【今なら全員に無料プレゼント!】子どもの教育費は「いつまでに、いくら、どうやって」貯めればよいのか

【今なら全員に無料プレゼント!】子どもの教育費は「いつまでに、いくら、どうやって」貯めればよいのか

新型コロナウイルスの影響で、家計に変化があった家庭は多いようです。子育て世帯では、将来教育資金が不足しないか不安が高まっています。今回KIDSNAでは、保険の見直しを検討しているママが無料の保険点検サービス「ほけんガーデン」の個別相談を体験した様子をレポートします。

[PR] 株式会社Global8

コロナ禍で家計支出が変化。教育資金はどうつくる?

我が家の家計はこのままで大丈夫?子どもの教育資金、どうやって用意しよう…

昨今の新型コロナウイルスの影響もあって、家計の心配や不安が増しているママやパパもいるのではないでしょうか。

KIDSNA読者のママたちに聞いてみると、「お家で過ごす時間が増え、食費と光熱費が上がりました。」という声が多数寄せられました。これから先のリスクに備えて、家計の見直しをはじめた方も多いようです。

家計の効率化を図りたいとき、まず見直すべきは固定費。今回は、固定費のなかでも、面倒でついつい後回しにしがちな「保険の見直し」についてお伝えします。

【保険相談体験レポート】ライフプランを実現するにはお金の「見える化」が必要

保険の見直しを検討しているママ3人に、何度でも無料で保険の相談ができる「ほけんガーデン」の保険相談を体験してもらいました。
【全員にプレゼント付き】
保険と貯蓄の総合相談ができる「ほけんガーデン」

子どもの教育資金、いくら必要?(2歳と8カ月のママ)

長谷川さん
長谷川さん
第2子を出産し、教育資金について考えるようになりました。教育資金はいくら必要ですか?
プランナー武田さん
国公立・私立のどちらに進学するかによっても変わってきますが、約1000万~2000万円必要だと言われています。

この金額は、習い事の費用など学校外でかかるお金も含めたものです。
IMG_3819.JPG
長谷川さん
子どもが小さいうちからちゃんと貯めておかないといけないですね。
プランナー武田さん
そうですね。ただ、国の就学支援制度もあるので、教育費が最も高くなる大学の費用をコツコツ準備していけば、私は問題ないと思います。

大学の費用は4年間で約400万。教育資金を学資保険や生命保険で貯める方法もあります。
長谷川さん
保険にもいろいろな商品がありますが、何を基準に選べばいいですか?
プランナー武田さん
返戻率が重要です。支払った総額より、受け取る保険金が多いものを選びましょう。

どんどん物の値段が上がり、将来教育費が高くなる可能性もあります。これからは、ただ貯めるだけでなくお金を増やしていく必要があります。
子どもを社会に送り出すまで必要な教育費。国の制度や教育資金を保険で貯める方法など、お金の増やし方の知識の有無で用意できる教育資金も大きく変わってくるようです。
IMG_3838.JPG
長谷川さん
子どもたちが大学に進学するまでに、まだ時間があるので安心しました。2人分の大学の費用を貯められる保険を検討してみたいです。

ほけんガーデン プレミアで無料相談をすると、もれなく全員に下記より1つをプレゼント中。

長谷川さん
わたしは無料相談で「ベビーフード8種×2」をいただきました。第一子の時に色々保険を加入したけどいまの保険で大丈夫なのかな?とか、2人目の教育資金や老後のこと、資産運用の事とか考えるとキリがないですよね。相談してとってもスッキリしました。
保険ガーデン
【全員にプレゼント付】無料相談に申し込む

いま加入している保険に特に不満はないけど…(1歳6カ月のママ)

柿塚さん
柿塚さん
私の生命保険は、親が入ってくれていたものを引き継いでいて何年も前から入っています。今まで一度も見直さずにきちゃって…。保険を見直すタイミングってありますか?
IMG_4014.JPG
プランナー武田さん
結婚・出産・定年などライフステージが変わるときが、保険を見直すタイミングと言われています。

実は保険はどんどん新しいものが出てきます。ですので、定期的にご加入中の保険を整理して、内容を理解しておくとよいと思います。

年齢が上がると保険料が上がりますし、健康状態も変わっているかもしれませんので、思い立ったタイミングで見直してみてください。
柿塚さん
保険を見直していざ新しい生命保険に入るとなると、保険料が上がるかもしれないですよね?
プランナー武田さん
もちろんご加入中の保険の契約内容によっては、保険を乗り換えない方がよい場合もあります。

