幼児が楽しく遊べるブロック。知育ブロックなどの種類や選び方について

幼児が楽しく遊べるブロック。知育ブロックなどの種類や選び方について

ブロックを使った遊び方をご紹介

幼児が遊べるブロックを買いたいと思っているママやパパもいるかもしれません。幼児が楽しく遊べるブロックにはどのようなものがあるでしょうか。知育ブロックなどの種類や選び方、子どもがブロックを使って遊びを楽しんだシーンについてママたちに聞いてみました。

幼児が楽しく遊べるブロックを用意しよう

ブロックは、手先を動かしながらいろいろな組み合わせを楽しんで遊ぶことができます。

手でブロックをにぎったり、積み重ねて取り外したりなど、たくさんの動作を楽しめるでしょう。

大きさやデザインなどさまざまな種類がありますが、子どもが楽しめるブロックにはどのようなものがあるのでしょうか。

子どもの年齢に合った楽しく遊べるブロックを用意したいですね。

幼児が遊ぶブロックの種類

幼児が遊ぶブロックの種類をご紹介します。

大きいサイズのブロック

30代ママ
大きいサイズのブロックは、家や椅子を作ったりと、全身を使って楽しむことができます。
大きいサイズのブロックは、手先だけでなく体全体を使って遊ぶことができます。ブロックで作った家やお店で、ごっこ遊びも楽しめるでしょう。

ドアのパーツや、屋根を作れる山の形をしたパーツなど、さまざまな形をしたブロックがセットになっているものもあるようです。

ピースが多い小さいブロック

ブロック
iStock.com/Nuttanin Knyw
30代ママ
年齢が大きくなるにつれて、細かくてピース数が多いものを好むようになりました。小さいサイズのブロックは、遊び方のバリエーションや作れる作品の種類が増えてよいなと思います。
ブロックのピースが多いと作れるものの幅も広がり、長い期間遊べそうですね。ブロックの形だけでなく色も考えながら、さまざまな組み合わせを楽しむことができます。

大人もいっしょになって子どもと遊んでいるというママの声がありました。

知育ブロック

30代ママ
マグネットでくっつけて楽しむ知育ブロックがあります。形が違うブロックを組み合わせて好きなように楽しむことができます。
知育玩具としてブロックを用意したいと考えるママやパパもいるのではないでしょうか。

アルファベットなどの文字がデザインされている知育ブロックや、設計図を見ながら組み立てるブロックなど、さまざまな難易度の知育ブロックがあるようです。

幼児が遊ぶブロックの選び方

幼児が楽しく遊べるブロックの選び方をママたちに聞いてみました。

子どもの年齢に合わたブロックを選ぶ

知育ブロック
Kulinenko.G/Shutterstock.com
30代ママ
商品によってブロックの大きさや、はめ込みやすさなどが異なるので、購入するときは対象年齢を目安にしながら、子どもに合ったものを選ぶようにしています。
幼児が安全に遊べるように、商品に記載されている対象年齢を調べておもちゃを購入しているママやパパが多いようです。

子どもが小さいうちは細かいピースを口にいれてしまうこともあるので、ブロックのサイズを確認しながら選びましょう。

知育ブロックを選ぶ際には、子どもが楽しめるかどうか、難易度は合っているかどうか考えながら選ぶとよいかもしれません。

キャラクターデザインのブロックを選ぶ

30代ママ
子どもに初めてブロックを購入したときは、幼児向けキャラクターのブロックを選びました。
車などの乗り物や、幼児向けキャラクターなどさまざまなデザインのブロックがあるようです。子どもが気に入るブロックを探してみましょう。

幼児向けキャラクターのブロックは子どもも楽しんで遊んでくれるかもしれません。

収納ケースがセットになったブロックを選ぶ

30代ママ
収納ケースに入っているブロックは『ここにブロックをしまうんだよ』と説明がしやすく、子どもも進んで片づけをしていたのでよかったです。
収納ケースとセットになったブロックは片づけがしやすく、簡単に持ち運ぶことができるようです。

ブロック専用の収納ケースがあると子どもも片づける場所が分かりやすいかもしれません。子どもが自ら片づけができるようになるとよいですね。

幼児が楽しめるブロックの遊び方

ブロックを使った幼児が楽しめる遊び方にはどのようなものがあるのか、ママたちに聞いてみました。
30代ママ
積み木とブロックを組み合わせて町を作ったり、ブロックでトンネルを作って遊んでいました。
30代ママ
ブロックで小さい箱を作って、丸いブロックをタイヤに見立てた車を作って遊んでいます。
30代ママ
上手にブロックをはめられないときは、同じ色や形を揃えたりして楽しんでいました。
ブロック遊びは、幼児自身が考えながら好きなように遊ぶことができます。子どもが思う存分ブロック遊びを楽しめように見守りましょう。

「今日は動物を作ってみよう、家を作ろう」などのテーマを決めて子どもといっしょにブロック遊びを楽しむのもよいかもしれませんね。

ブロックを使って楽しく遊ぼう

ブロックで遊ぶ男の子とママ
© yamasan - Fotolia
ブロックには、小さい手でつかみやすいサイズのものやピース数が多いもの、知育ブロックなどさまざまな種類があります。

子どもが楽しんで遊べるブロックを探してみましょう。ブロックのやわらかさや素材、軽さなどのポイントも考えて選ぶとよいかもしれません。

ブロック以外のおもちゃを組み合わせながら楽しむこともできます。子どもが自分の発想を活かして自由に遊べるように見守りましょう。

幼児が安全に遊べるブロックを用意できるとよいですね。

2019年10月01日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

おもちゃの関連記事

カテゴリ一覧