セカンドベビーカーは必要?タイプや実際に選んだもの

セカンドベビーカーは必要?タイプや実際に選んだもの

セカンドベビーカーを用意しようと考えたとき、軽量タイプやコンパクトタイプなどどのようなベビーカーを選べばよいのか気になる方もいるかもしれません。今回は、セカンドベビーカーを選ぶときのポイントや実際に選んだセカンドベビーカー、便利だと感じた場面についてママやパパたちの体験談をもとにご紹介します。

セカンドベビーカーは必要?

赤ちゃんの成長にあわせて、セカンドベビーカーを用意する必要があるか悩むママやパパもいるのではないでしょうか。ママやパパたちの声を聞いてみたところ、子どもが歩くようになったことをきっかけにセカンドベビーカーを用意したり、セカンドベビーカーを用意せずにAB型のベビーカーを使用し続けたりと、家庭によって用意したかどうかはそれぞれ異なるようです。

ファーストベビーカーにどのようなベビーカーを選んだかによっても、セカンドベビーカーが必要かどうかは変わってくるのかもしれません。

セカンドベビーカーを選ぶときのポイント

ベビーカー
Nomad_Soul/Shutterstock.com

セカンドベビーカーを選ぶときには、どのようなことを意識すればよいのでしょうか。ママやパパたちに、セカンドベビーカーを選ぶときのポイントについて聞いてみました。

重さ

30代ママ
下の子どもが生まれたときに、子どもを2人連れて外出するときのことを考えて、セカンドベビーカーを購入しました。下の子どもを抱っこしながらでも折り畳んだり持ち運んだりしやすいように、できるだけ軽量なものを選ぶようにしたことを覚えています。
使用しやすい重さかどうかを意識して、セカンドベビーカーを選んだママがいるようです。軽量なB型のベビーカーやバギーのなかから、セカンドベビーカーを選んだというパパの声もありました。

乗り心地

30代パパ
息子は外遊びに出かけると、帰りにベビーカーに乗りながらお昼寝をすることがあるので、乗り心地のよさを意識してセカンドベビーカーを選びました。お店で押してみて、タイヤの動きがスムーズで振動が伝わりにくいかどうかを確認するとよいと思います。
セカンドベビーカーを選ぶ場合、子どもの乗り心地を考えて押したときにガタガタしにくいかどうかや、カーブの曲がりやすさなどを確認することも大切かもしれません。ママのなかからは、子どもがお昼寝しやすい角度までリクライニングできるかどうかをポイントにして選んだという声も聞かれました。

機能性

30代パパ
どのような機能がついているベビーカーがよいのかを妻と相談して、その機能がついているものを選ぶようにしました。ワンタッチで折り畳みができるものや自立するものなどさまざまな種類があるので、使うシーンを考えてあると便利な機能がついたもを選ぶとよいと思います。

ベビーカーを使用するシーンから、どのような機能がついていると便利なのかを考えてセカンドベビーカーを選んだというパパの声もありました。ベビーカーによって機能性は異なるようなので、カタログの一覧表などで確認してみると選びやすいかもしれませんね。

実際に選んだセカンドベビーカー

実際に、ママやパパたちが選んだセカンドベビーカーをご紹介します。

軽量タイプ

30代ママ
ベビーカーを畳んで持ち運ぶときのことを考えて、重さが4キロくらいの軽量タイプのものを選びました。1キロ違うだけでも重さの違いを感じたので、実際に店舗に足を運んで確認してから選んでよかったです。
セカンドベビーカーに、軽量タイプのものを選んだママがいるようです。使用する場面や押す人の感覚によって、どれくらいの重さであれば使いやすいのかは異なるようなので、実際に押したり持ち運んだりしてみて、使いやすいと感じるベビーカーを選ぶとよいかもしれません。

ハイシートタイプ

30代パパ
地面からの照り返しを考えて、ハイシートタイプのセカンドベビーカーにしました。地面からの距離が遠い分、タイヤの振動も伝わりにくいようで子どもも快適な様子です。
地面からの照り返しやほこりなどが気になるときは、ハイシートタイプのセカンドベビーカーを選ぶのもよいかもしれません。ハイシートタイプのセカンドベビーカーを使用しているママのなかからは、日除けがしっかりとついているものを選ぶと、空からの日差しもカバーしやすかったという声も聞かれました。

シートが洗濯可能なタイプ

ベビーカーを押すママ
Syda Productions/Shutterstock.com
30代ママ
我が家は、シート部分を取りはずして洗濯できるものにしました。外遊びをした後に汚れた靴のままベビーカーに乗ると、シートが汚れてしまうことがあるので、簡単に洗えるものを選んでよかったです。
外遊びをした後の汚れた靴や衣類のままで、ベビーカーに乗ることもあるかもしれません。洗濯機で洗える表示のもの選ぶと、洗濯の手間がかからなかったというママの声もありました。

セカンドベビーカーが便利と感じたシーン

ママやパパたちに、セカンドベビーカーがあって便利と感じたシーンについて聞いてみました。

子どもが歩くようになったとき

30代パパ
ベビーカーに乗っている途中で歩きたがるので、子どもと手を繋ぎながらでも押しやすいセカンドベビーカーを用意してよかったです。小回りがきいて子どもの動きについていきやすいので、外出が楽になりました。
ベビーカーから降りて子どもが歩きたがるときなど、軽量で操作のしやすいセカンドベビーカーであれば子どもの動きについていきやすいかもしれませんね。外出先でお昼寝したくなったときのために、セカンドベビーカーとして軽量なバギーを持ち歩くと便利だったというママの声もありました。

乗り物を利用するとき

30代ママ
我が家は、電車やバスを利用することが多いので、軽量でコンパクトに折り畳めるセカンドベビーカーがとても役に立っています。乗り降りのしやすさはもちろんのこと、乗った後もスペースを取りにくいため、移動するときの労力や気持ち的な負担も少なくなりました。
電車やバスなどを使用するママのなかからは、外出時の負担を減らすことができたという声も聞かれました。車で出かけるときにも、コンパクトに畳めるセカンドベビーカーであれば、トランクへの出し入れがしやすく外出時の手間がかかりにくくなるかもしれませんね。

使うシーンを考えてセカンドベビーカーを選ぼう

ファーストベビーカーとセカンドベビーカー
 ksyusha_yanovich - stock.adobe.com

セカンドベビーカーが必要かどうかは、ファーストベビーカーにどのようなタイプのベビーカーを用意したかによってそれぞれ異なるようです。セカンドベビーカーを選ぶときは、重さや子どもの乗り心地、便利と感じる機能がついているかどうかをポイントにしたというママやパパたちの声がありました。

軽量タイプやハイシートタイプ、シートの洗濯ができるタイプなどさまざまな種類のものがあるようなので、使用するシーンを考えて家庭や状況にあったタイプのセカンドベビーカーを用意できるとよいですね。

2020年04月15日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