幼児用のパズルの種類。サイズにあわせた収納のコツなど

幼児用のパズルの種類。サイズにあわせた収納のコツなど

手作りパズルなどママたちがした工夫

幼児用のパズルは、いつからどのようなものを用意しようか考えるママやパパもいるのではないでしょうか。今回は、パズルゲームなど幼児向けパズルの種類や、得意なパズルを手作りするなど子どもといっしょにパズルで遊ぶ工夫、サイズを意識するといった幼児向けパズルを収納するコツについて体験談を交えてご紹介します。

幼児とパズルで遊びたい

幼児期の子どもとパズルで遊びたいとき、いつからどのようなタイプのものを用意するとよいのか気になる家庭もあるようです。幼児期の子どもと暮らすママやパパたちに、パズル遊びについて知りたいことを聞いてみました。

2歳児のママ
小学生の上の子が遊んでいるパズルゲームに興味を示すようになりました。幼児期の下の子には、いつからどのようなパズルを選ぶとよいのか知りたいです。
3歳児のパパ
パズルをおもちゃ箱に入れると、小さなおもちゃと混ざって探すのが大変だと思いました。パズルのじょうずな収納の仕方が気になります。
幼児用のパズルの種類が知りたい家庭や、パズルの収納について気になる家庭があるようです。他にも、幼児向けのパズルを簡単に手作りしたいというママの声もありました。

幼児向けパズルの種類

幼児期の子どもが遊ぶパズルには、どのような種類があるのでしょうか。ママやパパたちに聞いた、幼児向けパズルの種類をご紹介します。

平面パズル

2歳児のママ
息子のために最初に用意したのは平面のパズルです。つまみがついているピースを型はめするタイプは、1歳頃から動かしやすそうでした。
幼児向けパズルの定番ともいえる、平面パズルを愛用していた家庭があるようです。パパのなかからは、最初は4ピースのものからはじめ、子どもがパズルに慣れた頃からピースの数が多いものを用意したという声も聞かれました。

立体パズル

5歳児のパパ
うちの子は立体パズルがお気に入りのようです。マグネット式の三角や四角のピースをつなげて、いろいろな形を作ることが楽しいと喜んでいました。
マグネット式の立体パズルを使っているというパパがいました。他にも、積み木のようにピースを組みたてるとさまざまな形にできあがるという立体パズルもあるようです。

パズルゲーム

パズルゲーム
Rawpixel.com/Shutterstock.com
4歳児のママ
子どもが外出先でもパズルをやりたいと言うときは、タブレットにインストールしたパズルゲームアプリを使っています。我が家では時間を決めてパズルゲームを楽しむというルールを作り、約束の時間がきたら使用制限がかかるように設定しました。
パズルゲームのアプリで遊ぶ子どももいるようです。幼児期の子どもがパズルゲームをするときは、画面と顔の距離が近づきすぎないことや、音量の大きさも意識しているというパパの声もありました。

子どもといっしょにパズルで遊ぶ工夫

幼児期の子どもといっしょにパズルやパズルゲームをするとき、より楽しめるような遊びの工夫が気になるママやパパもいるのではないでしょうか。ママやパパたちに聞いた、子どもといっしょにパズルで遊ぶ工夫をご紹介します。

最初に完成図を確認する

2歳児のパパ
娘とパズルをするときは、最初に完成図をいっしょに見て「この絵と同じにしよう」と声をかけています。ピースをはめると見本と同じデザインになっていくことがおもしろかったようで、何度もくり返し遊ぶようになりました。
子どもといっしょに完成図を確認してからパズルで遊ぶパパがいるようです。ママのなかからは、完成したパズルを撮影したものを印刷し、見本として使っているという声も聞かれました。

子どもが取り組む姿を見守る

6歳児のママ
幼児期の子どもとパズルをしていると、なかなか完成しないことから手を出したくなることがありますが、大人は見守り役になることを意識しています。時間がかかっても子どもの力だけでパズルを完成させられたときはとても嬉しそうでした。
子どもがひとりでパズルを完成させられたとき、達成感を味わえるのではないかと考えたママがいるようです。子どもから手伝って欲しいと協力を求められたときは、いっしょに考えながらピースを置く場所を探すのもよいかもしれません。

