【密着取材】新生活を美容家電で応援!春から輝くワーママの秘訣

【密着取材】新生活を美容家電で応援!春から輝くワーママの秘訣

新生活を迎え、子育て、仕事、家事と毎日慌ただしく、美容にかける時間をなかなか取れないママも多いのではないでしょうか。今回の記事は、ReFaとKIDSNA STYLEがタッグを組み、子育てと仕事の両立で忙しいママを美容家電で応援する、密着ドキュメンタリー企画です。

株式会社MTG

今回お話を伺った先輩ママ

ReFa
今回、公募によって選ばれたワーママはKIDSNA読者の石井さん。「リファファインバブル S」をはじめとするReFa製品を提供させていただき、美容のルーティーンや生活の変化についてお話を伺ってきました。
「リファファインバブル S」を詳しく見る
石井さん
ママの働き方について調べているうちにKIDSNAを見つけて、今回の企画に応募させていただきました。

ReFaの美容家電が欲しかったのもあり、素直にとてもうれしいです!
はつらつとした印象の石井さん。子育てやお仕事のこと、そして美容についてお話を伺いました。

子育て中の美容はおろそかになる?

2人の子育てをしている石井さんですが、この春、下のお子さんも小学校に入学したそうです。
石井さん
うちは2人とも幼稚園に通っていたので、計7年間作っていたお弁当がなくなって、すごい開放感です!

毎日の送迎がなくなったので、その分、仕事できる時間が増えました。そのつもりですでにいろいろ予定を組んでいます(笑)
毎日の送迎やお弁当づくりを経験した石井さんにとって、この春は子育てのひとつの区切りになったようです。
石井さん
子どもが小さいうちは、どうしても自分の時間は後回しになっていました。

美容にかけられる時間はとても短かったです。基本はオールインワンで、クレンジングもダブルでと、とにかく時短が最優先でした。

朝はとても慌ただしいから、洗顔から化粧まで10分以内、みたいな感じでした。 
自分の時間が思うように取れず、美容がおろそかになってしまうママは多いのではないでしょうか。
石井さん
髪の毛を巻くことも子育て中はむずかしいですよね。子どもがヘアアイロンに触ったら危ない…と考えてしまって。

なので、当時は、髪の毛も常にまとめているか、パーマをかけているかで、いつも同じスタイルでした。
子育て中も美容をおろそかにしないアイテムはこちら
ReFa

1日の美容ルーティーン

子どもたちが小学生になって自分の時間が少し増えた現在の石井さんに、1日の美容ルーティーンについて聞いてみました。
ReFa
石井さん
「リファビューテック ドライヤー」は実は3年前から使っているのですが、とにかく乾くのが早いので、子育て中のママは助けられると思います。

熱くないから夏でも汗をかかないので、外出前に使うのにもぴったりです。

家ではヘアトリートメントをまったくしてないのですが、「リファビューテック ドライヤー」を使うとサラサラになると感じています。

子育てが最も大変な時期、美容師の方に当分通えなくなると伝えた時に「じゃあこれを使うといいよ」と薦められたのがきっかけでした。
たしかに、頻繁に美容院に行けない子育て中のママにとって、毎日使うドライヤーでケアができると感じられるなら、コスパもいいのかもしれません。
ReFa
ReFa
石井さん
大好きなお風呂に20〜30分ゆっくり入るのが自分へのご褒美です。お気に入りの入浴剤を楽しみながらリファカラットレイで整える時間が毎日の楽しみになっています。

パックはそんなに高価じゃないものを、毎日使っています。

「リファファインバブル S」「リファカラットレイ」を使い始めて、肌が常にしっとりしているように感じます。
子どもが自分でお風呂に入れるようになると、ママはお風呂で自分の時間を楽しむことができます。
石井さん
今思うと、子どもが小さいうちに「リファファインバブル S」を使っていたらよかったと思います。シャワーは毎日浴びるので、お肌や髪の毛への影響は大きそうですよね。
ReFa製品を詳しく見る

