【産婦人科医監修】妊娠初期の高熱。原因や赤ちゃんへの影響

【産婦人科医監修】妊娠初期の高熱。原因や赤ちゃんへの影響

薬の服用や受診など正しい対処法

妊娠中の発熱や出血が赤ちゃんに影響しないのか不安になることもありますよね。妊娠初期に高熱がでたとき、ママはどのような対処をしたらよいのでしょうか。妊娠中に熱が出る原因や39度以上の高熱がでたときの風邪薬の服用や対処法、高熱がもたらす流産のリスクはあるのかについて解説します。

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

妊娠中に熱が出る原因

妊婦熱
leungchopan/Shutterstock.com
妊娠中は基礎体温が上がり、体の火照りや熱っぽさを感じることもあります。体がだるくなったり、火照りや微熱、吐き気、胃のムカつき、食欲の減退、鼻が詰まるなど、これらの症状は「つわり」と呼ばれる妊娠中の自然な生理現象です。

ただし、39度以上の高熱が続く場合は、別の病気の可能性があるので注意が必要です。

妊娠中に熱がでる原因について詳しく解説します。

妊娠初期の微熱

女性の体温は、月経の周期によって低温相と高温相に分けられます。妊娠すると分泌されるホルモンの影響により、周期的に下がるはずの体温が下がらずに高温相を持続することになります。妊娠初期13週~14週目くらいまでは、体温が平熱より0.2~0.3℃高い状態が続き、微熱や熱っぽさを感じる人が多くいます。

妊娠中はホルモンの影響で体温が上昇することがよくあるので、微熱があっても体調が悪くなければ特に心配することはないでしょう。

安静にしていても治まらない腹部の痛み、月経より多い出血など微熱以外の症状や高熱が続く場合は、つわりではなく流産や感染症、その他の病気の可能性があります。

妊娠中に注意したい高熱を伴う病気

妊娠中は、免疫力が低下するためさまざまな感染症にかかりやすい状態です。熱が伴う妊娠中に注意したい病気は以下の通りです。
  • 風邪
  • 急性肺炎
  • 麻疹(はしか)
  • 風疹
  • 水ぼうそう
  • おたふく風邪(流行性耳下腺炎)
  • りんご病(伝染性紅斑)
  • 手足口病
  • 腎盂腎炎
妊娠初期は感染症にかかるリスクが高くなり、症状が悪化しやすいこともあるので、早めの対処が必要です。

妊婦さんは免疫力の低下や子宮が大きくなり膀胱を圧迫し、膀胱炎になりやすくなります。膀胱炎が重症化すると、高熱や出血を伴う腎盂腎炎を発症することもありますので、トイレは我慢しないようにしましょう。

腎臓から尿の出口までの尿路にばい菌が侵入する尿路感染症は、妊婦さんがかかりやすい病気のひとつなので注意が必要です。

妊娠中の熱は赤ちゃんに影響する?

お腹
Subbotina Anna/Shutterstock.com
妊娠初期に39度以上の高熱が続き、母体の体温が上がると、それに連動して羊水の温度も上がります。赤ちゃんの心拍数や体温も上がるため、体力を激しく消耗し流産の原因になることもありますが、40℃を超える高熱が3日以上続かない限り、赤ちゃんに影響することは、ほとんどありません。

ただし、高熱が続くと赤ちゃんの負担も大きくなるので、できるだけ早く熱への対処をしましょう。

妊娠中に熱が出たときの対処法

妊娠中に熱が出たときの対処法についてお伝えします。

水分をとる

妊娠中は、お腹の赤ちゃんに栄養を送るために大量の水分が必要になります。発熱すると熱や汗で脱水状態になりやすくなるので注意が必要です。こまめな水分補給で脱水症状を防ぎましょう。

つわりで水分補給ができないときには医師に相談してください。

市販薬は飲まない

妊娠初期4~7週目くらいは、お腹の赤ちゃんが薬の影響を特に受けやすい時期です。妊娠中に市販薬を飲むと成分によっては赤ちゃんに影響を与える可能性があります。自己判断で市販薬を飲むことはやめましょう。

 妊娠中に熱が出たときは、市販の解熱鎮痛剤、風邪薬などの服用は避け、必ず医師に相談し医師から処方された薬を飲むようにしましょう。

受診

37度程度の微熱ならば、しばらく安静にしておくことで体調が回復し、熱が下がる可能性があります。熱以外に気になる症状がない場合は、しばらく様子を見てから病院に行くかどうか判断しても問題はないでしょう。

38~39度以上の高熱が出た場合には、ほかの病気に感染している可能性があるため、速やかに病院を受診しましょう。妊娠中は免疫力が落ちているので、症状が重症化する前に早めの対処が大切です。

妊娠中の高熱は何科を受診する?