子どもにあわせたパズルを手作りする

手作りパズル
Rawpixel.com/Shutterstock.com
4歳児のパパ
パズルが得意な娘のために、手作りのパズルをプレゼントしたことがあります。娘の描いた絵をスキャンしてシール用紙に印刷し、ダンボールに貼りつけてカットしました。

娘は手作りパズルがとても気に入ったようで、ときどきいっしょに手作りしています。
子どもの描いた絵をベースにパズルを手作りしたパパもいるようです。他にも、パズルの手作りキットを用意し、子どもといっしょに絵を描いてオリジナルのパズルを製作したというママの声もありました。

幼児向けパズルを収納するコツ

幼児向けのパズルを収納するとき、ピースが紛失したり別のパズルのピースと混ざってしまったりすることもあるのではないでしょうか。ママやパパたちに、幼児向けパズルを収納するコツを聞いてみました。

サイズにあったケースに入れる

2歳児のママ
我が家ではファスナー式の書類ケースを使って平面パズルを収納しています。パズルのサイズにあわせたケースに入れてファスナーを閉じると本棚に立てて入れやすく、省スペースで収納できました。
パズルのサイズにあわせた書類ケースを使っているというママの声がありました。ファスナーが書類ケースの2辺に渡りL字につけられているタイプのものは、パズルを出し入れしやすいかもしれません。

ラベリングをする

3歳児のパパ
我が家では同じサイズの箱を用意し、パズル毎にピースを収納しました。ピースの裏と箱の外側に同じシールを貼ると、他のパズルのピースと混ざってしまってもすぐに分けやすいと思います。
パズルを収納する箱とピースに同じシールを貼ると、子どもの友だちが遊びに来たときも片づけやすそうですね。ひらがなを読めるようになった子どものママからは、大きめの文字でパズルのタイトルを書いたテープを貼っているという声も聞かれました。

子どもといっしょにパズルを楽しもう

親子の笑顔
szefei/Shutterstock.com

幼児期の子どもにいつからパズルを用意しようか考えるママやパパもいるようですが、子どもがパズルに興味を示したときなど始める時期はそれぞれ違うようです。幼児向けのパズルには平面や立体パズルの他にパズルゲームなどの種類があるそうで、パズルが得意な子どものために手作りのパズルをプレゼントとした家庭もありました。

パズルのサイズにあわせた収納を用意するなどの工夫をし、子どもといっしょに楽しくパズルで遊べるとよいですね。

2020年01月19日

専門家のコメント
31
    のの先生 保育士
    簡単な型合わせから始めるといいとおもいます。出来るようになってきたら、好きなキャラクターの物など子どもが興味のある絵柄の物を用意してあげるとよいでしょう。
    すみっこ先生 保育士
    パズルは、型はめパズルからスタートすると良いと思います✨我が子たちも、大きさの違う丸形の型はめ・動物の型はめが好きでした♪ ピースの少ないパズルが簡単になってきたら、だんだんと難しいパズルに挑戦をしていきました。パズルは、手先を使いながら考えることで集中力も養われますよね✨
    わい先生 保育士
    2歳3歳は、大きめのパズルがいいですね。4歳からはピースを小さくしてもできるようになります。5歳ぐらいからは、難しい絵柄のものでもできるようになります。また、ピースを動かすタイプのものも楽しめます。
    パズルは、最初はお子さんと一緒にやってあげてください。ピースがはめられなかったり、できないと挫折してしまい、パズルをやろうとしません。一度できた経験をすると何度でもチャレンジしようとします。また、わからないときに聞いてね!と声をかけると聞くことができますよ。
    あーちん先生 保育士
    取手のついた型はめの簡単なものが乳児さんからよく使っています。
    幼児さんになると普通のパズルで、年齢に応じてピースも増やしています。土台のないパズルなど難易度が高い物もあります。

    園ではチャックのついたケースに収納していました。
    ひで先生 保育士
    パズルは1つなくなると機能しなくなるため片付けの習慣が大切です。子どもが自分でも片付けできるようファスナー付きの大きめの書類ケース(百均でOK)に園では自分で入れられるよう慣れるまで横で援助しています。ファスナーをつまんで適切な力を入れて開けたり閉めたりする能力も発達の上で大切になってくるかと思います。
    りお先生 保育士
    少し高いですが、公文のパズルがおすすめです。
    破れにくいですし、しっかり作られているので、ハマった時の快感もあります。

