子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2017年09月05日

仕事中でも動きやすい、妊婦におすすめのマタニティウェアとは?

仕事中でも動きやすい、妊婦におすすめのマタニティウェアとは?

妊娠するとだんだんお腹が膨らんで、着る服にも変化が出てきます。今まで着ていた服のサイズが合わなくなり、何を着ればよいか困ってしまうことも少なくありません。特に仕事などの際には、動きやすさを重視した服を選ぶ必要がある場合もあります。仕事をしている妊婦におすすめのマタニティウェアをご紹介します。

マタニティウェアについて

マタニティウェアを着ることのメリット

お腹が大きくなっていくにつれて、体調に変化が出る妊婦も少なくありません。そんなとき、妊婦自身の体調や気分を楽に保ってくれて、体型カバーなどにつながるのが、マタニティウェアのメリットです。

妊娠中は、腰痛や肩こりに悩まされる人もいるのではないでしょうか。ゆったりとした作りのマタニティウェアを着ることで、リラックスできる場合もあるようです。また、産後に役立つ授乳専用のマタニティウェアもあるので、機能面でもメリットがあるアイテムです。

マタニティウェアの種類

お腹が大きくなってくると穿くことがむずかしいパンツ類も、マタニティウェアでは、お腹の部分が伸びるリブ付きパンツや、ストレッチ素材のものなど、窮屈に感じないよう工夫が施されています。

お腹周りがゆったりとした作りのワンピースや、あらかじめオーバーサイズで作られたマタニティウェアのトップスも、窮屈に感じないマタニティウェアのひとつです。

産後にも役に立つよう、授乳がスムーズに行えるマタニティウェアもあります。洋服類はもちろんのこと、下着類にもマタニティ専用のものがあり、妊婦におすすめしたいアイテムです。

デザイン性が高いものも多く、おしゃれを楽しみたい妊婦でも十分満足できるような、マタニティウェア専用のブランドも登場しています。

仕事用におすすめのマタニティウェア

仕事用にはシンプルなマタニティウエアを

妊娠期間は限られていますが、仕事用の服としてマタニティウェアは準備した方がよいでしょう。

職種にもよりますが、フォーマル寄りの服装でなければならない場合は、妊婦用のジャケットが販売されています。丈が長く、妊婦の体型をカバーしてくれるデザインです。

ブラウスにもマタニティウェアがあるので、ジャケットとセットで購入するのもおすすめ。黒やネイビーなどのシンプルカラーのワンピースも、きちんとした印象を与えてくれるマタニティウェアです。

カラーに注意することはもちろん、シンプルなデザインを選ぶことも心がけましょう。動きやすさを重視したい職種の場合は、ストレッチの効いたパンツなどがおすすめです。

あまりヒールのないきれいめな靴を履くなど、足元にも気を配ると、より疲れず動きやすくなるかもしれません。

マタニティウェアの代用として使える服は

マタニティワンピース

ワンピースは比較的、マタニティウェアでなくてもゆったりとした作りのものが多くあるため、マタニティウェアの代用として使えることがあります。

前を開けて着ることができるカーディガンも、着回しに一役買ってくれるでしょう。いつものワンピースにカーディガンを羽織ると、印象を変えてくれるだけでなく、体温調節にも便利です。

また、ウエストがゴムでできているスカートなどもおすすめです。お腹が大きくなってくると、ウエストの位置が高くなり、丈が短くなることがあるので、丈の長いスカートを選んでおくと安心です。チューブトップタイプのワンピースを、スカートとして着用できるものもあります。

仕事用マタニティウェアに関する体験談

実際に妊娠中にどのようなマタニティウェアを購入したのでしょうか。働く妊婦の方にマタニティウェアを選ぶ基準などをきいてみました。

トップス選び

・妊娠は一時期だけのことなので、産後も使えるものを意識して買いました。オフィスワークだったので、コットン素材ではなく、レーヨンのようなツルっとした素材を選ぶように心がけていました。

・肩から裾へ向かって広がっているようなデザインは、動きやすく締め付けも少ないので、仕事におすすめのマタニティウェアだと思います。あまり高価なものを購入してももったいないと感じていたので、できるだけ低価格なものを選ぶように気をつけていました。

・白は仕事にも差し支えなく使えて、便利でしたよ。インターネットでは比較的低価格なものが多くあり、理想のマタニティウェアを見つけやすかったです。

ボトムス選び

手持ちのボトムスでは、大きなお腹に合うものがなくなってしまい、マタニティウェアのお世話になりました。産後には使わないと思ったので、できるだけ安く、機能的なものを妊娠初期のころからインターネットなどでチェック。職場は比較的自由な服装で大丈夫だったので、着回しが効いて楽に過ごせるデニムを購入しました。

