ベビーカーにブレーキは必要?ブレーキつきのベビーカーを選ぶときのポイント

ベビーカーにブレーキは必要?ブレーキつきのベビーカーを選ぶときのポイント

A型やB型、3輪や4輪などベビーカーを使うシーンを考えて選ぼう

ベビーカーを選ぶときに、ブレーキは必要かどうか悩むママやパパもいるのではないでしょうか。坂道などの不安定な道を歩くときは、ブレーキつきのベビーカーの方が安心と感じることもあるかもしれません。ママたちのベビーカー事情や、ブレーキつきのベビーカーを選ぶときのポイントについてご紹介します。

ベビーカーにブレーキは必要?

ベビーカーを選ぶときに、ブレーキつきのものにするか迷うこともあるかもしれません。

ベビーカーにブレーキは必要なのでしょうか。ベビーカー事情についてママたちに聞いてみました。
30代ママ
ハンドブレーキつきのA型のベビーカーを使っていました。ブレーキつきがよいと意識して購入したわけではありませんが、ブレーキがついていると安心してベビーカーを使えました。
30代ママ
子どもとベビーカーでおでかけ中、自転車が横切ったときにブレーキをかけて止まることができました。危ないときにしっかり止まることができるので、ブレーキがあってよかったなと思いました。
30代ママ
ベビーカーを使うときは自分の手で止められるため、ブレーキは必要ないかなと思い、ブレーキがついていないものを使っていました。
30代ママ
ブレーキつきのベビーカーは、ついていないものと比べると値段も大きく変わるのではと思うので、手頃な価格で買えるブレーキがないベビーカーでよいかなと思います。
ベビーカーにブレーキは必要と感じたママと、なくてもよいと考えているママの声がありました。ブレーキの必要性は、坂道が多いなど住んでいる地域によって変わってくるかもしれません。

周囲の環境や使うシーンを考えながら、ベビーカーにブレーキは必要かどうか判断しましょう。

ベビーカーの種類

ベビーカー
iStock.com/undefined undefined
ベビーカーの種類をご紹介します。ブレーキつきのベビーカーには、A型とB型、AB型兼用とさまざまなタイプがあるため、使用期間を考えながら用意しましょう。

A型のベビーカー

A型のベビーカーは、赤ちゃんがおでかけできるようになる生後1カ月頃から使うことができるベビーカーです。

A型のベビーカーの多くがリクライニング機能を備えており、首が据わっていない赤ちゃんも安心して乗ることができるようです。対面式のものも多いため、赤ちゃんの姿を見ながらおでかけできます。

B型のベビーカー

B型のベビーカーは、おすわりができる生後7カ月頃から使うことができるベビーカーです。A型ベビーカーと比べて軽くてコンパクトなものが多く、持ち運びに便利なようです。

A型のベビーカーを持っている人が、赤ちゃんの成長に合わせてB型ベビーカーを購入することからセカンドベビーカーと言われることもあるようです。

AB型兼用のベビーカー

AB型のベビーカーは、赤ちゃんが寝ている状態でも、座った状態でも使うことができるベビーカーです。

SG基準が設定されて以降は、A型ベビーカーに分類されているようですが、軽くてコンパクトに作られたベビーカーがAB型兼用として販売されていることもあるようです。
出典:安全面に配慮した製品に関する取り組み/消費者庁

ブレーキつきのベビーカーを選ぶときのポイント

ブレーキのついたベビーカー
iStock.com/LIGHTFIELD STUDIOS
ブレーキつきのベビーカーを購入するとき、どのようなことを意識して選ぶとよいのでしょうか。

ブレーキの使い方を確認する

ベビーカーのブレーキは、ハンドブレーキと自動ブレーキの2種類があります。ハンドブレーキは、自転車のように手で握ってブレーキをかけられます。

自動ブレーキは、万が一ベビーカーから手を離してしまっても、タイヤが自動的に止まるようです。

ベビーカーによって、ブレーキの使い方は異なります。種類によって値段も変化するため、使い方を確認しながら選びましょう。

ベビーカーを使うシーンをイメージしながら選ぶ

ベビーカーを選ぶときは、ブレーキを使うシーンをイメージしながら選ぶとよいでしょう。

3輪や4輪、ダブルタイヤやシングルタイヤなどタイヤの数や種類はさまざまあり、それぞれ使いやすさは異なるようです。

ベビーカーの押しやすさや走りやすさはどうか確認しましょう。坂道や砂利道など、不安定な道でベビーカーを使うこともあるかもしれません。

ブレーキつきのベビーカーを使うシーンを思い浮かべながら、子どもが快適にすごせるベビーカーを用意しましょう。

住んでいる環境に合ったものを選ぶ

ブレーキつきのベビーカーを用意する際には、住んでいる環境を確認しながら選ぶのもひとつのポイントです。

種類や機能によってブレーキつきのベビーカーの重さには違いがあります。複数を見比べながら選ぶのもよいでしょう。

エレベーターの有無や収納場所などを考えて、住んでいる環境に合ったベビーカーを選びましょう。

安全に使えるブレーキつきのベビーカーを選ぼう

公園を散歩する家族
iStock.com/monzenmachi
ベビーカーにブレーキは必要かどうか迷うこともあるでしょう。坂道が多いなど住んでいる地域によってブレーキの必要性は変わってくるかもしれません。

A型やB型、3輪や4輪などさまざまな種類のベビーカーがあるため、ベビーカーの使用期間を考えて、使うシーンをイメージしながら選びましょう。

ママとパパが使いやすく、赤ちゃんが快適にすごせるベビーカーを用意できるとよいですね。
※記事内で使用している参照内容は、2019年11月8日の記事作成時点のものです。

2019年11月16日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