結婚式に子どもと出席するとき。事前準備や子どもがぐずるときの対応

結婚式に子どもと出席するとき。事前準備や子どもがぐずるときの対応

子どもと一緒の結婚式に持って行ってよかったもの

子どもといっしょに結婚式に出席するとき、事前準備や子どもがぐずるときの対応を知りたいママやパパも多くいるのではないでしょうか。今回は、結婚式に子どもと出席するときに確認することや気をつけるポイント、持って行ってよかったものを体験談を交えてご紹介します。

子どもと結婚式に出席したい

結婚式
iStock.com/OkinawaPottery

子どもといっしょに結婚式に出席したいママやパパがいるかもしれません。子どもと結婚式に出席することについてや気になることなどをママたちに聞きました。

20代ママ
子どもと結婚式に出席するとき、会場でぐずらないか心配でした。
30代ママ
子どもが走り出さないか、両親への手紙のときなど静かな場面で泣き出さないか不安でした。
20代ママ
結婚式の子ども用の食事は、子どもが食べられるメニューか気になりました。
20代ママ
子どもが親族の写真撮影のときにじっとしていられるか心配です。
20代ママ
トイトレは終わっていましたが、トイレに行くタイミングが心配だったので結婚式当日のみオムツを履かせて出席しました。
20代ママ
授乳中に結婚式に出席する場合の授乳するタイミングが気になります。

子どもといっしょに結婚式に出席するとき、子どもがぐずらないかや食事のことが気になるという声がありました。小さな子どもを連れて出席する結婚式は、心配ごとがあるかもしれません。

その他にも、ママたちは、子どもがじっとしていられるかやトイレに行くタイミングなどさまざまなことが気になるようです。

結婚式に子どもと出席するときに確認すること

結婚式に子どもと出席するとき、どのようなことを確認すればよいのでしょうか。確認したことをママたちに聞きました。

食事のメニュー

20代ママ
家族で結婚式に招待されたとき、子ども用のメニューがあるかを確認しました。
20代ママ
いとこの結婚式では、子ども用の食事メニューがあるかを事前に聞きました。そのときに、食べさせたことがない食材もいっしょに伝えました。

子ども用の食事メニューがあるか、与えたことがないものが入っていないかなどを確認するという声がありました。子どもによってはアレルギーがある場合もあり、食事のメニューの確認は大切なポイントのようです。

授乳室やオムツ交換場所

20代ママ
結婚式の招待状に同封されていた結婚式会場のマップで、授乳室を確認しました。
20代ママ
式場の係りの方にオムツ交換ができる場所を聞きました。

授乳室やオムツ交換場所を確認するというママがいました。会場と授乳室やオムツ交換場所が離れている場合があるかもしれません。事前に場所を確認しておくと、よりスムーズに移動できそうですね。

座席の配置

結婚式
iStock.com/rilueda
20代ママ
結婚式に家族で出席するとき、食事の補助ができるようにパパと私の間に子どもの席があるとよいなと思っていました。結婚式当日、席次表ですぐに確認しました。
30代ママ
式場内ではチャイルドシートですごすのか、ベッドやベビーチェアが用意されているのかなど子どもの座席について確認しました。

座席の配置について確認することも大切なようです。子どもの席の位置や子ども用の椅子の有無などを確認しているママがいました。子ども用の椅子やベビーベッドが必要な場合は、用意してもらえるよう事前に伝えるとよいかもしれません。

子どもと結婚式に出席するときに持って行ってよかったもの

子どもと結婚式に出席するとき、持って行ってよかったものをママたちに聞きました。

子ども用のお菓子

30代ママ
子どもがぐずりそうになったとき、お菓子をあげると静かに座ってすごしてくれました。

子ども用のお菓子が役立ったという声がありました。結婚式の途中で子どもがぐずることがあるかもしれません。場所や状況によって、子ども用のお菓子や水分を与えて様子を見るとよさそうです。手が汚れにくいものやバッグに入れやすいサイズがよいでしょう。

音のならないおもちゃ

20代ママ
子どもが大切にしている小さな動物の人形を持って行きました。子どもがぐずって途中退席したとき、ロビーでその人形で遊ぶと機嫌が直りました。

小さな子どもは、不慣れな結婚式でぐすることがあるかもしれません。子どもが飽きてしまったり、泣いたりしたときは、おもちゃで気持ちが落ち着くこともあるでしょう。結婚式に持って行くおもちゃは、音のならないものを選びましょう。

ビニール袋

20代ママ
ビニール袋をバッグの中に入れて持って行きました。子どもの鼻水を拭いたり、オムツを入れたりするのに便利でした。

子どものお世話で使ったものを捨てるとき、ビニール袋があると便利なようです。ビニール袋を、バッグに折りたたんで入れておくと、必要なときにさっと取り出せそうですね。

子どもと結婚式に出席するときの注意点

結婚式に子どもと出席するときに気をつけたポイントをママたちに聞きました。

服装や身だしなみ

20代ママ
子どもも結婚式にふさわしいフォーマルな服装にするよう気をつけました。

子どもの服装に気をつけるという声がありました。赤ちゃんや小さな子どもも、大人と同様に結婚式に合う服装で出席しましょう。フォーマルなデザインのベビー服や子ども服を探してみるとよさそうです。

物音や声

20代ママ
静粛なシーンで大きな声を出さないよう子どもに注意していました。

子どもと結婚式に出席するとき、音や声に注意するママやパパは多くいるのではないでしょうか。足音や食器を使う音、話し声や泣き声などいろいろな物音や声に気を遣いますよね。なるべく静かにすごすよう心がけましょう。