妊娠中に高熱がでたときは、まず産婦人科に電話して症状を伝えるようにしましょう。場合によっては、内科やその他の科での受診になるかもしれませんが、かかりつけの医師や助産師さんから適切なアドバイスがあるはずです。

 38~39度以上の高熱だけの症状のみがあり、自分では風邪だと思っていても、インフルエンザやはしか、水疱瘡など感染力の強い病気の可能性もあります。

事前に電話をすることで、病院によっては待合室を分けてくれたり、順番を早めてくれるなどの配慮があるかもしれません。他の妊婦さんを不快にさせない配慮や集団感染予防のため、まずは電話で確認しましょう。

妊娠中の高熱は早めの対処が大切

妊婦 風邪 対処
Syda Productions/Shutterstock.com
妊娠中に熱がでたり、出血があると、赤ちゃんに何かあったのではと思い心配になりますが、妊娠初期の発熱や少量の出血は妊婦さんによく見られる症状です。

発熱のみの症状だと、つわりの症状やただの風邪と思い病院に行くことをためらう妊婦さんもいるでしょう。

微熱以外の症状がなければ、お腹の赤ちゃんに影響はほとんどありません。

しかし、妊娠中はホルモンバランスの変化により、免疫力が低下しインフルエンザなどの感染症にかかりやすく、症状が重症化しやすいのも特徴です。高熱がでたときは、自己判断はせず、必ず医師の診察を受けましょう。

高熱の他に痛みをともなう大量の出血がある場合は、夜間でも病院に連絡し早めに受診することが流産のリスクの回避に繋がるかもしれません。妊娠中の高熱は早めの対処が重要です。

監修:杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

No Image

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

杉山太朗 監修の記事一覧(バックナンバー)

信州大学卒医学部卒業。東海大学医学部客員講師、日本産科婦人科学会専門医、母体保護法指定医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医。長年、大学病院で婦人科がん治療、腹腔鏡下手術を中心に産婦人科全般を診療。2017年田園調布オリーブレディースクリニック院長に就任。

患者さんのニーズに答えられる婦人科医療を目指し、最新の知識や技術を取り入れています。気軽に相談できる優しい診療を心がけています。

田園調布オリーブレディースクリニック

2020年03月09日

専門家のコメント
22
    りお先生 保育士
    妊娠中に発熱したことは、3人出産しましたが、高熱はなかったように思います。
    子どもの風邪がうつって、38度くらいは出たことがあったかなと思いますが、薬を飲まずに寝ていたらそのうち熱も下がっていました。

    高熱が出ても、絶対薬は飲んだらダメですよ!!お腹の子に影響しますから。
    めめ先生 保育士
    妊娠中、高熱はなかったですが風邪は何度か引きました。私はそこまでひどくならなかったので薬なしで治しました。自己判断の薬はよくないのでひどい時は必ず妊婦と言うことを伝え病院で処方してもらってください。
    すー先生 保育士
    妊娠中に高熱はありませんが、風邪や偏頭痛で寝込んだことはあります。薬は怖くて飲まなかったのですが数日休むと楽になりました。初期の薬は極力は控えたいですね。
    すー先生 保育士
    すみっこ先生 保育士
    私も高熱が出たことはありません。
    もし高熱が出たら…
    妊娠中はいつも以上にしんどいですね💦

