離乳食のほうれん草はいつから?時期別の離乳食レシピやアレンジ方法

離乳食のほうれん草はいつから?時期別の離乳食レシピやアレンジ方法

離乳食初期・中期・後期・完了期の進め方

離乳食のほうれん草はいつから取り入れられるのでしょうか。離乳食初期・中期・後期・完了期の進め方やアレンジレシピを知りたいママやパパがいるかもしれません。今回は、離乳食の進め方やほうれん草を使った時期別の離乳食レシピをまとめました。

離乳食のほうれん草はいつから?

ほうれん草
iStock.com/A-S-L

厚生労働省の資料によると、ほうれん草は離乳食初期の生後5〜6カ月頃から与えられるようです。

ほうれん草を含む野菜類は、なめらかな調理形態から始めて、離乳食の進み具合に合わせて粗くしていくよう推奨されています。

【時期別】離乳食の量の目安

離乳食の量の目安についてご紹介します。

離乳食初期(5~6カ月)

調理形態の目安は、なめらかにすりつぶした状態

子どもの様子を見ながら、1日1回1さじずつ始める

離乳食中期(7~8カ月)

調理形態の目安は、舌でつぶせる硬さ(豆腐くらい)

1回当たりの目安量は10~15g

離乳食後期(9~11カ月)

調理形態の目安は歯ぐきでつぶせる硬さ(バナナくらい)

1回当たりの目安量は15g

離乳食完了期(12~18カ月)

調理形態の目安としては、歯ぐきで噛める硬さ(肉団子や茹で卵の白身くらい)

1回当たりの目安量は15~20g

ほうれん草の下ごしらえ

離乳食で使うほうれん草は、アク抜きをしてしっかり下ごしらえすることによって、食べやすくなるでしょう。離乳食のほうれん草の下ごしらえ方法をご紹介します。

  1. ほうれん草を洗って土や汚れを落とし、沸騰したお湯で茹でる
  2. しっかり茹でたら、水にさらしてアク抜きをする
  3. 水気をよく絞り、離乳食の進み具合に応じた形態にする

赤ちゃんが食べるほうれん草は、大人のものより長く茹でて、やわらかくすると調理がしやすくなるでしょう。

下ごしらえをしたものを小分けにしておくと、離乳食作りの時短にもつながりそうですね。

【時期別】ほうれん草を使った離乳食レシピと進め方

離乳食
iStock.com/oppyB

ほうれん草を使った離乳食レシピはどのように進めればよいのでしょうか。ほうれん草のアレンジレシピや離乳食の進め方をご紹介します。

離乳食初期

厚生労働省の資料によると、生後5カ月から6カ月頃が離乳食初期とされています。子どもの様子を見て、ご機嫌なときや体調のよいときに与えていきましょう。

ほうれん草をなめらかにすりつぶし、ペースト状にすると食べやすいようです。なめらかな状態にした豆腐と和えて、白和えにしてもおいしそうですね。

離乳食初期に食べられる野菜や白身魚といっしょにお粥やうどんに入れてもよいかもしれません。

離乳食中期

厚生労働省の資料によると、生後7カ月から8カ月頃が離乳食中期とされています。離乳食を開始して1カ月を過ぎた頃から、1日2回食にして食事のリズムをつけていくとよいでしょう。

舌でつぶせるくらいの硬さにして、ミルク煮にしたり、スープやポタージュに入れたりといろいろアレンジできそうです。ほうれん草は苦味があるので甘い味付けにしたり、蒸しパンに入れたりして食べやすいように工夫するとよいかもしれませんね。

離乳食後期

厚生労働省の資料によると、生後9カ月から11カ月頃が離乳食後期とされています。授乳がメインでなくなってくる子もでてくるようで、1日3回食の食事のリズムにしていくとよいでしょう。

手づかみ食べをすることもあるかもしれません。歯ぐきでつぶせるくらいの硬さにして、手づかみ食べしやすいおやきに入れてもよさそうです。

出汁を使って調理する茶碗蒸しや、子どもがよろこびそうなお好み焼きにほうれん草を入れて離乳食のバリエーションを広げていけたらよいですね。

離乳食完了期

厚生労働省の資料によると、生後12カ月から18カ月頃が離乳食完了期とされています。1日3回の食事のリズムを大切にすると、生活リズムを整えやすいかもしれません。離乳食を進めるなかで食べ物の好き嫌いがでてくることもあるでしょう。

