて紹介します。

  • 妊娠中はホルモンバランスの乱れやつわりなど体にさまざまな変化が現れますが、なかでも気になるのが体重の増加。急激に体重が増えた場合、ダイエットをするべきか迷うこともあるのではないでしょうか。今回は、妊娠中に体重が増える原因や影響、体重管理のコントロールについて解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 子どもを出産したいと思ったときに後悔しないように、今から知っておきたい妊娠・妊活の正しい知識。前編では、妊娠・妊活にまつわる誤解についてお伝えしました。後編では、結婚適齢期がなくなっても、妊娠適齢期は変わらずにある現状をテーマに、新しい不妊治療の技術などについてお伝えします。

    浅田義正(浅田レディースクリニック院長)

  • 「いつかは出産したい」「いつかは2人目がほしい」と考えている女性は多いのではないでしょうか。今回は、そんな「いつか」のために知っておきたい、妊娠・妊活の正しい知識をお伝えします。前編のテーマは、妊娠・妊活にまつわる誤解について。どのような誤解があるのか、なぜ誤解が生まれるのかを、産婦人科専門医の浅田先生にお話いただきました。

    浅田義正(浅田レディースクリニック院長)

カテゴリ一覧