    これは熱だけではないですが、自己判断で薬を飲むべきではありません。
    産院の先生に相談をするべきだと思います!(出向くのが難しかったら電話でも)
    こと先生 保育士
    わたしも妊娠中に高熱は出たことありませんが、妊娠中に体調不良になるといつもより辛いですよね。
    薬は産科の先生に相談しましょう✨もし、何かあれば後悔すると思います(>_<)
    ちぃ先生 保育士
    妊娠中高熱は出たことはありませんが、胃腸炎になったことはあります。
    何か異変があればすぐに産婦人科に行くと安心だと思います。点滴をしてもらったりと色々と対処していただけましたよ!
    はなばたけ先生 保育士
    この時期の熱、不安になられますよね。職場にも、早めに産休を取得して外出を控えている方がいました。体調管理、気をつけて頂きたいです
    せおみ先生 保育士
    私は妊娠中に高熱は出た事はないですが、知人が妊娠発覚と同時にインフルエンザになってしまい、40度以上の高熱がでてしまい、その場で入院になってしまっていました。10年以上前の話なので、その頃は妊娠中は漢方薬しか処方されませんでしたが、今は妊娠中でもタミフルやリレンザを服用しても影響がない事が分かってきています。薬を飲まずに本人が危険にさらされてしまってはいけないので、無理せず主治医に相談して服用する事をおすすめします。
    あーちん先生 保育士
    一度だけ熱が出て寝込みました。赤ちゃんに影響がないか本当に心配でした。。

    早めに病院にいって、妊娠中でも飲める薬を処方してもらいました。薬を飲むのも心配でしたが、、幸い次の日には熱も下がりました。

    体調には気をつけていても、防げないこともあるので早めの我慢せずに対処を心がけたいですね!
    ゆきな先生 保育士
    薬わ飲むときは絶対に先生に相談していました!電話でも聞いてくれますよ!漢方でも子宮を収縮するものあるので注意です!
    みぃ先生 保育士
    妊娠初期に風邪をひいた際、38〜39度くらいの高熱でした。
    市販の薬を飲むのは怖かったので、病院で症状と妊娠している事を伝えて、飲んでも大丈夫なお薬をいただきました。
    自己判断はやめた方が良いと思います。病院で処方してもらうと、普通の薬じゃなくて漢方をいただいたりする事もありますよ!
    cocoまま先生 保育士
    妊娠中の高熱は本当に心配になるし不安になりますよね。私は2人出産しそういう経験はありませんでしたが、妊娠中でも薬は処方出来ます^ ^まずは担当医師に相談です^ ^
    ゆか先生 保育士
    幸いも二人とも妊娠中に高熱を出したことがありません。

    妊娠中に高熱を出すと赤ちゃんが熱に強くなると聞いたことがあります。
    ホントかどうかはわかりませんが、、、(笑)

    高熱が出ると心配になってしまいますね💦

    でも、40℃を超える高熱が3日以上続かない限り、赤ちゃんに影響することは、ほとんどありません。なんですね!よかったです😄
    こいまま先生 保育士
    妊娠中の高熱、こわいですね。
    当たり前ですが水分をしっかりとってあとはひたすら眠る。これにつきるかと思います。
    風邪の初期ならば漢方なら飲んでも大丈夫だと処方してもらったことがあります。
    こうじん先生 保育士
    妊娠中は禁忌が多く、大変だと周りの友人を見ていて思います。妊娠は病気じゃない、などと言って辛そうな方にきつく当たる人もいると聞いて、驚愕しています。。
    めい先生 保育士
    妊娠初期に私は病気にかかりませんでしたが、夫がインフルエンザになりました。手指消毒はこまめに行い、換気など徹底していました。
    ぺち先生 保育士
    妊娠期間中に幸い熱は出ませんでしたが、風邪をひくことはありました。薬は心配だったので1度も飲んでいません。妊婦でも飲める薬などあると思うので、病院で聞いてみるといいかなと思います。
    cocoまま先生 保育士
    妊娠初期の熱はとても心配になり不安になりますよね、先生に大丈夫だと言われると一安心かと思いますので電話して相談するのが良いかと思います^ ^
    のの先生 保育士
    妊娠中の体調不良は産科に行き診てもらえます。そちらの方が飲んでいい薬をよく分かっているのでこちらも安心して飲めます。
    のんの先生 保育士
    熱が出ただけならば、それほど心配することはありませんが、インフルエンザなどの感染症だと大変なので、すぐに受診すること。
    自己判断は絶対にしないでくださいといわれました
    まな先生 保育士
    妊娠中に風邪を引いたり熱が出たことはありませんでした。
    妊娠中は普段以上に体調管理に気をつけたいですね。
    もし体調を崩しても、自己判断で市販の薬を飲んだりせずに、早めに病院で診察してもらうのがいいと思います。

病気・トラブルの関連記事

カテゴリ一覧