卵焼きや卵とじなどの卵料理でほうれん草を楽しむのもよいでしょう。グラタンやドリアに入れて、チーズといっしょにほうれん草を調理するメニューも楽しめそうです。

離乳食に上手にほうれん草を取り入れよう

離乳食
iStock.com/imacoconut

ほうれん草は、下ごしらえしやすく、冷凍保存もできる便利な食材のようです。離乳食で与える機会も多いのではないでしょうか。

ほうれん草は、他の食材や調味料と組み合わせることで、幅広くアレンジできるかもしれません。年間を通して、スーパーなどで手に入りやすいところもうれしいですね。

離乳食の進み具合や子どもの好みに合わせて、上手にほうれん草を取り入れましょう。

出典:Ⅱ離乳編/厚生労働省

※記事内で使用している参照内容は、2019年12月23日時点で作成した記事になります。

2020年01月10日

専門家のコメント
12
    せおみ先生 保育士
    今日ちょうど、ほうれん草で離乳食を作りました。私は蒸し器で火をとおしています。素材の甘みが引き出されるので美味しくなります。出汁と野菜、白身魚などをを入れ、お粥にしています。
    あーちん先生 保育士
    離乳食はじめての野菜はほうれん草でした!たっぷりのお湯で葉っぱの柔らかいところだけを茹でて裏ごししました!繊維があるので結構大変でした。。
    いろいろアレンジもしやすそうで、しっかり食べてくれるのでありがたいです!
    りお先生 保育士
    ほうれん草、3人の子供たちみんなあまり好きではなかったように思います。
    我が家は、なかなか離乳食を食べない子たちだったので、はじめの1、2ヶ月はおかゆとバナナ、かぼちゃなど食べやすいものを何とか食べさせようとしていました。それでも、食べて1口か2口。そんな状態が1、2ヶ月続きました。

    離乳食をパクパク食べる子で有れば、月齢表通りに進めればいいと思います。
    離乳食をなかなか食べない子であれば、無理やりほうれん草を早くに食べさせなくても、離乳食しっかり食べるようになってから、いろいろな食材をためしていけばいいのではないかと思います。
    みぃ先生 保育士
    最初の1、2ヶ月はおかゆ、バナナ、りんご、かぼちゃ、人参など食べやすいものから始め、ほうれん草は少し慣れてから与えました。
    好き嫌いせず何でも食べてくれたので、ほうれん草も食べてくれましたが、繊維があるので作る時ちょっと大変でした。
    すみっこ先生 保育士
    6ヶ月頃から挑戦しました。唇が緑になるのでインパクトありますよね😂💕 何にでも混ぜていました。お粥、お焼き、バナナ、、色んなアレンジをしていました♪
    はなこ先生 保育士
    ほうれん草は早い段階でからあげていました!
    色々とアレンジして使えるのもとっても良いですよね( ˊᵕˋ )

    ですが、最初のうちのペースとは自分でやると繊維があるのですごく用意がめんどくさくて、ほうれん草が元からペーストにできている国産のものを生協さんで頼んだものがすごく便利でそれを使うことが多かったです!!おすすめ!

    ぽんた先生 保育士
    ほうれん草やなすは、あくが強いので、あまり早くには使わなかったです。保育園だと、プロセッサーみたいので、細かくして、蒸しパンやホットケーキにまぜるとか、海苔あえにして、野菜の副菜でよく出てきます。海苔は小さい子に人気ですが、あまり消化がよくないので、食べ過ぎ注意ですが。。。ほうれん草は、冷凍野菜が便利で、うちはネットスーパーで買い置きしていますよ(^^)v
    いちぽ先生 保育士
    3週目くらいからすり潰して食べさせていました。うちは完母だったので、鉄分を補うためにもほうれん草はじゃがいものおやきに混ぜたり胡麻和えにしたり、オムレツに入れたりして食べています。
    めるちゃん先生 保育士
    7〜8ヶ月頃にほうれん草スタートしたと思います。フードプロセッサーを使ってました。ほうれん草だけだと食べにくいと思ったので、ご飯と混ぜて食べさせてました。
    まいこ先生 保育士
    鉄分不足で貧血のお子様がいらっしゃいました><
    ほうれん草は栄養素としても摂取できるようアレンジは豊富にあるといいですね!
    はなばたけ先生 保育士
    味付けだけでなく何と食べ合わせるかも考えようですよね、参考になるものが沢山あり、もっと知識を増やしていきたいと感じたところです ( ^o^ )
    すー先生 保育士
    ほうれん草は早い段階からほうれん草のミルクスープにしてあげていました。裏ごしは大変でしたが、鉄分不足にならないように毎日あげるよう心掛けました。
おすすめユーザーのコメント
1
    muuu
    ほうれん草は苦味が気になり苦手な子が多い印象ですが、蒸しパンやホットケーキに混ぜたら食べれそう!試してみます☺︎

レシピの関連記事

カテゴリ一覧