    月齢別にピース数が色々あるので、お子さんに合わせて選んでみてください。
    うちには、ステップ3からステップ7まであります😁
    いちぽ先生 保育士
    一歳すぎたらは木の型はめパズルからはじめるといいと思います。
    その後はキャラクターものなどのピースが少ないものからはじめていくといいですね。
    収納は100均に売っているA4サイズなどのケースに入れるとなくならないし、見た目もすっきりするとおもいます。
    ゆか先生 保育士
    我が子は0才くらいから使っていました。
    最初は形にはめるだけのパズルでした。
    未満時は自分の手と、同じくらいの大げさのピースかその半分くらいの大きさが適していると思います。
    できるようになったら子どもが自分でやりたいものを選ぶのもいいですね😃
    ひまわり先生 保育士
    型はめパズルからはじめたらいいと思います。
    子どもの興味のあるキャラクターがあれば、集中して取り組むことができると思います。
    パズルは一個でもなくなると完成できないので、パズルをするときは、他のおもちゃを片付けてやる。パズルをきちんと片付けてから次のおもちゃを出すなどルールを決めてやると、パズルがなくなりにくくなると思います。
    ちろちぃ先生 保育士
    丸や、四角など簡単な型はめから始めました!今は100円ショップにも売ってますね!慣れてきたら少しずつ形が複雑なパズルを選んでさせましたよ!パズルに書いてある対象年齢も参考にしました(^^)
    収納は100円ショップに売ってるチャック付きの袋A3サイズがピッタリで、1つ1つ収納しています!途中でお片付けとなっても袋にピースを入れるだけなので楽ちんですよ(^^)
    ぬーぬー先生 保育士
    自分で出しやすく片付けしやすいよう、書いてある方もいらっしゃいますがファスナーケースに入れています。そこにもとの絵を貼り付けておくと更にわかりやすいです。
    保育園ではそう設定しています。パズルが苦手な子もいるので。
    アイウエオに取り組んでほしいときは西松屋に良い感じの木のパズルがあります👌
    きらり先生 保育士
    私の息子はとにかく、のりものが好きなので、のりもの系のパズルをひたすらしています。大きいピースからスタートし、できるようになると小さいピースにしていっています☆いろんな種類がありますが、子どもが興味をもった絵柄のものが一番ですね☆
    収納は、100円均一のチャック付き袋がピッタリでおすすめです☆
    まい先生 保育士
    難しいものから挑戦すると挫けるので簡単なものからやっていくと楽しんでやっていくことができます。
    お子様にとって楽しくできるパズルを選ぶことが大切だと思います
    ちぃ先生 保育士
    最初はつまみのあるタイプの動物や乗り物のパズルをさせました。段々とできてくるとキャラクターなどの大きいピース、小さいピースとレベルに合わせて出してあげるといいと思います。
    パズルはダイソーのL字にあげられるタイプのクリアケースを我が家は使っています。A3タイプのものまで売っているので大きいのでもすんなり入るので片付けに便利です。
    いちご先生 保育士
    息子が今ちょうどパズルにハマっています。息子は今3歳ですが、5歳〜のものをやっているのですが、集中力も脳も鍛えられていいと思います◎ 子供用パズルの収納袋があって、ネットでそれを買い足して本棚にたてて収納しています。
    ぽんた先生 保育士
    パズルは、ピースの数だけでなく、絵柄によっても、難易度か、かわります。10ピースくらいしかなくても、草原のような似たような色ばかりのピースだとやはり、むずかしいです。あとは、性格もあらわれて、じっくり試行錯誤する子は上達も早いですが、すぐに、どうやってやるのーと聞いてばかりの子はあまりパズルがあっていないかなと。。。無理せず、他の遊びでも~
    おはぎ先生 保育士
    小さいうちは噛んだりはめ込めなくて無理やりおしこんだりして、角が曲がったり潰れて綺麗に埋まらなかったりするので木の型はめからが良いと思います。また、うちの園ではなくなったときにどのパズルのパーツか分かるようにケース、ピース、台紙の裏に同じ印や数字を書いていましたよ。
    まこ先生 保育士
    パズルがばらばらになってしまい、大人の方がなかなか戻せず苦労したという経験があります(笑)
    それぞれのパズルが混じってしまうと大変なので、100円ショップで買えるプラスチックケース(閉じる時に2箇所ほどパチっと止められるもの)に収納するのはいかがでしょう?