保険料を安く抑えたい場合、収入保障保険もおすすめです。

生命保険は遺されたご家族が今と変わらない生活水準を保てるだけのお金が必要ですが、お子様は成長するので必要な金額は下がっていきます。

遺族年金や厚生年金などの金額を計算すると、必要な保険金がわかります。
家庭の状況によって、保険の見直しのタイミングもそれぞれ。定期的に見直して、保険もアップデートしていくとよさそうですね。
IMG_3986.JPG
柿塚さん
思い立ったときが保険を見直すタイミングなんですね。保障内容を忘れている部分もあるので、これを機に保険の整理をしたいです。

ほけんガーデン プレミアで無料相談をすると、もれなく全員に下記より1つをプレゼント中。

柿塚さん
わたしは無料相談で「あきたこまち3キロ」を貰っちゃいました!保険ってほんとサッパリだからプロに聞くのが1番。これから結婚を考えてる人、出産を控えてる人、保険に入りっぱなしで全然見直してない人...この機会にプロの方に一度相談するのをオススメします。
【全員にプレゼント付】無料相談に申し込む

子どもの保険って入った方がいいの?(3歳7カ月と1歳6カ月のママ)

こまさん
こまさん
主人と私は保険に加入しているんですが、子どもたちは保険に入っていません。子どもの医療保険って入った方がいいですか?
IMG_3897.JPG
プランナー武田さん
家計に余裕があれば、加入をおすすめします。

万が一お子様が病気やけがなどで高額な医療費がかかった場合、高額療養費制度を利用できるので保険は必要ないと思う方もいるかもしれません。

それでも加入をおすすめする理由は、お子様が将来保険に入りにくくなる可能性があるからです。

例えば、治らないと言われているてんかんを発症したら、そこから先保険に加入することはむずかしくなります。

加入できたとしても保険料が高くなったり、保障内容の制約があります。
こまさん
子どもが将来保険に入りにくくなるのは心配です。どんな保険に入ればいいですか?
プランナー武田さん
お子様は保障に制限があります。例えば、生まれたときにがん保障は付けられません。

6歳になるとさまざまな保障を付けられるようになるので、その都度付けられる保障を付けて、万全のものに加入しておくとよいと思います。

お子様のころから加入すれば、保険料も安く抑えられます。
ママやパパが保険に加入していても、子どもの保険は入っていないという家庭も多いのではないでしょうか。将来を考えて、子どものころから保険に加入することを検討してみてもよいかもしれません。
IMG_3925.JPG
こまさん
子どもの医療保険のことが気になっていたのでアドバイスいただけてよかったです。子どもといっしょに相談OKなのもうれしいですね。

ほけんガーデン プレミアで無料相談をすると、もれなく全員に下記より1つをプレゼント中。

こまさん
わたしは無料相談で「かいて育脳!らくがき教室ジュニア」をいただきました。お金のことって気になるけれども、プロの方に相談する機会って少ないから、とっても勉強になりました。
保険ガーデン
【全員にプレゼント付】無料相談に申し込む

簡単3ステップ!保険相談の流れ

1、電話もしくは相談登録フォームから予約
2、担当プランナーから連絡がくる
3、都合の良い日時と場所で相談

相談は、何度でも無料です。必ずしもプランナーに提案された保険に加入する必要はなく、気軽に相談できます。
【全員にプレゼント付き】
まずは相談してみよう!ご予約はこちら

保険は年々進化。ライフステージの変化に合わせて見直しを

保険の種類や保障内容は多種多様で、年々進化しています。

保険を活用し、学資保険や生命保険で着実に教育資金を貯める方法も。子どもの将来の選択肢を広げるためにも、しっかり準備しておきたいですね。

定期的に保険を見直すことで、万が一のときにもベストな保障を受けられて安心です。家計に不安を感じる今こそ、保険を見直してみてはいかがでしょうか。

「ほけんガーデン」は、10社以上の保険を取り揃えている無料の保険点検サービス。経験豊富なプランナーが、さまざまな保険を組み合わせて最適なプランを提案します。

今なら無料相談するだけでプレゼントがもらえるキャンペーンを実施中!ぜひチェックしてみてくださいね。
【全員にプレゼント付き】無料の保健点検サービス
「ほけんガーデン」相談予約はこちら

2021年04月14日

アンケート

家計の見直しについて

Q1. 家計の見直しをするとき、どのような項目を見直しますか? (複数回答可)
Q2. 家計削減に関する情報をどこで集めますか? (複数回答可)
Q3. 今回の記事を読んで「ほけんガーデン」に興味を持ちましたか?
Q4. Q3の回答理由を教えてください。
Q5. 保険の個別相談を利用する場合、重視するポイントを教えてください。 (複数回答可)
ご回答いただきありがとうございます!

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