毎日をポジティブな気分ですごせる

毎日忙しいママが、ReFa製品を使うことで「きれいになれる」という気持ちは、日々の子育てや仕事にもつながっているようです。
石井さん
髪の毛も肌も「ちゃんとケアしている」「きれいでいられる」という実感があると、テンションも下がらないですよね。

ReFa製品は毎日使うことがまったく負担にならないし、それで時短できた分を自分の時間にあてられて、さらにきれいになれる…といういい循環を感じています。
ママが笑顔でいることが、家族みんなの幸せの近道なのかもしれません。

ドライヤーやシャワーヘッドは毎日使っているだけできれいになれるので、ママにぴったりのアイテムではないでしょうか。

その分できた時間で、「リファカラットレイ」を使って、さらにきれいになれるのはうれしいですよね。
ReFa

昔の自分に「今はいいよ」と伝えたい

今は少し時間にも気持ちにも余裕ができた石井さんですが、出産直後やまだお子さんが小さい時、焦燥感に駆られた時期もあったそうです。
石井さん
出産後はどうしても子ども中心の生活になるので、ママはガラッと生活スタイルが変わりますよね。

そんな中で、まわりの友達がキャリアを積んでいたりするのを見聞きして、私は大丈夫かなって不安になったりもしました。

子どもが0歳や1歳の時、キャリアアップのための資格取得を検討していたのですが、子どもを預ける勇気がなくて、2年間くらい悶々としていました。

今思うと、思いきって子どもを預けてもよかったんじゃないかなと思います。結局その資格を取得してみて、2年待った時間はブランクとして大きいと感じているからです。
今の石井さんは、子育てや仕事にとてもポジティブな印象がありますが、子育てで忙しい時期は悩みも抱えていたようです。

現在はすっかり気持ちを切り替えて、新しいことにもどんどん挑戦されているようですが、その原動力はどのようなものなのでしょうか。
ReFa
石井さん
ある日、こんなに焦ったり悶々としていてもしょうがないって、ふっきれた瞬間がありました。それよりも、自分にできることをどんどんやっていこうって。

資格取得したら、みんな子育て中でもアクティブにいろいろなことに挑戦していて、すてきだなって思いました。仲間に刺激をもらう毎日です。

経験してみて思うのは、子どもが小さいうちは、できないことがあってもある程度は仕方ないので、昔の自分に「今はいいよ」って伝えたいです。子どもの成長とともにできることは増えるので。

私の場合、下の子が幼稚園に入ったタイミングで少し落ち着きました。小学生になった今はさらに時間ができました。意外とあっというまだと感じました。
ReFa
「料理が好きな息子とキッチンに立つ時間はいいコミュニケーションになります」と石井さん
ポジティブに過ごすためのアイテムはこちら

ReFa製品で、自分の時間がさらに楽しくなる

今は子育てや仕事、家事に忙しいママも、子どもの成長とともに生活は少しずつ変化していきます。先輩ママである石井さんが焦りや不安を乗り越えて、今は毎日をいきいきと楽しんでいるのが印象的でした。
石井さん
昔から使っているドライヤーをはじめ、ReFa製品を使うことで自分の時間がさらに楽しくなりました。髪の毛がすごくサラサラになったと感じるとやっぱりうれしいです。

今までは義務感というか、早く髪の毛を乾かさなきゃ、お風呂を出なきゃという気持ちが常にあったのですが、子どもの成長とReFa製品のおかげでその時間が「自分のための楽しい時間」に変わりました!
ReFa
慌ただしい生活の中で、ReFaの美容家電を取り入れることは、ママをきれいにするだけでなく、ポジティブな気持ちを保つことにつながるのかもしれません。

子育て中のママも無理なく使えるReFa製品をぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。きっとワーママの新生活にも心強い味方になってくれるのではないでしょうか。
ワーママを応援する「ReFa製品」を詳しく見る

2022年05月27日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

関連記事

カテゴリ一覧