    ファスナーが使える年齢なら、ファスナータイプのケースもいいですね。
    それぞれのケースに完成図を写真にして貼っておくと、元に戻すヒントにもなります!
    まゆ先生 保育士
    掴むところのついた型はめパズルは1歳児クラスからやっています。はめると音のなるものもあるので楽しんでいますよ。2歳児クラスからはキャラクターのパズルをしています。キャラクターは子どもでもわかりやすいので楽しんでいますよ!
    さと先生 保育士
    1才のときに型はめパズルをやらせていたのですが、本人は32ピースをやりたがり…
    親が付きっきりで大ヒントを与えなければいけないので大変です(笑)
    どうも型はめの赤ちゃん向けキャラクターよりも、32ピースのお姉さんキャラクターが魅力的に見えるようです。
    2才になり少しだけ上達してきました。
    あー先生 保育士
    型ハメからはじめ、次は5ピースほどで完成するパズルから始めました。その次からはこどもが好きなキャラクターを買っていきました。収納は100均にあるA3サイズの透明なケースにいれています。L字にファスナーがついているのにすれば、こどもでも出し入れが簡単にできますよ。
    まり先生 保育士
    指先が使えるようになったら木製の型はめパズルが遊びやすいと思います。ピースの少ないものから始めると興味もわいてくるのかなと思います^ ^
    こと先生 保育士
    1歳すぎてから、型はめパズルをしていて1歳半すぎから立体の型はめパズルを好んで繰り返しするようになりました😊💕
    2歳前になって、紙の30ピースのパズルができるようになり、キャラクターの名前を言いながらピースをはめて楽しんでます✨
    じゅん先生 保育士
    パズルが好きな子は、ピースが多いものも根気良く最後までずっとします。考える事が好きな子どもと身体を動かすことが好きな子どもがいます。保育園等で興味を持っているようでしたら、ご家庭でも一緒にしてあげると良いと思います。
    かんな先生 保育士
    一歳を過ぎたあたりから関心をもつお子さんが増えてきます。
    はじめは、木枠の形はめから進み
    下絵がついているパズルに進むこともあります。
    大人は、パッケージの絵を見ながらパズルをしたり隅っこから置いたりする方法が思いつきますがこどもは試行錯誤しながら取り組むので
    写真をコピーしてダンボールに貼り4つ位に切って作る簡単なものからはじめるのは如何でしょうか?
    きょこちゃん先生(KIDSNAシッター) 保育士
    以前働いていた学童では、表紙だけ切り取って、ジッパーがついたファイルケースに貼り、嵩張らないように保管していました。
    シッター先などご家庭では、A5くらいのケースに入れ、サイズを統一。ラベリングしている家庭もありました。見栄えが良いのでこちらもオススメです🍀
    かよう先生 保育士
    パズルにも種類があって、ピースや絵柄など子どもの年齢に合わせて選べるとよいですね。
    身近なキャラクターや子どもの好きな絵本のパズルなどを選ぶと興味を持って楽しめそうですね!
    なごみ先生 保育士
    小さい時はどこにパズルがはまるかわかっていてもなかなかうまくはまらないことが多かったり途中でバラバラになってしまったりすることがあったりして嫌になることもあると思うので、本人が自分で上手に出来たと思えるようにさりげなくサポートしてあげるとどんどんパズルが好きになりピース数も増えていくと思います^ ^
    ことり先生 保育士
    パズルはピースが命なので、
    ジップロックなどで必ず一つ出したら一つ片付ける。のお約束を守って遊ぶといいのかなと思います!

    いろいろ種類があるときは
    ジップロックのところに完成図の写真を貼ったりしています!
    あー先生 保育士
    幼児のうちにたくさん手先を使うパズルをするのはほんとオススメです!年齢にあわせたパズルを用意するといいですよ!わたしも職業柄、赤ちゃんなどにはフェルトでかんたんな動物のパズルなど手作りで作っていました!
    せおみ先生 保育士
    初めは6ピースのパズルからでした。だんだん、小さくピースの多いものもできるようになったいきました。パズル事にジップ付きのファイルにいれて収納しています。
おすすめユーザーのコメント
1
    チーズ
    子どもの好きな絵柄のパズルだとやる気になって楽しめそうですよね

おもちゃの関連記事

カテゴリ一覧