夫婦が仲良くすごすための約束事。夫婦円満のために心がけたこと

夫婦が仲良くすごすための約束事。夫婦円満のために心がけたこと

約束事で決めた内容や書面でのまとめ方

夫婦が仲良くすごすために2人の約束事を作りたいと考えるママやパパもいるのではないでしょうか。今回の記事では、夫婦円満のために作った約束事の内容や、作るときに気をつけたこと、約束事を書面やノートでまとめる方法、夫婦円満にすごすために心がけたポイントなどを、ママやパパの体験談を交えてご紹介します。

夫婦関係について思うこと

夫婦仲良くすごすために、夫婦の間に約束事を作りたいと考えるママやパパもいるのではないでしょうか。家事や育児の協力の仕方や、相手の趣味や交友関係など、お互いの価値観の理解を深めたいときに、どのような約束事を作るとよいのでしょうか。

夫婦が仲良くすごすための約束事について

夫婦が仲良くすごすために、どのような約束事を作っているのでしょか。ママやパパたちに聞いてみました。

家事や育児

パパこども
szefei/Shutterstock.com
20代ママ
家事や育児は夫と協力することを、わが家での約束事にしています。洗濯は私、子どもをお風呂に入れるのはパパといったように、役割分担をしっかり決めたら、スムーズに協力しあえるようになりました。
30代ママ
わが家には、子どものために夫婦で決めた約束事があります。学校行事はできるだけ夫婦で参加したり、子どもの前で喧嘩をしないよう心がけたりしています。教育方針についても夫婦でしっかり話しあうことを大切にしています。
家事や育児についてのルールや、役割分担についての約束事を作った方がいました。お互いに助け合う意識を持ったうえで、家事や育児の約束事を作るとよいかもしれません。

お金や交友関係

30代ママ
わが家では、家計のやりくりのために約束事を作りました。夫婦共働きなのですが、家賃や光熱費は夫が担当し、食費や日用品は私が担当しています。家族で外食するときの共通のお財布も作って、お互いが家計の管理をできるようにしています。
30代パパ
会社の付き合いが多いので、予定がわかっていれば妻に必ず連絡することを約束事にしています。飲み会の席に女性が同席する場合は、妻に相談してから参加することでお互いの信頼関係が深まりました。
お金の使い方と交友関係について、お互いの理解を深めるために約束事を決めている方がいました。大きな買い物をするときは相談したり、月々の交際費を決めたりすることを約束事にしている方もいるようです。

夫婦関係

20代ママ
子どもが生まれ、ふたりきりの時間がなかなか作れなかったので、月に一度は夫婦でデートすることを約束事にしました。行きたい場所ややりたいことを夫婦で話しあう時間も、夫婦の楽しみになっています。
30代ママ
子どもが寝たあとは、夫婦の会話の時間にすることを約束事にしています。仕事や育児の悩みを話しあったり、家族の将来のことを話したり、お互いの不安を解消するために欠かせない時間です。
夫婦ふたりですごす時間についれ約束事を決めている方がいました。夫婦の記念日に、お祝いやプレゼントを贈りあうことを約束事にしている方もいるようです。夫婦円満にすごすために、夫婦間の約束事を決めることも大切かもしれません。

約束事を決めるときに気をつけたこと

約束事を作るときに気をつけたことを、ママたちに聞いてみました。

ルールブックを作る

本
Africa Studio/Shutterstock.com
30代ママ
わが家では、お互いに決めた約束事を忘れないように、書面にまとめるためにルールブックを作りました。ルールブックにしたことで、お互いの意見を共有し、夫婦で協力しようという意識が強くなりました。
40代ママ
お金の管理については、約束事としてノートに書いて残しています。曖昧にしたくない約束事は、書面にまとめることでトラブルにもなりにくいです。
お互いに約束事を忘れずにいるために、書面にまとめているママやがいました。ルールブックに書くことで自分の気持ちを整理したり、ケンカをしたあとに読み返したり、お互いの気持ちを再認識することにもつながるかもしれません。

相手に配慮した約束事を作る

30代ママ
わが家ではたくさんの約束事は作らず、お互いに守れることだけを話し合って決めました。約束事を守れなくても、相手を責めずに次から気をつけようと伝えるようにしています。
30代ママ
相手が大切にしているものは、制限したり踏み込んだりすぎないように気をつけています。趣味や交友関係などは約束事として制限せずに尊重することで、夫婦関係も良好に保てています。
お互いの気持ちに沿った約束事を作ることが大切だと考える方がいました。約束事を忘れてしまっても、相手を責めないように心がけているママもいるようです。夫婦の理解を深めるためにも、お互いが窮屈にならないような約束事を作れるとよいかもしれません。

夫婦が仲良くすごすためのポイント

夫婦が仲良くすごすためのポイントを、ママやパパに聞いてみました。

感謝の気持ちを忘れない

30代パパ
小さなことでも、意識的に感謝の言葉を交わすようにしています。日々の「ありがとう」の言葉も欠かせませんが、妻への感謝の気持ちを込めて、料理を振る舞うこともあります。
夫婦円満のために、感謝の気持ちを言葉や態度で示すことを大切にしている方がいました。誕生日や記念日に、感謝の気持ちが綴られた手紙を夫からもらったママもいるようです。

不満をためずに相談する

30代ママ
夫婦間の揉め事は後回しにせず、その日のうちに解決するようにしています。相手を気遣った言葉で伝えるようにしているので、お互いに冷静になって話すことができています。
相手に対しての不満は、ためこまず相談することが大切だと考えるママがいました。自分の気持ちを相談することで、お互いの価値観を理解しあえるかもしれません。違うことを認めることで、お互いを許しあえるよりよい夫婦になれるとよいですね。

スキンシップを大切にする

30代夫婦
結婚当初から、夫婦間のスキンシップを大切にしています。お出かけのとき手をつないだり、嬉しいときハグしたりすることを自然と心がけるだけで、夫婦とっても仲良しでいられます。子どもも、「パパとママはラブラブだね!」と言ってくれます。
スキンシップを夫婦円満の秘訣と考える方がいました。お出かけのキスをしたり、寝室をいっしょにしたり、スキンシップを通じて夫婦円満のためのコミュニケーションをとっている夫婦もいるようです。

夫婦仲良くすごすために約束事を決めよう

夫婦
Monkey Business Images/Shutterstock.com
夫婦の間に約束事を作って、お互いの価値観の理解を深めている方がいました。約束事を作るときは、相手の気持ちに寄り添った約束事を作ることが大切なポイントかもしれません。夫婦で決めた約束事を忘れないように、ルールブックにして書面にまとめてもよさそうですね。これからも夫婦仲良くすごすために、約束事を作ってみてはいかがでしょうか。

2020年02月13日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

家族の関連記事

カテゴリ一覧