出産予定日が冬だったので、寒さ対策に裏起毛のものを選びました。ストレッチがしっかり効いたものだったので、仕事中でも楽に過ごすことができ、マタニティウェアの特徴でもあるウエストのリブ部分があったかくて、寒さ対策にもなりました。

ワンピース選びにこだわった

事務の仕事をしていて制服が黒だったので、なるべく制服と同系色のマタニティウェアを探すことにしました。ワンピースタイプのマタニティウェアは、シンプルなことが幸いして、すぐによいものが見つかりました。

妊娠中、肩こりがひどかったので、なるべく軽い素材のワンピースを選んで購入。硬い素材のワンピースだと、動きづらく、余計に肩が凝ってしまうような気がしたので、やわらかい素材を選ぶことも意識しました。

妊娠してからトイレが近くなったこともあり、ワンピースは私にとって、機能的でお気に入りのマタニティウェアです。産後にも使えるデザインが多いのもワンピースの魅力だと思います。

上手に選んで楽しく妊婦生活を送ろう

妊婦

さまざまな機能性とデザイン性を兼ね備えた最近のマタニティウェア。仕事中に窮屈な思いをしないためにも上手に選びたいですね。産後のことを考えて、長く使えるものや、低価格で購入できるものがよく選ばれている傾向にあります。

自分にピッタリ合ったマタニティウェアを見つけて、できるだけストレスを感じずに仕事やプライベートを楽めますように。

仕事の関連記事
  • 子育てと仕事で疲れたときの家事は?思い悩まずリラックスする方法

    子育てと仕事で疲れたときの家事は?思い悩まずリラックスする方法

    仕事が終わっても家事や子育てに追われる毎日で「疲れた」と感じたとき、みなさんはどうしていますか?家事も子育ても毎日続いていくことだからこそ、どのように気持ちを切り替えてポジティブな方向へ転換していけるのかを考えてみました。

  • 妊娠したら知っておきたい!産休と育休の違い。いつ手当てはもらえるのか

    妊娠したら知っておきたい!産休と育休の違い。いつ手当てはもらえるのか

    妊娠したらぜひ夫婦で知っておくべきことのひとつが産休や育休、そして産休中にもらえる手当てのこと。出産と産後の育児においてさまざまな費用が必要になるため、このような制度や手当てを有効に活用するのがおすすめです。ここでは、産休と育休の違いやいつ出産手当金がもらえるのかについてご紹介します。

  • 産後、仕事復帰したくない、できないと感じたときの乗り切り方と対処方法

    産後、仕事復帰したくない、できないと感じたときの乗り切り方と対処方法

    産後、仕事復帰しようと考えているけれど「仕事したくない」と仕事に復帰するかを悩んでいませんか。「仕事に行きたくない」「できない」と思っているママたちがどのように乗り越えたか対処法を調査しました。働いているからこそ感じたママが働くメリットも紹介します。

  • 妊娠を機に仕事を辞める選択。ふさわしい時期やタイミングと会社への伝え方

    妊娠を機に仕事を辞める選択。ふさわしい時期やタイミングと会社への伝え方

    妊娠を機に仕事を辞めるという選択をする人も多くいます。仕事を辞めると決意したら、なるべく会社には迷惑にならないタイミングで上手に伝えたいものです。実際に妊娠中に退職した先輩ママは、どんな時期にどのように会社に報告したのでしょうか。退職を考えている妊婦さんに、体験談を交えて紹介します。

  • 育休の延長が2年になるのはいつから?申請条件などのポイントを確認

    育休の延長が2年になるのはいつから?申請条件などのポイントを確認

    育休(育児休業)が最長2年に延長できるようになるのはいつから?私にもあてはまる?など、妊娠中や子育て中、育休中の方にとっては気になる情報ですよね。子どもを保育園などに預けられない場合、どのように育休延長の手続きをすればよいのでしょう。育休について、ママたちの声と申請条件をご紹介します。

  • 妊娠して仕事を辞める時期やタイミング。妊娠後にかかるお金・制度を紹介

    妊娠して仕事を辞める時期やタイミング。妊娠後にかかるお金・制度を紹介

    最近は働く女性が多く、共働きの夫婦も増えましたね。仕事をしながら妊娠をした女性は、辞める時期やお金など、仕事を辞めることに対して不安を感じている方も多いのではないでしょうか。今回は仕事をしながら妊娠をした女性に向けて、仕事を辞める場合の準備やタイミング、妊娠時にかかるお金などについて考えてみました。

カテゴリ一覧