授乳やオムツ交換のタイミング

20代ママ
披露宴の途中に退室しないように挙式から披露宴への移動のタイミングにオムツを交換しました。
20代ママ
授乳間隔をあけずにいつもより早めに授乳するようにしていました。

授乳やオムツ交換のタイミングに気をつけるママがいました。お腹が空いたり、オムツが気持ち悪くぐずったりする前に早めに確認するとよさそうですね。

子どもと結婚式に出席するときは、しっかり準備をしよう

結婚式
iStock.com/kyonntra

子どもといっしょに結婚式に出席するとき、子どもの食事のメニューや座席の配置、授乳室やオムツ交換場所などを確認するとよいようです。他にも、物音や声、授乳やオムツ交換のタイミングに気をつけるというママの声がありました。

2020年03月10日

専門家のコメント
15
    あーちん先生 保育士
    自分の結婚式の時に、旦那側の親族で子どもたちにも多く参列してもらっていました。
    席は両親の間に子どもが座れるように、小さな子ども同士が隣にならないようになど配慮しました。

    待っている間に遊んでもらえるように、おもちゃやぬりえ、シール貼りなど静かに遊んでもらえる物をプレゼントとして置いていました!喜んでもらえました♫
    なつまる先生 保育士
    招待する側も子供が来る際には気にして色々用意してくれると思います!
    あたしが挙げたときにはインスタントカメラを用意して子どもカメラマンをやってもらいましたよ★
    すー先生 保育士
    小さい子どもを連れての結婚式は大変ですよね。1歳の娘はスピーカーの大音量でびっくりして泣いてしまい、式の半分以上は会場の外で抱っこでした。3歳の息子はお菓子や料理を食べながら余興をみて楽しんでいました。
    りお先生 保育士
    子どもを式に連れて参加する時は、子どもの数よりもお世話する大人の方が多くなるように、最低でも1人につき1人の大人がつけるようにしておくべきだと思います。
    誰かが騒いで外に出ることもあるでしょうし、食べこぼしやトイレ等、いろいろアクシデントもあると思います。

    あと、退屈した時の退屈しのぎのアイテムも必須だと思います!

    他、大丈夫だとは思いますが、念のため、料理にその子が食べられるものがあるかどうかも確認しておくと安心かと思います😁
    すみっこ先生 保育士
    新婦さんに使い捨てカメラを用意してもらったんですが
    すごく喜んでいました✨

    ファーストバイトのとき等、大人に混じってカメラを構える我が子😂💕
    現像するのも楽しみですし、何より飽きない!
    お絵かきも用意してもらいましたが、式に参加するという意味ではカメラはオススメです✨
    こと先生 保育士
    出席した時は、音ならないおもちゃとお菓子が必須でした😊💕

    自分の結婚式に参加してもらう時には子ども用の引き出物を用意して、年齢にあわせてお菓子やおもちゃを用意しました✨
    ゆきな先生 保育士
    自分の結婚式ではシール帳や遊べる絵本をプレゼントしました!
    少し大きい子ならインスタントカメラも面白いですよね!子ども目線の写真がのこりますよ!
    おはぎ先生 保育士
    インスタントカメラのアイディアすごく素敵ですね。大人にカメラを向けられるより、自然な笑顔の写真も沢山撮ってくれそうです。私が赤ちゃん連れで参加させてもらったときは、機嫌は良かったんですが新婦から両親の手紙の時は席を外しました。楽しい余興や歓談の時は良いんですが、万が一泣きわめいてしまって感動のシーンを壊してしまったら申し訳ないと思ったので💦
    こいまま先生 保育士
    小さい子を自分の式に呼んだことがありますが、アレルギーや食べられるものを聞いたり、泣いてしまってもかわないことなども伝えておきました。
    子連れで出席の際はおやつを持っていっていいか聞いたり、ぐずった時は退席することも伝えてそれでもいいか聞いておきました。
    心配なことは事前に確認しておくことでお互いに当日、気持ちよく迎えられるといいですね。
    ゆか先生 保育士
    子連れで結婚式参加は結構気使いましたね💦 

    料理を食べこぼしてしまうこともあるし、ずっと座っていなければいけないのでストレスで姉妹でケンカもしてしまうし、、、
    静かなときは緊張しますね。

    食事をしているときは静かですが食べ終わって暇になると騒ぎ出すのでシール貼りや、折り紙などで遊ばせていました。
    なごみ先生 保育士
    義理の兄の結婚式に息子が2歳の時に一緒に出席しましたが、私と母が着付けとヘアセットしている間に前にリサーチしていた公園で旦那に子どもと一緒に遊んでもらいました。1時間半ほど遊んでから式場に行ったのでその後は普通に食事を楽しみ余興も楽しんでいました^_^
    せおみ先生 保育士
    自分の結婚式に親戚の子が参加してくれました。リングガールをしてもらいました。幼稚園児だったので、お菓子やちょっとしたプレゼントを席に置いておきました。
    インスタントカメラのプレゼントはとっても喜ばれそうですね。
    まあ先生 保育士
    インスタントカメラや子ども用のお菓子の詰め合わせの用意など、最近は主催者側も色々と用意するのが流行っているみたいですね♡
    ぽんた先生 保育士
    食べ物がメインなので、お腹を空かせておくといいのでは?と思います。でも、口にあわないこともあるので、別でおやつをしのばせて!
    ひで先生 保育士
    事前の約束事はもちろんですが子どもにはつまらない祝辞等が続くとしんどいです。手元でできる遊び等を手持ち鞄に仕込んでおくのは個人的には必須と考えてます。
おすすめユーザーのコメント
1
    sh
    子どもが言葉がわかるようになってからは事前に走り回らないことや大声を出さないことなどの約束をして参列者の方に迷惑をかけないようにしていました。
    退屈しないように好きなおもちゃを持っていくのもいいですね。

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