子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

2018年05月09日

専業主婦が働きたいと思うきっかけは?子育てと仕事の両立や働くママのスケジュール

専業主婦が働きたいと思うきっかけは?子育てと仕事の両立や働くママのスケジュール

専業主婦のママが「働きたい」と考えるきっかけはどのようなことなのでしょうか。今回の記事では、子育てしながら働きたいと考えたきっかけや子持ちでも働ける仕事、働くママと旦那さんのスケジュール、資格を活かす仕事など、ママたちの体験談をご紹介いたします。

専業主婦のママが「働きたい」と考えたきっかけ

結婚や子育てを機に専業主婦になったけれど、再び働きたいと考えているママもいるかもしれません。専業主婦だったママに、再び働きはじめたきっかけについて聞いてみました。

「子どもが3歳になり、少し手がかからなくなってきた時期に働きはじめました。専業主婦をしている時期に資格も取りました」(20代ママ)

「旦那さんの転勤で引越したばかりのとき、周囲に知り合いも少なく、友人を作りたいと考え子持ちでもできる仕事を始めました。よい職場に恵まれ、職場の人と仲良く仕事ができています」(30代ママ)

専業主婦のママたちの中には、子育てがひと段落ついたり、交友を広げたいということをきっかけに、働きたいと考えるようになったママもいるようです。いずれ仕事をすることを考え、専業主婦をしている間に子持ちでも取れそうな資格を取ったというママもいました。

専業主婦のママが選んだ仕事

専業主婦のママたちは、久しぶりに働きはじめる職場としてどのような仕事を選んでいるのでしょうか。ママたちの体験談を元にご紹介します。

事務や経理などのオフィスワーク

子持ちでも働きたい
iStock.com/itakayuki

「結婚前まで事務の仕事をしていたので、新たに仕事復帰するときも事務の仕事をしたいと考えました。経験があるので仕事内容なども割と早くのみこめたと思います」(30代ママ)

「家の近所にある工場の事務として働きました。子どもの送り迎えなどもあるので、通いやすさで選びました。子育てのベテランの方も多く、子持ちでも働きやすい環境だったと思います」(30代ママ) 

事務や経理などのオフィスワークを選ぶママもいるようです。業務時間が決められており、残業など時間外の業務が少ないということが魅力のひとつといえるかもしれません。

介護関係

「介護関係の求人情報がとても多かったので、その中から自分が働きたい条件の職場を探し、今はデイサービスセンターで働いています。子どもが幼稚園や学校に行っている時間で働くことができます」(30代ママ)

子育て中に資格を取得し、介護の仕事を選ぶママもいるようです。コミュニケーションを取りながらの仕事のようなので、人のために仕事をしたいと考えるママたちに選ばれているのかもしれません。

サービス業

「飲料の配達をするサービス業で働いています。働く曜日や時間が決められていますし、資格も特に必要ないので、子育て中の私には合っていると思いました」(30代ママ)

「1日3時間から働けるという募集を見て飲食店を選びました。子どもが園や学校に行っている限られた時間の中でも仕事ができるので、とても働きやすいです」(20代ママ)

飲食店やスーパー、配達などのサービス業を選ぶママもいるようです。働く時間を自分の希望で調節できるかどうかが、選ぶポイントとなりそうです。同じ職場に子育て中の方が多く、突発の休みをお互いでフォローし合っているというママの声もありました。

在宅ワーク

「近くに実家などの預け先もなく、旦那も忙しいので、子育てしながら勤めるより自宅でできる仕事がよいと思い、在宅ワークで仕事を始めました」(40代ママ)

働く時間の自由度が高いという理由から、在宅ワークを選んだママもいました。ベビーマッサージやヨガ等の資格を取り、子持ちでも自宅で教室やサロンを開いているママもいるようです。

働くママのスケジュール

働くママたちはどのようなスケジュールで1日を過ごしているのでしょうか。ママたちに聞いてみました。

パートタイムで働くママ

子育てと仕事
iStock.com/RichLegg

「10時出社なので、7時に旦那さんを送り出した後は家事や夕飯の準備、幼稚園の送迎をして出勤しています。14時の退社後は買い物をして子どものお迎えをし、家に戻ります。1日4時間の勤務なので、育児や家事も無理なくこなせています」(30代ママ)

「私の出勤時間が早いため、旦那さんが子どもを幼稚園まで送ってくれています。16時に退社した後は、子どもの世話や夕食の準備などでバタバタ過ぎていきます。パパと協力をして家事をこなしています」(30代ママ)

パートタイムで働くママたちは、1日の働く時間を調整しながら、子育てと家事の両立をしているようです。仕事で忙しいときは家族で協力しながら、1日のスケジュールをこなすようにしているというママの声もありました。

正社員で働くママ

「時短社員なので9時から16時まで働いています。朝は5時から動き出し、朝の支度や家事などをギリギリまでやっています。夕方以降は、私が夕食の担当、旦那さんが子どものお風呂と寝かしつけの担当というように分担を決めています」(40代ママ)

「8時半から17時までフルタイムで働いているので、家事や育児は旦那さんと協力しあっています。朝の保育園の送りは旦那さんが、お迎えは私が行くようにしています。平日は家事にあまり時間を割けないので、週末やお休みの日にまとめてするようにしています」(40代ママ)

時短社員や正社員として働くママは、勤務時間が長く家にいられる時間が限られているため、パパと分担しながら家事や育児をしているようです。時間のかかる家事は週末にまとめてするようにしているというママの声もありました。

専業主婦がスムーズに働くために

専業主婦のママが仕事を始めると、子育てや家事で悩むこともあるかもしれません。ママたちはどのような工夫をしているのでしょうか。

家事の効率化

「週末にまとめて買い物をし、食事の作り置きをするようにしています。ある程度の献立も週末に考えて、毎晩の晩御飯作りで悩むことを少なくしています」(30代ママ)

「夫と相談し、お掃除ロボットを買いました。日中仕事をしている時間に掃除をしてくれるのでとても便利です」(30代ママ)

仕事を始めたことで、毎日の家事の時間が少なくなってしまう場合は、家事の効率化させる工夫をするとよさそうです。家事の方法の見直しや、食洗器などの家電を取り入れることで、少しでも家事を手軽に、短い時間でできるようにするとよいかもしれません。

家族の理解を得る

「私が働くことをあまり望んでなかった旦那さんも、今後の教育費など、家族の計画をいっしょに話し合う中で考えを変え、今では2人でがんばって働こうとお互いを励まし合っています。資格の勉強も応援してくれています」(30代ママ)

ママが子育てや家事をしながら働くことを心配するパパもいるようです。なぜ働きたいのかを伝え、夫婦共通の目標を持つようにするとよいかもしれません。

専業主婦の働き方はそれぞれ

働きたい専業主婦
iStock.com/Yagi-Studio

専業主婦のママが働きたいと考えるきっかけはさまざまですが、ママたちは、子育ても家事も仕事も、旦那さんとバランスを取りながらうまくこなしたいと考えているようです。

子育てしている子持ちのママでも働きやすく、自分の特技や資格を活かせる仕事を見つけられるとよいかもしれません。家事や育児について協力し合いながら、働く大変さも家族でいっしょに乗り越えていけるとよいですね。

仕事の関連記事
カテゴリ一覧